自動車保険の見直しで一番安い任意保険を探す

自動車保険見直しガイド

自動車保険の見直しガイドとは?

自動車保険を見直す女性

自動車保険見直しガイドは、貴方にとって最適な自動車保険プランを御自身で見つけて頂くためのお手伝いをするサイトです。自動車保険の種類や保険金額の決め方、各種特約の内容や自動車保険料を安くするコツなど自動車保険を見直す上で必要な情報を分かりやすく紹介しています。

また、自動車保険の内容や選び方だけでなく、交通ルールの基礎知識から交通事故被害に遭った時の対処の仕方(損害賠償や示談問題)まで網羅しているので、何か困ったことがあれば是非当サイトをご利用下さい。

自動車保険の保険料を5分で5万円以上安くする方法

自動車保険の比較

自動車保険は簡単に安くなります。方法は簡単です。

「複数の自動車保険会社から見積もりを貰って比較すること!」

これだけです。簡単ですよね。複数の保険会社から見積もりを取ると、保険会社によってこんなにも値段が変わるのか!?とビックリするはずです。

保険料が安くなるのであれば、今まで予算の問題から泣く泣く加入を諦めていた特約も付けられますし、補償内容も以前と比べると更に手厚くすることが可能です!!

と言うよりも、今より補償内容を手厚くして尚且つ保険料も大幅に削減できる場合がほとんどです!


特に、現在代理店型の自動車保険に加入している人は、是非通販型自動車保険を含めた複数の保険会社から見積もりを取ってみて下さい。通販型自動車保険の安さにびっくりすると思いますよ♪

自動車保険を安くする

ただ、複数の保険会社からイチイチ見積もりを取るのは面倒だ・・・感じる人も多いでしょう。そんな人に利用して欲しいサービスが「自動車保険の無料一括見積もりサービス」です。

インズウェブの自動車保険一括見積もりサービスを利用すれば、最短5分で最大20社から見積もり結果を貰えます!しかも無料!情報は1回入力するだけでOKなので、手間もほとんどかかりません。見積もり結果はリアルタイムで表示される物も多いので、すぐに最安の自動車保険を見つける事が出来ますよ♪

私自身、一括見積もりサービスを利用することで41,320円も保険料を安くすることが出来ました。利用者平均でも約3万円の節約に成功しているというデータも発表されていますので、保険料が高いな・・・と感じている人は見積もりだけでもやってみる価値は有ると思いますよ。

【平均3万円安くなる!】無料の自動車保険一括見積もりの詳細はこちらから

一番安い自動車保険を探す

任意保険の必要性は高い

自動車に乗っている多くの人は「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」の2つに加入しています。ご存知のように自賠責保険は強制保険です。

一方で任意保険(*)は「任意」という文字が入っている事から分かるように、加入するかどうかはドライバーの自由です。(* 一般的に”自動車保険”と言えば、こちらの任意保険のことを指します。)

任意保険

しかしドライバーの自由と言えど、任意保険への加入は必須のものと考えておきましょう。なぜなら、交通事故の加害者になってしまった場合に、加入している保険が自賠責保険だけだと賠償金を支払えない可能性が高いからです。

以下の表は近年の人身事故に対する高額賠償事例をまとめたものです。

認定総損害額
(万円)
判決年度年齢性別被害者職業被害様態
52,853平成23年男41歳眼科開業医死亡
39,725平成23年男21歳大学生後遺障害
39,510平成23年男20歳大学生後遺障害
38,281平成17年男29歳会社員後遺障害
37,886平成19年男38歳会社員後遺障害

如何でしょうか。5億円という金額が請求される可能性だって有るという事です。

一方で、自賠責保険から支払われる保険金の上限は以下の通りです。

死亡後遺障害傷害
3,000万円4,000万円120万円

死亡事故の場合でも最大3,000万円しか支払われません。仮に5億の賠償命令が出たとして、貴方が任意保険に入っていなければ残りの4億7,000万円は自分の財布から出す必要が有ります。日本の男性サラリーマンの平均年収が2億~3億と言われている現代において、こんな金額をパッと出せる人はいないでしょう。

交通事故の現場

お金を払ったからと言って、被害者が生き返るわけでは有りませんし、被害者家族の無念が無くなるわけでも有りません。しかし、被害者家族が悲しみに暮れているのに金銭的な償えさえも出来ないと言うのは、加害者にとっても辛いことです。

場合によっては、自分の人生あるいは自分の家族の人生をも、賠償金を支払う為だけの人生にしてしまう可能性だって有ります(*)。

* 実際、年金生活の老夫婦が、任意保険に入っていなかった息子が起こした事故の賠償金を払うために、生活を切り詰めて自らの年金を毎月の賠償金の支払いに充てているなんてニュースも出ていました。

しかも、自賠責保険は人身事故にしか適用されません。物損事故は対象外です。任意保険にも入っていなければ、当然全て自腹ですよ。

また、自分が被害者になるケースだって有ります。相手方が任意保険に入っておらず、尚且つ貯金もない場合を考えてみて下さい。実は、裁判所から賠償命令が出ても「無い袖は振れない」という事で、慰謝料を支払わない人もいるんです。

交通事故の被害者

仕事が出来ない体になったのに、賠償金を貰えないとなると死活問題ですよね。この点、任意保険には「人身傷害補償保険」という便利な保険が有ります。この保険に入っていれば、相手方が任意保険に加入していなくても、自分の保険会社から賠償命令分のお金を貰う事が出来るのです。

以上のことから、相手を守るためにも、自分を守るためにも任意保険は必須の物です。たかだか年間数万円~数十万円の出費を惜しんだばっかりに、人生が狂ってしまう事が無いようしっかりと加入しておきたいですね。

自動車保険を見直す時のポイント

以下では自動車保険を見直す時のポイントを簡単にまとめていきます。

①補償は十分に有るかどうかチェック!

自動車保険を見直す時は、先ずはじめにそのプランで十分な補償を受けられるのか?をチェックするようにしましょう。自動車保険は安いに越した事は有りませんが、必要な補償を削って保険料を安くしても意味は有りませんからね。

自動車保険の見直しポイント

最低でも付けておきたい補償は「対人賠償保険(無制限)」「対物賠償保険(無制限)」「人身傷害補償保険-車内外補償タイプ(無制限)」の3つです。当たり前の事ですね。

最近は、人身事故においても物損事故においても、億を越える賠償命令が出ることも珍しく有りません。(人身事故の最高損害賠償額は5億2853万円、物損事故の最高損害賠償額は2億6153万円です。)従って、対人・対物共に無制限に設定しておきましょう。加えて人身傷害補償保険にも加入しておきましょう。

詳細については下記記事を御覧ください。

人身傷害補償保険(特約)のメリット
自動車保険で最低限必要な補償(保険)と金額

②不要な特約の見直し&補償の重複が無いかチェック

代理店経由で自動車保険に加入している人は、営業マンに言われるがままに不要な特約に加入している事が多いので、その特約が本当に自分に必要な特約なのかチェックするようにして下さい。

特約のチェック

一つ一つの特約の保険料はそれほど高いものでは有りませんが、ちりも積もれば山となるです。不要な特約を外しただけで1万円も保険料が安くなった!という人も実際にいらっしゃいますので、今一度確認しましょう。

特約の内容については下記カテゴリーでまとめていますので、自分が加入している特約を保険証券で確認しながら要不要の判断を下していって下さい。

要チェック任意保険の特約解説カテゴリー

また、特約だけでなく補償が重複していないかどうかも確認するようにして下さい。特に車を複数台持っている人は要注意です。

例えば、弁護士費用特約などはメインの車に付帯させておけば、セカンドカーも補償対象になります。それを知らずに両方の車に弁護士費用特約をかけてしまっている人も結構います。また、補償の重複は自動車保険内だけで発生するものではなく、火災保険などのその他の損害保険との間で発生する可能性も有ります。

ありがちな補償の重複例や重複した場合の正しい処理の仕方などを下記記事でまとめているので、詳しくはそちらを参照して下さい。

要チェック補償重複の見直しで「自動車保険料」を安くしよう!

③運転者の範囲を見直す

続いてチェックしたいのが運転者の範囲。

  • 子供が車を運転する可能性が有るから・・・
  • 近くに住んでいる別居の家族が車を貸してくれと言ってくる可能性があるから・・・

などの理由で運転者の範囲を限定せずに自動車保険を契約していませんか?これって結構無駄な出費なんですよ!

任意保険の運転手

ご存知のように任意保険は「運転者の範囲」を限定すればするほど、保険料が安くなってきます。以下の表は「運転者を限定した場合に保険会社各社から受けられる割引率」の平均を取ったものです。

補償範囲
(運転者限定範囲)
割引率割引額
(基本保険料10万円と仮定)
本人限定約9%9,000円
本人・配偶者限定約7%7,000円
家族限定約3%3,000円
限定なし無し0円

(出典:運転者の範囲を夫婦や家族に限定して保険料を節約)

割引率9%って結構大きいですよね。特に、既に子供が独立して家を出ているのに保険の見直しをしてなかった人は注意して下さい。老後の為にも無駄なお金は払いたくないでしょうから、面倒でも見直しを行いましょう。

また、別居の家族が車を貸してくれと言ってくる場合には、しっかりと話し合いましょう。そもそも別居しているという事は“家計は独立しているはず”です。それにも関わらず、貴方だけが保険料を負担するのはおかしな話ですよね。運転者を限定しない事によって発生する”余分な保険料”くらいはキッチリと払ってもらいましょう。

それが無理なら「車の貸し借りはしない!」という取り決めを作っても良いかもしれませんね。

④年齢条件の見直し

運転者範囲と同様に重要な見直し項目が「運転者の年齢条件」です。統計データから判明しているように、若ければ若いほど交通事故を起こす可能性が高いので、年齢条件が低ければ低いほど保険料は高くなります。

家族の年齢を気にして自動車保険に加入

これは、特に子供がいる世帯で注意して欲しい項目ですね。年齢条件って本当10代に厳しくて、10代も補償対象になる「全年齢補償」タイプで任意保険に入っていると、滅茶苦茶保険料が高くなります。21歳以上補償タイプの場合と比べても倍近い保険料を取られる訳ですから、自動車保険が如何に若年層に厳しいかがお分かりになるでしょう。

なので、現在年齢条件を設定しているドライバーの人は、運転者の範囲に入っている人の年齢をキッチリとチェックしておいて下さい。そして、誕生日が来て補償範囲を変えられるようならすぐに変更しましょう。保険契約の内容は契約期間の途中でも可能ですよ!

⑤割引制度の徹底活用その他

続いて知っておいて欲しいのが“割引制度の活用方法”ですね。割引制度には「エコカー割引・インターネット割引・新車割引・ASV車割引」など様々な物が有りますが、今回は「インターネット割引」に焦点を絞って紹介していきます。

自動車保険のインターネット割引

インターネット割引とは、ネットから直接保険契約を申し込むことで保険料が割引になる制度です。顧客が直接ネットから申込みをすれば、電話オペレーター等の人件費がかからないので、その分を料金に還元してくれている訳です。

で、このインターネット割引って初年度の割引額と二年目以降の割引額が違う場合が有るんです。更に、保険会社によっても割引額が違います(インターネット割引が無い会社も有ります。)

例えばこんな感じです。

 初年度新規契約に適用される割引額二年目以降の継続契約に適用される割引額
A社10,0005,000
B社8,0005,000

この時、仮にインターネット割引の適用を受ける前の保険料がA社・B社共に5万円だったとしましょう(補償内容も全て同じ)。この場合、貴方ならどちらの保険会社と契約しますか?

当然A社ですよね。A社の初年度割引額のほうが大きいわけですから。しかし、これが2年目となると話は変わります。A社と2年目も継続で契約してしまうとインターネット割引の金額が5,000円になってしまいます。

一方で、B社に契約を切り替えればB社に対する契約は初年度なので、インターネット割引として8,000円の割引が受けられる。こうなってくると、2年目はB社と契約した方がお得という事が分かります。

自動車保険の見直し

つまり、何が言いたいのか?と言うと、自動車保険は毎年見直す必要がある!という事です。これは新車割引とかエコカー割引でも同様の考え方が出来ますからね。こういう割引制度のカラクリを知っておくと簡単に年間数千円は節約することが可能ですよ!

もちろん、保険会社が変わっても御自身のノンフリート等級は問題なく引き継がれますので、安心して下さい。

その他の割引制度の解説や保険料を節約するコツは以下の記事を見て貰うと更に分かると思います!!

緑ラベル保険料を安くするコツをまとめた記事一覧

【平均3万円安くなる!】無料のインズウェブ自動車保険一括見積もりの詳細はこちらから

保険会社の選び方

どこの保険会社と契約するか?を考える時に、多くの人は「保険料の安さ」を重視することになると思います。しかし、それだけではダメです。以下のような事もチェックして保険会社を選びましょう。

■保険会社を選ぶ時に考慮に入れたい事項

  • 事故対応レベル
  • ロードサービスなどサポートサービスの充実度
  • 保険金の支払金額・スピード

保険料が安くても、事故対応の品質レベルが低いと、もしもの時に安心して対応を任すことが出来ません。保険料が安くても、保険金を中々払ってくれない保険会社と契約すると、何のために保険に加入していたのか・・・という話にもなります。

ビジネスマン風の女性のチェックポイント

保険料の安さだけでなく、その他のサービスの品質もチェックして、保険料とサービスのバランスを見て保険会社を決定するようにして下さい。

ただ、事故も起こしてないのに「事故対応」やら「保険金支払いまでのスピード」などのサービス部分の品質をチェックすることは出来ませんよね。そんな時に役に立つのが「口コミ」です。

当サイトでも、事故対応やロードサービスの充実度など、サービスの項目毎の自動車保険の満足度ランキングを紹介しています。こういう記事も利用してみて下さい。

要チェック自動車保険満足度ランキング

なお、サービスの品質レベルをチェックするにしても、そもそもの保険料が高すぎると検討対象にもならないと思うので、事前に無料一括見積サービスを使って、保険料の安い数社に絞り込んでおくと、スムーズに保険会社を選ぶことが出来ますよ。

通販型自動車保険と代理店型自動車保険ならどっちが良いの?

一昔前までは、自動車保険と言えば「代理店型自動車保険」が主流でした。営業マンに勧められるがままに、ディーラーと提携している保険会社に加入する人が多かったからです。

ディーラーの窓口対応

しかし、インターネットが普及するに連れて、代理店をもたない所謂「通販型自動車保険(ダイレクト型自動車保険)」が台頭してきました。台頭してきた理由は「保険料の安さ」です。

代理店型自動車保険の場合、契約を取ってくれた代理店に多くのキックバックを支払う必要が有るので、どうしても保険料が高くなってしまいます(キックバック分は保険料の価格に反映されている)。

一方、通販型自動車保険は代理店をもっていません。申込みはネットからが主流です。従ってキックバック分を価格に転嫁する必要が無いため、相対的に代理店型自動車保険より安くで保険を提供できます。

web自動車保険

では、実際のところ、通販型と代理店型ならどちらが良いのでしょうか?結論から言うと、どちらが良いかは「保険代理店に何を求めるか」によって変わってきます。

例えば、交通事故の加害者になった場合を考えてみましょう。

優秀な代理店を通して自動車保険を契約した場合、交通事故の加害者になった時に以下のようなメリットが有ります。

  • 営業マンが現場に直行してきてくれるので精神的に安定できる
  • 事故現場の証拠保全など事故現場で必要なサポートを実施してくれる
反面、通販型自動車保険は代理店制度を採用していないので、事故を起こした時に営業マンが事故現場に来てサポートしてくれる、なんて事は有りません。そういうサポートが無いからこそ保険料が安くなっているんです。

交通事故現場

なので、「保険料の安さ」を取るか「サポートを取るか」によって、どちらを選ぶかが決まってくると思います。とは言え、「営業マンが現場に来てくれる」レベルのサポートをしてくれるレベルの代理店なんて、ほとんど存在しないのが現状です。

事故現場以外でのサービスレベルは、自動車保険満足度ランキングを見れば分かるように、通販型だろうが代理店型だろうがほとんど大差有りません。むしろ最近では「通販型自動車保険の評価の方が総じて高い」です。

この辺りを念頭に入れて、どちらに加入するか決定して下さい。

維持費も節約して快適なカーライフを!

あと、車に乗るなら意識しておきたいのが「車の維持費」ですよね。私たちドライバーは車を持っているだけで車の保険料はもちろんのこと、以下のような維持費を負担しなければなりません。

  • 車のローン代
  • 税金(取得税・重量税・自動車税)
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • メンテナンス代

別サイトでプリウスの維持費を計算してみた所、車のローンが残っている場合には年間100万円程度、車のローンが無い場合でも年間50万円程度の維持費がかかるという試算結果となりました。

車関連の維持費

そう考えると、やはり任意保険の保険料だけでなく、その他の維持費に関しても賢く節約していかなければなりませんね!

節約前に知っておきたい自動車維持費の相場情報

上記記事で維持費を節約する代表的な方法も紹介していますので、維持費を抑えたい人はご覧になってみて下さい。車の維持費を毎年払っていたばっかりに老後の資金が足りなくなった!なんてことになると笑い話ではすみませんからね^^

節約できるところは、キッチリと節約していきましょう。そして、その為の第一歩が「任意保険料の節約」です。無料一括見積を利用すれば、ものの数分で数万円程度の節約が可能ですから、やっておいて損は有りません。

快適なカーライフを実現するためにも賢く生活していきましょう!!

【平均3万円安くなる!】無料の自動車保険一括見積もりの詳細はこちらから

一番安い自動車保険を探す