自動車保険見直しガイド

「交通事故や罰則・行政処分」の記事一覧

交通事故

意図せず交通事故の加害者になってしまった場合には負傷者の救護などの3つの【緊急措置義務】であったり、事故の状況などを警察に報告する義務などいくつかやって置かなければならないことが有ります。違反した場合には罰則を受ける場合も有りますのでしっかりとチェックしておきましょう。

スマホの画面を注視する猫

携帯・スマホを運転中に使用するのは違反です!取り締まりを受ければ、当然罰金・反則金・点数の加算の罰則を受けます。しかも、現在国会ではながら運転の厳罰化を含む道路交通法改正案が審議されています。けっこう厳しい罰則強化となっているので気になる人は今のうちにチェックしておきましょう。今回はこのながら運転の違反内容や罰則制度(厳罰化の内容含む)について紹介します。ちなみに、赤信号などの信号待ちや渋滞中などの車が停止している時は違反にはなりません。また携帯の画面をチラ見する程度、つまり注視していなくても違反にはなりません。あとイヤホンマイクの使用やハンズフリーでの通話も基本的に違反ではないので対策のために購入を検討するのもアリです。

一時停止の標識

今回は一時停止及び一時停止違反について徹底的に解説します。一時不停止や一旦停止違反なども言い方が違うだけなのでチェックしてくださいね。解説している内容は罰則(罰金・反則金・点数)や一時停止する時間・場所、標識などから警察の取り締まりへの対策方法まで。ゴールド免許がどうなるのか、自転車の一時停止などについても紹介!

飲酒運転

飲酒運転には酒気帯び運転と酒酔い運転の2種類があります。どちらも危険な事故を起す可能性のある違反です。そのため酒酔い運転違反で検挙されると1発で免許取消の処分が下されます。また酒気帯び運転は体内のアルコール量によって処罰が違ってきます。今回は酒気帯び運転と酒酔い運転の罰金や点数、その違いなどについて紹介します。

赤信号

信号無視をしてしまった場合の罰金や反則金、加点される違反点数について紹介しています。また信号無視の定義(赤信号無視や点滅信号無視など)やルール、違反とされる判断の基準など細かい点についても解説。さらには現行犯以外でも信号無視で検挙されるのか、そして事故を起こした場合の過失割合などについても触れています。

罰則

交通違反と言ってもたくさんの種類があり、違反項目にすると100種類以上あると言われています。 その中には、悪質や重度の違反もあれば、それほど悪質ではない軽度のものまであるわけですが、交通違反をした場合には罰金が発生したり …