運転免許証への条件付加が無くなった!?場合免許の効力はどうなる?

(この記事は約 3 分で読めます。)

運転免許は3年または5年に1回更新する必要が有りますよね。

基本的には免許の内容に変更が無ければ、更新したとしても有効期間が延長されるだけで内容は変わりません。

しかし、免許を更新・交付する公安委員会のミスで免許に付加されていた条件が変更されてしまった場合にはどうなるでしょうか?

例えば、元々原付きの免許しか無かったはずなのに、更新手続きの際に普通乗用車も運転して良い免許証が交付された場合などですね。

まずは、こういうイレギュラーな問題を考える前に免許の条件を変更する際の正しい手続方法・手順を見て行きましょう。

[myphp file=’kiji-top’]

車査定

通常の運転免許の条件変更方法

通常の場合、運転免許に記載されている条件を変更するには試験や検査を受ける必要があります。

■限定条件を変更する場合
「中型車は8tに限る」「AT車に限る」などの限定条件を解除するには限定解除審査を受ける必要が有り、運転免許教習所や運転免許試験場でそれぞれ必要な実技・筆記試験を受け、合格すれば晴れて限定解除となります。

■眼鏡等の条件を変更する場合
コンタクトや眼鏡等で視力を矯正している人は「眼鏡等」と免許証に記載されて交付されています。

この「眼鏡等」の条件を変更するためには、運転免許センターや警察署(全警察署ではありません)などで視力検査を受けて合格ライン(普通車の場合は0.7)をクリアしなければなりません。

最近増加傾向にある、レーシック手術で裸眼の視力を回復させた人は一度チェックしてみると良いでしょう。

* レーシックを受けて視力が回復したからといって、免許の限定解除手続きをしないまま運転をすると違反(免許条件違反:違反点数2点・反則金普通車7,000円)となるので必ず限定解除手続きを行ってくださいね。

以上のような試験や手続きを経て運転免許の変更を行うのが通常の流れとなります。

インズウェブ自動車保険一括見積もり
Advertisement(広告)

運転免許の条件付加が消えた場合の効力

免許の更新手続きを行った際に、付加されていた免許条件が公安委員会のミスによって消えてしまったケースでは上記で紹介したような一般的な審査等を介していないので、その効力が問題になります。

原付限定の人に乗用車OKの免許証が交付されたら、その人は乗用車も乗っていいのか?と普通疑問に思いますよね。

ミスなんか発生するのかという疑問がありますが実際に裁判になったケースもあるんですよね。

この場合の免許の効力ですが、道路交通法93条2項には以下のように記載されています。

公安委員会は、免許に付されている条件を変更したときは、その者の免許証に当該条件に係る事項を記載しなければならない。

つまり、ミスであっても条件変更した旨の免許を交付したという事は、公安委員会が条件変更を認め条件解除の行政処分が行われたと考えられ、通常の条件変更の場合と同じ取扱いになると考えられます。

ただ、次回更新時に公安委員会がミスを発見した場合には、この条件解除は取消を受ける事になります。

裁判事例でも同じようなものが有りましたので、紹介しておきます。

判例紹介【神戸地裁平成元年9月11日判決】

■ある男性が「中型自動二輪」に限定された免許を更新する際に当該条件が無い免許が交付され、それ以後普段から大型二輪を乗車。

次の免許更新の際に「中型自動二輪」に限定された免許が交付されたため、無効確認を請求した事案。

(事実としてもうずっと大型二輪を乗っていたのだし、免許の発行をミスしたのはそちらだからもう俺は大型二輪に乗っても良いだろうという訴えですね。)

■判決内容
一般的に行政庁の処分は、その処分が違法であることが分かった場合に、そのままにしておく事があまりにも不当である場合には職権で取り消すことが出来るとされています。

今回の事案では、条件解除処分は通常は限定解除審査を受ける必要があるため、不当と考えられる事から当該処分を職権で取り消す事が出来るとして男性の訴えを棄却。

あと、こういう取消処分は遡及効の適用が有ります。

つまり、間違って更新した時期から当該条件変更が無効とされる可能性が有るということです。

そのため、仮に条件外の自動車などに乗車し警察の取締りによってこのような瑕疵が判明した場合には「免許条件違反又は無免許運転」として処分される恐れがあります。

Advertisement(広告)

まとめ

公安委員会によるミスで新たな条件が付加された免許が交付された場合には、当該更新は認められるものの、そのミスが発見された場合には取消処分が行われ本来の運転免許証の付加条件に戻される事になります。

交付する側のミスではありますが、後々トラブルに巻き込まれるのは自分自身なので更新手続きの際には新たに交付された運転免許証の内容が正しいかどうか自分でしっかりチェックする事を忘れないでくださいね。

■主にチェックする内容

  • 氏名・住所
  • 生年月日
  • 交付日・有効期限
  • 免許の条件
  • 運転できる車の種類 等

Advertisement(広告)
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

【人気各社に個別見積もり】

ある程度、自身で保険会社が絞られている方は、個別に見積もりしていく事も個別の内容把握や対応が少なくなるので、オススメです。

気になる自動車保険会社だけに無料で個別見積もり!

自身の状況を反映させ、大まかな契約概要を把握する

自身である程度、保険会社が絞られている方は『個別見積もり』もオススメでしょう。

  1. 【個別見積もり】ソニー損保
  2. 【個別見積もり】セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
  3. 【個別見積もり】楽天損保
  4. 【個別見積もり】アクサダイレクト
  5. 【個別見積もり】チューリッヒ

まだ自身のニーズや年齢・家族構成など、保険会社を絞りきれてない方には一括見積もりで自分に合った保険会社を見つけることが重要です。一度試してみましょう。

【独自分析!2023年ダイレクト型ランキング1位】

「保険料の安さ」「事故対応の満足度」「ロードサービスの充実度」など全ての項目を総合的に勘案した自動車保険会社の2023年総合ランキング(独自分析)でトップに位置するソニー損保

【独自分析!名前の通り「50代以降」や「子育て世代」にお勧め】

「保険料の安さ」「事故対応の満足度」「ロードサービスの充実度」など全ての項目を総合的に勘案した自動車保険会社の2023年総合ランキング(独自分析)でソニー損保と共に、トップに君臨するセゾン自動車保険(おとなの自動車保険)

【楽天経済圏の方にオススメ!楽天損保】

最大のポイントは自動車保険料の支払いで「楽天ポイント」を貯められる点でしょう。『楽天カード』での自動車保険支払いの場合、楽天ポイントが、なんと『3倍』貯まります。100円で1ポイントが貯まるので、保険料月50,000円の場合、1000ポイントが貯まります。さらに自動車保険料を楽天カードで支払った場合、プラスで500ポイント貯まるので、月1,500ポイントの楽天ポイントが獲得でき、1ポイント1円で使用可能です。

【サービスと保険料で人気「アクサダイレクト」】

インターネット割引では、ウェブサイトで見積もりをした場合、条件達成で最大2万円のインターネット割引が適用可能に!また無事故の年数が長ければ長いほどお得になる20等級継続割引では、条件の達成で「1年目」「2年目」「3年目」「4年目以降」の4区分された割引が適用されます。

またアクサダイレクトでは、必要に応じて面談担当者が自宅を訪問して説明するAXAフィールドサービスを展開。事故時に電話だけのやり取りだけでは不安な方でも、対面でやり取りをすることにより、安心して手続きを進めることが可能です。

【保険料の安さでトップクラス】

保険料の安さとサービスの内容充実度が高い「チューリッヒ自動車保険」!気になる方は一度チェック!

まだ自身のニーズや年齢・家族構成など、保険会社を絞りきれてない方には一括見積もりで自分に合った保険会社を見つけることが重要です。一度試してみましょう。

1.合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

2.合わせて読みたい!『独自分析!自動車保険ランキングを確認』

『自動車保険』を比較・分析・賢く選ぶ

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

保険料の安さがトップクラス!チューリッヒ自動車保険

愛車の価値を把握!無料一括査定

自分の愛車の「下取り価値」や「目線」も分からずに売却や交渉をすると損してしまいます!

高値で売るには、あなたの車がほしい買取店を見つける事も重要です。高い値段で車を買い取ってもらうには、今まさに「あなたの車を欲しい買取店」を見つける作業が重要なポイントの一つです。

そのためには、結果的にできるだけ多くの買取店から査定を受けることが重要でしょう

オンライン一括査定を行ってもすぐに売る必要はないため、とりあえず下取相場を把握するのが重要です。

事前にチェックしておきたい「自動車保険情報」

  1. 独自分析!【2023年】自動車保険おすすめランキング
  2. 煽り運転に自動車保険は適用される?煽り運転に対応するおすすめ自動車保険・ドライブレコーダーは?
  3. コロナ化で外出激減!自動車保険を見直す?見直さない?【ファイナンシャル・プランナー監修】
  4. 自動車にはどの燃料が一番おすすめ!?水素・電気・ガソリンを比較・分析!【FP監修】
  5. 増加するウーバーイーツ配達員!知って備える!?賠償や怪我の補償【FP監修】
  6. 楽天損保の自動車保険!口コミ・評判・サービス概要・特徴について【ファイナンシャル・プランナー監修】
  7. 雹や水没で被害!台風などの自然災害で自動車保険は適用される?【ファイナンシャル・プランナー監修】
  8. 車両料率クラスとは?2020年改定!自動車保険の型式別料率クラスの仕組み【FP監修】
  9. 自動運転の事故の責任は誰?「自動運転」と「自動車保険」【ファイナンシャル・プランナー監修】
  10. 高齢者事故の原因と時間帯を考察!60代・70代以上におすすめの自動車保険【FP監修】
  11. 自動車盗難対策!盗難で自動車保険はいくら支払われる?自動車盗難の最新傾向と盗難対策をご紹介
  12. テレマティクス保険とは?メリット・デメリットを考える!【ファイナンシャル・プランナー監修】

【Car Lounge】車情報サイト

車情報サイト「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。

気になる車や様々な情報をチェックしたい方、車情報サイト【Car Lounge】もチェックして下さい!