自動車保険見直しガイド

「車両保険」の記事一覧

車の傷を確かめる女性

自動車メーカーで自動車保険を契約したら、特典としてメーカー独自の車両保険サポートプランが付帯されます。メーカーのサポートプランによって小さな傷などは車両保険を使用せずに修理する事が出来ます。限度は有りますが、小さな傷で悩むのならメーカーの自動車保険サポートプランを選択するのも有りかもしれませんね。

鍵穴を壊そうとする車上荒らしの犯人

車上荒らしによる車両本体の被害及びカーナビなどの装着品は車両保険、車に積載しているカバン・カメラなどは身の回り品特約によって補償されます(特約については保険会社によって異なる)。車上荒らしの被害が保険で補償されるとしても対策はしておくべきです。車上荒らし対策及び対策グッズも併せて紹介しておきます。

車の盗難に遭った運転手

車両盗難は車両保険で補償されます。ただし車両盗難といっても手口は様々。車自体を盗む、タイヤ・ホイール・ナンバーなどのパーツを盗む、カーナビなどを狙った車上荒らしなど。これらの車の盗難に対して車両保険で全てカバーできるのでしょうか?また、損害額が全額補償されるのか、そして逆に保険金が支払われない場合も有るのか?これらの事について紹介しています。

交通事故

車両保険の必要性を判断する3つのポイントを紹介!車両保険って必要なのか?それとも不要なのか?入るべきか?と悩んでいる人は是非チェックしてください。車両保険を付帯すれば保険料がグッと高くなるので、入るか入らないか迷う人は多いはずです。今回は車両保険を付帯した場合と付帯しなかった場合の保険料差額も紹介しています。車両保険の加入率も参考にしてくださいね。新車・中古車(10年落ちなど)や普通車・軽自動車など、人によって購入する車の古さや車種が違うので、個々の状況に合わせて車両保険の必要性について判断してください。あと事故相手の対物賠償保険に頼るのはあまりオススメしません。その事に関する注意点も解説しています。

疑問を感じるドライバー

軽自動車に車両保険はいらない!と思っている人は多いかもしれません。実際に軽自動車の車両保険の加入率は50%を切っていますので。ただ逆を言えば、車両保険はいるかも?と不安を感じている人も約50%いる事になります。そこで今回は軽自動車の車両保険の必要性について判断するポイントを紹介します。

保険価額

車両保険の保険金額の【決め方・設定方法】について解説しています。車両保険金額とは”車両保険で補償される上限額”の事です。車両保険に対する保険料金の事を言っているのでは無いことに注意してください!ただ、そうは言っても分かりにくいと思うので、今回は保険金額の決め方を解説する前に、車両保険金額の基礎知識についても紹介しています。車両価格表に基いて決定されている事や上限・下限が設定されている事、設定可能額が年々下がる事など知っておいて損はありません。また、車両保険金額の設定については、新車・中古車そして契約更新時の目安も紹介しているのできっと参考になると思います。

車両保険

車両保険の保険料相場・平均はいくらか?についてまとめています。軽自動車(ワゴンR)・普通車(プリウス&クラウン)・外車(ベンツ)にパターン分けして、保険料をシミュレーションをしているのできっと参考・目安になると思います。全ての人に参考になるように等級別・年齢条件別に保険料を計算しました。また、補足事項として新車と中古車の車両保険金額の違いについても解説しているので、年式の古い車を所有している人は保険料がどう変わるのかチェックしてみてくださいね。そして、車両保険が高い!と感じている人のために車両保険の値段を安くする方法も紹介!車両保険の相場が気になる人はいますぐチェックしましょう!

車両保険の「エコノミー型(限定タイプ)」と「一般型(ワイドカバータイプ)」。どっちにするか迷う人は多いのではないでしょうか?それを決めるにあたっては、エコノミー型と一般型の違い、主に補償範囲と保険料の違いを把握する必要があります。そこで今回は車両保険のタイプ別の保険料と補償範囲の違いについて紹介します。

疑問を感じるドライバー

車両保険の免責金額を設定する時のオススメの金額を紹介!車両保険の免責金額をいくらにしようか?と迷っている人はいますぐチェック!「5万円-5万円」や「10万円-10万円」などの免責金額毎に保険料を見積もって、どの設定金額が最もお得なのか?という事を根拠にオススメしています。もちろん「免責なし(自己負担額0円)」という選択もアリだと思いますが、車両保険を付帯すると保険料は高くなるので免責金額は設定した方が良いと思いますよ。また、そもそも車両保険の免責金額とは、何なのか?という基本的な事も解説しているので、知識の確認にも役立つと思います。車両保険に免責金額を設定して保険料を節約していきましょう。

ガードレールに車をぶつけてしまった

ガードレールや電柱に車をぶつけた事故に関して、気になるポイントをまとめています。警察や保険会社への連絡は必要なのか?ガードレールや電柱の所有者への弁償はいくらなのか?また、事故による点数の加点や罰則の有無、自動車保険(車両保険)で自損事故の賠償及び修理費用が補償されるのか等々。きっと不安が解消されると思いますよ。

中古車に車両保険を付帯するか悩んでいる女性

「中古車に車両保険は必要なのか?それとも不要なのか?」中古車を購入して自動車保険に加入する際に悩むポイントの1つだと思います。10年落ちの中古車は車両保険に入るべきかなのか・・・迷っていませんか?そこで今回は中古車に車両保険を付帯する必要性について判断するポイントを2つ紹介します。どういった場合に加入する必要があるのか、必要がないのか、といった事を紹介しているのできっと参考になるはずです。また、車両保険を中古車に付帯する場合の車両保険金額の目安についても解説しています。設定金額をいくらにしようかと迷っている人も今すぐチェック!その他中古車に車両保険を付帯する時の保険料節約術も紹介していますよ。

車両保険をいつまで付けておくか、悩んでいる女性

【車両保険をいつまでつけるのか、何年目までつけるのか?】について判断するための目安を2つ紹介!車両保険を外すタイミングを決めるのはなかなか難しいと思うので、紹介している目安を参考にしてみてください。また、新車購入からの年数の経過にともなってどのように判断するのか、という事例も紹介しています。4年目・6年目・8年目以降がポイントになってくるでしょう。その他、車齢別の車両保険加入率も紹介しているので参考にしてください。あと10年目などの古い車に車両保険を付帯する場合のオススメの特約もあるので、10年落ちの車を所有している人なども参考にしてくださいね。