自動車保険見直しガイド
滞納

自動車保険は保険料を支払うことで、もしものときに補償を受けることが出来るものですが、保険料を滞納すると自動車保険契約はどうなるのでしょうか?また、滞納しているときに交通事故に遭遇すると保険金は支払われないのでしょうか?

月払い契約の人は特に注意!

自動車保険の場合、支払方法が「年払い」の方が保険料が安くなるので、一般的には年払い契約の方が多いです。そして、年払い契約の場合は保険料を期日までに支払わなかった場合、契約が更新されないことになるので「契約解除」という話は基本的には出て来ません。

保険料の滞納が問題になるのは「月払い」の契約者の場合です。口座引き落としの設定にしていたのに、うっかり残高をチェックするのを忘れていたり、お金が一時的に足りなくて支払が出来なかった場合などに滞納状態になります。

滞納してもすぐには契約解除にならない!

保険会社は金融機関です。そして、金融機関というものは「支払期限」に対して厳しいです。また民法上は、以下の様に、1度でも支払遅滞があると契約を解除する事も出来ます。

(履行遅滞等による解除権)
第五百四十一条  当事者の一方がその債務を履行しない場合において、相手方が相当の期間を定めてその履行の催告をし、その期間内に履行がないときは、相手方は、契約の解除をすることができる。

しかし、1度滞納したからといってすぐに契約を解除してしまうのはあまりにも酷なので、一般的には支払猶予期間の規定が保険会社にはあります。

契約状況にもよりますが、一般的には支払期限を過ぎてしまうと、翌月に2ヶ月分の保険料を請求されることになります。また、過去に滞納をしたことがある人の場合は、残りの保険期間の保険料を翌月に一括で請求される事になります。

これらの請求を無視すると保険契約が解除されてしまうことになるのです(実際にすぐに解約されるかは、保険会社によって異なります)。

つまり、1度保険料を期限内に支払う事が出来なかったからと言って、すぐに契約解除となる訳ではありませんが「滞納した翌月の一括請求も期限内に支払う事が出来なかった場合に契約解除となりうる」ということです。

契約が解除になると、保険契約がそもそも最初から無かったという扱いになる為、次回保険契約を新たに締結するときに等級が6等級まで下がってしまうという点にも注意して下さいね。

猶予期間なら補償は有効!

「滞納してもすぐには契約が解除になる訳ではない」と上記で書きましたが【契約の解除】と【補償されるかどうか】は別問題です。

保険料を期日までに支払う事が出来ずに滞納してしまった場合で、翌月末までに滞納分を支払うことが出来なかった場合は、契約が失効し当初の支払期日まで遡って補償は効かなくなります。

つまり、滞納したからといってすぐに補償が効かなくなるという訳ではなく、支払の猶予期間の間は補償は有効ということです。

この様に失効までの猶予があるのは、1度支払期日に遅れたからといって、即座に補償されなくなってしまったのでは、病気や事故などによって止むなく支払が出来なかった人も補償が受けられなくなってしまうからです。

以下で、滞納中の事故について簡単な例を見てみましょう。

滞納中の補償について

毎月の保険料の引き落としが25日の事例。4月25日の引き落としが不能となった場合は、翌月の5月25日に2ヶ月分が引き落としされます。2ヶ月分の引き落としがされれば問題ないですし、払込票によって5月末までに支払をするのでも問題ありません。

この場合は、滞納中の5月10日に交通事故を起こしたとしても保険金の支払を受ける事が出来ます。

しかし、5月25日の引き落としが出来ず、5月末までの支払も出来なかった場合は、4月25日に遡って契約が失効し、以降の補償が受けられなくなります。

つまり、5月10日に交通事故を起こすと保険金の支払は受ける事が出来なくなります。

保険料を滞納しない為に

どうしても毎月の保険料の支払がキツい場合、契約の見直しをすることをお勧めします。現状と同等の条件で今より保険料の安い保険会社を探すか、現状の補償を少なくする事で保険料は安く抑えることが可能です。

若しくは、毎月の保険料が支払えないくらいに資金繰りに困ってしまっている状態なのであれば、思い切って車を売ってしまうのも一つの方法ですね。

保険料を滞納し契約が解除されてしまうと、上記の様に等級の引き継ぎが出来ずに将来の保険料が高くなってしまいます。安全運転をしているのに保険料が高くなってしまってはもったいないですから、滞納をしなくて済む様な保険設計が必要ですね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定