狭い道で前から車両が!上手くすれ違うためのコツ

(この記事は約 2 分で読めます。)

「狭い道を走っていたら、前方から車がきた!!」

運転に慣れていない時に、このシチュエーションに遭遇するとかなり焦りますよね。

アタフタしてその場に止まってしまった経験のある方もいるでしょう。

センターラインがあればぶつかる心配も無いのですが、住宅地などの狭い道にはセンターラインは普通はありません。

どのようにすれば上手くすれ違うことが出来るのでしょうか。

ここでは、すれ違うときに注意すべき3つのポイントについて説明していきます。

  • ①すれ違うことが出来る場所を探す。
  • ②早めに寄せる
  • ③運転は簡潔に素早く!

[myphp file=’kiji-top’]

車査定

①すれ違うことが出来る場所を探す。

狭い道路で対向車とすれ違わないといけなくなった場合、まず「対向車とどこですれ違うか」を考える必要があります。

電柱がある場合には、道がその分狭くなっているのと同じなので、電柱のある場所ですれ違うのは避けた方がいいですね。

路肩の植木鉢やバイクなどにも注意が必要です。

写真の青いエリアの様に、どこがすれ違うのに適しているかを瞬時に判断することが求められます。

場所確保

また、壁が無く広くなっている箇所があれば、目一杯寄ることが出来るのですれ違いに適しています。

すれ違う場所を考えずに前進してしまうと、すれ違えずにバックしないといけなくなる場合があります。

狭い道でバックするのはかなり難しいので、すれ違う場所は必ずすぐに見付けるようにしましょう。

インズウェブ自動車保険一括見積もり
広告

②早めに寄せる

すれ違う場所がきまったら、早めに壁側に車を寄せる必要があります。

すれ違い始める前にお互いの車ががまっすぐになっていないと、写真の様にすれ違いが難しくなってしまいます。

すれ違い

とはいっても、壁側に寄せるのはそんなに簡単ではありません。

いざ壁に寄せるときにスムーズにするために、予め車の寄せ具合と運転席からの見え方を把握しておくようにしましょう。

広告

③運転は簡潔に素早く!

すれ違うときは、無駄なハンドル操作は省きましょう。

可能な限りまっすぐ走ってすれ違うのがいいですね。

ぶつかるとしたら、まずドアミラーがぶつかることになりますので、左右のドアミラーには細心の注意を払いましょう。

対向車にぶつかりそうであれば、さらに壁に寄れるかを考えていく必要があります。

それでもすれ違うのが無理な場合は、ドアミラーを閉じてすれ違うのも一つの手です。

(狭い場合は、相手もドアミラーを閉じてくれることが多いです)

また、対向車がすれ違い場所を先に見付けて待ってくれているかもしれないので、対向車の動きもしっかりとチェックする様にしましょう。

なお、この記事は「JAFがおしえる運転のニガ手克服1・2・3」を参考に作成しています。

ちなみに私は一車両しか通れない道を走行中に前から消防車が侵入してきてアタフタした経験が有ります。

丁度免許取りたての時で、右も左も分からない状態の時です。

消防車の運転手がバックしながら横の道に入れというので、その通りバックさせていたのですが・・・・結果は予想通り「バキバキ!!」

ミラーが壊れましたwww

その後、その道をよく使っている友人に正しい対処方法を聞いたところ、横の道に入るのではなくバックしながらT字路まで戻るのが正解だそうです。

当時の私にそんな事を知る由もなかったんですけど、残念な出来事でした。

広告
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

自分の自動車保険を把握!『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ

合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

『車の一括査定』提携300社以上から車を一番高く売る!無料で手間なく愛車を一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

事前にチェックしておきたい「自動車保険情報」

  1. 独自分析!【2023年】自動車保険おすすめランキング
  2. 【専門家監修】煽り運転に自動車保険は適用される?煽り運転に対応するおすすめ自動車保険・ドライブレコーダーは?
  3. 【専門家・FP監修】コロナ化で外出激減!自動車保険を見直す?見直さない?
  4. 【FP・専門家監修(コメント)】『2021年版』どの燃料が安い?エコカーの制度・普及状況は?水素自動車・電気自動車・ガソリン車の最新状況について
  5. 【FP・専門家監修(コメント)】増加するウーバーイーツ配達員!知って備える⁉賠償や怪我の補償
  6. 【FP・専門家監修(コメント)】楽天損保の自動車保険!口コミ・評判・サービス概要・特徴について
  7. 【専門家の見解】雹や水没で被害!台風などの自然災害で自動車保険は適用される?
  8. 【専門家監修】車両料率クラスとは?2020年改定!自動車保険の型式別料率クラスの仕組み
  9. 【FP監修(専門家監修)】自動運転の事故の責任は誰?『自動運転』と『自動車保険』
  10. 【専門家監修】データ分析!高齢者事故の原因と時間帯は?必要なおすすめ自動車保険を解説
  11. 自動車盗難対策!盗難で自動車保険はいくら支払われる?自動車盗難の最新傾向と盗難対策をご紹介

乗りたい車はこれ!様々な車の情報をチェックするなら「車情報ラウンジ Car Lounge 」

出典:車情報ラウンジ「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。気になる車や様々な情報をチェックしたいなら、車情報ラウンジ「Car Lounge」をチェックしてみましょう!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする