自動車保険見直しガイド

(この記事は約 5 分で読めます。)

注意※ 当ページに記載されている「口コミや体験談」はインターネット上の情報が基となっています。
ネットの情報には真実とは異なる情報が記載されいていることもございますので、鵜呑みせずに参考程度に捉えてご覧下さい。

 

自分で納得しながら選べる補償!ホンダのアコードを三井ダイレクトの自動車保険で契約

口コミ男性

幾つかのインターネット保険会社で見積もりをして、三井ダイレクトの自動車保険に決めました。

他社にはない特約など補償内容の充実とインターネット割引や証券不発行割引の適用も受けられるのが気に入りました。

 

試算条件は次の通りです。

うちは千葉県内に居住していて40代の夫婦と中学生の子供が1人います。

車はホンダのアコードで、平日は私が同一市内の会社への通勤に使うほか、週末には妻が買い物などに利用します。

 

というわけで、通勤・通学目的、35歳以上補償、夫婦限定とし、等級は18等級での見積もりとなりました。

最初の画面でエコノミー、スタンダート、プレミアムという予め設定された補償内容が提案されます。

もちろん、ここから自由にカスタマイズできるわけですが、せっかく保険会社がオススメしてくれるプランですから、1つ1つチェックしてみました。

 

エコノミーは53820円の保険料ですが、対物が2000万円で無制限ではないのが不安です。

プレミアムは保険料が66690円でやや高いかなという印象でした。

補償は充実していて人身傷害が1億円付保されていましたが、ファミリー傷害特約など既に傷害保険で加入している内容が重複しているなど、特約の多さが気になります。

 

スタンダードは保険料が59330円でしたが、もう少し保険料を抑えたいなと考え、スタンダードをベースに少しカスタマイズしてみることにしたんです。

対人・対物無制限はそのまま、搭乗者傷害Wケアという補償額が倍額になる特約が予め付保されていたので、それを残す代わりに保険金額を1000万円から500万円に減額しました。

人身傷害5000万円もそのまま維持しました。

 

車両保険(保険金額280万円)は一般型で免責額が5万・10万車対車免ゼロ特約ありでしたが、この免責額を10万・10万に引き上げ、身の回り品補償特約20万円は外してみたんです。

その結果は48720円となりました。

自分では補償を大きく削ったつもりはなく、必要なものはカバーしたつもりですが、保険料は10610円抑えることに成功したんです。

自分なりに考えながらカスタマイズするのがオススメですね。

ホンダのフィットで加入!こんなに安くていいの?三井ダイレクトの自動車保険

口コミ男性

皆さんはどこで自動車保険に入っていますか?

僕はまだ20代で保険料は高いと言われる世代です。

周りの友達もみんな高いと言っており、10万円を超える保険料を払っている人もざらにいます。

 

もっとも人により付ける補償は違いますし、何より乗っている車が違います。

車両保険って意外に保険料の占める割合が多いので、いい車に乗っていればその分高くなります。

僕はホンダのフィットに乗っており、三井ダイレクトに加入しています。

 

自分では保険料は決して高いとは思っていません。

車両保険の一般型までフルカバーして65200円です。

補償内容としては対人・対物無制限、人身傷害4000万円に搭乗者傷害1000万円で合わせて5000万円、車両保険は一般型で車両保険金額は185万円、免責額は5万・10万円となっています。

 

現在24歳で自分しか乗らないので21歳以上の本人限定、等級は高校卒業後、割と早く車を持ったので現在13等級です。

あとは、日常・レジャー目的で加入しています。

三井ダイレクトではインターネット契約割引4000円と証券不発行割引500円も適用され、かなり安く抑えられています。

 

ちなみに車両保険を限定型にすれば46050円まで下がったのですが、当て逃げや自損事故こそ怖いので一般型を選択しました。

なお、車両保険なしなら32580円です。

どうですか?車両保険の保険料が高いというのが分かりますよね。

 

自分の財産を守ろうとしなければ、自動車保険なんてそう高いものではないし、若い奴の中には入らない人がいますが、それは残念だなと思います。

万が一、事故ったら、再び車を買う185万は出せません。

未だにローンを払っています。

 

それなら、33000円多く払っても自分の財産を守りたいなと僕は考えます。

それに、三井ダイレクトは代理店を通さず、余計な中間コストが発生していないだけあって他より断然安いですからオススメです。

実はとある代理店で勧められたのは、人身傷害3000万円、搭乗者傷害20万円しかついていなくて、あとはほぼ同内容で121440円もしました。

ダイレクト保険は20代の味方ですね。

他人の車を運転する機会がある人は入っておきたい三井ダイレクトのeドライバー保険

車は持っていないけど自動車保険に加入

口コミ男性

私は都内のマンションで妻と小学1年の子供と一緒に暮らしています。

愛車はようやく手に入れた海外ブランドの折り畳み自転車です。

自動車免許は持っていますが、自動車は持っていません。

 

都内では駐車場も高いですし、地下鉄など公共交通機関が発展しているので特に必要性を感じないからです。

自動車は持っていませんが、実は自動車保険には加入しています。

というと、「いったいどういうこと?」と思われるかもしれません。

 

自動車は持っていないのですが、月に何度か他人の車を運転する機会があります。

職場の同僚や上司と茨城のカントリークラブまでゴルフに行き、その帰り道に同僚の車のドライバーを引き受ける、私はお酒を飲まないので学生時代の仲間と集まった帰りに仲間の車の運転を引き受ける、子供の野球の試合の際、ママ友
が出してくれた8人乗りのワゴンの運転を引き受けるといったものです。

 

これだけでも月に最低3回から4回は他人の車を運転しています。

また、実家が山形にあり、そこまでは電車で行きますが、実家では兄夫婦の所有者を運転します。

 

自分の事故の補償は自分で備えるためのeドライバー保険

口コミ女性

たいがいの家庭では自動車保険の保険料を安くするために家族限定特約などを付けており、万が一、自分が事故を起こしても補償されないのです。

仮に限定特約が付保されておらず補償されると、その方の等級を落としてしまい、保険料アップさせてしまうことに繋がります。

そこで、自らの補償は自らの責任で備えようと考え、三井ダイレクトのeドライバー保険に加入しました。

 

この保険はマイカーなしで、他人の車を運転する機会がある人のための自動車保険で、かつ、自転車事故の場合も補償対象になります。

日頃はエコのため自転車通勤をしている我が身として、通勤中に歩行者や他の自転車走行者とぶつかりそうになったヒヤリ経験があるので、これこそ自分のための保険と思って加入しました。

 

補償はしっかりつけようと思い、対人・対物無制限、搭乗者傷害500万円、自損事故1500万円、車両損害5万円、自転車事故無制限で証券割引を適用してもらい、年間保険料は27300円でした。

月当たり換算で2275円、自動車に月に4回、自転車は20日乗ると考えれば、1回あたり95円程度の負担ですから安心料としては安いものです。

 

自動車保険の一括見積りテキスト

自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定