自動車保険見直しガイド
運転代行

前回の記事で、運転代行の相場を見て、タクシーの利用料金とどちらがお得なのかを比較しました。
運転代行料金の平均相場とタクシー料金との比較

上記記事でも書いていますが、運転代行に料金面での優位性がそれほど有るわけでは有りません。(もちろん地域によっては運転代行の方が安くなる事も有ります。)

では、なぜ多くの人が運転代行を利用するのか?それはやはり以下のメリットが有るからですね。

スポンサーリンク

運転代行のメリット

  • お酒を飲んでも、車を家まで持って帰る事が出来る
  • 体調が悪い場合など、飲酒以外の理由での利用も可能 等

運転代行のメリットは、主に自分が車を運転出来ない時に、代わりに運転してもらう事が出来る点ですね。

最近の飲酒運転の厳罰化は本当に凄まじい物が有りますから、お酒を飲んでしまったら是非運転代行を活用して欲しいところです。また、翌日わざわざ車を取りに行く必要も無いので楽と言えば楽です。

しかし、デメリットも有りますので、利用する際はこちらについても注意しておく必要が有ります。

運転代行のデメリット

  • 潔癖症の人は苦手かも
  • 待ち時間が長い
  • 事故した時は依頼した業者次第 など

潔癖症の人は、他人が自分の車を運転する事に対して不快な気持ちを抱くかもしれません。(そもそも、そこまで潔癖症の人は依頼しないとは思いますが・・・)一応言っておきますが、業者の人は白い手袋をして運転するので、ハンドルに汚れ等が付着する事はあまり考えられません。

また、タクシーのように待ち時間無しで利用する事はほぼ出来ません。必ず事前に予約して、指定された時間まで待つ必要があります。特に、祝・休日の前日などでは、待ち時間が1時間以上になる事も少なくありません。

もちろんタクシーも長時間待たないと駄目な時も有りますが、代行に比べれば比較的スムーズに利用可能です。

事故をした時の補償に気をつけよう!

最後は、代行業者が事故をした時の賠償問題の話です。優良運転代行業者評価制度において優良運転代行業者と認定されている業者であれば、運転手は2種免許を取得した人ですし、自動車保険にも加入しているので、万が一事故を起こしたとしても問題なく補償されます。

問題は、優良運転代行業者として認定されていない悪質な業者を利用した場合です。悪質な業者は運転手に2種免許を取得させていない可能性が有りますし、自動車保険にも加入していない事も有ります。そうなると事故を起こしても保険金は支払われず、仮に業者及び運転手に賠償能力が無い場合には、依頼者が責任を負う必要性が出てきます。

更に、代行業者が依頼者の車を運転していて事故を起こすと、依頼者の自動車保険を利用する事は出来ません。

参考:運転代行を頼んだ時の事故の賠償責任は誰が負う?

酔っ払ってから代行業者を探すと、ここまで頭が回らないと思うので、お酒を飲む可能性が有るなら依頼する業者を事前に選定しておきましょう。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定