自動車保険見直しガイド
クレジットカードに押しつぶされる人形

クレジットカードに押しつぶされる人形

人にお金を貸して、返済して貰えなかった経験は有りますか?その人には「二度とお金を貸すものか!」と憤ってしまいますよね。

このエピソードは個人間の話ですが、車のローンに話を置き換えた場合にも当てはまるでしょうか?

つまり、お金を貸す側の銀行や信販会社などが、クレジットカードなどの返済を延滞した事が有る人、いわゆる「ブラックリスト」に載っている人と新たに車のローンの契約を結ぶ事があるのか?という事ですね。

ちなみに、「ブラックリスト」という言葉が良く使われますが、実際に返済を遅延した人達をリスト化したようなデータは有りません。一般的な俗称です。

ただ、ブラックリストという言葉を使った方が分かりやすいと思うので、当記事では「ブラックリスト」という言葉を用いて説明していきます。

ブラックリストとは

クレジットカードをハサミで切る

そもそもブラックリストとは何?という話ですが、これは”クレジットカードの返済の延滞などの事故情報”が”信用情報機関に登録される事”を指します。

「ブラックリストに載る」という表現は、事故情報が信用情報機関に登録されている状態を意味しています。

事故情報となる(ブラックリストに載る)原因

既に事例として何度か登場した「返済の延滞」は事故情報(ブラックリストに載る)の代表的な原因です。その他に事故情報として登録される原因は以下の通りです。

  • 返済・支払いの延滞
  • 保証契約の履行
  • 債務整理

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

返済・支払いの延滞

割賦契約や金銭の貸借契約などの返済・支払いを一定期間延滞すると、事故情報として信用情報機関に登録されます。滞納し始めてから登録されるまでの期間は、以下のように信用情報機関によって異なります。

信用情報機関登録されるまでの期間
CIC61日以上又は3ヶ月以上
JICC3ヶ月以上
全国銀行個人信用センター一定期間 *

* 具体的な期間は不明ですが、他2つの機関と同等又はそれよりも短いと考えておいた方が良いでしょう。

この「返済・支払いの延滞」がブラックリストに載る最も多い原因となっています。

なお、うっかり銀行残高が足りなくてすぐに支払った場合など1カ月程度の延滞で事故情報となる事は有りません。しかし、こうした短期間の延滞も信用情報には登録され、審査に不利に働いてしまう事があるので注意して下さい。

スマートフォンを操作する女性

携帯電話の分割払いに注意

クレジットカードなどを利用していないのにブラックリストに載ってしまうケースが有ります。それが「携帯電話の分割払い」の延滞です。

携帯電話の端末代金は高額な設定となっていて、近年は毎月の基本料金や通話料などと一緒に分割払いしていくのがスタンダードな支払い方法となっています。

端末の分割払いは割賦契約となるので、支払いを上記の期間以上延滞してしまうとブラックリストに載ってしまいます。若い人に多く見られるケースなので注意して下さい。

なお、端末代金を完済した後の携帯通話料の延滞でブラックリストに載る事は有りません。ただし、携帯電話会社間のブラックリストに載り、新たな契約が出来なくなってしまう可能性が有るので注意しましょう。

保証契約の履行

各種ローンを組む際に保証会社と保証契約を結ぶ事が有ります。保証契約とは、ローン申込者が返済を一定期間延滞した場合に保証会社が代わりに残債を支払う契約の事です(残債の支払い義務は消えません)。

保証契約が履行されるとブラックリストに載ってしまいます。保証契約が履行されるまでの期間は、一般的に3ヶ月から6ヶ月とされています。ただし、保証契約の内容によってはそれよりも短い場合も有ります。

一応、別立てで記載していますが、”保証契約の履行”も「返済の延滞の結果として発生する事象」なので、先程の「返済・支払いの延滞」の一つと言っても良いかもしれません。

債務整理

空っぽの財布を持った女性

借金の返済が困難になった時に取られる手段が債務整理です。弁護士や裁判所などを介して、金利・遅延損害金を無くしたり、元金自体を少なくしたりする方法が有ります。

■債務整理の種類

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 民事再生
  • 自己破産 等

それぞれの方法についての説明は割愛しますが、これらいずれかの債務整理を利用した場合には”事故情報”として登録される事になります。

ブラックリストに載っている期間はどれくらい?いつ消える?

ブラックリストに載っている期間は、原因や登録されている信用情報機関によって異なります。それらをまとめた表が下記表です。

事故情報の原因CICJICC全国銀行個人信用センター
延滞5年1年5年
保証契約の履行5年5年5年
債務整理5年5年任意整理・特定調停は5年
個人再生・自己破産は10年

これらの登録期間は「完済してから何年」又は「事実が発生してから何年」という風に考えます。

車とカレンダー

例えば、「延滞」については、完済してから上記の期間が経過するまで登録されます。そのため、延滞を解消しない限りブラックリストに載り続ける事になるので、なるべく早く返済すべきでしょう。

なお、今現在の信用情報を各信用情報機関に開示請求する事が可能です。ブラックリストから消えたかどうかを確認したい人は開示請求してみると良いでしょう。

信用情報とは?自動車ローンの審査に不安が有るなら信用情報を照会するのも有り

ブラックリストに載っていたら自動車ローンは組めない?

審査に通らない

基本的にブラックリストに載っていると自動車ローンを組める可能性はかなり低くなります。「返済能力が欠如している」「信用出来ない」などと判断されてしまうからです。

ただし、自動車ローンの審査に100%落ちる、というわけでは有りません。ブラックリストに載っていても自動車ローンを組める事も有ります。

自動車ローンの審査は信用情報だけでなく、収入金額や勤続年数、契約金額など様々な視点から総合的に判断されます(参考:自動車ローンの審査基準)。つまり、ブラックリストに載っていても、契約締結のGOサインが出るような条件を整えれば、ローンに通る可能性が有ります。

例えば、頭金を多めに用意して借入金額を少なくしたり、保証人を付けるなどといった事が挙げられます。また、審査基準が甘い信販系の自動車ローンに申し込んでみるのも1つの手でしょう。その他にも手段が有るかもしれませんので、自動車ローンの審査に申し込む際に担当者に「どうやったら審査に通るのか」と相談してみて下さい。

なお、延滞や借入などを返済しておく事が大前提となります。

しかしながら、ブラックリストに載っている以上、自動車ローンの審査に通りにくいのが現実です。試行錯誤しても自動車ローンの審査に通らない事も有ります。そんな時は信用情報に登録されている事故情報が消えるまで待つしか有りません。

夫・妻など家族の誰かがブラックリストでも影響が有る?

車に乗っている家族

自動車ローンの審査は原則申込者本人に対して行われます。そのため、本人以外の夫や妻などの家族がブラックリストに載っていても関係有りません。もし審査に落ちたのであれば、その他に理由が有ったと考えるべきでしょう。

ただし、収入の無い専業主婦の場合、夫の収入を頼りに自動車ローンを組む事になるので、審査の際に夫の同意を得て夫の信用情報もチェックされます。そのため、夫がブラックリストに載っていると基本的に審査には通らないでしょう(収入の無い学生の場合も同様です)。

【参考】申し込みブラックとは

申し込みブラックとは、短期間のうちに複数のローンやクレジットカードの申し込みをした事が原因で審査に通らなくなる事を指します。

他に借入が無い、ローンなどで延滞した事も無いなど、特に審査に落ちる理由が無いのに審査に通らなかった場合は「申し込みブラック」が原因かもしれません。

なぜ審査に通らないのか

なぜ?

申込ブラックで審査に通らない理由は以下の通りです。

  • ① 複数の会社に断られるのはそれなりの理由が有ると判断されるから
  • ② お金に困っていると判断されるから(キャッシングやクレジットカードの場合) 等

自動車ローンの場合は「①」の理由が該当します。

仮にあなたが審査の担当だったとしましょう。複数のローン会社の審査に落ちた人が申し込んできたら、どう感じるでしょうか?書類上特に問題が無くても「落ちた理由が何かしら有るはず!」と勘ぐってより慎重に審査をするはずです。

その結果、審査のハードルを高く設定して「この人とローンを契約するのはやめておこう」と判断するかもしれません。当然、直近で審査に落ちた回数が多ければ多いほど、このような疑念を強く抱く事でしょう。

そのため、短期間に複数の自動車ローンを申し込むと審査に通りにくくなるのです。

そもそもなぜ他社へ自動車ローンを申し込みした事が分かるのか

ローンの申込書

前述したように、クレジットカードの利用履歴などが信用情報として信用情報機関に登録されます。この登録される情報の1つに「申込情報(申込内容や照会した日付など)」というものが有ります。

自動車ローンを提供している銀行や信販会社などは審査の際に信用情報を照会するので、いつどの会社に自動車ローンを申し込んだのかが分かるんですね。

信用情報機関は3つ有りますが、互いに情報を共有しているので申込情報がバレないという事は有りません。

審査に不安が有るからといって、無差別に自動車ローンを申し込むのは自分の首を絞めるだけなのでやめておきましょう。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定