自動車保険見直しガイド
車のトラブルで困っている男性

車のトラブルで困っている男性

突然ですが、車の故障・トラブルのうち、よく起こるトラブルはどれか分かりますか?

ドライブの前に、毎回1から10まで車を点検するのは現実的では有りませんよね。しかし、起こる可能性の高いトラブルに対しては、やはり事前に点検しておくべきでしょう。

もちろん「日常点検」に該当する項目は、点検しておきましょうね。

車の日常点検の項目(15項目)とその必要性

そこで今回は、起こりやすい車のトラブルをランキングにしてみました。また、高速道路上でよく起こるトラブルもランキング化しているので、遠出をする人はこちらもチェックしてくださいね。

なお、当記事の「車の故障・トラブルランキング」は、JAFの約200万件を超えるロードサービス出動件数のデータを基に作成しています。


スポンサーリンク

車の故障・トラブルランキング

さっそく、車の故障・トラブルランキングを見てみましょう(平成28年4月~平成29年3月のデータ)。

順位内容件数構成比
1位バッテリー上がり742,37932.13
2位タイヤのパンク375,96916.27
3位キー閉じ込み206,3318.93
4位落輪179,2837.76
5位バッテリー破損126,2325.46

表中の「構成比」とは、各トラブルの件数が全件数に占める割合を表しています。ちなみに、平成28年度中に発生したトラブルの件数は、2,310,224件です。

バッテリーに関するトラブルが、1位と5位にランクインしていて、全体の約40%を占めています。それだけバッテリートラブルが起こりやすい事が分かりますね。

また、ここ10年のランキングを見てみると、上位4つのトラブルは常にTOP4にランクインしています。「タイヤのパンク」と「キー閉じ込み」が2位・3位を取り合う程度の変化です。

つまり、自動車のトラブルに遭う時は、「バッテリーのトラブル」、「タイヤのパンク」、「キー閉じ込み」、そして「落輪」のいずれかのトラブルである可能性が高いという事です。

そのため、これら4つのトラブルの内容や対処法、並びに点検方法は知っておいた方が良いでしょう。

続いて、TOP5の故障・トラブルの月別の発生件数推移(平成28年4月~平成29年3月)についても見てみましょう。

1位 バッテリー上がり~特に冬場に注意~

バッテリー上りの発生件数月別推移

バッテリー上がりは、12月・1月に発生件数が増加している事が分かります。つまり、冬場に起こりやすいトラブルと言えます。

そもそもバッテリー上がりとは、簡単に言うと、バッテリーに蓄電された電力が全て消費された時に発生し、エンジンがかからなくなってしまうトラブルです。

冬場にバッテリー上がりが頻発する理由は、気温の低下によってバッテリー自体の容量が低下してしまうからです。その状態で電力を大量に消費するエアコン等を使用すると、バッテリー上がりが起こりやすくなるんですね。

冬場はバッテリー上がり以外にも色々なトラブルが発生しやすい時期なので、バッテリーも含め、しっかりと車を点検するようにしましょう。

冬が到来する前にやっておきたい車のメンテナンス

なお、エアコンを使用し続ける夏場もバッテリー上りが起こりやすいです。6月から8月にかけて発生件数が増加していますよね。冬だけでなく夏も用心してください。

2位 タイヤのパンク~夏にパンクしやすい?~

タイヤのパンク発生件数の月別推移

タイヤのパンクは、7月~9月にかけて多発しています。夏に発生しやすいトラブルと言えますね。

路面温度の上昇も一要因と考えられますが、やはりタイヤの整備不足が最大の原因です。

しかも、8月はお盆・夏休みが重なるので、帰省・ドライブによる長距離走行をする機会も多くなります。当然、整備不良のタイヤであればパンクする確率も高まります。

そのため、夏場に限らず、長距離走行の前には「空気圧チェック」や「ひび割れの有無」など必ずタイヤの点検をするようにしましょう。もちろん、普段から気を付けておいた方が良いのは言うまでもありません。

タイヤの交換時期・寿命を見極めるポイントは3つ!

その他、夏場に起こりやすいトラブル及びやっておいた方が良いメンテナンスもチェックしておきましょう。

夏によく起こる車のトラブル!夏前にやっておくべきメンテナンスは?

3位 キー閉じ込み~車のカギは必ず身につけよう~

キー閉じ込みの発生件数月別推移

そもそもキー閉じ込みとは、車内に車のカギを放置したまま施錠してしまう事を言います。インロックとも呼びます。

発生件数の推移を見ると、7月・10月・12月に多発し、2月が少なめ、という傾向にあります。が、キー閉じ込みは人為的ミスが原因なので、時期や季節などが関係しているとは考えにくいです。

そのため、常日頃から注意するとともに、車のカギを身につけて乗車・降車をするようにしましょう。

4位 落輪~積雪・凍結する時期に多発~

落輪の発生件数月別推移

グラフを見ると、落輪は12月から2月にかけて多発している事が分かります。冬場ですね。既に気付いている人も多いと思いますが、原因は路面の積雪・凍結です。

雪の降る地域や路面が凍結する地域に住んでいる人は、ノーマルタイヤではなく、チェーンを搭載しておくかスタッドレスタイヤへ履き替えるなどの対応が必要です。

スタッドレスタイヤとチェーンの比較!雪道ではどう使い分けるべき?

最近は、異常気象によって変な時期に雪が降る事も珍しくないので、当然の雪に備えて、スプレー式タイヤチェーンを車に積んでおくと安心できるかもしれませんね。

スプレー式タイヤチェーン SNOW GRIPの特徴と注意点

5位 バッテリーの破損・劣化~夏から冬にかけて注意~

バッテリー破損の発生件数月別推移

バッテリーの破損や劣化は、夏から冬にかけて多発している事が分かりますね。どちらかと言うと、これらの時期に”発生しやすい”のではなく、”気付きやすい”と言った方が正しいのかもしれません。

さきほども書いたように、夏や冬はバッテリー上がりが発生しやすい時期でしたよね。この時期が到来するまでは、機能が低下した状態でも何とか役割を果たせていたバッテリーも、夏・冬を迎えると同時に限界に達してしまうのです。

最初は「バッテリー上りかな?」とロードサービスを呼ぶのですが、到着したスタッフにバッテリーが破損又は劣化している事を伝えられ、そこでようやく気付く事が多いんです。

バッテリーに関するトラブルは、最も多く発生するトラブルです。そのため、時期に関係なく点検するようにしましょう。

高速道路でのトラブルランキング

続いて、高速道路上でのトラブルランキングも紹介しておきます(平成28年4月~平成29年3月のデータ)。

順位内容件数構成比
1位タイヤのパンク27,21734.07
2位ガス欠10,18412.75
3位事故6,8798.61

高速道路では「タイヤのパンク」が最も多いトラブルです。ここ10年でTOP3に変化は有りませんので、高速道路を利用する時は、この3つのトラブルが要注意という事になります。

2位の「燃料切れ」を防ぐには、高速道路に入る前の「給油」が不可欠です。また、燃料がギリギリになるまで走行するのではなく、余裕を持って「SA・PA」で給油するようにしましょう。渋滞に巻き込まれると、燃費が悪化し、燃料の減りが早くなってしまう事も有りますからね(ガソリン代節約のコツ)。

3位の「事故」を防ぐには、安全運転を心掛ける事、そしてSA/PAで適度に休憩を取る事が重要です。また、タイヤがパンクして事故を起こしてしまう事も考えられるので、車を運転する前にはタイヤの点検(その他の点検も)も行っておきましょう。

【参考】ロードサービス(JAF)の出動件数の年間推移

平成17年度から平成28年度までの、ロードサービス(JAF)の出動件数の年間推移を見てみましょう。

ロードサービスの出動件数

ロードサービスの出動件数は減少傾向に有るようです。10年前と比べると50万件ほど減少しています。減少しているとはいえ、直近でも200万件の出動件数を記録しているので、如何に車のトラブルが多発しているかが分かりますね。

しかも、このグラフはJAFのロードサービスのみを対象としているので、自動車保険のロードサービスなどの件数も加えれば、もっと多くのトラブルが発生していると考えられます。

まとめ~車の点検及びロードサービスの付帯が大事~

頻発する車の故障・トラブルがどういった内容か分かりましたね。これらのトラブルを未然に防ぐには、やはり日頃からの点検が重要です。

バッテリーやタイヤを点検するついでに、エンジンルーム内や足回りのチェックも同時に行っておきましょう。

ただ点検をしてもトラブルが発生する事もあります。不測の事態に備えて、JAFや自動車保険のロードサービスを付帯しておきましょう。

■関連記事
JAF(ジャフ)の年会費やJAFで受けられるサービス
JAFのロードサービスと自動車保険会社のロードサービスの違い
自動車保険のロードサービス比較ランキング

自動車保険の一括見積りテキスト

自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定