自動車保険見直しガイド
車内身の回り品特約

車内身の回り品特約とは、事故の影響で「トランクや車内」にあった物が損壊してしまった場合、これらの損害を補償してくれる特約です。

具体的には、「衝突、接触、火災、洪水、盗難」などの事故で、契約車両に損害が生じ、その結果車内に積載していた「物」が壊れたりした場合、契約金額を限度に、買い替え費用・修理費用が支払われます。(減価償却が適用されるものは、減価償却後の価額が補償されます。)

なお、契約金額は「10万円・30万円・50万円」のどれかから選ぶのが一般的で、基本的に最初から「免責金額5,000円」が設定されている事が多いです。

相手がいる事故では、相手の対物賠償保険が補償してくれますが、事故に必ず相手がいるとは限りません。自損事故の場合もあれば、車が盗難される場合もあります。

このようなケースでは、車両保険に入っていれば車の修理費の補償はされますが、車に積んである物の補償はされません。そこで「車内身の回り品特約」の登場です。

保険会社によって「車両積載動産特約」や「車内携行品補償特約」など色々な名前が付けられていますが、補償内容はほぼ同じです。

身の回り品特約で補償される物と補償されない物

■補償される物

・衣類、バッグ
・カメラ
・ゴルフ用品
・スキー用品、スノーボード、サーフボード、スキューバダイビング用品
・旅券(パスポート)、運転免許証

車内やトランクに積んであった物だけでなく、キャリーに付けてあるスノーボードなども補償されます。

例えば、自損事故で電柱にぶつかり、キャリーに積んであったスノーボードが壊れた場合とかですね。

反対に、身の回り品特約で補償されない代表例は以下の通り。

■補償されない物

・通貨、有価証券(小切手、定期券、航空券、商品券、プリペイドカードなど)
・貴金属、宝石、骨董、美術品
・設計書、図面、稿本、帳簿など
・パソコン、携帯電話
・コンピューター等の記録媒体に記録されているプログラムやデータ
・義歯、コンタクトレンズ
・動物、植物

パソコンや携帯電話が補償されないのは、意外ですね。

身の回り品特約が適用されないケース

いくつかのケースを見てみましょう。

車上荒らしは補償の対象外

身の回り品特約は、車両が盗難された場合は、車内に搭載されていた物品の損害を補償してくれます。しかし、車に積載してある動産物だけを狙った「車上荒らし」には適用できません。

そもそも、前提として、車に損害(盗難を含む)が無いと、この補償は適用されないんですね。

走行中の急ブレーキや旧回転でトランクのゴルフクラブが破損した場合

例えば、信号を右折中に、猛スピードで自転車が横断歩道を走行してきた。車の運転手は急ブレーキをかけざるを得ず、その勢いでトランクのゴルフクラブが折れてしまった。もちろん、衝突事故などは起こらず、自転車が過ぎ去った後に、車は右折を完了させた。

ゴルフクラブ

こんなケースはどうでしょうか?実は、これも補償されません。なぜなら、交通事故が起こっていないから。ゴルフクラブが折れてしまったのは、自分の急ブレーキが原因であり、接触等によって起こったものでは有りませんよね。

もし、こういうケースの損害を補償して欲しいなら、自動車保険以外で「携行品損害特約」を契約する必要が有るでしょう。(クレジットカードなんかにも付いています。)

車両盗難に遭い、身の回り品特約を請求するときに嘘の申告をしても大丈夫か?

車両盗難に遭うと、身の回り品特約を請求できる事は、本文でも書いた通りです。

この時、保険会社から「車内に搭載してあったものを申告して下さい。」と言われます。

申告書

ここで、悪知恵が働く人はこう考えます。

「自己申告に基いて保険金を払ってくれるなら、本当は車の中に置いてなかったものも申告すれば、多めに保険金を貰えるのでは?」

確かに、盗難された物を申告する際に、警察にも保険会社にも、同じように報告していたら、嘘の申告をしても、保険金は降りるでしょう。しかし、そもそもこれは保険金詐欺であり、犯罪です。

また、仮に車両盗難をした犯人が警察に捕まったらどうでしょうか?「いや、そんなものは車の中に無かった」と言われれば、すぐに嘘はバレます。

邪な気持ちは出さずに、真摯に対応するのが無難ですね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定