自動車保険見直しガイド

(この記事は約 23 分で読めます。)

注意※ 当ページに記載されている「口コミや体験談」はインターネット上の情報が基となっています。
ネットの情報には真実とは異なる情報が記載されいていることもございますので、鵜呑みせずに参考程度に捉えてご覧下さい。

 

目次情報

子供のためにも補償はしっかり!だからイーデザイン損保で見積もり

自分の補償を厚くしたい

口コミ男性

僕は28歳のサラリーマンです。

今年、子供が誕生し父親としての責任の重さを日に日に感じているところです。

僕は通勤に車を使用しているのですが、万が一、事故にでもあって僕に何かあったら我が子をどうやって守ろうと考えると気が気でなりません。

そこで、自動車保険の更新を機に、自分の補償を厚くしようと考えました。

実は子供の誕生で生命保険の見直しをしたところ、必要保障額は6000万円と言われたんです。

これは子供が成人するまでの妻子が暮らしていくのに必要な金額というではありませんか。

でも、保険料が高くて4000万円しか入れませんでした。

しかも、もし自分が障害などで介護状態になってしまった場合には、自分の治療費や生活費を含め1億近い金額が必要と言われました。

交通事故では障害や介護のリスクも高いため、生命保険だけでは大きな不足があると感じていました。

とはいえ育児の費用や住宅ローンの支払があるため、生命保険と同じくあまりに高い保険料は払えません。

充実の補償を驚き価格で

口コミ男性

安い保険料で大きな補償をという希望を叶えてくれたのが、イーデザイン損保でした。

見積もり条件はトヨタのウィッシュ、12等級、長野県、通勤使用、年間走行距離は5000キロ超し10000キロ以下、運転者は本人限定で26歳以上補償、ゴールド免許です。

対人賠償と対物賠償は無制限、人身傷害は6000万円、車両保険は一般型が理想です。

6000万円あれば、事故で一生寝たきりの障害を負ったとしても生命保険の高度障害保険金4000万円と合わせ1億の資金が確保可能になるでしょう。

これで年間保険料は71190円です。

最初に提示されたベーシックプランは、人身障害3000万円と搭乗者障害1000万円で合計4000万円で年間保険料72770円というものでした。

搭乗者障害は損害の確定を待たずに即座に支払われる分、保険料が高くなるので人身障害のみで6000万円を確保し、さらにお得な保険料を実現させました。

これなら我が子のための安心料として、安い買い物です。

あまりの安さにビックリ!イーデザイン損保の見積もり

安い保険会社を探して

口コミ男性

僕はこれまで勤務先の共済で団体割引の適用される安い自動車保険に加入していました。

ですが、入社から3年ほどで転職することになりました。

社員ではない以上、その保険には入っていられなくなるので、他で探さねばなりません。

20代前半での加入でしたが、会社の共済は福利厚生的な意味合いもあり、非常に保険料が安くて助かっていたといえるでしょう。

それを抜けるのはちょっと痛手ですが、転職を決意した以上仕方ありません。

できるだけ保険料の安い保険会社を他で探そうと一括見積もりを試してみたのです。

その中でも一際保険料の安さが際立ったのがイーデザイン損保でした。

団体割引以上のお手頃価格で、これなら会社で加入するより最初からここで良かったんじゃないかというくらいの安さです。

これまで会社の共済オンリーだったので、勉強不足だったのですが、イーデザイン損保は有名な東京海上グループだということを知り、安心感もあるなと思いました。

こんなに安くていいの?

口コミ男性

見積もりの条件は車はダイハツのタント、等級は11等級、使用目的は日常レジャー使用で年間走行距離は3000キロ超し5000キロ以下での設定としました。

免許はゴールド、運転者は本人限定の21歳以上補償での試算になります。

この結果、提示された保険料が51100円です。

そして、このリーズナブルな保険料でカバーされている内容が目を見張るものなのです。

対人賠償と対物賠償はもちろん無制限、自分や同乗者の補償もシッカリつけて人身傷害を5000万円、さらに車両保険も自損や当て逃げもカバーしてくれるフルカバー型で、免責額は10万円ではなく一律5万円という、万が一、車が壊れた
時には助かる金額設定なんです。

まだ20代前半で等級もそこまで高くないのに、これだけの充実した補償をつけてこの保険料はメチャクチャ安くないですか?

思わず感動するような内容でした。

しかも、他の保険会社ではオプション扱いされる弁護士費用特約300万円が自動付帯され、いざと言うときには心強いです。

家計を助けるためにイーデザイン損保の見積もり

家計のピンチに自動車保険の更新です

口コミ男性

少し前に東京の八王子市内に一戸建てのマイホームを新築しました。

エコブームや災害時の非常用電源確保のため太陽光発電を設置し、オール電化住宅にしたんです。

車も日産の電気自動車であるリーフに買い替え、創エネ、蓄エネで節電に努めています。

といっても、土地代、マイホーム代、車の買い替え費用が莫大にかかり、毎月の住宅ローンの支払が大変で、光熱費の節電効果では全く追いついていきません。

そんな中、迎えた自動車保険の更新。

分割払いにして割高な保険料を払うのは嫌だし、だからといって一括で大きなお金が出るのも辛いしと、まさにパニック状態、家計の大ピンチに陥ってしまったのです。

少しでも保険料の安い保険会社を探せねばと一括見積もりサイトを利用したところ、我が家のピンチを救ってくれるかもしれないイーデザイン損保との出会いでした。

今回の更新では補償を削らなくてはいけないと、覚悟のうえで見積もりに臨みました。

ですが、その必要はなかったかもしれません。

我が家のピンチを助けてくれる自動車保険

口コミ男性

我が家の見積もり条件は16等級、日常レジャー使用、年間走行距離は3000キロ超し5000キロ以下、運転者は夫婦限定で30歳以上補償、ゴールド免許です。

試しにほぼいつもの補償内容でチェックしてみました。

対人賠償と対物賠償は無制限、人身傷害は5000万円、車両保険は一般型です。

自分たちの補償は子供が小さいので削りたくなかったのですが、車両保険はエコノミーに落とすしかないかと考えていたのが嘘のようです。

免責額も10万円にしないとダメだよなと思っていたのに、提示されたプランは免責額は初回も2回目以降も5万円だけでした。

これで年間保険料は51070円です。

安いと思いませんか?

なお、1つだけ工夫したところがあります。

おすすめプランは人身傷害3000万円に搭乗者傷害1000万円でしたが、搭乗者傷害を外して人身傷害5000万円としました。

実は搭乗者傷害ってスピーディーな保険金が支払われる分、保険料が高くなるのです。

おすすめプランは52140円でしたが、1000円ダウンで1000万円の補償アップに成功したといえるでしょう。

イーデザイン損保の見積もりをしたら保険料が格安でした

安さを目指しました

口コミ男性

僕は28歳のサラリーマンです。

もっとも、最近まで派遣で働いていて、ようやく正社員の職に就くことができました。

まだまだ給料は少ないですし、30歳を目前にして将来のことを考えれば貯金もしなくてはと思い、節約の日々です。

そんな僕の唯一の息抜きといえばドライブなのですが、こちらも中古のシビックを愛用しています。

新車を買うのはまだまだ先になりそうです。

そんな僕ですから自動車保険もとにかく安さを目指したいのです。

そこで選んだのがイーデザイン損保でした。

条件は15等級、ゴールド免許、日常レジャー使用、年間走行距離は5000キロ越し10000キロ未満で、26歳以上、本人限定で見積もりをします。

最近まで21歳以上補償だったので、ようやく年齢条件が上がりホッとしているかもしれません。

それでも必要最低限の補償で、保険料を抑えたいと思います。

ただし、身体の補償は削りません。

相手への補償と搭乗者の補償は削らず、車両保険で調整してみることにしましょう。

思い切って車両保険なしで

口コミ男性

車両保険なしというのは、けっこう思い切った選択かもしれません。

ですが、中古車なのでそこまでダメージはないと考えたんです。

全損しても50万円程度で、相手方がいれば相手が悪い分は支払ってもらえます。

自損や当て逃げでダメになることがあれば、その時までに頑張って働いてお金を貯めればいいかなと思っています。

そこで、対人賠償と対物賠償は無制限、人身障害5000万円、搭乗者障害500万円をつけ、弁護士費用特約300万円はプラスして車両保険なしで見積もってみました。

友達や彼女、弟などを車に乗せる機会があるため、搭乗者の補償はけっこう厚めにしたといえるでしょう。

この結果、保険料はどうなったかと言いますと、年間でわずか21660円です。

自分でもこの安さには驚きを隠せません。

インターネット割引10000円と証券ペーパーレス割引500円が適用された結果と知り、なるほどと思いました。

ですが、こんなに大きな割引を保険料の額に関わらず適用してもらえるのは嬉しいですね。

一括見積もりサイトで選んだイーデザイン損保

車買い替えで保険料率大幅アップ

口コミ男性

今までトヨタのヴィッツに乗っていました。

できるだけ諸経費の安い5ナンバー車ということで、税金も保険も安いからという理由で選んだのでした。

でも小さいし、遠出はきついし、家族も増えたしということで、今回は思い切ってミニバンのトヨタのヴォクシーに乗り換えたのですが、自動車保険の保険料が車両保険も含めおよそ倍の60129円になってしまったのです。

補償内容は前と同じ、対人対物無制限、車両保険免責ゼロのものだったにもかかわらず、前年が12等級で今年は13等級に上がっても、こんなに値上がりするとはかなりのショックでした。

ディーラーに聞くと、料率クラスが3段階上がってしまい、それだけで2倍になるんだそうです。

ディーラーも、もし保険料が安い車であれば、ノアならヴィッツとさほどかわらない料率だと計算してくれたのですが、気に入った車を諦めればきっと後で後悔するかもしれないしということで、そのほかの自動車税や重量税も高くなる

だけに、なんとか節約できないものか、そこで自動車保険の一括見積もりサイトを使ってみました。

一括見積りサイトで車両保険選び

口コミ男性

スマホから一括見積りサイトで見積もり依頼をしてみると、一両日中には各社から見積り額の入ったメールが届きました。

ただ上位の会社はネット専門の保険会社ばかりで、事故対応力とかどうなのか不安もあったのですが、その一括見積りサイトでは、総合の満足度ランキングだけでなく、サービスや対応力などに分けたランキングも掲載されていたので、見積結果と各ランキングを照らし合わせての保険選びが出来ました。

結局は、見積1位の会社ではなく4位のイーデザイン損保を選んだのです。

イーデザイン損保の保険料は1位と比較して4000円ほど高い44211円だったのですが、そのサイトにも土日祭日でも平日同様担当者がついての事故対応をするとか、最大手の東京海上の通販部門であるというのが決めてとなりました。

一時は、補償内容を下げての車両保険も検討したのですが、当て逃げとか天災で保険が出なければ意味もありません。

だから満額の補償内容で、しかも16000円も保険料が安くなり、本当に助かりました。

家計にやさしいイーデザイン損保で見積もり

事故対応が良くてサービス満点

口コミ女性

ガソリン代、電気料金、円安は輸出企業の業績は回復させますが、私たちの生活にはズシリと重くのしかかります。

そんな状況で、家計にやさしい自動車保険にしなくてはなりません。

そこでイーデザイン損保で見積もりをして見ました。

当然、」見積内容が良ければ乗り換えるつもりです。

イーデザイン損保は東京海上グループなので、事故対応もそれに合せた仕様で行っているので心配はありません。

事故受付は24時間365日受付してくれ、1事故1担当制なので示談終了まで同じ人が担当してくれるのです。

それにロードサービスがものすごく良くて、レッカー移動は30キロまでは無料、ガス欠や鍵の閉じ込め、スペアタイヤの交換など簡単な作業を現場でしてくれます。

また、遠隔地での事故やトラブルのときは、宿泊施設や帰りの交通手段などを紹介してくれ、トラブル地点などが分からないときは、GPSで知らせてくれるサービスもあるので安心してドライブを楽しむことが出来るのです。

そんな事からイーデザイン損保で見積もりしてみました。

見積もりすると保険料がかなり安くなる

口コミ女性

私の車はトヨタのラクティスで型式はNCP120です。

ノンフリート等級は16等級、ゴールド免許で、運転者の年齢条件を30歳以上、本人配偶者型に限定して車両保険は付けない見積もりにしました。

対人と対物は無制限で対物超過修理費用特約を付加したのですが、この理由は事故の相手方の車が古い車であれば修理費用が全額保険で賄われないケースがあります。

古い車の修理費は保険で賄おうとしたら時価になるので、その分修理費とのギャップが生じ、そのようなことで示談できないことにならないように最近人気の特約なのだそうです。

搭乗者傷害は1,000万円、人身傷害が車に搭乗中のみ補償で3,000万円、無保険車傷害が2億円、それに弁護士費用特約が300万円、この補償で保険料が年払いで25,700円になります。

ネット割で1万円、証券不発行割引で500円、これらの割引を加味している保険料なのでかなり保険料が安くなりました。

このようなことから契約更新が来たら、今回の見積もりどおり条件でイーデザイン損保に乗り換えします。

見積もりサイトで見つけたイーデザイン損保

はじめてのマイカーにパッソを購入

口コミ女性

子供が幼稚園に入るのをきっかけに、送迎用に車を購入しました。

車はトヨタパッソです。

休日のお出かけ用には、主人のウィッシュがあるので、なるべく負担にならぬよう、この車にしました。

ただ、自分にとっては、はじめての自分名義の車だけに、自動車保険がとても高かったのです。

26歳未満不担保で、ノンフリート等級6なのですが、はじめてなのでゴールド免許割引などもありません。

車両保険なしの任意保険で、対物や対人の賠償額を無制限にすると、70,320円もする見積もりが来たのです。

主人は等級12で、車両保険付でも70,180円ですから、いかに高いかと感じてしまいました。

新車なので、できれば車両保険付にしたかったのですが、免責ゼロだと138,900円もするのです。

車両価格の10%以上を保険が占めるなんて、ありえないと感じてしまいました。

主人名義でセカンドカー割引も検討したのですが、7等級から始まるので、せいぜい2割しか違わないのと、もしもどちらかが事故で保険請求すれば、2台分の保険料が上がるというリスクもあります。

一括見積サイトで安い保険探し

口コミ女性

それで、ネット上のバナー広告で見つけた超メジャー比較サイトの一括見積もりサイトを使ってみることにしました。

すると、メールで14社からの見積もりが翌日までに届きました。

一番安かったの保険会社だと、任意保険だけだと54,320円、以下5位までが6万円を切る額でした。

また、車両保険をフルにつけると、1位は106,700円で、以下3位までが10万円台だったのです。

ただ、ディーラ経由での加入と違って、もしもの時の不安もあります。

それで、その比較サイトで、最も評判の良い満足度1位のイーデザイン損保を選ぶことにしました。

見積もり結果では車両保険で3位で、保険料は109,800円だったのですが、最大手の東京海上グループだということ、それに、送迎と買い物だけの利用なので、保険料は走った分だけというにも魅力でした。

とりあえず、マイカー初年度ということで、どれくらい走るのか、見当がつかなかったのですが、超えても超過保険料を取られるわけでもなく、翌年がその走った距離で保険料が換算されるということで、大きな出費の初年度に追加出費がないというのも、ありがたかったです。

イーデザイン損保で初めての見積もり

初めてのマイカー取得です

口コミ男性

僕は24歳の会社員です。
仙台の本社で約1年にわたり研修や基本的な業務を身に付け、2年目で秋田の支社に配属されました。

これまでは寮からバス通勤だったのですが、これからはマイカー通勤になります。

免許は18歳の時に取っていたので、ちょうど更新でほぼペーパードライバーのまま無事故無違反でゴールド免許になりましたし、自動車保険に入るにはタイミングが良かったかもしれません。

これまで友達の車を運転した機会は何度かあったものの、自分の車を持ったことはありません。

ようやく手に入れた車はトヨタのプリウスです。

自動車保険の見積もりは幾つか試してみましたが、気に入ったのがイーデザイン損保でした。

気に入ったポイントは、他車運転危険補償保険が自動付帯されることです。

僕はもともと北海道の出身で、大学が仙台だったのですが、地元や仙台に行くと学生時代の友達と車で出かける機会が多いのです。

そんなとき、これまでは僕は保険に入っていなかったので何かあれば友達の自動車保険を使わねばなりませんでしたが、これからは自分の保険からカバーでき、友達の等級ダウンや保険料アップを防ぐことができるでしょう。

ポイントが貯まる分割払いもあり

口コミ男性

見積もり条件は6等級新規でゴールド免許、通勤使用で本人限定、21歳以上補償です。

相手方への補償は対人・対物ともに無制限、人身傷害は搭乗中のみ5,000万円、無保険車傷害2億円、車両保険は車両保険金額が190万円で一般型、免責金額は5万・10万円で設定しました。

保険料は年間165,260円です。

インターネット割引が10,000円、証券e割500円が適用されています。

20代前半の新規加入で、フルに補償を付けていますから高いとはいえません。

これでも他社に比べると、かなり抑えられています。

もっとも、一括払いがきついので分割払いをしようと考えました。

クレジットカード会社の分割払いを利用できることを知ったからです。

17,683円で10回と、総支払額は多くなりますが、カードのポイントが貯まるので払いやすいほうを選択するのも悪くないでしょう。

大手の安心感とコストの釣り合いがとれているイーデザイン損保の見積もり

経費縮小を目論んで自動車保険の乗り換え

口コミ女性

我が家は鳥取県の山の方にあるので、車は必須アイテムのひとつです。

バスはあるのですが数時間に1本という感じなので、車がないとどうにも身動きが取れません。

しかし自動車は維持費がかなり掛かるというのも事実ですよね。

ガソリン代もバカになりませんし、できるところから出費を抑えようと思い、まずは自動車保険の見直しから着手してみました。

乗り換え候補として選んだのはイーデザイン損保です。

ここは大手の東京海上グループがサービスを提供しており、安心感があります。

いくら安くなったとしても、いざというときに支払いを渋られたりしたら大変です。

イーデザイン損保は大手だけあって事故対応でのお客様満足度も95%と高く、事故対応も1事故1担当者制で示談交渉などもやってくれます。

日々の仕事をこなしながらの事故対応は負担が大きいでしょうから、これは嬉しいポイントですね。

また、インターネット割引も1万円と競合他社と比べても遜色のないレベルに達しており、ここで見積もりをしてみることにしました。

見積もり金額にも満足

口コミ女性

うちの車はホンダのライフで、平成18年ものの中古車です。

いわゆる自家用軽四輪というやつですね。

利用目的は主に通勤で、わたしが使います。

わたしは39歳の会社員で、免許証はおととしゴールドになりました。

通勤ではかならずわたしが運転しますし、家族で出かけるときも自分でほとんど運転するので保険の設定も運転者は本人限定です。

イーデザイン損保は走行距離によって保険料が変わります。

職場と自宅の距離から逆算すると、年間3,000km以内に収まりそうなのでその距離で見積もりしてもらいました。

ちなみにノンフリート等級は20等級です。

この条件でインターネット上で見積もりをしてみたところ、3つ提示されたなかで一番安いプランで20,490円という結果が出ました。

これには対人対物無制限、対物超過修理費用補償特約つき、搭乗者傷害保険一人あたり1,000万円、人身傷害補償保険3,000万円、弁護士費用等補償保険、他車運転危険補償保険もついての価格です。

このうちのいくつかは自動付帯となっており、大手の手厚さが実感できますね。

金額的にも満足ですし、あとは細部の特約の有無を調整してから申し込んでみようと思います。

走行距離が変化したらイーデザイン損保に変えるべき

走行距離が大きく影響します

口コミ男性

僕は大阪府大阪市に住んでいる37歳の会社員です。

2年ほど前までは市内の支店にいましたが、今は市外の支店まで自動車で通勤しています。

支店を移動した頃に、娘がバレエ教室に通いだし、レッスンやら発表会などで自動車に乗り家族で遠出をするようにもなりました。

そのため5,560kmだった年間走行距離が8,890kmになったのです。

等級は19で、割引はどれだけつくのかはわかりません。

そこでイーデザイン損保で見積もりをとってみたのです。

僕は保険料はぐんと上がると思っていました。

しかし、見積もりを見てみると保険料は思っていたよりも安かったのです。

イーデザイン損保ならば、過去1年間の走行距離に応じて保険料が決まります。

これはとてもお得なのではないでしょうか。

さらにインターネットで契約をすると、インターネット割引10,000円が適用されます。

その上、この割引は初回だけの適用だけではなく、次回更新の際にも適用されるのです。

サービスがとても充実しています

口コミ男性

イーデザイン損保の魅力はサービスが豊富なところではないでしょうか。

レッカー、燃料切れ時のガソリン配達、故障相談、故障時の緊急修理、引き上げ・引き下ろし、情報提供などのロードサービスは無料になっています。

サービス拠点が全国に約5,000箇所ある上に、24時間365日対応です。

ロードサービスを利用しても等級に影響がないものいい所でしょう。

また事故にあったときのメディカルサービスもついています。

夜間や休日などであっても救急医療機関を紹介してくれるのは有難いです。

事故だけではなく旅先での体調不良にも対応しています。

つまり自動車ライフを全面的にサポートしてくれるということでしょう。

お客様満足度ランキング第1位というだけのことはあり、とても使う人のことを考えているように思います。

結果的に保険料は1年間に46,980円支払うことになりました。

僕としてはとても安いと感じます。

以前は1年間に62,800円支払っていたから、余計にそう感じたのかもしれませんね。

便利で安いイーデザイン損保

初めての車、初めての保険

口コミ女性

恥ずかしながら、私は40歳になった去年やっと車の免許を取りました。

今までもずっと取りたかったのですが、仕事や家事、育児に追われてなかなか教習所に行くことができず、こんな年になってしまいました。

このたび夫の転勤に伴って退職することになり、やっと時間が取れたので思い切って免許を取ったのです。

これまでは車のいらない利便性の良い土地に住んでいたため、車も持っていませんでしたが、これを機に新しく燃費の良さで人気のヴィッツを購入しました。

買い物やドライブ、家族の送り迎えにと大活躍してくれています。

私は免許を取ったばかりなので、やはり事故を起こさないか非常に心配でした。

そこで、火災保険の最大手である東京海上のグループ会社である、イーデザイン損保の自動車保険を選びました。

ここなら大手ならではの充実したサービスや、迅速丁寧な事故対応をしてくれるに違いないと思ったのです。

気になる見積もり結果

口コミ女性

ここなら大手ならではの充実したサービスや、迅速丁寧な事故対応をしてくれるに違いないと思ったのです。

気になる見積もり結果
私の場合、初めての車なのでノンフリート6等級でした。

運転初心者ということもあって、心配なので補償は厚くしました。

まず基本の対人対物賠償は無制限、人身傷害は3,000万円付けました。

搭乗者傷害も、家族が乗るのが怖い・心配だなどと言うので、念のため2,000万円としました。

車もぶつけてしまうかもしれないと思い、車両保険は90万円(1回目の自己負担額は0円、2回目は10万円)、車両全損時諸費用特約も付加しています。

運転するのは私と同年代の夫だけなので、運転者年齢条件は30歳以上補償の割引がきいています。

イーデザイン損保の良いところは、インターネットから申し込むと10,000円も割引される点です。

証券発行不要とすれば、さらに500円安くなるのでお得です。

私はこれらの割引もつけて、年払いで96,790円となりました。

かなり厚めに補償をつけたのに10万円以下で済んで、非常に満足しています。

手続きも非常に簡単で、ネット上から申し込み、書類を揃えて送付するだけなので便利でした。

東京海上グループで安心なイーデザイン損保の自動車保険の見積もり体験

顧客満足度NO.1のイーデザイン損保

口コミ女性

私は保険料の安さから現在ネット通販系の自動車保険に加入しています。

以前に車同士の接触事故を起こし、事故対応をしてもらいました。

ただ、事故処理の結果に不満はなかったのです、初期対応にスピード感がないように感じました。

そこで、今回の更新にあたり保険の乗り換えを検討しており、自動車保険を扱う数社から見積もりを取ってみました。

そのうちの1社がイーデザイン損保でした。

イーデザイン損保は東京海上グループが手がける、通販系の自動車保険の会社で顧客満足度は業界トップとのことです。

やはり、いざというときに必要になる保険は大手グループが安心できます。

ただし、やはり気になったのは保険料が今より高くなってしまうのではないかということでした。

私は現在37歳でトヨタのウィッシュに乗っています。

いまのノンフリート等級は10等級で、前年は無事故で事故対応は受けていません。

今回の見積もりの保証内容は、対人賠償保険が無制限、対物賠償保険2000万円です。

車は購入から2年とまだまだ乗り続けるつもりなので、車両保険を付帯しました。

保険額は185万円で一般タイプの車両保険です。

免責金額は1回目5万円、2回目10万円の設定です。

さらに、同乗者の万が一のけがなど保証されるように人身傷害保険を3000万円と搭乗者傷害保険1000万円をつけています。

以上の保証内容で保険料はインターネット割引が適用されて66,280円と手頃な額です。

事故対応の安心度など考えると逆に安いと思えるぐらいです。

安心で確かな事故対応

口コミ女性

イーデザイン損保の自動車保険を気に入った点は、やはり、事故対応品質の高さにあります。

ホームページで見ると94%と高い割合で顧客が事故対応に満足しており、大手グループのネットワークを活かした事故対応力が魅力です。

さらに、事故時のロードサービスも充実しており、24時間対応とのことで万が一の事故の備えとしてかなり安心です。

今回、イーデザイン損保へ保険乗り換えるつもりです。

見積もり結果が一番安かったのはイーデザイン損保でした

自動車保険の試算への道

口コミ女性

以前からよくテレビや雑誌で広告をみていたので、気になっていたイーデザイン損保。

たくさん走る人とそうでない人など、各条件によって保険料が違うというのはよく聞く話なので、見積もりをしてみたいのですが、保険内容はよくわからないという不安もあります。

しかし、何ごともチャレンジと思い満期を機に七転八倒で見積もり作成を頑張ってみました。

実際の見積もりは驚くほど簡単で拍子抜け

口コミ女性

まず、年間走行距離である3000キロから5000キロを選択しました。

あとは、これからの前契約である20等級と年齢(52歳)を入力して、車(アクア)の型式と初年度登録を入力します。

その次は運転者の項目で、このあたりはよく保険の事がわからなくて不安だったのでしたが、指示通り、例えば誰が運転するか、使用目的である日常レジャー、免許証の色であるゴールドを入力、たったこれだけの入力で見積もり結果がでてきました。

3パターン表示され、車両保険がついているプラン、車両保険のプラン、車両保険プラス車両全損諸費用補償特約という事故で全損した時に追加して保険料が支払われるという人気の特約がついたプランなどが表示されました。

今回は、車両保険あり(車両保険150万円のタイプ)で対人対物無制限、人身傷害3000万円、搭乗者傷害1000万円というプランを選びトータル保険料は39820円となりました。

かなり安いので、驚きましたが、通常でも保険料が安いと評判なの、更にインターネット割引として10000円割引になるのだとか。

そしてこの特典は次回の更新時にも使え、更新しても10000円引というから驚きです。

もちろん、車の保険には詳しくないので、自分で見積もりをしてもそれが正しいのか不安があったのですが、見積もりサイトがとても丁寧で分かりやすいので、ほとんどの人が迷う事なくスムーズに正しく入力できます。

簡単に見積もりができて、そこから自分で補償や補償額をアレンジする事も可能ですし、なにより保険料が安いのが最大の魅力ですね。

事故で具合が悪くなってしまってもイーデザイン損保なら安心

事故後の体調に関して

口コミ女性

事故にあえば体に何か変化があるかもしれません。

怪我をする場合もあるでしょうが、事故当時は何の外傷もなくても、後から様々な症状が現れる可能性はあるはずです。

そんな時どうしたらいいのかわからず、きっと私は不安になってしまうでしょう。

そのため事故対応だけではなく、体調に関すること、医療に関することまでサポートしてくれる保険会社を選びたい、と考えました。

そこで各種保険会社を調べさせてもらったところ、私が一番気になったのがイーデザイン損保だったのです。

イーデザイン損保ではメディカルコールサービスがあります。

事故時だけではなく、事故後の日常生活での不安解消や旅行先での病院案内など、様々な状況に合わせた対応をしてくれるサービスでしたので、たとえ事故後に何か体調の変化があっても、きちんとした対応がとれ、改善へと進んでいけるのではないでしょうか?

365日使えるというのが、さらに嬉しいポイントでした。

女性のための補償を付けて

口コミ女性

私がイーデザイン損保が素敵だなと思った理由は、メディカルコールサービスだけではなく、女性のための補償があったからです。

おそらくこのような補償は、他にはなかなかないのではないでしょうか?

その補償というのが女性のお顔手術費用特約で、1名につき30万円まで払ってもらえます。

当然私はつけました。

ちなみに私は28歳で、トヨタのプリウスに乗っているのですが、このプリウスにはたまに母親も乗っているので、26歳以上補償と運転者家族限定特約を付け、まだ新車なので新車割引が適用されたのでよかったです。
そして15等級ゴールド免許、事故の経験はありません。

走行距離は一番長い10,000km超で、日常・レジャーのために利用しています。

人身傷害補償保険は5000万円、車両保険は265万円の免責金額を5-5万円で保険料を抑え、対人対物保障も無制限でつけました。

各種特約を付けた保険料は、年間で67,310円です。

母親もイーデザイン損保なら安心できそうだといっていたので、今乗り換えの申請をしています。

イーデザイン損保で見積もったら期待通りの内容でした

大手会社のネットワークは安心

口コミ女性

トヨタのヴィッツに乗り換えて6年の50代の会社員です。

ヴィッツは走行が安定しているし車内空間もゆったりとしているので気に入ってます。

時々運転する夫は「長距離には向かない」などと言いますが、そんなに遠出する訳でもないのでまだしばらく買い替えるつもりはありません。

この車の自動車保険の更新がやっと近づいてきました。

というのも、前回の更新の際に代理店の担当者に勧められて3年契約にしていたからです。

途中でコストダウンを意識するようになり、もっと安い保険会社に変更しようと思ったのですが、等級が引き継げない等のリスクもあるのでそのままにしていました。

今回は失敗のないように、たくさんの自動車保険を比較して自分で調べています。

最近、広告をよく見るようになった通販系自動車保険ですが、保険料が安いだけではなくて補償やサービスも代理店型に見劣りしないんですね。

その中で、東京海上グループのイーデザイン損保が目に留まりました。

大手の保険会社のネットワークは安心ですし、メディカルコールサービスなどに配慮を感じます。

さっそく見積ることにしました。

顧客満足度が高い点にも納得

口コミ女性

車種はトヨタのヴィッツで型式はNCP9、ノンフリート20等級でゴールド免許です。

日常・レジャー使用で年間走行距離は5000㎞以下というところでしょう。

運転者は夫婦限定、30歳以上補償で車両保険も付けることにします。

標準的なプランを選択したら、次の補償内容になりました。

車両補償は65万円(免責は0~10万円)で対人・対物は無制限、搭乗者障害保険が1000万円で人身傷害補償が3000万円です。

また、無保険車事故障害保険が2億円付帯されています。

その他、弁護士費用300万円と他車運転危険補償保険も付いて安心です。

保険料も37090円と期待通りのリーズナブルな価格でした。

この他にも多彩なプランがありますが、ロードサービスやメディカルサービスなどが全プランに自動付帯されていて顧客満足度が高い所以だと納得しました。

保険料が安いイーデザイン損保で見積もりをしました

保険料を安くしようと思って一括見積もりをしました

口コミ男性

現在、代理店型の自動車保険に加入していて、車両保険も付加しているので6万円台の保険料を払っています。

私は30代の会社員で、車はトヨタのアクアです。

利用頻度は、家内の買い物や休日に家族でドライブをするくらいで、通勤には利用していません。

あまり使わないのに、保険料は当たり前の料金を払わなければなりません。

ダイレクト型の自動車保険の保険料が安いことは知っていましたが、事故対応に引っかかる点があったのです。

しかし、我が家の経済情勢を考えたら、そんなことは言って入られません。

そこで思い切って、一括見積もりを利用してみました。

車はアクアで型式がNHP10,ノンフリート等級が12等級、ゴールド免許、運転者の条件は30歳以上、そして本人配偶者限定にして車両保険を付ける見積もりです。

イーデザイン損保が保険料と内容が気にいりました

口コミ男性

対人と対物を無制限にして、対物超過修理費用特約を50万円を限度にして付加しました。

これによって、事故の相手車が時価を超過した修理費に関して補償することができ、示談の時に役に立つと思います。

人身傷害が車内のみで3000万円、搭乗者傷害が一人に付き1000万円、人身傷害は過失割合に関係なく契約した金額の範囲内で支払われますが実損です。

搭乗者傷害は、実損ではなく決められた金額がそのまま支払われる人身傷害に上乗せ的な意味の補償ですが、支払が早いといわれているので役立つ補償と言えます。

自損事故傷害保険が人身傷害の範囲内で補償されていて、無保険車事故傷害保険が2億円自動付帯になっています。

そして車両保険の保険金額が150万円、免責が5万円で、車両全損時諸費用特約が付加されているので安心です。

弁護士費用特約が300万円、他車運転危険補償保険、この2つが自動付帯になっています。

ネット割りが1万円、証券不発行で500円の割引と24年登録の車なので新車割引が利いて、保険料が年払いで45500円になりました。

このイーデザイン損保の見積もりが非常に良かったので、更新時にイーデザイン損保に乗り換えます。

保険料が安くサービス内容が充実している保険はないかと探していたところ

事故対応とサービスが良いイーデザイン損保

口コミ男性

私は50代のサラリーマンでプリウスに乗っていますが、自動車保険の更新が近づいてきて、保険料を安くしようとネットで一括見積もりをして見ました。

プリウスの型式はZVW30、ノンフリート等級が17等級でゴールド免許、私が52歳で家内が47歳の本人配偶者限定にして、車両保険をセットする見積もりをしたのです。

12社の見積もりが出ましたがその中で、保険料の安さで3つの損保会社を選択して、その中の一つがイーデザイン損保でした。

東京海上グループで、事故対応は東京海上の仕様で、24時間365日いつでも事故受付してくれ1事故1担当制を敷いています。

ロードサービスは、提携ネットワークで修理工場が全国5000ヶ所あって、どこで事故や車の故障を起こしても対応してくれ、事故を起こした場合は担当者だけでなく、弁護士などの専門のスタッフがサポートしてくれるのです。

イーデザイン損保はこのように厚遇なサービスを提供してくれます。

充実した補償内容と安い保険料

口コミ男性

イーデザイン損保の補償内容は、対人と対物は無制限で、対物超過費用特約が50万円を限度にセットされていて、この特約があることによって事故の相手の車の修理費用が時価を超えた場合でも50万円までは補償されていて、それによって示談交渉がうまく行くことが出来るでしょう。

人身傷害が、搭乗中のみで3000万円、搭乗者傷害が1000万円付加されています。

人身傷害は実損ですが、搭乗者傷害は定額式なので、あらかじめ決められた保険金が支給され、保険支給は早いと言われていて、人身傷害の上乗せと考えられている方も多いのではないでしょうか。

無保険車事故傷害保険が2億円、無保険車の割合が30%程度あるらしいので必須の補償ではないかと思います。

自損事故傷害が付加されていて、この補償は自損事故などの時自賠責の対象にならないような場合に有効な補償です。

車両保険が一般型で180万円、弁護士費用特約と他車運転危険補償が付いて、保険料が年払いで43970円になりました。

保険料も安かったので更新になったらイーデザイン損保に乗り換えます。

保険見直しでイーデザイン損保を検討

イーデザイン損保で見積もりした理由

口コミ男性

自動車保険もネット通販型の出現で、自動車保険も劇的に変化しました。

保険料が安いということもあるのですが補償を選べて、その補償に対してどのような効果があるのか我々も考えるようになったのです。

それまで補償といえば対人と対物に加入していたら、それで良いといった考え方でしたが、自動車事故以外でも家族の怪我やな度にも対応できる補償などが自動車保険に付加することが出来ることになりました。

私はトヨタのエスティマに乗っていますが、前々から保険料について、もっと安くならないか考えていました。

しかし、ネット通販型の自動車保険は事故対応について少し弱点があるように一般的に言われていて、保険料は安くて補償内容が良く、なんと言ってもロードサービスが優れていることが分かっていても、なかなか乗り換えには踏み出せ
ません。

しかし、イーデザイン損保の事故対応は大手損害保険会社の東京日動海上火災の規格なのだそうで、その点では一抹の不安も解消できるのではないかと思い見積もりをしてみました。

見積内容もサービスも事故対応も満足できる

口コミ男性

乗っている車は、トヨタのエスティマで平成20年1月登録の車です。

型式はGSR50W、免許証はゴールド、ノンフリート等級は11等級で30歳以上の運転者限定で本人配偶者限定、車両保険は付けないでイーデザイン損保の自動車保険の見積もりしました。

対人対物はもちろん無制限、そして、対物超過費用補償特約が50万円までの補償がついているので、示談交渉する際相手方の修理費に関する問題は解消されたと思います。

人身傷害は車内のみで3,000万円、搭乗者傷害が1名に付き1,000万円、無保険車傷害2億円と他車運転特約は自動付帯されていて、弁護士費用特約が新たに付加することが出来ました。

そして保険料が年払いで29,010円になり、既契約と比べても12000も保険料が安くなります。

事故対応も安心、充実したロードサービス、そして補償がアップして保険料は安くなる。

既契約が満期になったらイーデザイン損保に乗り換えします。

自動車保険の一括見積りテキスト

自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定