自動車保険見直しガイド
所得控除

自動車保険の保険料は、確定申告時に所得控除が受けられるでしょうか?地震保険や生命保険(医療保険や介護保険も含む)については、地震保険料控除や生命保険料控除として所得控除が受けられることから疑問に思う方もいるのでは?

以下で自動車保険料の所得控除の可否を見てみましょう。

スポンサーリンク

従来の制度

平成18年までは所得控除の一つとして「損害保険料控除」が認められていました。

「居住者が、各年において、自己もしくは自己と生計を一にする親族の有する居住用家屋又は家財などの生活に通常必要な動産を保険目的とする損害保険料又はこれらの者の身体の傷害に基因して又は身体の傷害等により入院して医療費を支払ったことに基因して保険金等が支払われる契約の損害保険料を支払った場合」に支払った保険料の一定金額が所得控除として認められるものでした。

自動車保険自体は所得控除の対象外(一般的に自動車が贅沢品と考えられていた時代の名残から、所得控除の対象外になったと言われています)になっているため、この損害保険料控除の対象からも外れているのですが、自動車保険の特約として傷害特約等が付いていた場合には、特約部分については損害保険料控除として所得控除が認められていました。

ちなみに損害保険料控除の所得控除の上限金額は、15,000円と他の所得控除と比べても上限が低い制度でした。

平成18年税制改正

平成18年の税制改正により損害保険料控除制度が廃止され、所得控除の項目から消えてしまいました。といっても、完全に無くなってしまった訳ではなく、経過措置として地震保険料控除に組み込まれる形となりました。地震保険料控除は確定申告書のⅡ表を見れば分かる様に以下の二つに分かれています。

  • 地震保険料
  • 旧長期損害保険料

参考にⅡ表はこのようになっています。
Ⅱ表

この「旧長期損害保険料」とは以下の要件を満たす保険料のことを指しています。
  • 平成18年12月31日迄に契約が成立したもの
  • 保険期間又は共済期間が10年以上で、満期返戻金等があるもの
  • 平成19年1月1日以後にその損害保険契約等の契約内容を変更をしていないもの

現実的には、上記の条件を全て満たす自動車保険の特約というものは皆無と考えられます。(そもそも自動車保険自体が1年更新であることが殆どである為)

つまり、結論としては自動車保険の保険料は確定申告時に所得控除としては認められず、地震保険料控除の内の旧長期損害保険料として所得控除がされる事も難しいという事になります。

なお、所得控除としては認められませんが、事業主さんが事業に必要な自動車に対して支払っている自動車保険の保険料については、必要経費として経費計上が認められるので漏れの無い様にしましょう。

最近は社会保障費の増大で16歳未満の扶養控除が廃止されるなど税制上の優遇措置も縮小しているような気がしますが、それはそれとして自分でしっかりとした資金管理をしていくことが必要ですね。

ちなみに16歳未満の扶養控除が廃止される代わりに出来たのが子ども手当です。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定