自動車保険見直しガイド
スマホ

携帯・スマホを自動車の運転中に使用すると違反となる事は皆さんご存知かと思います。ただその違反内容や罰金等に関しては詳細に知らない人も多いのでは?

そこで、今回は自動車を運転中に携帯・スマホを利用した場合の違反や罰金等について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

運転中に携帯電話・スマホを使用すると違反

道路交通法では以下のように規定しており、自動車等を運転している時に携帯電話・スマホを使用すると道路交通法違反となり取締りを受けます。

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

引用:道路交通法第71条五の五

ごちゃごちゃと記載されていますが、要は【通話のための使用】【画像を注視する行為】が違反の対象となります。例えば、通話はもちろんの事、メール・ライン・ウェブ等を利用した場合などが違反行為となります。

罰金・反則金・点数

運転中の携帯電話の利用による罰則は2種類有ります。

  • 携帯電話使用等(交通の危険)違反・・・携帯電話を使用して交通の危険を生じさせた場合⇒3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  • 携帯電話使用等(保持)違反・・・運転中に携帯を利用したのみの場合(交通の危険が怒らなかった場合)⇒5万円以下の罰金

ただし、両違反とも交通反則通告制度の対象となり、青切符が切られ以下のような反則金と点数の加算によって処理される事になります。

反則金と点数

■携帯電話使用等(交通の危険)違反
反則金-9,000円、点数-2点

■携帯電話使用等(保持)違反
反則金-6,000円、点数-1点

赤信号や渋滞などの停止中の利用は違反!?

上記の道路交通法第71条五の五には、「自動車等が停止しているときを除き」と明記されているので、赤信号や渋滞で停止している時に携帯電話を利用する事は違反にはなりません。

但し、停止というのはタイヤが完全に止まっている状態を言うので、車が少しでも動いている時に通話等をしている場合には違反となります。また、青信号や渋滞で前の車が走行し始めた場合には携帯電話の利用を終了させなければなりません。

「画像を注視する」とは

「画像を注視する」の注視とは一体どれくらいの時間を指すのか?平成11年の9月22日付けの警察庁の通達P6のオによれば、「注視とは見続ける事」とされています。

見続ける時間に関してはこの通達では一切触れられていませんが、着信やラインなどの通知を1度チラ見するだけでは違反にはならなさそうです。ただ取締りを行う警察官次第となるので運転中に携帯/スマホを見ない事をオススメします。

なお、注視する時間について判例では2秒とする見解があるようなのですが、判例を見つける事ができなかったので、判例を見つける事ができればソースを貼付したいと思います。

違反を回避するために

自動車を運転する際、携帯やスマートフォンを一切利用しない事が違反を回避する最も最善の策となりますが、仕事の都合上等で運転しながら携帯で話さなければならない人が居ることも事実です。

運転中の携帯電話の違反は手で保持する事が条件となっているので、イヤホンマイク(ハンズフリー)を利用して通話する事は道路交通法の罰則の対象外となります。どうしても運転中に携帯電話で通話したいという人は、イヤホンマイクを購入し利用してください。

イヤホンマイク

ただし、注意点が2点あります。1点は、ハンズフリーとは言え運転中に通話すれば運転への集中力の低下が予想されるので、利用するにしても最善の注意を払う必要が有ることです。

もう1点は、道路交通法上は罰則の対象外であったとしても都道府県の条例でイヤホンマイクの使用が禁止されている場合があり、条例違反に該当すると安全運転義務違反となり9,000円の反則金に加えて、交通違反点数2点が加算されます。

なぜ道交法ではなく別に条例で規定されているのかというと、道路交通法第71条六号において各都道府県の公安委員会が交通安全の為また事故防止の為に運転者の遵守事項を定めても良いとされているからです。

例えば東京都では、道路交通規則として交通ルールを定めています。そこまで大きくは内容が異なりませんが、御自身が住んでいる又はよく走行する都道府県の条例はチェックしておいた方がいいでしょう。

最近では兵庫県で自転車を運転する人に自転車保険への加入義務化条例が定められる!?というニュースが有りました。
自転車保険への加入義務化は避けられない!?兵庫県で全国初の条例化へ


話が少し反れましたが、東京都ではイヤホンマイクについて規則の第8条(5)で以下のように規定しています。

高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

この内容を警視庁に問い合わせてみた所「運転中のイヤホンマイクの使用はグレー」だそうです。というのも、イヤホンマイクの使用が即違反となるわけではなく、外部の音が聞こえないような状態でのイヤホンマイクを使用した場合に違反となるそうです。

例えば、携帯電話での通話に限っていうと、大声で通話をする事で「緊急車両のサイレンの音や踏切の音またパトカーの声などが聞こえない場合」に安全運転義務違反となります。

仮にイヤホンマイクを使用してパトカーに停止を促された場合でも、すぐに脇道に車を停車して声が聞こえていた事を主張すれば違反切符は切られないでしょう。(実際どうなるかは分かりませんが・・・)

以上は東京都の場合の話です。その他の道府県でもほぼ同じような規則が規定されているのですが、外部の音が聞こえない状態の使用が違反となるのか、又はイヤホンを装着しているだけで違反となるのかは、各道府県の警察本部に交通相談として問い合わせをして確認してからイヤホンを使用する事をオススメします。

携帯電話

最後に警察庁の方も言っていましたが、イヤホンマイクの利用では即違反となるケースは少ないようですが、外部の音・声が聞こえる状態であっても、通話に集中してしまうことで交通に危険を生じさせるような運転になっている場合には、厳重注意又は安全運転義務違反として取締を行う場合もあると言っていました。

ですから、イヤホンマイクの使用が即違反とならないにしても、極力運転中の通話は控えた方が安全の為にもベストかもしれません。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定