自動車保険見直しガイド
ペット

ペット

最近、車にペットを乗せて走っている車をよく見かけます。ペットの事を、もはや動物という枠を超えて、家族の一員と考えている人たちも多いんじゃないでしょうか?よく飼われているのは犬や猫でしょうか。犬や猫って、ほんと可愛いですよね。

そんな可愛いペットたちと、一緒にどこかに出かけたいと思うのは当然でしょう。そして、ペットと一緒に移動中に事故に遭って、ペットが怪我をした場合に怪我の治療費等を補償してくれる特約がペット補償特約です。動物病院の治療費って意外に高いですから、この補償があればすごく助かりますよね。

現在のところ、ペット補償特約を販売している自動車保険会社は3社あります。それぞれ特約の呼び名が違いますので、個々に説明していきます。

スポンサーリンク

ペット補償特約を取り扱っている会社と簡単な内容

取り扱っている自動車保険会社は以下の3社です。

  • アメリカンホーム・ダイレクト
  • アクサダイレクト
  • 共栄火災海上保険

アメリカンホーム・ダイレクトの場合

アメリカンホーム・ダイレクトでは、ペットサポートと呼ばれる「入院時のペット諸費用補償特約」と「ペット臨時費用補償特約」をセットした特約を販売しています。

「ペットの治療費の実費分の補償」と「飼い主の方が入院して世話ができない時にペットシッター等を利用した場合の費用」を補償してくれます。

アクサダイレクトの場合

アクサダイレクトにおける特約名は「ペットプラス」です。ペット搭乗中補償特約と日常生活賠償責任補償特約をセットにして付帯できます。ペット搭乗中補償特約は、搭乗中の事故による怪我の治療費や葬儀費用等を補償してくれます。

日常生活賠償責任補償特約は、ペットが他人に怪我をさせてしまったり、物を壊してしまったりした時の損害を補償してくれます。この特約は、ペットに限らず、飼い主の日常における損害も補償してくれます。

共栄火災の場合

共栄火災では「くるまるペットくん」という特約名で販売されています。ペット搭乗中補償特約と入院時ペット諸費用補償特約がセットになっています。

補償される内容は、搭乗中の事故による治療費、葬儀費用、その他の諸費用を補償してくれます。

各保険会社の限度額

それぞれ、細かな点では違うものの、大体の補償金額をまとめています。

会社治療費用保険金葬儀費用保険金
アメリカンホーム5万円無し
アクサダイレクト合計で10万円
共栄火災5万円10万円

保険金が降りないケースに要注意

ペット補償特約は、ペットを危険な状態で同乗させている場合には支払われません。

危険な状態とはどんな状態か?と言うと、ペットをドライバーの膝の上に乗せているなど、ドライバーの運転の妨げになる可能性がある状態の事を言います。

つまり、ドライバー自身が自分で事故の原因を作っているのだから、そんな状態で起こした事故には保険金は払えませんよ。という事ですね。

道路交通法第55条(乗車又は積載の方法)2項でも以下のように規定されています。

車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

そういう運転をしていると、保険金も降りないばかりか、乗車積載方法違反に該当するため、行政処分として1点ひかれ、反則金も6千円とられます。ダブルショック。

また、人間が事故の被害を最小限にするためにシートベルトをするように、ペットが受ける被害を最小限に抑えたかったら、出来ればペットケージであったりペット専用シートベルトを使う必要があるでしょう。

一般社団法人ペットフード協会の調べによれば、今や全世帯の4世帯に1世帯以上が、犬もしくは猫を飼っているそうです。家族として一緒に生活しているからこそ、ペットの安全はしっかりと考えていきたいところです。

ペット特約がおすすめの人

ペットを飼っている方が対象になります。そして、ペットをよく車に乗せて移動する人なら付帯を考える対象になるでしょう。だいたい保険料は年間1,000円ぐらいですので、付帯するのも有りかもしれません。

ただ、車にペットを乗せなければ不必要な特約ですので、保険料を節約するという意味では、まずペットを車になるべく乗せないようにすることをオススメします。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定