バイクが信号機のない横断歩道付近を歩いていた老人を轢いた場合の過失相殺

(この記事は約 3 分で読めます。)

バイクが横断歩道付近を歩行中の老人を轢いてしまった事故での過失割合を考えてみましょう。

まず何対何の事故なのかを考えます。

今回の場合は人対バイクの事故ですね。

次に事故現場です。

事例は信号機の無い横断歩道付近です。

これらの情報を基に基本的過失割合を求めていきます。

 

合わせて読みたい

過失割合表の読み方や用語の説明

 

ちなみに横断歩道の「付近」とは、幅員が10m以内の道路においては20m~30m以内、幅員が14m以上の道路においては50m以内と考えるようです。

[myphp file=’kiji-top’]

広告
車査定

信号の無い横断歩道付近での人対バイクの過失割合

基本的過失割合は人が25%、バイクが75%となります。

例えバイクが法定速度で走行して前方をしっかり注意していたとしてもバイクの過失が大きくなります。

そしてこの基本的過失割合に修正要素を加味していく事になり、横断歩道付近の事故という事(横断禁止場所)で歩行者に5%の過失が加算されますが、今回は歩行者が防衛能力の弱い老人ということで10%減産され、最終的に歩行者の過失割合が20%、バイクの過失割合が80%となります。

その他に修正要素があれば数字はまた違ってきますので現場の状況というのは過失割合を考える上で非常に大切になってきます。

信号機の無い横断歩道を歩行中だった場合

上記の例で老人が横断歩道上歩行していた場合には基本的過失割合は、老人が0%、バイクが100%となります。

ただし、バイクから歩行者が確認が困難であった場合には修正される事があります。

横断歩道では歩行者が優先されるのが道路交通法上のルールです(道路交通法38条)。

ですが実際には歩行者が道を車に譲っている現場をよく見かけます。

交通ルールでは歩行者が優先だからと言っても車にひかれて大怪我するのは歩行者の方ですから歩行者が道を譲るのは仕方が無い事なのかもしれません。

当たり前のように歩行者を無視して横断歩道を通過するのですから問題は自動車などの運転手の方です。

交通ルールはしっかり守って車両を運転していきましょう。

信号機のある横断歩道を歩行中だった場合

この場合の過失割合は信号機の色により歩行者の過失割合は0%~70%と変化します。

下記の記事は車と人の場合ですが単車などのバイクも同じように考えるので参考にしてください。

 

合わせて読みたい

歩行者と車-信号機が有る横断歩道の過失割合

 

過失相殺とは?自動車事故被害者を悩ませる由々しき過失割合

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり
広告

【コラム】押しボタン式の信号機

横断歩道外又は横断歩道付近の事故の原因の1つとして考えられるのが押しボタン式の信号機の反応が遅いという事です。

中には押したらすぐに青に変化する信号機もあり、そのような場合には事故の原因とはなりませんが、押しボタンの意味があるのかどうかわからない信号機もありますよね。

反応が遅い信号機である事を知っている地元の人なんかは押さずに信号無視して渡ってしまう事もあるんじゃないでしょうか?非常に危険ですのでボタンを押し信号が青になってから渡るようにしてください。

ではなぜ押しボタン式の信号機の反応が遅いのかというと、これは回りの信号機と関係でこのようになっています。

自動車を運転していても歩行していても気付いた事があると思うのですが、長い直線の道路などで信号機が全部青になっている事があると思います。

これは円滑な交通の為に信号機同士が連携して反応しているからです。

青赤青赤という風にゴチャゴチャになっていたら渋滞の原因になってしまい時には事故の原因となってしまうからです。

反応の遅い押しボタン式の信号機も回りの信号機と連携しているため、単独で青になる事はなく回りが青になるのを待っているため変化するのに時間が掛かるのです。

タイミングによっては長く感じるかもしれませんが、5分も10分も待たなくてはならないわけではないので青になるのを待ち横断するようにして下さい。

広告
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

自分の自動車保険を把握!『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ

合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

乗りたい車はこれ!様々な車の情報をチェックするなら「車情報ラウンジ Car Lounge 」

出典:車情報ラウンジ「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。気になる車や様々な情報をチェックしたいなら、車情報ラウンジ「Car Lounge」をチェックしてみましょう!

『車の一括査定』提携300社以上から車を一番高く売る!無料で手間なく愛車を一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!