自動車保険見直しガイド
保険価額

注:この記事は「車両保険の付保金額・設定金額」について書いている記事です。車両保険の保険料(掛金)がいくらになるか知りたい方は、下記記事を参考にして下さい。
車両保険金額(保険料)の相場や平均データ


車両保険の保険料の金額を気にする人は多いですが、車両保険の設定金額を気にする人はあまり多く有りません。毎年見積もりを取っている人でも「あぁ今年の車両保険の設定金額はこれくらいなのか・・・」と、スルーしている人も多いのでは無いでしょうか。

そこで、この記事では車両保険を契約するときに設定する「保険金額」の決まり方(決め方)について、解説していきたいと思います。(車両保険の基礎はこちら

車両保険の設定保険金額は協定保険価額

車両保険の保険金額として設定できる金額は協定保険価額です。

協定保険価額とは、契約車両と同一年式・同一車種で損傷程度が同レベルと想定される車の保険契約時点における市場価格の事。再調達価額とも言います。この協定保険価額が車両保険から支払われる保険金の上限額となります。詳細は下記記事参照。

車両保険の協定保険価額と時価の違い・関係性

保険会社は、適宜様々な車の時価を調べて「車両価格表」にまとめており、私達はこの車両価格表に基づいて車両保険価額(協定保険価額)を設定する事になります。

加えて、車両価格表に記載されている協定保険価額は「この車なら100万円~150万円まで」という感じで、上限価格と下限価格が設定されており、私達はこの価格の範囲内から車両保険の設定金額を選ぶ事になります。

一般的に、車が新しければ新しいほど設定できる車両保険金額(協定保険価額)の幅は大きく、車が古くなればなるほど設定できる幅は小さくなります。

hoken-price

なぜ、上限価格と下限価格が設定されているかと言うと、「同一年式・同一車種・同一グレード」の車であっても、車によって走行距離も違えば、運転の粗さによる車の損傷度・オプションの付属の有無や多寡などが異なるため、ある程度の幅をもたせておかないと、正確な協定保険価額を反映出来ないからです。

上限・下限価格が無いと正確な協定保険価額を反映できない例

前提

AさんとBさんが、同じグレードのハリアーの新車を購入。車両本体価格は300万円と仮定。Aさんはオプションを何も付けなかったが、Bさんはオプションとして20万円の本革シートを付けた。

こういうケースを想定しましょう。両者の本体価格は300万円なので、普通に考えれば、車の時価は300万円ですので、車両保険として設定できる金額(協定保険価額)も300万円になります。

しかし、これではBさんは納得できません。だって、Bさんにとっての時価は、車両本体価格300万円に本革シート代20万円をプラスした320万円なんですから。わざわざ付けた本革シートが補償されないなんて、意味が分からない!って事になりますよね。

このように、同じ年式・車種・グレードの車でも、車の価値が同じになる事は基本的に有りません。だからこそ、上限価格と下限価格が定められているんですね。(車両価格表は数ある同一レベルの車の平均時価表と考えて下さい。)

車両保険の設定金額に含められるもの・含められないもの

車両保険設定金額(協定保険価額)は「保険金の支払上限額」となりますが、自分の設定したい金額を自由に設定出来る訳では有りません。設定金額に含められる物・含められない物が予め決められています。

以下は、セゾン自動車のQAページに記載されている車両保険金額に含まれる物・含まれない物の一覧表です。

車両保険金額に含められるもの
(出典:セゾン自動車-車両保険金額とは)

ご覧頂ければ分かるように、自動車固有の付属品であれば全て車両保険金額に含まれます。但し、「装飾品・インテリア」などの車用品に関しては対象外となっています。ただ、中には判断が難しい物も有ると思うので、そういう場合は保険会社に確認してみるのが無難です。

一応、上記のように設定金額に含まれる物は決まっているのですが、先程も書いたように協定保険価額には上限価格と下限価格が設定されています。

なので、実際の所は、協定保険価額の範囲内から選ぶのであれば、実際に自分が払った金額より高めの金額を設定したり・低めの金額を設定したりすることも可能です。

保険会社によって設定できる金額に多少の差異が有ることも。

昔は、保険会社毎で別々の「車両価格表」を使うのではなく、共通の「車両価格表」を使用していたそうです。なので、どの保険会社で見積もりを取っても、設定できる車両保険価額に違いは有りませんでした。

しかし、保険自由化の影響等も有り、今は各保険会社が独自で「車両価格表」を保有しています。従って、保険会社によって設定できる車両保険価額に多少の違いが発生することも有ります。

もし、今の保険会社の設定上限金額が低すぎる!と感じているなら、他の保険会社で見積もりを取ってみては如何でしょうか。もう少し高めに設定出来るかもしれませんよ。

どうせ車両保険を付けるなら上限金額いっぱいで設定した方が得

個人的には、車両保険は上限金額いっぱいで設定した方がお得かなと思っています。というのも、車両保険の設定金額が変わっても、そこまで保険料は変わらないからです。(もちろん、車両保険自体は高いですが・・・。)

試しに、イーデザイン損保で車両保険の設定金額だけを変えて、以下の条件で見積もってみました。

■見積もり条件

●●車種:プリウス ●型式:DAA-ZVW30 ●初度登録年月日:2014年6月 ●事故有係数適用期間 0年 ●等級:10等級 ●記名被保険者の年齢:30歳 ●走行距離:5,000~10,000km ●運転者範囲:本人及び配偶者 ●運転者年齢条件:26歳以上補償 ●免許の色:ブルー ●使用用途:主に通勤・通学 ●所在地:東京 ●車両保険タイプ:一般型 ●車両保険免責金額:0万円-0万円 ●他補償内容はイーデザイン損保デフォルトの補償内容をそのまま使用。

結果がこちら。

車両保険の設定金額自動車保険の保険料
170万円88,910円
180万円89,300円
190万円89,690円
200万円90,080円
210万円90,470円
220万円90,860円
230万円91,240円
240万円91,630円
250万円92,020円

車両保険の設定金額250万の時の保険料は92,020円で、設定金額170万円の時の保険料は88,910円。車両保険金額自体には80万円も差が有るのに、保険料の差はたったの3,110円。

車両保険金額を高めに設定していれば、車両が全損と判断された時に修理費用が全額支払われないリスク(そもそも経済的全損と判定されにくくなります)を抑えることが出来るので、修理費用の自腹金額が発生するリスクも抑える事が出来ます。

もちろん、申込み後に保険会社から「貴方の車の場合はその価額では車両保険を設定出来ません」と言われる可能性が無い事も無いのですが、保険会社がデフォルトで提供している協定保険価額の範囲内であれば、文句を言われずにその金額で設定出来るはずです。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定