自賠責保険の37ヶ月とか25ヶ月は何のために有る?どんな時に使う?

(この記事は約 4 分で読めます。)

自賠責保険の料金表を見たことはあるでしょうか?

自賠責保険の料金表には「自賠責保険の契約期間」と「契約期間に対応する料金」が掲載されています。

期間自家用
乗用自動車
軽自動車
(検査対象車)
37ヶ月36,78035,610
36ヶ月35,95034,820
25ヶ月26,68025,880
24ヶ月25,83025,070
13ヶ月16,38015,960
12ヶ月15,52015,130

この表を見て少し違和感を感じませんか?

37ヶ月25ヶ月といった中途半端な契約期間は一体なんなのか?」
「これらの期間には、なんの意味・理由があるのか?」

このような疑問を感じませんか?車検だって2年単位だし、自動車保険だって1年単位の更新ですよね。

なぜ、自賠責には「2年+1ヶ月」とか「3年+1ヶ月」といった端数の契約期間が有るのでしょうか。

この記事では、これらの数字が持つ意味をそれぞれ見ていきたいと思います。

【ご利用者900万人突破!!】無料で、最大20社に一括お見積り!!『お見積りはこちらから』

 

車査定

契約期間37ヶ月は何の為にあるのか?

「37カ月」という期間は、車検と関係しています。

新車を購入した場合には、初めの車検は3年後です。

普通に考えれば、自賠責保険も3年(36ヶ月)でいいように思えます。

しかし36ヶ月ではダメな理由があります。

その理由は、「車検」と「自賠責保険」の有効期間満了のタイミングのズレです。

それぞれの有効期間満了のタイミングは以下の通りです。

  • 車検は有効期間満了日の夜24時まで有効
  • 自賠責保険は有効期間満了日の正午12時までが有効

この12時間のズレが問題になってきます。

車検を通すには、自賠責保険に加入している事が一つの条件になっています。

なぜなら、自賠責保険は国が定めた強制保険なので、公道を走行する車が自賠責保険に加入しているかを車検の際に確認するようにしているからです。

この12時間のズレのせいで、「車のコンディションとしては車検を通すことは出来るが、自賠責保険が切れているので車検を通してはいけない」という問題が発生します。

そのため、新車購入時には次回の車検の為に36ヶ月ではなく37ヶ月の自賠責保険を契約するようになっているのです。

プラス1ヶ月ではなく1日でもいいのですが、自賠責保険の契約期間の単位が「月単位」なので37ヶ月契約をすることになります。

インズウェブ自動車保険一括見積もり
広告

契約期間25ヶ月は何の為にある?

通常は、車検と同時に自賠責保険も更新することになります。

従って、新車の契約の際に37ヶ月契約をしていれば、2回目以降の車検の時には有効期間満了のズレの問題は発生しないので、自賠責保険の契約期間は24ヶ月となります。

なぜ「36ヶ月」ではないのかというと、2回目以降の車検の期間が2年毎だからです。

ですので、3回目4回目の車検の際も24ヶ月契約となります。

では、25ヶ月はいつ必要になるのか?というと、車検切れを起こしてしまった場合に必要になります。

車検切れの車を車検に通す場合には、新車購入時と同様に有効期間の時間のズレを考慮して、次回の車検の時の為に自賠責は24ヶ月ではなく25ヶ月で契約することになります。

 

合わせて読みたい

車検切れを起こしてしまった場合の対処法

 

その他に13ヶ月の契約もありますが、これは毎年車検が必要となる1ナンバーと4ナンバーの自動車が、25ヶ月・37ヶ月契約と同じように車検を通す為に契約します。

参考:自賠責保険料の1ヶ月分って何のために存在しているのでしょうか?

広告

自賠責保険のステッカー(保険標章)から分かる事・分からない事

自賠責保険標章

自賠責保険に加入するとステッカーを貰いますよね。

このステッカー、実は以前までは背景色が全部青色だったんです。

それが、2011年4月から7色になりました。

色の意味合いは自賠責保険の満了年を表しています。

つまり、シールに表示されている有効年月を見なくても、色だけで自賠責保険が有効かどうかを年数単位では分かるようになったんですね。

自賠責保険ステッカー

自賠責保険のステッカーには、上記の画像のように2種類の数字が表示されています。

  • 丸で囲まれた数字は自賠責保険が平成何年まで有効なのか
  • 下の数字が何月まで有効なのか

をそれぞれの意味しています。

ステッカーを見れば、契約満了年月が分かりますね。

一度、自分の車やバイクのステッカーを確認してみてください。

ただし、ステッカーの満了月は月末まで有効という意味ではありません。

例えば、画像で言うと8月まで有効ということは分かりますが、8月31日まで有効ということでは有りませんので注意が必要です。

何日まで有効なのかを確認するためには「自賠責保険の保険証明書」を確認してくださいね。

ステッカー(保険標章)の貼り忘れ等に対する罰則

ステッカーを貼り忘れて走行していた場合には、自賠責保険証明書を確認されてシールを貼るよう注意を受けるだけで終わるケースがほとんどのようです。

しかし、自動車損害賠償保障法によれば250cc以下のバイクは貼り忘れで罰金30万円ですので、見逃してもらえた人はラッキーだったということでしょうか。

また「自賠責保険証明書は携帯義務がある」ので、車両に積載するか所持することを忘れないようにしてください。

不所持の場合は30万円の罰金です。

 

広告
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

自分の自動車保険を把握!『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ

合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

『車の一括査定』提携300社以上から車を一番高く売る!無料で手間なく愛車を一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

事前にチェックしておきたい「自動車保険情報」

  1. 独自分析!【2023年】自動車保険おすすめランキング
  2. 【専門家監修】煽り運転に自動車保険は適用される?煽り運転に対応するおすすめ自動車保険・ドライブレコーダーは?
  3. 【専門家・FP監修】コロナ化で外出激減!自動車保険を見直す?見直さない?
  4. 【FP・専門家監修(コメント)】『2021年版』どの燃料が安い?エコカーの制度・普及状況は?水素自動車・電気自動車・ガソリン車の最新状況について
  5. 【FP・専門家監修(コメント)】増加するウーバーイーツ配達員!知って備える⁉賠償や怪我の補償
  6. 【FP・専門家監修(コメント)】楽天損保の自動車保険!口コミ・評判・サービス概要・特徴について
  7. 【専門家の見解】雹や水没で被害!台風などの自然災害で自動車保険は適用される?
  8. 【専門家監修】車両料率クラスとは?2020年改定!自動車保険の型式別料率クラスの仕組み
  9. 【FP監修(専門家監修)】自動運転の事故の責任は誰?『自動運転』と『自動車保険』
  10. 【専門家監修】データ分析!高齢者事故の原因と時間帯は?必要なおすすめ自動車保険を解説
  11. 自動車盗難対策!盗難で自動車保険はいくら支払われる?自動車盗難の最新傾向と盗難対策をご紹介

乗りたい車はこれ!様々な車の情報をチェックするなら「車情報ラウンジ Car Lounge 」

出典:車情報ラウンジ「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。気になる車や様々な情報をチェックしたいなら、車情報ラウンジ「Car Lounge」をチェックしてみましょう!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする