交通事故の加害者の条件付無過失責任とは?

(この記事は約 3 分で読めます。)

交通事故の加害者になってしまうと、一般的な不法行為責任を規定した民法709条の過失責任ではなく、もっと重い「条件付無過失責任」というものと戦うことになります。

この記事では「条件付無過失責任」がどのようなものか紹介していきます。

Advertisement(広告)
車査定

交通事故加害者の条件付無過失責任とは

法律

まず、民法の不法行為責任を規定している条文を見てみましょう。

第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

(引用・出典:ウィキペディア(Wikipedia)民法「不法行為」

この条文には、損害賠償責任を追うべき者に故意又は過失があった場合には賠償責任を負わなければならない、ということが書かれています。

交通事故によって他人に損害を与える行為も不法行為の1つなので、加害者には被害者に対する損害賠償責任が発生します。

故意の場合に責任を追うのは当然の事だと感覚的にも思えますね。

しかし、民法では”過失”、つまり絶対に払っておくべき注意を払っていれば、賠償責任を負わなくても良い事になります。

六法全書

しかし、日本の法律には「特別法優先の原則」という考え方が有り、交通事故に関しては「自動車損害賠償保障法」が規定されているので、この法律が民法に優先して適用される事になります。

そして、自動車損害賠償保障法の第3条には民法709条で規定されている過失責任ではなく「条件付無過失責任」が採用されています。

条文は以下の通りです。

第3条  自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。

ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。

(引用・出典:ウィキペディア(Wikipedia)自動車損害賠償保障法

ただし書き以前を見て欲しいのですが、民法709条のように【故意又は過失によって】という文言が有りません。

これだけを見ると、自動車を運転していた人はどんな場合でも(例えば被害者に過失があろうとも)、絶対に損害賠償の責任を追うことになります。

つまり【無過失責任】となります。

ただ、自賠法の第3条には但し書きが有ります。

そこには3つの要件が規定されており、この3つを加害者側が立証することが出来れば、加害者は損害賠償の責任を負うことを免れます。

このような条件が付いていることから、交通事故の加害者は「条件付無過失責任」を負うことになるわけですね。

それでは、3つの要件について以下で詳しく見て行きましょう。

①自己及び運転者が車の運行に関して注意を怠らなかったこと

自分が運転者と仮定すると、一切の過失が自分には無かったことを証明しなければなりません。

一旦停止違反やスピード違反などはもってのほかです。

運行者として、道交法等で定められている注意義務を全て順守していなければなりません。

②被害者又は運転者以外の第3者に故意又は過失があったこと

例えば、被害者が歩行者であれば、赤信号横断や横断歩道以外の横断など事故に合う可能性が高くなるような行為、つまり被害者側の過失を証明しなければなりません。

補足:裁判になると、赤信号横断の被害者側の過失認定は60%~80%程度認められるので、加害者側は必死に過失相殺を主張するのが通例です。

③自動車に構造上の欠陥又は機能の障害が無かったこと

これは当然、車検を受けた時に「ここを直した方がいいですよ~」と言われているのに、修理していなかった場合でもOUTになると思われます。

(程度の大小での判断は有ると思いますが)

当然、車検を受けてなかったらOUTです。

車の素人が、構造上の欠陥や機能の障害が無かったことを立証するのは非常に難しいです。

以上の三要件を満たせば”加害者側の責任は軽くなる”と言えますが、立証するのは難しいのが現実のようです。

インズウェブ自動車保険一括見積もり
Advertisement(広告)

物損事故では民法における過失責任を適用

物損事故

ここまで紹介した”交通事故における加害者の条件付無過失責任”が適用されるのは「人身事故」の場合のみです。

というのも、自動車損害賠償保障法は以下のように人体に対する損害のみしか規定していないからです。

その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。
(自賠責法第3条抜粋)

つまり、物損事故については自賠責法ではなく、民法が適用される事になります。

補足人身事故においても物損に関しては民法が適用されます。

そのため、物損事故の加害者は条件付無過失責任ではなく、民法における過失責任を負うことになります。

合わせて読みたい

物損事故に適用される法律と人身事故との違い

出典・参考HP:電子政府の総合窓口 e-gov

Advertisement(広告)
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

【人気各社に個別見積もり】

ある程度、自身で保険会社が絞られている方は、個別に見積もりしていく事も個別の内容把握や対応が少なくなるので、オススメです。

気になる自動車保険会社だけに無料で個別見積もり!

自身の状況を反映させ、大まかな契約概要を把握する

自身である程度、保険会社が絞られている方は『個別見積もり』もオススメでしょう。

  1. 【個別見積もり】ソニー損保
  2. 【個別見積もり】セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
  3. 【個別見積もり】楽天損保
  4. 【個別見積もり】アクサダイレクト
  5. 【個別見積もり】チューリッヒ

まだ自身のニーズや年齢・家族構成など、保険会社を絞りきれてない方には一括見積もりで自分に合った保険会社を見つけることが重要です。一度試してみましょう。

【独自分析!2023年ダイレクト型ランキング1位】

「保険料の安さ」「事故対応の満足度」「ロードサービスの充実度」など全ての項目を総合的に勘案した自動車保険会社の2023年総合ランキング(独自分析)でトップに位置するソニー損保

【独自分析!名前の通り「50代以降」や「子育て世代」にお勧め】

「保険料の安さ」「事故対応の満足度」「ロードサービスの充実度」など全ての項目を総合的に勘案した自動車保険会社の2023年総合ランキング(独自分析)でソニー損保と共に、トップに君臨するセゾン自動車保険(おとなの自動車保険)

【楽天経済圏の方にオススメ!楽天損保】

最大のポイントは自動車保険料の支払いで「楽天ポイント」を貯められる点でしょう。『楽天カード』での自動車保険支払いの場合、楽天ポイントが、なんと『3倍』貯まります。100円で1ポイントが貯まるので、保険料月50,000円の場合、1000ポイントが貯まります。さらに自動車保険料を楽天カードで支払った場合、プラスで500ポイント貯まるので、月1,500ポイントの楽天ポイントが獲得でき、1ポイント1円で使用可能です。

【サービスと保険料で人気「アクサダイレクト」】

インターネット割引では、ウェブサイトで見積もりをした場合、条件達成で最大2万円のインターネット割引が適用可能に!また無事故の年数が長ければ長いほどお得になる20等級継続割引では、条件の達成で「1年目」「2年目」「3年目」「4年目以降」の4区分された割引が適用されます。

またアクサダイレクトでは、必要に応じて面談担当者が自宅を訪問して説明するAXAフィールドサービスを展開。事故時に電話だけのやり取りだけでは不安な方でも、対面でやり取りをすることにより、安心して手続きを進めることが可能です。

【保険料の安さでトップクラス】

保険料の安さとサービスの内容充実度が高い「チューリッヒ自動車保険」!気になる方は一度チェック!

まだ自身のニーズや年齢・家族構成など、保険会社を絞りきれてない方には一括見積もりで自分に合った保険会社を見つけることが重要です。一度試してみましょう。

1.合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

2.合わせて読みたい!『独自分析!自動車保険ランキングを確認』

『自動車保険』を比較・分析・賢く選ぶ

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

保険料の安さがトップクラス!チューリッヒ自動車保険

愛車の価値を把握!無料一括査定

自分の愛車の「下取り価値」や「目線」も分からずに売却や交渉をすると損してしまいます!

高値で売るには、あなたの車がほしい買取店を見つける事も重要です。高い値段で車を買い取ってもらうには、今まさに「あなたの車を欲しい買取店」を見つける作業が重要なポイントの一つです。

そのためには、結果的にできるだけ多くの買取店から査定を受けることが重要でしょう

オンライン一括査定を行ってもすぐに売る必要はないため、とりあえず下取相場を把握するのが重要です。

事前にチェックしておきたい「自動車保険情報」

  1. 独自分析!【2023年】自動車保険おすすめランキング
  2. 煽り運転に自動車保険は適用される?煽り運転に対応するおすすめ自動車保険・ドライブレコーダーは?
  3. コロナ化で外出激減!自動車保険を見直す?見直さない?【ファイナンシャル・プランナー監修】
  4. 自動車にはどの燃料が一番おすすめ!?水素・電気・ガソリンを比較・分析!【FP監修】
  5. 増加するウーバーイーツ配達員!知って備える!?賠償や怪我の補償【FP監修】
  6. 楽天損保の自動車保険!口コミ・評判・サービス概要・特徴について【ファイナンシャル・プランナー監修】
  7. 雹や水没で被害!台風などの自然災害で自動車保険は適用される?【ファイナンシャル・プランナー監修】
  8. 車両料率クラスとは?2020年改定!自動車保険の型式別料率クラスの仕組み【FP監修】
  9. 自動運転の事故の責任は誰?「自動運転」と「自動車保険」【ファイナンシャル・プランナー監修】
  10. 高齢者事故の原因と時間帯を考察!60代・70代以上におすすめの自動車保険【FP監修】
  11. 自動車盗難対策!盗難で自動車保険はいくら支払われる?自動車盗難の最新傾向と盗難対策をご紹介
  12. テレマティクス保険とは?メリット・デメリットを考える!【ファイナンシャル・プランナー監修】

【Car Lounge】車情報サイト

車情報サイト「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。

気になる車や様々な情報をチェックしたい方、車情報サイト【Car Lounge】もチェックして下さい!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする