自動車保険見直しガイド

(この記事は約 12 分で読めます。)

利用可能年齢は原則20歳以上62歳以下で、非正規雇用として働いている人および専業主婦でも申し込みが可能です。

金利は1.9%~14.5%で、申し込み額が大きくなればなるほど金利がお得になるという興味深い特徴を持つこのスーパーローンに関して、メリットとデメリット、および申し込みをする際の注意点や必要書類などをご紹介していきます。

楽天銀行のマイカーローンは専用アプリを介した申し込みが可能

スマホを操作している女性

ネットショップの全国的な知名度を背景として、急速に契約者数を伸ばしているのが「楽天銀行」です。
お得なポイント制度やオリジナルブランドを持つクレジットカードと連携させることによりさまざまなメリットが発生するというのも魅力ですよね。

楽天銀行が取り扱っている多様な金融サービスの中でも近年特に注目を浴びているのが「マイカーローン」です。
この金融商品には、他の都市銀行系金融機関とは異なる幾つもの強みがあります。
その中でも取り上げられることが多いのは「アプリだけで簡単申込が可能」という点でしょう。

不払いの相談窓口

ネットを介した振込手続きが一般的になっている一方で、ローンの申し込みに関しては未だに窓口で行う必要がある、という金融機関が少なくありませんよね。
その背景には、適切な融資額の見極めや確実な本人確認を実施したいという金融機関側の考え方があります。

とはいえ、大抵の金融機関は土曜日・日曜日・祝祭日に営業をしていませんから、月曜日から金曜日まで仕事をしているという人からすると、窓口申し込みのみというのはデメリットですよね。
また、家の近くに支店や実店舗が無いため、申し込みの為に長距離移動をしなければならないというケースもあります。

一方、楽天銀行のマイカーローンでは、ローン申請を行なうための専用アプリを使って、細かな手続きをすべて行うことができるのです。
難しい操作は一切不要で、スマートフォンの使い方にある程度慣れている人であれば、簡単に申し込みをすることができます。

残業が多く日中に銀行へ行くのが困難という人や、金融機関がほとんどない地域に住んでいるという人にとっては大変有難いシステムと言うことができますよね。

アプリや楽天サイトを介したローンの申請にリスクは発生しないのか?

悩む女性

個人情報の流出に関するニュースが取り上げられ、その多くがインターネット上で発生したことを聞くと、「ネットやアプリでローンの申し込みなんて大丈夫なのか」と感じる人は少なくないでしょう。

この点で、楽天銀行は国内有数の巨大ネットショップである楽天市場で培ったノウハウを存分に活用しています。
つまり、ネット申し込みの対応や個人情報管理に関するエキスパートなのです。

マイカーローンの申し込みを行なう専用ページやアプリ内のフォーマットはすべて特殊技術によってプロテクトされており、データもすべて暗号化されていますから、運転免許証やパスポートなどの写真を用いて個人情報を申込フォームへアップロードする際に、それらの個人データが流出してしまうというリスクはほぼありません

どうしても不安を感じるという人に関しては、郵送で手続きを進めていくことも可能です。
いずれの場合でも審査はスピーディーに実施され、与信判断の結果はすぐにEメールで通知されますから安心ですよね。

楽天銀行のマイカーローンは新車購入でなくても利用可能で大変便利

沢山の中古車

自動車購入をサポートするためのマイカーローンは、銀行や信用金庫を始めとして大半の金融機関が取り扱いをしています。
とはいえ、ローンの融資可能額や適用条件、申し込みの審査方法などはそれぞれ異なりますよね。

中には、新車を購入する場合にのみローンを組むことができる、自動車は良いけれどバイクは申し込みが不可、といった条件を設定しているケースも見られます。
一方、楽天銀行が提供するマイカーローンの正式名称は「楽天銀行スーパーローン」で、このプランでは資金の用途に関してほぼ限定がありません

ですから、購入を予定しているのが新車であっても中古車であっても、ローンの申し込みが可能ということなのです。
また、自動車だけでなくバイクの購入費用として活用することもできます。
ですから、自由度がとても高いマイカーローンということができますね。

車の修理費用

中古車を代理店で購入する時、車両本体価格に加えて、何らかのパーツ交換や修理費用が発生することがあります。
また、車検が切れている場合には、車検取得費用も支払わなければなりません。

楽天銀行のマイカーローンでは、中古車を購入する際に発生するこれらの費用に関しても、融資希望額に含めることができるようになっています。
新車を購入する人の場合、オプションで色々なカスタムパーツを追加したいということがあるでしょう。

とはいえ、金融機関によってはこうしたカスタムパーツの購入費用はローンの対象外に設定しているケースがあります。
一方、楽天銀行のマイカーローンでは、高額なカスタムパーツに関してもローンの保証に含めることが可能です。

さらには、運転免許を取得するための費用を賄うためにこのローンを活用することもできるのです。
このような適用範囲の広さは楽天銀行マイカーローンの大きな強みと言うことができますね。

車種によって融資可能額が変動するということは一切ない

ディーラーで車を購入

金融機関の中には、マイカーローンの申し込みを受理するための必要条件として、購入を予定している車種や走行距離の詳細なデータを提出するよう求めるケースがあります。
車種や年式によって、融資可能額や返済時の金利が変動するということも珍しくありません。

一方、楽天銀行マイカーローンでは、購入する車種に関して事前に詳細を伝える必要がありません
ですから、購入するモデルがまだ決まっていない状態でもローンの申請を行なうことができるのです。

融資可能額が車種によって変化してしまうということはまずありません。
もちろん、審査結果が希望していた融資額よりも少ないということは起こり得ます。
とはいえ、それは収入状況によって変動するものであり、自動車選びが影響するものではないということを覚えておきましょう。

二本の道路

楽天銀行のマイカーローンは事業性資金として活用するのでない限り、基本的に用途は限定されていません。
ですから、他の金融機関でマイカーローンを利用しているものの、そこから借り換えをしたい、という人でも利用することができます

金融機関の中には、マイカーローンを固定金利で提供しているケースが見られます。
一方、楽天銀行のマイカーローンでは、景気の情勢などを踏まえた変動金利制度を採用しています。

ですから、固定金利のマイカーローンよりも金利がお得になる、ということがあり得るわけですね。
そうしたケースでは、思いきって楽天銀行マイカーローンへの切り替えを検討してみるのも良いでしょう。

楽天銀行マイカーローンを選ぶことにはこんなメリットがある

自動車ローンには金融機関ごとに色々なメリットがありますよね。楽天銀行のマイカーローンも同様です。
楽天スーパーローンは使い勝手の良さに加えて、利用者にさまざまなメリットがあることから広い支持を獲得することに成功しています。

パート・アルバイトもOK

その1つとして「非正規雇用者であっても申し込みが可能」という点が挙げられるでしょう。

ローンプランを提供している多くの金融機関では、融資申し込みを行なうための必要条件として「正社員として雇用されている」という点を定めています。
そのため、融資金額が非常に少ないケースを除き、非正規雇用者はローンを組むことができなくなっているのです。

契約社員や派遣社員として働いている人は申し込みの段階で断られてしまうことが多いため、金利は高くても審査がそれほど厳しくないサラリーローンへ手を出してしまうという事例も観察されています。
一方、楽天銀行が提供するマイカーローンでは、「20歳以上で毎月安定した定期収入がある人であれば利用可能」という条件を設定しています。

ですから、契約社員やパート、アルバイトとして働いている人でも申し込みができるようになっているというわけですね。
そのため、非正規雇用として働いている人たちの申し込みがとても多いのです。
また、配偶者にしっかりとした収入があれば、専業主婦でも申し込みができる、という点も魅力ですね。

繰り上げ返済の手数料なし

節約したお金

2つ目のメリットとしては「ローンの繰り上げ返済をしても手数料が発生しない」という点が挙げられるでしょう。

ローンの返済期間を短縮するため、キャッシュに余裕がある月は少し多めに返済したいと考える人は少なくありません。
とはいえ、銀行側からすれば、返済期間が短くなるということはそれだけ利息が少なくなることを意味します。

多くの金融機関では、繰り上げ返済の手続きを行なう場合には手数料を支払うよう取り決めを設けていますが、楽天銀行では、マイカーローンの繰り上げ返済を行なう場合に手数料が発生することはありません。

むしろ、公式サイトには「繰り上げ返済はすべて元本の返済に充てられるので、支払う利息を減らすことができます」という説明文があり、繰り上げ返済を積極的に歓迎していることが分かります。

このように消費者の負担へ配慮したサービススタイルは金融業界の中でも大変珍しく、魅力的な業務形態として高い評価を得ています。
これが結果として、年齢層を問わず支持を獲得するということに繋がっているわけですね。

振込先の選択肢が広いというのもメリット

3つの選択肢

楽天銀行マイカーローンが持つ3つ目のメリットは「振込先の選択肢が非常に広い」という点でしょう。
大抵の金融機関では、マイカーローンを利用する際の振込先として、ローンを申し込んだ金融機関の口座を指定する必要があります。

つまり、その金融機関に口座を持っていなければローンの申し込みができないという状況ですね。
一方、楽天銀行のマイカーローンでは、審査が完了して融資が決定されたら、その振込先としてはほぼすべての金融機関を指定することが可能です。

都市銀行の他に、地方銀行や信託銀行、信用金庫や労働金庫などの口座も利用することができます。
最近では、農業協同組合の口座も登録することができるようになりました。

もちろん融資金の振込手数料は一切かかりません。
これは楽天銀行ならではのサービスおよびメリットということができるでしょう。

ショッピングにも使える楽天ポイントがたまる

電卓片手にポイントを伝える女性

4つ目のポイントは「楽天ポイントが貯まる」という点が挙げられます。
楽天市場の楽天スーパーポイントと言えば便利な使い方ができると評判の電子マネーですよね。

楽天銀行のマイカーローンである「スーパーローン」を利用すると、入会するだけで1,000ポイントを獲得することができます。
その他に、利用残高に応じて最大で30,000ポイントが付与されることになっています。

つまり、楽天市場で利用できる電子マネーをトータルで31,000円分ゲットできるということですね。
これは楽天でショッピングを頻繁に楽しんでいるという人にとって大変うれしいサービスと言うことができるでしょう。

クレジットカードなどに付帯しているキャッシング機能や一般的なカードローンでは、ポイントやマイルなどが貯まるということはまずありません。
そうした点と比較すると、ポイントが付与される楽天銀行のマイカーローンは際立ってお得であると言えますね。

楽天銀行のマイカーローンを利用することにデメリットはあるか?

楽天銀行のマイカーローンを申し込むことによって短期的なデメリットが発生するというリスクはほぼないと言って良いでしょう。
ただし、申し込みを行なう段階で念頭に置いておくべき幾つかのルールが存在しています。

これらの点に気付かず申し込みを進めてしまうと、思い通りに融資手続きが進まないというデメリットが発生してしまうかもしれません。
では、注意すべきポイントを幾つかご紹介しましょう。

年齢制限

二世帯家族

1つ目は「申し込みには年齢制限がある」という点です。
規約によると、楽天銀行のマイカーローンに申し込みができるのは「20歳以上62歳以下」となっています。

ですから、63歳以上の人は基本的にこの金融サービスを利用することができません。
安定した収入があるという場合であっても、通常の申し込み手続きでは審査の対象外として除外されてしまうでしょう。

もちろん、申し込みの時点では年齢制限に引っ掛かっておらず、返済期間中に63歳を迎えてしまうというケースではまったく問題ありません。

パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用者に関しては、年齢制限が60歳以下となっています。
専業主婦に関しても同様に60歳以下という条件が付されていることを覚えておきましょう。

また、専業主婦がスーパーローンを申し込む場合には、融資額の上限が50万円となっているという点も覚えておくと良いでしょう。
これを銘記しておくことで、思ったほど融資を受けられなかったというトラブルを回避することができるはずです。

返済プランが細かく調整できない

注意すべき2つ目のポイントは「返済プランを自分で調節することはできない」という点です。
他の金融機関が提供するマイカーローンの中には、自分で返済プランを細かく設定できるというものが幾つもあります。

一方、楽天銀行のマイカーローンでは、「残高スライドリボルビング返済方式」という定額返済方式が採用されており、それらを個々の人に合わせて調整するという余地はほぼありません。
最初に借入をした金額に応じて、毎月の返済額は2,000円から100,000円まで変動します。

月々の返済額に関しては、公式サイトやローンの利用規約で分かりやすく表示されています。
ですから、これからマイカーローンの申請を行なう予定という人は、この表を見て「毎月余裕のある返済をしていくために、自分は最大で幾らまで借入ができるだろうか」と真剣に考えておきましょう。

先述のとおり、月々の返済額を増やすという点に関してはまったく問題ありません。
一方、特定の月に収入が少なかったから返済を減額するということはまずできない、ということを覚えておきましょう。

楽天銀行スーパーローンについて解説しているページには返済シミュレーションコーナーが準備されています。
ですから、このサポートシステムを上手に活用して、無理のない返済プランを立てるようにしましょうね。

楽天銀行には実店舗が無いのでマイカーローンの申し込みはすべてWEB経由となる

インターネットをする男性

大抵の都市銀行や信用金庫では、実店舗におけるサービスを基本として、ネットバンキングサービスも展開するというサービス体系を講築していますよね。
そのため、マイカーローンを申し込みたいけれどインターネットの使い方がよく分からないという人は支店へ行って直接窓口で相談をするという選択肢が常にあるわけです。

また、支店の営業担当者が家を訪問してローンや信託のプランなどを説明するというサービスもありますね。
一方、楽天銀行では実店舗の展開を行なっていません。
マイカーローンを始めとして、すべての金融商品は専用のWEBサイトでのみ取り扱いを行なっています。

ですから、直接窓口で担当者に説明を受けるということはできないわけです。
これは、これまでネットサーフィンなどまったくしたことがないという人にとってデメリットとなるでしょう。

とはいえ、楽天銀行ではローンの専門知識を持つコールスタッフによるサポートを展開しています。
相談は何度でも無料ですから、申し込みを決める前に不安を感じる点があるなら、このサービスを活用してみましょう。

楽天銀行のマイカーローンはどのような審査が行われるのか?

楽天銀行のマイカーローンは、事業の運転資金として用いるのでない限り、使用目的の限定はほぼされません。
とはいえ、それはローン審査の基準が他の金融機関よりも低いということを意味しているわけではありません。

当然のことながら、融資には銀行の内規で定められた基準に沿った与信判断が伴います。
安定した収入が無く毎月の返済がほとんど、あるいはまったく見込めないという人に対しては、融資の実行を見送ることになります。

定期収入がある場合でも、他の金融機関でローンや借入金がある人には、満額の融資をしないということもあるでしょう。
一方で、他の金融機関でローンの審査に落ちてしまったという場合でも、楽天銀行では一定額の融資を受けることができたという事例もあります。

審査基準に関しては一切公開されていないので、マイカーローンとしてどのぐらい融資してもらえるか、まずはネットで簡易申し込みをしてみると良いでしょう。

楽天銀行のマイカーローンは総量規制の対象にならない

自賠責保険の支払い限度額

一般的なローンを利用する場合、貸金業者は年収の3分の1を上回る融資を行なってはならないという法律があります。
これは「総量規制」として知られていますよね。

一方、銀行などの金融機関が実施する特定の融資はこの総量規制に当てはまらないとされています。
この対象外リストには、楽天銀行が提供している上限800万円のマイカーローンも含まれています。

ですから、「収入が少ないから申し込んでもほとんど融資を受けられないのではないか」と懸念する必要はありません。
もっとも、融資額を決定する上で年収額が主要な判断材料となるのは事実です。

年収100万円に満たない人が800万円の融資を受けることは期待できないでしょう。
ですから、自分の収入をよく考えた上でローンの申し込みを行なうことを心がけておきましょう。

申し込みに際して必要となる書類は3つある

変更手続書類を書く男性

楽天銀行のマイカーローンを申し込む際に必ず準備すべき書類は3つあります。

1つ目は「楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書」

これは郵送で申し込みを行なう人が必ず提出するもので、インターネットを介して申込をする場合は別の専用フォーマットが準備されているので不要となるでしょう。

2つ目の必要書類は「本人確認書類」

これには、運転免許証や健康保険証、もしくはパスポートなどが該当します。
スマートフォンやタブレットのカメラで指定されている面を撮影し、申し込み用のフォーマットから担当部署宛てに送信します。
これらのいずれも準備できないという人は、楽天銀行のコールセンターで相談してみましょう。

3つ目の必要書類は「収入証明書類」

会社などに勤務して給与を受け取っている人は、総務課へ依頼して源泉徴収票や課税証明書を発行してもらうか、あるいは給与明細書の写しを準備して楽天銀行宛てに送付しましょう。

一方、自営業で働いている人は、支所へ行って課税証明書を発行してもらうか、もしくは前年度に提出した確定申告書の写しを準備する必要があります。

これらは審査の段階で融資額を決定する非常に重要なファクターとなるので、必ず前もって用意しておくようにしましょう。
この3つの書類に加えて、楽天銀行が指定する何らかの書類提出を求められるケースが時折ある、という点も覚えておくと安心です。

用途を明らかにする書類は必要ない

自動車ローンを提供している金融機関は大抵、自動車の見積もりや契約書など、融資金の用途を明確にする書類を準備するよう求めています。

すでに購入手続きに入っている、あるいは他の金融機関からの借り換えをしたいというケースでは、自動車の車検証や振込用紙、ローンの返済計画書や実績表などの写しを送付するよう求められることもあるでしょう。

楽天銀行のマイカーローンでは、こうした書類の提出が一切不要です。

楽天銀行のマイカーローンは口コミでの評価がとても高い
楽天銀行でマイカーローンであるスーパーローンを実際に利用した人の口コミを見てみると、融資の早さに満足しているという意見が非常に多くなっています。最低金利が1.9%および借入上限が800万円という点に加えて、融資金の利用用途は原則自由で、自動車の購入費用以外にも活用できるということで、購入費用に加えて自動車のオプション購入やカスタマイズに活用することができた、という感想も少なくありません。また、繰り上げ返済の手数料が発生しないことも高く評価されています。加えて、手数料無料でATMを使って繰り上げ返済ができる、という手軽さも受けていますね。顧客満足度を重視して飛躍的な成長を遂げてきた楽天グループらしい特徴を持つ、消費者の視点に立ったローンサービスを提供しているということができるでしょう。

静岡銀行マイカーローン

静岡銀行申込

しずぎんマイカーローンの魅力は「2.4%~3.4%」という金利の安さと、自動車購入以外にも様々な用途で使えるということです!

                         
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
100万円~1000万円 2.4%~3.4%車検費用・修理費用・免許取得費用・借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)不要

ディーラー経由で借りるより大分お得で、借入可能かどうかの簡易シュミレーションが5秒で出来るので、一度チェックしてみると良いと思います。全国対応ですしね。

静岡銀行申込

三菱UFJ銀行マイカーローン

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は最長10年のローンが組めるので、月々の返済額をぐっと少なく設定することができます。少し審査は厳しめですが、誰もが知る安定感のある大手銀行なので、安心してローンを組めることが人気の要因となっているようです。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
50万円~1000万円通常時2.975%
(キャンペーン開催中は金利優遇されます)
借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)三菱UFJの口座があれば来店不要

使いやすいサービス内容となっているローンであることも「ネットDEマイカーローン」の魅力と言えるでしょう。最低50万円~最高1000万円と借入の額も広いので、ローンを組む場所に迷ったら、ひとまず候補の一つとして考えておくと良いかもしれませんね。

三菱UFJ銀行申込

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン

損保ジャパン日本興亜の"ジャパンダ・ネットマイカーローン"の魅力は固定金利なところ!金利も1.9%~2.85%と低く利用しやすいですね。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
20万円~999万円1.9%~2.85% -
保証料繰り上げ返済来店
保証料込み可(別途手数料が必要)不要

土日祝も対応していて、最短だと当日審査完了なので時間がない人でも申し込みやすいですよね。
本審査完了後のキャンセルもOKです。

失敗しない車の売り方

無料一括査定