自動車保険見直しガイド

(この記事は約 20 分で読めます。)

最近ではマイカーローンを組む場合でも、来店不要のネット完結で低金利なローン会社が増えてきましたよね。
とは言え、地元の金融機関なんかも含めると「まだまだお得に借りられるところがあるんじゃないの?」と思う方も多い事でしょう。

そんな人に役立つ地域別のおすすめマイカーローンを表で比較してご紹介します。

 

 

栃木県でマイカーローンが組める金融機関

栃木県にはたくさんの金融機関がありますが、その中でマイカーローンが組める金融機関をご紹介します。
これからマイカーローンを申し込もうと考えている、今はまだ考えていないが車を購入する時が来た時のために知っておきたいという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

金融機関金利(変動)金利(固定)限度額期間
足利小山信用金庫2.25%~2.75%1万円~1,000万円3ヶ月~10年以内
大田原信用金庫2.30%~3.95%1,000万円以内3ヶ月~10年以内
鹿沼相互信用金庫4.550%6.400%1,000万円10年以内
群馬銀行2.6%~3.3%10万円~500万円6ヶ月~10年
三菱UFJ銀行(全国対応・来店不要)2.975%50万円~1,000万円6ヵ月~10年
佐野信用金庫1.340%~2.780%1,000万円以内3ヶ月~10年以内
大東銀行1.75%2.70%10万円~1,000万円6ヶ月~10年以内
静岡銀行(全国対応・来店不要)2.4%~3.4%100万円~1000万円10年以内
栃木銀行2.8%~5.8%10万円~1,000万円1年~10年
那須信用組合2.5%~3.9%10万円~1,000万円以下10年以内
損保ジャパン日本興亜(全国対応・来店不要)1.9%~2.85%999万円以内6ヵ月~10年
東和銀行2.400%~3.900%10万円~300万円以内7年以内
東日本銀行3.975%10万円~1,000万円以内6ヶ月~10年

ネット申し込み可全国対応のおすすめマイカーローンはこちら

これらを見てみると、金利1%台で借りられるところもありますが、多くは2%台から4%前後ですね。この中では鹿沼相互信用金庫は若干高めの金利設定になっています。

変動金利で最安のマイカーローンは佐野信用金庫

栃木県でマイカーローンを取り扱う金融機関は、ほとんどが変動金利となっていますね。
その中で一番金利が安いのが佐野信用金庫です。
佐野信用金庫は栃木県に本店を持つ地域密着型の金融機関で、マイカーローンは「カーライフプラン」という商品で出ています。

取引実績によって金利の割引が適用され、最大の割引後の金利が1.340%となっているのです。
1%台で融資が受けられるとなると、支払い総額も少なくて済むでしょう。

佐野信用金庫のカーライフプランは、3つの種類に分かれています。

それぞれの金利をご紹介しておくと、

・一般であれば通常2.780%ですが割引後は1.580%
・リピートプランなら通常2.540%、割引後は1.340%(最安)
・エコが通常2.680%、割引後が1.480%

となっています。


どの種類のものであっても割引後は1%台ですから、大変お得なマイカーローンと言えますね。

固定金利で最安のマイカーローンは大東銀行

マイカーローンを固定金利で行っているところは少ないのですが、固定金利は変動金利よりも高めとなるのが普通です。
そんな中、固定金利で2.70%という低金利を実現しているのが大東銀行です。

契約時に変動金利か固定金利かを選べるのですが、2.70%という金利なら固定金利を選ぶ人も多くなるでしょう。

固定金利だと支払い額はずっと一定ですし、返済計画が立てやすいです。
他の金融機関のマイカーローンで固定金利を取り扱っているところでは、3%~6%台という高金利ですから大東銀行の2.70%はかなりお得な金利と言えますね。

融資条件に当てはまるのであれば、大東銀行に申し込んでみてはいかがでしょうか。
大東銀行のマイカーローンでは、配偶者や扶養家族、新卒者からの申し込み受け付け、バイクやガレージ、運転免許証取得費用にも使うことができます。

申し込みはパソコンやスマートフォンからでもでき、わざわざ店頭に行くことはありません。
保証料も込みとなっていますので、おすすめですね。

 

保証料の有無も大事!金利が安くても保証料が必要な場合が

×を持つ夫婦

マイカーローンを探す時、一番にチェックするのが金利ですよね。
できれば金利が安いところに申し込みたいというのは誰でも同じですが、ここで注意したいのが保証料です。

保証料というのは、ローンを組む時に保証人を設定しない代わりに保証会社が保証することで発生する手数料のことを指します。
以前はローンを組む時に保証人をつけてくださいと言っていたことが多いマイカーローンですが、保証人をつけなくていいからこの保証会社から保証を受けてくださいね、という契約になっているのです。

最近のマイカーローンでは保証人不要としているのが大半で、保証料が発生するものになってきました。
保証料は年利1%くらいに設定されていますので、保証料が別となっている場合は金利+約1%ということになります。

保証料を分割にできない場合もあり

このように保証料を金利に組み込ませることがありますが、中には保証料だけを借入時に一括で納めなければならないこともあります。
この場合だと、ある程度まとまったお金が必要となりますね。

マイカーローンを検討する時は、保証料込みの金利かそれとも別に必要なのかはチェックするようにしましょう。
最初に紹介した栃木県でマイカーローンが組める金融機関の中には、保証料は別途必要としているところはありませんでした。
ほとんどが金利に組み込まれているか、保証料無しとなっています。

金利に幅があるのはなぜ?

値上げのイメージ図

各金融機関のマイカーローンの金利を見ていると、多くが○.○%~○.○%と幅を持たせてありますよね。
1つに固定しているところもありますが、多くはありません。

なぜこのような幅を持たせてあるのかというと、借入額や借入の限度額に応じて金利が変わるようにしているからです。

借入額によって金利が変わるパターン

一般的には借入額に対して金利が決まっていて、借りる金額が少ないと金利は高くなり、逆に借りる金額が多いと金利が低くなります。
これはなぜかですが、金融機関は金利で利益を得ていますよね。

借入額が少ないと返済期間が短くなりますし、低い金利ではそれほど利益が出ないため、金利を高くしているのです。

高額を借入する場合は金利が低くなりますが、金利が低くても長期間返済してもらえるので、それだけ利益が得られます。
利益だけにこだわるのなら、高額融資の人も高い金利にすれば良いのではと思いますが、そうすると借りた人の返済負担が大きくなり、貸し倒れなどの危険があるので、低めに設定しているのです。

信用によって金利が変わるパターン

もう一つ、申し込み者の信用によって金利を決定する場合もあります。
金融機関が審査をして、その結果から3%を適用しようとか、2%を適用しようと決めるのです。

延滞や破産などの危険がない優良な顧客は、金利が高いと他社へ流れてしまいます。
そのため優良な顧客には、低金利で貸し付けをする傾向がありますね。

一方、過去に金融事故があったとか収入が安定しない職業の人の場合、金融機関側からすると回収不能となる危険性がありますよね。
ですからそれに見合うだけの高い金利を取ることになるのです。

金利を比較する時は、一番低い数字を比べがちではないでしょうか。
しかし実際に一番低い金利で借りられる人というのはごくわずかで、多くの人が上限に近い金利で借りることになります。

例えば・・・

栃木県の銀行を例にしてみると、佐野信用金庫は1.340%~2.780%、足利小山信用金庫では2.25%~2.75%となっていますね。
この場合、一見すると佐野信用金庫の方が安いと思えますが、佐野信用金庫では2.780%が適用され、足利小山信用金庫で2.25%が適用されるというケースもあるのです。

実際には申し込んでみて、審査が通過してからでないと、何%の金利が適用されるかは分かりません。金利の表記に惑わされないように注意してくださいね。

金利や保証料以外にチェックすることは?

ビジネスマン風の女性のチェックポイント

マイカーローンを検討する時は、金利や保証料のチェックは当たり前のことになりますが、それ以外にもチェックする点はあります。

申し込み条件

まず、申込資格は必ずチェックしてくださいね。

申込資格は金融機関によって違うのですが、ほぼどこの金融機関も共通しているのが安定した収入が継続してある、保証会社の保証が受けられる、日本国内に在住していることなどです。

他に完済時の年齢などもチェックしておきましょう。

何に使えるローンなのか

もう一つは車本体以外もローンに含まれるかどうかです。
例えば足利小山信用金庫のマイカーローン「カーライフプラン」では、車体本体以外に車検費用、修理費用、免許取得費用など、車に関する資金ならOKとなっています。

東和銀行では他行で利用中のマイカーローンと一本化できたり、他の信販会社などで契約中のマイカーローンの借り換えができます。
車両購入費用以外の費用もローンが利用できるとありがたいですよね。

いくらまで借りられるのか

借入限度額もチェックポイントです。
栃木県でマイカーローンが組める金融機関の紹介をした中では、1,000万円以内としているところが多いです。

しかし群馬銀行は500万円まで、東和銀行は300万円以内と、限度額を低くしているところもあるので注意してくださいね。
ただし、いくら銀行が1,000万円までを限度額にしていても、どれくらい借りられるかは審査の結果によります。

1,000万円の借入を希望しても、審査によって500万円までならOKとなることがあるのです。

店舗に行く必要があるのか

来店が必要かどうかも重要です。
最近は銀行でもWEBで申し込みから契約までできるところが増えてきましたよね。

栃木県のマイカーローンが利用できる金融機関では、群馬銀行が来店不要で申し込みから契約までできます。
他の金融機関では、申し込みと正式契約の時は来店してもらうことが条件としているか、申し込みはWEBでできますが、正式契約の時は来店してもらうとしているところがあります。

来店の場合は平日しかありませんから、行くには休暇を取らなければならないなど不便なことがあります。
マイカーローンを選ぶ時には、来店の有無についてもチェックしておくと良いですね。

必要書類もチェック

また、マイカーローンを申し込むにあたり、必要な書類もありますので漏れがないように揃えておきましょう。
必須とされるのが、本人確認書類、所得証明書、資金使途がわかるもの(見積書や売買契約書など)ですね。

基本的にこの3つがあれば大丈夫ですが、金融機関によっては他に何か書類を提出するように言われるかもしれませんので、言われたら用意するようにしましょう。
所得証明書については、借入額が300万円を超える場合に必要とされていますので、それ以下なら不要です。

少額借入なら要らないということですね。

手数料も要チェック

他には、繰り上げ返済をした時に手数料がかかるかどうかもチェックポイントです。

多くの金融機関では繰り上げ返済時に手数料がかかります。
残債の額によって手数料が違うところもありますし、一定額のところもあります。

もちろん、手数料がかからないところもありますので、これも要チェックですね。

それと、金融機関のマイカーローンは、申し込みから融資実行まで日数がかかると言われています。
このことも頭に入れておいてくださいね。

 

学生はマイカーローンを利用できる?

大学生

運転免許証は18歳になれば取得できるので、高校を卒業してすぐに取得したという人も多いでしょう。
免許が取得できれば、自分の車が欲しくなるのではないでしょうか。

大学などに進学してまだ学生だという人が車を買うとなると大変ですよね。
そんな時、マイカーローンを使って自分の車を手に入れたいという場合、マイカーローンは利用できるのでしょうか。

 

Q子さん
Q子さん

バイトしていて毎月安定した収入があれば、学生でも自動車ローンを組めるって聞いたんだけど違うの?

A太郎くん
A太郎くん

基本的にはその認識で問題ありませんが、金融機関によっては学生であること自体がNGだったり、年齢制限で申し込みできないケースもありますよ。

 

最初に紹介した栃木県でマイカーローンが組める金融機関では、満20歳以上で安定した収入が継続してある人というのが条件になっています。
学生の場合はアルバイトをしていれば、収入額は多くありませんが定期的に収入がある人もいますよね。

パートやアルバイトでも申し込みができる金融機関は多いのですが、審査に通るかどうかは全くわかりません。
東日本銀行の場合、パートやアルバイト、派遣社員は申し込みできませんとあるので、このように最初から受け付けてもらえないところもあります。

アルバイトでも申し込みできるとある金融機関でも、アルバイトの収入が安定していない場合(就職活動などでアルバイトができなくなることなどを考慮している)はやはり難しいでしょう。

車を手のひらに載せてOKサインを出す女性

金融機関の中には、安定した収入がある親権者を連帯保証人にすればOKとしているところもあります。

例えば・・・

栃木銀行のマイカーローンでは、就職が決まって新卒で入社予定の人でも申し込めるマイカーローンがあります。

マイカーローン2型という商品ですが、新卒でまだ勤めていない人なら父母を連帯保証人にすればOKとしています。
このローンの場合、限度額も少なくなっていて、20万円から300万円まで、利用期間が1年以上7年以内です。

この条件に当てはまっても、何か信用情報機関にマイナスな情報が入っていたりすると審査には通らないことがありますので注意しましょう。

学生であまり信用情報機関に載っている人はいないでしょうが、うっかりして携帯電話の支払いを忘れ、何回か遅れたことがあるという場合は注意が必要です。

携帯端末の支払いを分割でしていて、それが延滞となると信用情報機関に登録されますので、ローンやクレジットカードを作る際に審査に通らなくなります。

学生の間は、アルバイトである程度お金を貯め、社会人になってからマイカーローンを申し込んで車を購入するという流れがおすすめですね。

マイカーローンの申し込みの流れを知っておこう

ダウンの下矢印

マイカーローンを取り扱う金融機関のほとんどは、正式に申し込む前に仮審査を行います。
まず仮審査の申し込みをするところから始めましょう。

この時、借入希望額を伝えておきます。
仮審査の申し込みは、店頭はもちろん、WEBやFAXでも受け付けています。


仮審査の申し込みをしたら、金融機関は所定の審査を行います。
仮審査の結果は、申し込みを受け付けしてから3日~4日程度で知らせてもらえます。


仮審査の結果で仮承認となったら本人確認書類(運転免許証)、所得証明書(借入額が300万円以上の場合)、見積書、注文書など、健康保険証(勤続年数を確認するため)などを揃えて申込者本人が金融機関窓口へ行きます。

書類に不備等がなければ、融資が実行されます。

借入したお金は、申込者の指定した口座へ振り込まれ、そのお金をディーラーへ支払うことになります。
このとき、購入した車の車検証の写しを金融機関に提出しなければならない場合があります。

確かに融資したお金が車の購入に充てられたかどうかを確認するためですね。
ほとんどの金融機関ではこのような流れで融資を行っていますので、覚えておくと良いでしょう。

一部の銀行では、正式申し込みもWEBででき、来店しなくても良いところがあります。
すべてWEBで手続きを行うと、金利を優遇してくれるところもありますので、そういったところを利用するのも良いですね。

 

銀行などの金融機関のローンは優遇金利があるのでおすすめ!

笑顔の50代夫婦

多くの金融機関のマイカーローンでは、特定のサービスを利用した場合に金利が優遇される制度があります。

例えば、WEBで申し込み、契約まですればマイナス〇%、住宅ローンを利用中で、返済に遅れ等がない場合マイナス〇%、エコカーを購入すればマイナス〇%、など、金利を割引してもらえる制度はどこの金融機関でもあります。

マイカーローンで初めてこの銀行を利用するという場合、優遇金利が適用されるよう、口座開設や給与振り込みをこの口座へしてもらうなどの手続きをすれば優遇してもらえます。
大きな割引ではありませんが、長期に渡って返済していくものですから、少しでも支払い総額が少ない方が良いですよね。

銀行は他の信販会社などのマイカーローンよりも金利が安いのに、さらに割引してもらえるのですから利用しない手はありません。
手続きが多少面倒でも、金利を優遇してもらえるのなら手続きしてしまいましょう。

優遇対象すべてに当てはまれば、かなり金利が安くなってお得に利用できるはずです。

住宅ローンと併用で金利優遇

優遇金利は通年行われているものや、期間を限定したものもありますので、銀行のホームページなどで確認しておくと良いですね。
どこの金融機関でも行われている優遇措置は、「住宅ローンを利用中の人」です。

住宅ローンを遅れ等なしに返済中、あるいは完済した人というのは返済能力があると判断され、信用力がかなり高くなっています。
そのため、金利を優遇しますよということになっているのですね。

金融機関では、返済の実績や取引の実績を重視します。
そのため実績がある人は優遇金利の恩恵が受けられるのです。
マイカーローンを検討しているなら、まずは自身が取引している金融機関からチェックしていくと良いかもしれませんね。

マイカーローンの審査に通らない理由と落ちやすい人の特徴

欲しい車があるけれど、まとまったお金が手元にないので銀行のマイカーローンを申し込むことにして仮審査を依頼したが審査に通らなかった、なぜだろうかと思っている人もいるでしょう。
金融機関では、審査に落ちた理由を明確に伝えてくれることはありません。

しかし、審査で重視される点があるのです。
マイカーローンの審査でチェックされるところをご紹介しておきましょう。

信用情報(ブラックリスト)

高確率で審査に落ちるのは、過去に金融事故を起こしていた場合です。

ローンやクレジットカードの支払い、携帯電話代の支払いなどを長期に渡って延滞した、任意整理や破産をした、保証会社が代位弁済をした、支払いを延滞したためにクレジットカードや携帯電話の契約を打ち切られたというような場合は、間違いなく落ちます。

いくら優良な企業に勤めていて年収もそこそこあってもです。
金融機関はきちんと返済してもらえる人に貸したいのですから、過去に延滞して事故になった経緯のある人に貸そうとはしません。

どの金融機関も、信用情報機関に照会をして金融事故などがないかを調べるのですが、そこに延滞した記録があればやはり審査通過は難しいでしょう。
この金融事故の記録は、5年、長くて10年間は残ります。

この期間を過ぎれば消えてしまうので、記録が消えるまで待つしかありませんね。

主に本人に対しての審査が行われるのですが、同居家族が金融事故を起こしていた場合も審査に落ちる可能性が高いです。

特に銀行ではそのような傾向がありますね。家族の情報はあまり問題にしないとしている金融機関もありますが、家族が連帯保証人になる場合は別です。
連帯保証人となる人の審査も本人と同様に行われるので、金融事故があったら審査は通りません。

また、長期延滞ではない、2~3回程度の延滞情報があれば大丈夫ではと思うところですが、やはり審査に通るのは難しいでしょう。

現在進行形でローンや借金がある人

ローンの返済に苦しむサラリーマン

もう一つ、審査に落ちやすいのが、他社借入が多い人です。
返済負担比率が35%以上であれば、審査に通るのは難しくなってしまいます。

銀行の場合は35%以上としているところが多いですね。
いくつかローンを掛け持ちしていると、いつか破綻するのではないかと貸す側は考えてしまうからです。

支払う本人は大丈夫と言っても、何か起こるかわかりませんよね。
返済不能となっては困るため、不可としているのです。

借入額の合計が、年収の30%を超えると審査はほとんど通らないと考えておきましょう。

年収が借り入れ条件に満たない場合

その他、審査に落ちやすい例というのは、他社のローンに同時申し込みをしている、年収が200万円以下である、勤続年数が1年未満である、申し込み内容に虚偽があった、延滞をしたことがある等です。

銀行によっては年収が150万円以上、あるいは200万円以上であることといった条件を挙げていますが、実際に150万円や200万円ぎりぎりの人は審査を通過するのは難しいですね。

もちろん年齢にもよるのですが、30代後半で200万円くらいだと厳しくなります。

雇用形態的な信用度

また、アルバイトやパート、派遣社員も難しいでしょう。

栃木県の金融機関の中にはアルバイトやパート、派遣社員でも申し込みOKとしているところがありますが、はっきりとアルバイトやパート、派遣社員は申し込みできませんとしている銀行もあるので要確認ですね。

審査では勤務先に在籍確認をしますので、嘘の記載をしていたらばれてしまいます。

この場合はもちろん審査に通りません。
また、税金を滞納していてもマイカーローンの審査は通りません。

税金が支払えない人に融資はできないという考え方です。
もし税金の滞納があるなら、それを支払ってから申し込みしましょう。

業種的な信用度

収入が読みにくい業種は審査が厳しい

職業によっても審査に通りにくいことがあります。
水商売をしている(水商売のお店で働いている)、芸能人、スポーツ選手は審査に通りにくいと言われています。

有名芸能人やスポーツ選手なんて、収入が多いから良いのではと思いそうですが、安定していないのが通りにくい理由ですね。
確かに収入は一定ではないため、良い時は良いですが、ダメな時はほとんど収入がないという状態になってしまいます。
それも簡単にダメになってしまうのが怖いところです。

ローンを組むのは、安定した会社員や公務員が一番良いのかもしれませんね。

ローンを組むためには、月一回以上の収入が必要なのです。
このように、審査に落ちる原因は様々あり、もしかして自分はだめかも、と思うことがあるかもしれません。

不安があれば申し込む前にマイカーローンを希望する金融機関に相談してみると良いでしょう。
借入希望額を少なくしたら大丈夫とか、連帯保証人をつけましょう、などのアドバイスがもらえますよ。

 

銀行のマイカーローンの良いところはここ!

銀行

銀行のマイカーローンには良いところがたくさんあります。
マイカーローンは銀行にするかディーラーのローンにするかなどの選択肢がありますが、お得に組める銀行のマイカーローンの良いところを挙げて行きます。

名義人が自分になる

銀行のマイカーローンは、車の所有権が自分になります。
ディーラーではディーラーローンを契約した信販会社またはディーラーの名義になりますが、銀行マイカーローンのように名義が自分であればローンの返済中でも売却ができます。
車の名義が自分以外だと、売却する際の手続きが煩雑になりますよね。

また、仮審査を受けることができ、まだ車が決まっていなくても審査をしてくれますので、正式に車種が決定したらすぐにローン契約ができますね。

使い道が多い

銀行のマイカーローンは、車体本体だけでなく、免許取得費用や車検代、修理代、その他車のアクセサリーの購入代、自動車税や重量税などの法定費用もローンに含むことができます。

法定費用まで組み込むことができるのはうれしいですね。
金融機関によってどの費用まで含むことができるか決められていますので確認しましょう。
ただし、車に関係のない費用を含むことはできませんので注意してください。

金利が安い・金利優遇も多い

そして、銀行のマイカーローンで良いところというと、金利を優遇してもらえることです。
同じ銀行で住宅ローンを利用中であるとか、給与振込口座がある、エコカーを購入する、インターネットで申し込み契約をするなど、金融機関指定の条件をクリアしていると金利を優遇してもらえます。

いくつも条件が当てはまると、どんどん金利が下がるので大変お得ですよ。
消費者金融のカードローンのように、即日審査、即日融資というわけにはいかないのですが、とても良心的な対応をしてもらえるのが銀行のマイカーローンです。

銀行のマイカーローンは借り換えにも対応!

銀行のマイカーローンは、新たにマイカーローンを契約して今契約しているマイカーローンを一括返済することができます。
これを借り換えと言うのですが、現在のローンよりも安い金利のローンを組めば、金利の負担が軽くなります

よく、「住宅ローンを借り換えした」という話を聞きますが、それと同じです。
最初はこの金利が安いと思ったけれど、今は別の金融機関の方が安くなっているから借り換えたいと思っているなら、借り換えの手続きをした方が良いでしょう。

中には、借金を返すために借金をするというのに抵抗がある人もいますが、多くの銀行でマイカーローンの借り換えを行っており、正規のサービスです。

利息が安くなり、月々の支払い額や支払い総額が減るのですから得になります。
ローンを組み直すことだと考えると良いですね。

借り換えで返済期間の変更はできる?

カレンダーと時計

マイカーローンの借り換えは、基本的に現在契約しているマイカーローンの残存期間と同じ期間になります。
例えば現在のローンの返済期間が5年で、残り3年間になった時に借り換えるとその新しいローンも3年間で返済することになります。

ただし、金融機関によっては返済期間を長くすることもできるので、相談してみると良いでしょう。
なお、現在マイカーローンを契約していて、その借り換えなのだからすぐに対応してもらえるかというとそうではありません。

通常のローンの申し込みと同じで審査がありますから、もし現契約で延滞があれば借り換えはできないのです。

一番のメリットは金利負担の軽減

車両保険金額の低下

マイカーローンの借り換えをすることで得られるメリットは、やはり金利負担が減るということですね。
当たり前の話ですが5%のローンから3%のローンに借り換えたら、2%分の金利負担が減ります。

たかが数%ですが、月々の返済額が2,000円~5,000円ほど安くなりますので、高い利息でマイカーローンを組んだ人は借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。
栃木県でマイカーローンが組める金融機関では、ほとんどがマイカーローンの借り換えも行っています。

手数料に注意

ただし、一つ注意しておきたいのが、借り換え時に手数料が発生する場合があることです。
事務手数料や一括返済手数料、印紙代や振込手数料が必要なところもあります。

借り換えの場合、現契約のマイカーローンを一括返済してしまいますが、その際に一括返済手数料がかかることがあります。
一括返済手数料を無料としている金融機関もありますが、大抵は必要となりますので、その費用も用意しておかなければいけませんね。

借り換えの場合は、現在のローン契約先と新しいローン契約先との2か所でそれぞれ手数料がかかることがあるので、この点はしっかり確認しておきましょう。

借り換えでも新規契約と同じ手順が必要

手続きの手順

マイカーローンの借り換えは、審査も通常通り行われ、提出しなければならない書類も新規で申し込んだ時と同じだけ用意しないといけません。
それに現契約のマイカーローンの一括返済の手続きも必要です。

最近ではWEBで手続きがすべて完了する方法も増えて来ていて、これなら来店する必要もないのでスムーズに手続きができます。
マイカーローンの借り換えを検討しているのなら、主に金利が安いところ、手数料が安いところを中心に探してみると良いでしょう。

一般的なマイカーローンと、マイカーローンの借り換えでは、契約時に必要な書類は結構たくさん用意しないといけないので、時間と手間がかかりますがやって損はないものです。
高金利で契約してしまい、支払いは続けているが金利の低いところに借り換えたいと思ったら、銀行のマイカーローンでお得なものを探しましょう。

本当に今借り換えをした方が良いのかどうかを判断するなら、借り換えシミュレーションサイトを利用してみるとわかりやすくて良いですよ。

借入残高や残りの期間、現契約のローンの金利と新しく契約するローンの金利を入力すれば、シミュレーションの結果が出てきます。
借り換えた場合と借り換えなかった場合の差額が出るので、とても比較しやすくてわかりやすいですよ。

マイカーローンの仮審査とはどんな審査?

審査に通らない

多くの金融機関では、マイカーローンを正式に申し込む前に仮審査が行われます。
「仮」とついているのでごく簡単な審査かと思っていたら本格的な審査が行われていて、信頼性はかなり高いと言われています。

マイカーローンの仮審査はインターネット上からでも申し込めますし、FAXでも大丈夫です。
仮審査がOKとなっても、本審査の通過が約束されたわけではありません。

基本的にはほぼ通ると言われているのですが、仮審査の内容に間違いや嘘があると、本審査は通過しません。
仮審査の結果は半日くらいで出ますが、仮審査を申し込んだ段階で、必要書類を用意しておくとスムーズに契約までできます。

仮審査はあくまで仮の審査

仮審査はまだ購入する車が決まっていなくても行えます。

また仮審査の結果は2ヶ月から3ヶ月間有効となっていますので、じっくりと考えて車を選ぶことが可能ですね。
仮審査の結果の有効期限は金融機関によって違いますが、短いところで2ヶ月くらい、長いところでは1年くらいあります。

もしこの仮審査後に収入や借入状況に変化があった場合は、仮審査に通過していても申し込み時に本審査に通らないことがあります。

仮審査後から本審査を受けるまでに収入が減ったなどの変化があれば、その旨を金融機関に伝えると良いですね。

銀行のマイカーローンはチェックポイントがたくさん

銀行のマイカーローンは低金利であるのが魅力です。どの銀行のマイカーローンにするのかは金利を比較して決めるという人が多いでしょう。
もちろん金利は大切ですが、その他に必要な費用、保証料や手数料などの確認も忘れないようにしてください。

金利がとても安いところは保証料が別になっていたり、まとめて請求されたりすることがあります。
できれば保証料や手数料はなるべく少ないところを選ぶようにしましょう。

通常金利の設定が高くても、金利を優遇するサービスがあります。
同じ銀行で住宅ローンを契約し、現在も返済中である、口座に給与振込がある、エコカーを購入するなどいろんな条件があり、それをクリアすると金利が優遇される形です。

いくつか集めた銀行の情報は、一つずつ丁寧にチェックした方が良いでしょう。
マイカーローンはそれぞれ金融機関ごとに特徴がありますから、自分に合ったマイカーローンを見つけてみてくださいね。

静岡銀行マイカーローン

静岡銀行申込

しずぎんマイカーローンの魅力は「2.4%~3.4%」という金利の安さと、自動車購入以外にも様々な用途で使えるということです!

                         
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
100万円~1000万円 2.4%~3.4%車検費用・修理費用・免許取得費用・借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)不要

ディーラー経由で借りるより大分お得で、借入可能かどうかの簡易シュミレーションが5秒で出来るので、一度チェックしてみると良いと思います。全国対応ですしね。

静岡銀行申込

三菱UFJ銀行マイカーローン

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は最長10年のローンが組めるので、月々の返済額をぐっと少なく設定することができます。少し審査は厳しめですが、誰もが知る安定感のある大手銀行なので、安心してローンを組めることが人気の要因となっているようです。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
50万円~1000万円通常時2.975%
(キャンペーン開催中は金利優遇されます)
借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)三菱UFJの口座があれば来店不要

使いやすいサービス内容となっているローンであることも「ネットDEマイカーローン」の魅力と言えるでしょう。最低50万円~最高1000万円と借入の額も広いので、ローンを組む場所に迷ったら、ひとまず候補の一つとして考えておくと良いかもしれませんね。

三菱UFJ銀行申込

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン

損保ジャパン日本興亜の"ジャパンダ・ネットマイカーローン"の魅力は固定金利なところ!金利も1.9%~2.85%と低く利用しやすいですね。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
20万円~999万円1.9%~2.85% -
保証料繰り上げ返済来店
保証料込み可(別途手数料が必要)不要

土日祝も対応していて、最短だと当日審査完了なので時間がない人でも申し込みやすいですよね。
本審査完了後のキャンセルもOKです。

失敗しない車の売り方

無料一括査定

スポンサーリンク