自動車保険見直しガイド
節約したお金

保険証券を手元に用意してください。保険証券不発行割引を利用している方は契約会社のマイページにログインして保険内容のページを見てください。保険証券には契約者の個人情報と契約車両の情報と契約している保険の内容が記載されています。

この保険の内容の内容とにらめっこすることが保険料を節約する第一歩となります。

スポンサーリンク

自動車保険料を見直す時のチェックポイント

節約したお金

不要な特約の見直し

保険証券に特約の欄があると思います。一度そちらをみてください。どのような特約を付帯しているでしょうか?まずその特約がいまいちなんなのかわからないといった人はこちらを参考にしてください。

自動車保険に付ける事が出来る特約解説ページ

契約した時には必要と感じて付帯した特約でも普段のカーライフの中では必要ないかもと感じるものがあると思います。契約した時に代理店の営業に勧められて契約した特約は特に不必要と感じるかもしれません。さすがセールストークですね。不必要な特約はすぐに外しましょう

保険料金が高い特約はファミリーバイク特約です。これは保険会社にもよりますが5,000円から10,000円ぐらいの保険料金になります。保険料金を思い切って節約するならファミリーバイク特約を外してみてはいかがでしょうか?

車両保険はものすごく高い

大幅に節約するなら車両保険です。車両保険は保険料の5割前後を占めます。この車両保険をどうするかで保険料金は大きく変わります。車両保険には一般タイプと限定タイプがあります。付帯するかしないか、また一般にするか限定にするかによって保険料の節約をする事ができます。

その他にも車両保険を安くするコツを載せている記事がありますのでそちらを参考にしてください。

車両保険はどちらのタイプを選ぶべきか

契約車両を運転するのは誰ですか

運転者を限定する事によっても保険料金を節約することはできます。保険証券に記載されている運転者と今現在契約車両を運転する可能性のある人を比較してみましょう。契約した時と状況が変わっているかもしれません。

運転者限定によって保険料を抑える

また子供も運転者に加えている場合には運転者の年齢条件を全年齢担保や20才以上担保としていると思います。この条件に変更した時には保険料がものすごく高くなったと思います。

この場合にも節約するポイントがあります。これはセゾン自動車火災保険やSBI損保などの子供の年齢条件に関する特約を利用すれば1万円から2万円ほど節約することができます。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

子供の年齢条件に関する特約

割引制度をしっかり利用する

割引制度としてわかりやすい物もあれば名前だけではわかりにくい物もあります。わかりにくい割引の例えは運転者の年齢条件です。運転者の年齢によって割引を受けることができるのです。保険証券を御覧ください。運転者年齢条件といった項目があると思います。これはただ運転者の年齢を記載しているだけではありません。

20才以上、26才以上、30才以上、36才以上など年齢が高くなるほど割引率が高くなります。子供が運転する可能性があったので子供の年齢に合わせていた場合や誕生日を迎えて30才になったなどこういった場合には保険料が安くなりますので契約会社に問い合わせてみましょう。

年齢条件に関してはこちら

保険証券を見ながらあなたが契約している保険の内容を一つずつチェックしてください。上記に示した内容に気になる事があったら契約している保険会社に連絡して試算してもらいましょう。また他の保険会社ではどうなるのか気になるなら比較サイトを利用してみましょう。

見直すときの注意事項

補償の数や質を下げれば当然保険料は安くなりますが、いざ事故を起こした時には保険として機能しない恐れもあります。節約も大切ですが保険としての意味も考えながら見直しをしてくださいね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定