自動車保険見直しガイド
ダウン事故

3等級ダウン事故とは、文字通り、翌年度の等級が3つも下がってしまう事故のことを言います。3等級ダウン事故を起こすと、保険料の負担もかなり上がりますし、相手のいる事故である可能性も高いですから、契約者としては、絶対に起こしたくない事故と言えるでしょう。

3等級ダウン事故に該当する具体的な例

具体的には

  • ①車対車の事故を起こした
  • ②歩行中の人をはねてしまった
  • ③お店や建物の塀にぶつかってしまった etc
などのように、「相手のある事故」のほとんどが3等級ダウン事故に該当します。ノーカウント事故1等級ダウン事故に該当しない全ての事故、と言い換えても良いかもしれません。

3等級ダウン事故を起こした場合の保険料の変化の話や事故有係数適用期間については、こちらの記事を参照して下さい。

豆知識

知っていると、ちょっとだけ役立つ3等級ダウン事故にまつわる話を3つ紹介します。

当て逃げで車両保険を使うと3等級ダウン事故

スーパーでちょっと買い物。サービスカウンターで無料駐車券も貰ったし、帰ろう!ということで、駐車場に行ってみたら、愛車の形がいつもと違う・・・。なんかへっこんでる。

これ、「当て逃げ」ですよね。

当て逃げは、保険者に責任は有りません。なので、当て逃げを原因として車両保険を使っても、等級はダウンしないのでは?と考える人も少なく無いです。でも、当て逃げで車両保険を使うと「3等級ダウン事故」に該当します。

自分に責任は無いのに等級がダウンするなんておかしな話ですが、今の自動車保険制度ではそのようになっています。犯人が見つかることを祈る他有りません。詳細は下記記事で。

同年度に2回事故を起こすと引受拒否される?

1年間に「3等級ダウン事故」を2回起こすと、保険会社によっては引受けを拒否される可能性が有ります。

もちろん、1年間で何回事故を起こしたら、引受拒否されるか?については、保険契約者個々人の状況によっても異なりますし、契約する保険会社によっても変わってきます。

契約者によって引受基準が変わる例

例えば20等級の人が1年で2回事故を起こすのと、6等級の人が1年で2回事故を起こすのでは、全く印象が変わりますね。

20等級の人が2回事故を起こしても、ほとんどの保険会社で引受してくれるでしょう。(あくまで憶測ですが。)なぜなら、20等級まで等級が進んでいるという事は、今まではほとんど事故を起こしていないという実績が有るからです。

保険会社としても、「あぁ、不運な事故が2回重なったんだな」くらいの感覚で捉えるのが普通でしょう。一方で6等級の人が年間2回の事故を起こしたらどうか?

6等級といえば、自動車保険を初めて契約する人が該当する等級です。なので、こういう人が事故を立て続けに起こすと、「あぁ、この人はまだまだ運転技術が未熟なんだな。今引き受けするのはリスクが高いな」と判断されて、引受拒否される可能性が有ります。

自動車保険の引受基準と引受拒否事例

長期契約をしていれば3等級ダウン事故の影響を最小化出来る

3等級ダウン事故を起こすと、翌年度から3年間は「事故有等級」が適用されるので、無事故者と比べて、割高な保険料を払う必要が有ります。しかし、この影響を最小化出来る方法が有ります。

それが「自動車保険の長期契約(複数年契約)」です。以下の表は、契約初年度に3等級ダウン事故を起こした場合の「1年契約」と「3年契約」の等級の進み方を表したものです。

長期契約

1年契約でも3年契約でも、4年目の等級は「事故有等級の9等級」である事に違いは有りません。違いは2年目と3年目に有ります。

3年契約であれば、初年度の契約締結時に、既に2年目・3年目の分の保険料を支払っているので、割高な事故有等級の元に計算した保険料を払う必要が無いんです。

当然、4年目は「事故有等級」に基づく保険料を支払う必要が有りますが、それでも1年契約の時と比べて、「事故有等級」の影響を受ける期間は2年も少ないんです。長期契約にはこのようなメリットが有ることも知っておいてください。

等級プロテクト特約が廃止されていなければ、こんな事を考える必要もないのかもしれませんけどね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定