自動車保険の休止・再開手続きの方法と休止後の保険料の取扱い

(この記事は約 3 分で読めます。)

自動車保険

自動車を一定期間利用しない事が分かっている場合、契約している自動車保険を一時的に休止したいと思いますよね。

運転しないのに、その間の保険料を払い続けるのは凄く損した気分になりますからね。

しかしながら、契約車両を所有した状態で自動車保険を休止する事は出来ません。

例えば、旅行期間中だけ自動車保険を休止する事は無理なのです。

一方、車を売却したり、廃車にしたりするなど契約車両を手放してしまう場合は、自動車保険を休止する事が可能です。

簡単にまとめると以下のようになります。

  • 契約車両を所有した状態(*)・・・自動車保険の休止は不可能
  • 契約車両を所有していない状態・・・自動車保険の休止は可能

* 一時抹消登録している場合も休止処理が可能です。

では、自動車保険の休止手続きについて見ていきましょう。

広告
車査定

【中断制度】自動車保険の休止手続き

自動車保険の休止手続きとは、中断制度を利用した解約手続きの事です。

中断制度を利用すれば、自動車保険を再契約した時に今現在の等級を引き継ぐ事が出来ます。

等級の引継可能期間は、解約日から10年間となっている場合が多いです。

中断制度を利用するには、前述の通り「契約車両を所有していない事」に加え、今現在の等級が「7等級以上」で有る必要が有ります。

保険証券や保険会社のサイト(マイページ)などで等級を確認して下さい。

 

合わせて読みたい

中断証明書の発行条件・発行手続・有効期限などのまとめ

 

自動車保険の解約手続き

手続きは「解約手続き」と「中断制度の申請」を同時に行います。

解約手続きは保険会社によって異なり、電話やWEB上で完了する保険会社も有れば、解約申請書を郵送するか窓口に提出して完了する保険会社も有ります。

そして、解約手続きを進めていく過程で「中断制度の申請」についての項目や案内などが有るので、「申請する」にチェックを入れたり、必要書類の郵送を依頼します。

ちなみに、電話やWEB上で解約手続きが完了する保険会社であっても、中断制度の申請に関しては「契約車両を所有していない事」を証明する書類を郵送しなければなりません。

なお、中断制度の申請は必ず解約手続きと同時に行う必要は有りません。

解約日以後13カ月以内なら中断制度は利用可能です。

なので先に解約手続きのみを終わらせてしまっても構いません。

中断制度の申請に必要な書類

必要な書類

中断制度の申請に必要な書類は以下の通りです。

保険会社によって異なる場合が有るので、契約している保険会社で確認して下さい。

  • 中断証明書申請依頼書(不要な保険会社も有ります)
  • 契約車両を所有していない事を証明する書類

契約車両を所有していない事を証明する書類の具体例は以下の通りです。

車両の状態証明書類
売却・譲渡譲渡証明書
廃車一時抹消登録証明書や登録事項証明書
盗難盗難届受理番号又は盗難届証明書
車検切れ車検証

保険料(解約返戻金)の取扱い

自動車保険の解約返戻金

自動車保険を中途で解約する事になるので、保険料を一括で支払っている場合は解約返戻金が振り込まれます。

解約返戻金の計算方法については下記記事を参考にして下さい。

解約返戻金の計算方法

基本的に解約返戻金は口座振込となるので、解約手続き時には振込口座が分かる物を用意しておきましょう。

インズウェブ自動車保険一括見積もり
広告

中断証明書を利用した自動車保険再開手続き

自動車保険を再び契約する時に中断証明書を提出します。

そうする事で以前の等級を引き継ぐ事が出来ます。

中断証明書を提出しなかった場合は6等級での契約になるので注意して下さいね。

なお、中断証明書を利用して契約出来る条件については以下の記事を参考にして下さい。

中断証明書利用時の条件や注意点

中断証明書は再発行可能?

中断証明書を紛失してしまっても再発行は可能です。

以前契約していた保険会社に中断証明書の再発行を依頼しましょう。

なお、再契約する保険会社が以前と同じ場合は、中断制度を利用した旨を伝えれば、中断証明書が無くても等級を引き継いでの契約が可能です。

中断証明書は自動車保険の再契約時に必要な書類なので大切に保管しておきましょう。

広告
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

自分の自動車保険を把握!『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ

合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

『車の一括査定』提携300社以上から車を一番高く売る!無料で手間なく愛車を一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

事前にチェックしておきたい「自動車保険情報」

  1. 独自分析!【2023年】自動車保険おすすめランキング
  2. 【専門家監修】煽り運転に自動車保険は適用される?煽り運転に対応するおすすめ自動車保険・ドライブレコーダーは?
  3. 【専門家・FP監修】コロナ化で外出激減!自動車保険を見直す?見直さない?
  4. 【FP・専門家監修(コメント)】『2021年版』どの燃料が安い?エコカーの制度・普及状況は?水素自動車・電気自動車・ガソリン車の最新状況について
  5. 【FP・専門家監修(コメント)】増加するウーバーイーツ配達員!知って備える⁉賠償や怪我の補償
  6. 【FP・専門家監修(コメント)】楽天損保の自動車保険!口コミ・評判・サービス概要・特徴について
  7. 【専門家の見解】雹や水没で被害!台風などの自然災害で自動車保険は適用される?
  8. 【専門家監修】車両料率クラスとは?2020年改定!自動車保険の型式別料率クラスの仕組み
  9. 【FP監修(専門家監修)】自動運転の事故の責任は誰?『自動運転』と『自動車保険』
  10. 【専門家監修】データ分析!高齢者事故の原因と時間帯は?必要なおすすめ自動車保険を解説
  11. 自動車盗難対策!盗難で自動車保険はいくら支払われる?自動車盗難の最新傾向と盗難対策をご紹介

乗りたい車はこれ!様々な車の情報をチェックするなら「車情報ラウンジ Car Lounge 」

出典:車情報ラウンジ「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。気になる車や様々な情報をチェックしたいなら、車情報ラウンジ「Car Lounge」をチェックしてみましょう!