自動車保険見直しガイド
使用目的

使用目的と違う乗り方をした場合に事故を起こした時の考え方は、大きく分けて2つあります。

  • ①使用目的通りに乗っていたが、たまたま違う乗り方をした時に事故に遭った
  • ②使用目的に全く沿っていない乗り方をして事故に遭った

以下、それぞれの場合で「保険金が支払われるのか・支払われないのか」について見て行きましょう。なお、使用目的別の目安(月何日乗ると業務使用目的になるとか)については、下記記事を参照して下さい。

たまたま違う乗り方をして事故に遭った場合

1つ目の例としては、普段は「日常・レジャーの使用目的」で乗っていたが、たまたま「通勤」の為に車を使用した時に事故に遭ったような場合が考えられます。

このような場合には、使用目的の目安となる「年間を通じて月15日以上通勤・通学に使用していたかどうか」が判断基準となります。月15日未満の通勤・通学使用なら、契約内容が日常・レジャー使用目的でも補償される事になります。

厳密に使用目的通り車に乗らなくても、他の目的での使用日数が「判断基準となる15日未満」なら補償の対象になるわけです。

使用目的に全く沿っていない乗り方をして事故に遭った場合

2つ目は使用目的に全く沿っていない乗り方をしている場合です。これは、以下のように更に3つに分けることができます。

  • ①契約自体は正しいが選択した使用目的が間違っている場合
  • ②契約時に告知義務に違反している場合
  • ③契約期間中の通知義務に違反した場合

①契約自体は正しいが選択した使用目的が間違っている場合

1つ目は、業務使用で契約したが通学にもっぱら使用している場合や、通勤・通学使用で契約していたが、休日しか車に乗らないような場合です。

使用目的の補償範囲は別々にあるわけではなく、業務使用がその他の使用目的を包括しており、通勤・通学使用が日常・レジャー使用を包括している関係にありますので、このような場合には補償される事になります。

ただ、保険料金は業務使用が一番高く、その次が通勤・通学使用、一番安いのが日常・レジャー使用となっていますので、このような使用実態に合わない保険内容は保険料の無駄ですので、契約内容を変更するべきです。

②契約時に告知義務に違反している場合■

2つ目は日常・レジャー使用で契約はしたが、契約当初から通勤・通学に月15日以上使用しているような場合です。結論から言うと、この使用実態での事故は補償されない可能性が高いです。

保険会社は告知義務を保険約款に記しています。このような契約は「告知義務違反」に該当しますので、保険金が支払われない場合があります。

告知義務違反

契約者は保険契約の際に保険会社に告知事項を正確に申告しなければいけません。これを告知義務と言います。

告知事項には「記名被保険者名・車両番号や型式・使用目的・他の現存契約の有無・前保険期間や契約内容・前年における事故状況」などが有ります。

告知義務を怠った場合には保険会社は保険契約の解除をすることができ、また契約解除前の事故は保険金を支払わなくてもいい事があります。

③契約期間中の通知義務に違反した場合■

3つ目は、「契約期間中に使用目的の変更が生じたのに、契約内容を変更せずに事故を起こした場合」です。日常・レジャー使用で契約したけど、通勤に月15日以上使うようになった場合が考えられます。

このような「契約期間中の危険の増加(事故の可能性が高くなる)」は保険会社に申告して、契約内容を変更しなければいけません。これは契約者の通知義務です。告知義務と同様に保険約款に記載されています。危険の増加を申告せずに事故に遭った場合には、通知義務違反として保険金が支払われない事があります。

通知義務違反

保険契約期間中に「契約内容が変わり、危険が増加する場合」には速やかに契約している保険会社にその変更を伝えなければいけません。これを通知義務と言います。

例えば、住所や今回の話の中心である使用目的など告知事項の変更があった場合です。通知義務を怠った場合には通知義務違反となり、保険会社は契約の解除もでき、契約変更前の事故に関しては保険金を支払わない事があります。

告知義務違反と通知義務違反で「支払わない事がある」としましたが、これは契約者に故意や重大な過失があった場合に「保険金を支払わない」と保険約款に記載しているからです。

故意または重大な過失によって遅滞なく同項の通知をしなかったときは、解除に係る危険増加が生じた時から解除がなされた時までに発生した事故による損害または傷害に対しては、当会社は、保険金を支払いません。

(参照:イーデザイン損保保険約款より)

故意や重大な過失の判断は難しい話ですが、保険料を安くしようとして虚偽の申告をした場合や、危険が増加した変更があった事を知りながら通知しなかった場合等が該当すると思われます。

使用目的の選択を誤ってしまうと、いざ事故に遭った際に任意保険からは一切補償されなくなる可能性が有ります。必ずご自分の現在の状況に合った使用目的を選択しましょう!

■関連記事
使用目的の切り替えで保険料を節約
申告した走行距離区分を超えてしまった場合でも保険金は出る?出ない?

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定