自動車保険見直しガイド

(この記事は約 14 分で読めます。)

最近ではマイカーローンを組む場合でも、来店不要のネット完結で低金利なローン会社が増えてきましたよね。
とは言え、地元の金融機関なんかも含めると「まだまだお得に借りられるところがあるんじゃないの?」と思う方も多い事でしょう。

そんな人に役立つ地域別のおすすめマイカーローンを表で比較してご紹介します。

 

石川県でマイカーローンが組める金融機関

石川県は金融機関が充実しているので、マイカーローンを組む際にはそれぞれの特徴などを比較検討することで自分に有利な内容にすることができますよ。
地域に密着した銀行や信用金庫はもちろんのこと、全国展開しているような金融機関も含めれば、県内で利用できる金融機関はかなりの数に上ります。

選択肢を広げるほどに、自分にぴったりのマイカーローンを組むことができるでしょう。
比較検討するポイントとしてはやはり金利に目が行きがちではありますが、その他の点をおざなりにしてしまうと、あまりお得なローンを組むことができなくなってしまうので注意が必要ですよ。

また、金額だけではなく、手間をいかに省けるかということも現実には意外と重要なこととなるものです。

金融機関金利(変動)金利(固定)限度額期間
JAバンク石川0.800%~3.000%1.300%~3.200%10万円以上1,000万円以内6カ月以上10年以内
北陸銀行1.7%10万円以上1,000万円以内(1万円単位)1年以上10年以内(6か月単位)
金沢信用金庫2.60%~3.75%4.00%~5.15%1万円以上1,000万円以内(1万円単位)6ヶ月以上10年以内
静岡銀行(全国対応・来店不要)2.4%~3.4%100万円~1000万円10年以内
のと共栄信用金庫2.000%~3.000%4.900%~5.900%1,000万円以内(1万円単位)3ヶ月以上10年以内
北陸信用金庫4.780%1,000万円以内10年以内
三菱UFJ銀行(全国対応・来店不要)2.975%50万円~1,000万円6ヵ月~10年
鶴来信用金庫1.880%~2.980%4.280%~5.080%1万円以上1,000万円以内(1万円単位)3ヵ月以上10年以内
興能信用金庫1.700%2.700%1,000万円以内(1万円単位)3ヵ月以上10年以内(最長6ヵ月間の据置期間を含む)
イオ信用組合3.8%500万円以内7年以内
損保ジャパン日本興亜(全国対応・来店不要)1.9%~2.85%999万円以内6ヵ月~10年
石動信用金庫3.78%1,000万円以内(1万円単位)3ヵ月以上最長10年以内(元金返済据置は6ヵ月以内)
北陸労働金庫1.90%~2.60%1.50%~2.20%700万円または500万円以内10年以内

ネット申し込み可全国対応のおすすめマイカーローンはこちら

ざっと比べてみますと、金利は金融機関によって意外と違いがあるのがわかるのではないでしょうか。
また、金利にはほとんど差がないようにみえるところでも、トータルの支払い額を考えると結構な違いになるということもありますよ。

さらに、数字には表れない部分もたくさんあるので、ここぞと思うところが見つかったら公式ホームページに掲載されている条件などを十分に調べておくことも大切です。
もちろん、融資を受けられるかどうかは審査を受けてみないとわからないので、もしかしたら予想外に高い金利となってしまうこともあり得ます。

変動金利で最安値のマイカーローンはJAバンク石川

以上に挙げたマイカーローンの内、変動金利でもっとも安いのはJAバンク石川です。
0.800%~3.000%と、上記の中ではもっともふり幅は大きく上限金利は高くなってはいますが、下限金利の安さは群を抜いているといって良いでしょうね。

変動金利というのは固定金利に比べて安いというのが相場ですが、それを加味したとしても0.800%というのは非常に魅力的です。
JAバンク石川が提示するさまざまな条件をクリアしていれば、より下限金利に近づけることができるので、あらかじめ条件について問い合わせておくと良いでしょうね。

限度額と使途

限度額は10万円以上で最大1,000万円利用することが可能で、借入れ期間は6カ月以上で最長10年となっています。
限度額が高いというのは、自動車本体の購入費用に幅を持たせてより好きな自動車を購入できるというだけではありませんよ。

JAバンク石川のマイカーローンは、自動車購入費以外にもさまざまなものに利用することができるからです。
たとえば、修理や車検、カー用品といった費用の他にも、運転免許取得費用やガレージ建設費用に充てることも可能なのです。
ただし、ガレージ建設費は100万円以内となっています。

そして、ローンの借入れ期間も最長10年と長く設定されているので、その分、月々の返済額を安く抑えることもできるようになりますよ。
ローンは返済に無理のない計画をたてることがとても大切なので、借入れ期間が長いというのは大きなメリットとなるはずですね。
このあたりは事前にシミュレーションをしっかり行っておきましょう。

保証料が別途必要

しかし、JAバンク石川の下限金利は非常に安いものの、保証料は別途必要となるので注意が必要ですよ。

組合員のみが利用できる基金協会保証型の他、三菱UFJニコス保証型、協同住宅ローン保証型という3パターンがあり、どれが適用になるかは最終的に審査により決定されます。
保証会社によって金利や借入れの条件が異なる場合があるのでこれも重要な点といえますね。

それから、借入れできる条件も忘れずにチェックしておきたいものです。
JAバンク石川の場合は、借入れ時の年齢が18歳以上で、完済時の年齢が80歳未満であることが大前提となります。
年齢の上限が80歳未満というのは、他と比較するとかなり高いので、年齢が気になる方にとってはうれしいローンといえるでしょうね。

固定金利で最安のマイカーローンもJAバンク石川

一方、固定金利を比較してみても、最安値を提示しているのはやはりJAバンク石川という結果でした。
JAバンク石川の固定金利は1.300%~3.200%と、こちらもややふり幅が大きくなりますが、下限1.300%というのは十分な安さといえますね。
そして、前述したように、限度額は10万円以上1,000万円以内、借入期間は6カ月以上10年以内となっています。

では、変動金利と固定金利で迷った場合、どちらを選ぶとお得になるのでしょうか。
JAバンク石川の変動金利は0.800%~3.000%、固定金利は1.300%~3.200%なので、単純に比べてしまうと変動金利の方がお得に感じてしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか。

変動金利と固定金利、どっちがお得になる?

タイプの選択

まずは、それぞれの基本情報を知っておきましょう。

変動金利とは?

変動金利というのは、文字通り金利が変動していくことです。
どのように上がったり下がったりするかというのは、市場金利の動きによって決まりますよ。

ローンの返済をしている間でも、基本的に半年に1回くらい金利の見直しが行われ、それまでの金利よりも下がることもあれば上がってしまうこともあるというわけですね。
契約時には金利が安いというのが変動金利最大のメリットとなりますが、返済している間にもしかしたら固定金利以上の金利になってしまうかもしれません。

そこが変動金利のデメリットなんですね。
このデメリットがあるために、たいていの人は変動金利にしようか固定金利にしようか迷うというわけです。

固定金利とは?

一方の固定金利は、文字通り金利が固定されていることで、契約した当時の金利が最後まで変動せずに継続されるということですね。
そのため、変動金利のように後から金利が大きく上がってしまうというリスクを抱えずにすみます。

固定金利のメリット

また、返済額も変わることがないので家計のやりくりをしやすいというのがメリットとなりますよ。
確かに、変動金利を選んで後から大幅に金利がアップしてしまうと、それまでの家計のやりくりでは立ち行かなくなってしまうかもしれませんね。

固定金利のデメリット

そうはいっても、契約する時点では変動金利よりも高い金利であることがデメリットとなります。
また、もしかしたら変動金利は見直しによってさらに低い金利が適用になるかもしれませんよね。

もしもローン返済中にその差がどんどん広がってしまったとしたら、固定金利を選んだことを強く後悔するというのが多くの人の感情というものなのではないでしょうか。

では、いったいどうして固定金利はそんなに高く設定されているのでしょうか。

それは、金利を固定することで、後々生じる可能性のあるリスクを貸し手側が受けずにすむようにしているからです。
固定金利は市場の金利を一切反映しませんが、もしも市場金利が上がれば本来は貸し手側には上昇した分の利息が入ってくるはずですよね。
ところが、いくら市場金利が上がったところで貸している分の利息は一切変わらず、貸し手側は入ってくるはずの利息が入ってこないという事態が起こってしまいます。

そこで、そのようなリスクを少しでも少なくするために、最初から金利を高めに設定しているというわけですね。

変動金利と固定金利、どちらを選ぶ?

そして変動金利と固定金利のどちらを選ぶとお得かですが、結論からいうと、マイカーローンは基本的には変動金利を選ぶと良いでしょうね。
というのは、ローンというのは用途に応じていろいろありますが、マイカーローンは比較的短期間であることが多く、金額もそれほど大きくはならないからです。

もちろん、人によって購入する自動車の金額も借入れ期間も異なりますが、だいたいのケースでは変動金利の方がお得になるということなんですね。

長期ローンを組む場合は固定金利がおすすめ

金額が大きくて返済年数も長いといえば、住宅ローンが良い例でしょう。
マイホームを購入するとなれば、何千万ものお金を何十年もかけて返済するのが一般的ですよね。
こうなってくると固定金利の方が良いといえるのです。

また、マイカーローンのように金額が少な目だと、金利が多少あがったとしても大きな影響を受けずにすむということもありますよ。
特にローンの後半ともなればこの傾向は顕著に表れていくものです。
返済が進めばだんだん元金が少なくなっていくことから、金利による影響は受けずにすむというわけですね。

しかし、どちらを選ぶとお得かは景気によっても違ってきます。
基本的には、景気が良ければ変動金利、悪ければ固定金利を選ぶとよいでしょうね。

なぜなら、景気が良ければ金利は高いので、後々下がる可能性のある変動金利が良いということになりますし、景気が悪ければその逆だからです。
景気が悪い分金利も低く、その後に景気が上向きになっても金利が上がる心配がないというわけですね。

もちろん、その後の景気がどうなるのかは専門家でも本当のところはわかりません。
だから、推測するしかないということになりますね。

それからもう一つ挙げるとすると、ローンの返済期間の長さによってどちらを選ぶか決めるという方法です。
これも住宅ローンが良い例となりますが、返済期間が長めのマイカーローンを組むのであれば固定金利、数年程度のマイカーローンなのであれば変動金利ということができるのです。

総支払額を安くしたいなら「保証料無料」か「保証料込み」を狙おう

ローンの返済に苦しむサラリーマン

ローン会社はそれぞれで事前審査というのを設けているところは少なくありませんが、最終的には本審査を受けてみないことには融資を受けられるかどうかはわかりません。

しかし、数ある会社の中でもトータルの支払い額が少なくて済むところを選びたいというのは誰しもが思うところでしょう。
金利選びをしっかりしないと、トータルの支払額はかなり高くなってしまうことがありますが、トータルの支払額を左右するのはそれだけではありません。

マイカーローンの総支払額というのは、金利だけではなく保証料によって大きく変わってきます
金利だけを注目してしまいがちではありますが、実は保証料がどうなるかも重要視しなければならないのです。
これを忘れてしまうと、いざ支払うとなった時に想像以上に高かったということになり兼ねないので注意が必要ですよ。

一概にはいえませんが、金利が非常に安く設定されているところは、「保証料は別途支払う必要があります。」という但し書きがついているはずです。
そのため、保証料分を組み込んで比較してみないと本当のところはわからないというわけですね。

金利は一見高くても、実は保証料が含まれているところの方がトータルの支払額は安くなるというのは決して珍しい話しではありません。

金利の振り幅にも注目しておきたい

JAの事故受付

また、金利の表示の仕方には注意が必要ですよ。
金利はよく〇〇%~〇〇%という表示になっているのですが、各社の金利を比べる時、つい目が行ってしまうのは安い方の数字でしょう。
しかし、必ずしも多くの人が一番安い金利を適用してもらえるわけではないので注意が必要ですよ。

金融機関によっても異なりますが、さまざまな条件をクリアしているほどにより安い金利が適用される仕組みになっています。

まずは、大きな企業に長年勤めているなど、収入が安定していていることが大前提に挙げられますね。
何故かというと、こういった人は返済が滞ってしまうリスクが低いので、貸す側にとっては非常に良いお客さんでぜひ借りてほしいということになるからです。

しかし、収入はあってもそれに見合わない借入れをしているのでは安心してお金を貸すことができませんよ。
他に借金をしていないかなども十分に調べられ、トータルの借入額が収入に見合った適正なものであることが条件となります。

それから、同じ金融機関で住宅ローンを利用しているとか、ネットバンキングに登録しているなど、その金融機関の利用度が高いと金利の引き下げには有利に働きますね。

このような金利引き下げの条件は金融機関によっても多少異なるので、あらかじめ公式ホームページなどでよくチェックしておくと良いでしょうね。
そして、自分がどのくらいの金利になるかを予想して返済シミュレーションをすることも、ローンを組む上では大切なことです。

全国対応の三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」も!

また、その地域にしかないマイカーローンを利用するのも良いですが、全国対応のマイカーローンというのも利便性が高いものがいくつかありますよ。
その一つが三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」です。

三菱UFJ銀行といえば、三井住友銀行、みずほ銀行とともに日本の三大メガバンクの一角を占める巨大銀行です。
大手ならではの安心感があるという点は、ローンを組む上でかなり大きなものといえるのではないでしょうか。

銀行であるため残念ながら審査が優しいとはいきませんが、ローンを組んでも安心ということで多くの人々から支持されています。
ローンを組むのが初めてで不安があるという人は検討してみると良いでしょうね。

どこを利用するにしてもまずは基本的な申し込み条件を満たしているかを確認する必要があるのですが、銀行の場合はその条件が少なくなります。
というのも、信用金庫や信用組合となればそこの会員であること、もしくは会員になることが必須条件となるからです。

利用できる人

たとえ会員にならなくても融資が受けられるといった場合も、金利が高くなってしまうということもありますよ。
三菱UFJ銀行のローンを利用する場合には、特に会員になるなどの条件はありません。

まずは、借入時の年齢が満20歳以上であり、完済時点が満70歳の誕生日までであることが前提です。
また、前年度の年収は200万円となっており、年金のみの収入の方は利用することができません。
勤続年数は1年以上、同じ車で他から借り入れをしていないこと、といったことも条件に加わってきます。

そんな三菱UFJ銀行のマイカーローンが、「ネットDEマイカーローン」です。
借入期間は1ヵ月単位で6ヵ月以上10年以内なので、月々の返済を無理なく組み立てることができるはずですよ。
また、借入金額は1万円単位で50万円以上1,000万円以内となっています。

そして気になるのは金利ですが、三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は、変動金利年2.975%が提示されています。
この数字はそれほど安いというわけではありませんが、保証料の負担は0円なので安心できますよね。
また、融資されたお金は中古車やバイクにも利用でき、三菱UFJ銀行口座を持っている人なら窓口に行かなくとも申し込みができるなど高い利便性があることが特徴です。

さらに、事前審査では当日内に結果がわかるというスピーディーさも魅力といえますし、繰り上げ返済は手数料なしで対応してくれますよ。
たいていの金融機関では、繰り上げ返済をしようと思ったら手数料を取られてしまいます。

この手数料が意外と高く設定されていることが多く、せっかくまとまったお金ができて繰り上げ返済をしても、それほど大きなメリットにならないこともあるのです。
こういったことも三菱UFJ銀行の特徴といってよいでしょうね。

どのローン会社が良いか迷った時には三菱UFJ銀行を選んでみるのも良いかもしれません。

損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」も!

同じく全国対応のマイカーローンに損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」があります。
その魅力は、なんといっても金利が安いことにあるといって良いでしょうね。

ローンで金利が安いといえば銀行系が挙げられますが、だいたい年2.0%~4.0%というのが相場です。
ところが、損保ジャパン日本興亜の「ジャパンダ・ネットマイカーローン」は、固定金利年1.90%~2.85%という銀行に匹敵するくらいの安さなのです。

これで固定金利というのですから驚いた方も多いことでしょう。
しかも、保証料は金利に組み込まれていて損保ジャパンが支払ってくれるので別に支払う必要もありません。

その上、銀行が平日の営業日にしか審査を行わないのに対して、損保ジャパン日本興亜は土日祝日も対応しているので結果をスピーディーに知ることができますよ。
もちろん、結果が思わしくなければキャンセルすることも可能なので安心して申し込めますよ。

使途は狭い

とはいえ、デメリットがないわけではないので、先に知っておくことも必要でしょう。
例えば、銀行なら自動車購入費用の他にも車にまつわることなら比較的幅広い用途に借入金を使うことができますが、損保ジャパン日本興亜の場合そうはいきません。
車検費用や運転免許の取得費用といったことには使えないので注意が必要ですよ。

利用できる人

また、申し込み条件としては、申込み時の年齢が満20歳以上、満60歳以下であることと、やや上限が低くなっているので注意が必要です。
また、収入に関しては、定職・定収入があって前年の税込み年収が280万円以上というのが基準となっています。

年収に関しても、前述した三菱UFJ銀行が200万円以上であることと比較すると、やや厳しめのハードルが設定されているといってよさそうです。
申し込むことが不可能なケースも出てくる可能性もありますが、デメリットはこの2つくらいなので、ここさえクリアしていれば申し分ないマイカーローンといって良いでしょうね。

この2つのデメリットを加味したとしてもやはり魅力的なのが金利の安さでしょう。
三菱UFJ銀行と比較してみても、変動金利年2.975%なのに対して、損保ジャパン日本興亜は固定金利1.90%~2.85%なのです。

その他、損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン」の借入金額は、1万円単位で20万円~999万円、借入期間は6ヶ月単位で6ヶ月以上最長10年となっています。

静岡銀行「しずぎんマイカーローン」も!

さらに、全国対応している金融機関でもう一つ挙げるとすると、静岡銀行の「しずぎんマイカーローン」がありますよ。

しずぎんマイカーローンの魅力とは?

しずぎんマイカーローンは変動金利が2.4%~3.4%と低いことも大きな魅力なのですが、さらに保証料を別途支払う必要もありません。
これなら、トータルの支払い額をぐっと抑えることができそうですね。

加えて繰り上げ返済の手数料も完全無料なので、まとまったお金ができた時に多めに返済してしまえば早期に完済することも可能ですよ。
しかも、インターネット上で手続きが完了してしまう手軽さはしずぎんマイカーローンの大きな特徴といって良いでしょう。
石川県内のみならず、全国各地からたくさんの人が申し込んでいる人気のマイカーローンなのです。

幅広い使途も嬉しいポイント

もしも、マイカーローンについての知識がほとんどなく、いわれるがままにディーラーローンを組んでしまったという人も大丈夫です。
しずぎんマイカーローンは借り換えもできるので、途中から安い金利の恩恵を受けることもできますよ。

中古車やバイク、車検といったものの他、修理や免許取得にも使えるなど用途の広さもうれしいポイントですね。
しかも、繰り返し何度も借りることが可能なので、途中であんなことにもこんなことにも使いたいといった場合にも対応してもらえます。

借入れができるかは銀行が提示している条件をクリアしていることが求められますが、公式ホームページの簡易シミュレーションを使えばわずか5秒で診断できますよ。
魅力の多いマイカーローンなので、シミュレーションだけでもしておくと候補の一つになるはずです。

しずぎんマイカーローンの審査はどうなの?

まず、しずぎんマイカーローンは仮審査と本審査とがあり、両方に通らないと借入れをすることはできません。
といっても、仮審査は書類を準備する必要もなく公式ホームページから簡単に申し込めます

シミュレーションを行ってみて大丈夫そうだと思ったら、気軽に申し込んでみるとよいですよ。
また、郵送やFAXでも申し込むことができるので、自分がやりやすい方法で進めていきましょう。

仮審査は本当に簡単

仮審査の画面で入力するのは、職業や住所、年収といった基本的な情報です。
これらの情報をもとに保証会社による審査が進められていきます。

ちなみに、保証会社は静銀セゾンカード(株)またはオリエントコーポレーション(株)です。
仮審査の結果は、早ければ3日程度、遅くても5日くらいまでにメールまたははがきで知らせがきます。

キャンセルもok

仮審査に通過したら次は本審査となります。
しかし、仮審査に通過したからといって本審査を必ず受けなければならないということはありません。

そのため、金利も低く人気のマイカーローンということで、候補の一つとして気軽に仮審査を受けてみるのが良いのではないでしょうか。
購入する車が決まっていない時点でも申し込みは可能です。

その後、本審査を申し込むことで正式な申し込みができます。
必要書類はネットでアップロードできるので、それほどわずらわしいことはないといってよいでしょうね。

また、仮審査である程度は審査が終了しているので、書類に特に問題がなければ審査には通過するケースが多いといえます。

口座がない場合は解説する必要がある

しずぎんマイカーローン場合、静岡銀行のインターネット支店に口座を開設している必要があるので、もしも開設してなければこのタイミングで手続きを進めていくことになります。
口座開設も、身分証明書などの書類はすでに出されているわけなので、手間もかからず簡単に進むはずです。

本審査で手間取ることがあるとすれば、必要書類のアップロードくらいでしょうね。
証明写真がクリアに撮影出来て問題なくアップロードできれば難しいことはありません。
後は、確認項目をチェックしていくだけでOKです。

本審査に通って実際に振り込みが行われるまでの期間は、10日~2週間程度をみておくと良いようです。
融資が行われてからローンカードが送られてくるので、銀行開設のようにカードが到着しないと先に進まないということはありませんよ。

また、先ほど車を決める前でも仮審査を受けることができると記載しましたが、仮審査で自分が借入れできる金額を知ってから車選びをすると効率的ですよ。
資金の目安がついてからの方が、車を選びやすいからです。仮審査の結果は1年間有効なので、早めに申し込んでおくことで余裕を持って車選びをすることができますね。

静岡銀行マイカーローン

静岡銀行申込

しずぎんマイカーローンの魅力は「2.4%~3.4%」という金利の安さと、自動車購入以外にも様々な用途で使えるということです!

                         
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
100万円~1000万円 2.4%~3.4%車検費用・修理費用・免許取得費用・借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)不要

ディーラー経由で借りるより大分お得で、借入可能かどうかの簡易シュミレーションが5秒で出来るので、一度チェックしてみると良いと思います。全国対応ですしね。

静岡銀行申込

三菱UFJ銀行マイカーローン

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は最長10年のローンが組めるので、月々の返済額をぐっと少なく設定することができます。少し審査は厳しめですが、誰もが知る安定感のある大手銀行なので、安心してローンを組めることが人気の要因となっているようです。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
50万円~1000万円通常時2.975%
(キャンペーン開催中は金利優遇されます)
借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)三菱UFJの口座があれば来店不要

使いやすいサービス内容となっているローンであることも「ネットDEマイカーローン」の魅力と言えるでしょう。最低50万円~最高1000万円と借入の額も広いので、ローンを組む場所に迷ったら、ひとまず候補の一つとして考えておくと良いかもしれませんね。

三菱UFJ銀行申込

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン

損保ジャパン日本興亜の"ジャパンダ・ネットマイカーローン"の魅力は固定金利なところ!金利も1.9%~2.85%と低く利用しやすいですね。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
20万円~999万円1.9%~2.85% -
保証料繰り上げ返済来店
保証料込み可(別途手数料が必要)不要

土日祝も対応していて、最短だと当日審査完了なので時間がない人でも申し込みやすいですよね。
本審査完了後のキャンセルもOKです。

失敗しない車の売り方

無料一括査定

スポンサーリンク