自動車保険見直しガイド

(この記事は約 17 分で読めます。)

最近ではマイカーローンを組む場合でも、来店不要のネット完結で低金利なローン会社が増えてきましたよね。
とは言え、地元の金融機関なんかも含めると「まだまだお得に借りられるところがあるんじゃないの?」と思う方も多い事でしょう。

そんな人に役立つ地域別のおすすめマイカーローンを表で比較してご紹介します。

 

 

奈良県でマイカーローンが組める金融機関

ここでは、奈良県でマイカーローンが組める金融機関をご紹介します。
マイカーローンは車の購入だけでなく車検代や修理代、免許取得代金などにも利用することができ、大変便利なものです。

奈良県の金融機関では金利は何%か、借入限度額はいくらか、借入期間はどれくらいなのかをまとめていますので、マイカーローン選びの参考にしてくださいね。

金融機関金利(変動)金利(固定)限度額期間
関西アーバン銀行2.70%~3.80%2.95%~4.20%50万円~1200万円まで6ヶ月~10年以内
第三銀行2.80%~3.65%50万円~1000万円以内6ヶ月~10年以内
三菱UFJ銀行(全国対応・来店不要)2.975%50万円~1,000万円6ヵ月~10年
京都銀行2.675%2.550%~2.800%10万円~1000万円以内6ヶ月以上10年以内
近畿労働金庫2.700%~3.200%最高1000万円10年以内
奈良信用金庫2.375%~2.475%10万円~1000万円以内3ヶ月以上10年以内
静岡銀行(全国対応・来店不要)2.4%~3.4%100万円~1000万円10年以内
奈良中央信用金庫2.675%10万円~1000万円以内6ヶ月以上10年以内
南都銀行3.875%10万円~1000万円以内6ヶ月以上10年以内
損保ジャパン日本興亜(全国対応・来店不要)1.9%~2.85%999万円以内6ヵ月~10年
近畿大阪銀行2.200%10万円~500万円10年以内
近畿産業信用組合2.80%~4.00%10万円~1000万円最長10年
中京銀行2.800%~3.800%3.900%~4.900%10万円~1000万円以内6ヶ月以上10年以内

これらを見ると、だいたい2%台から3%台の間が多いですね。
これらは通常金利ですから、優遇措置やキャンペーンでもう少し下がる可能性がありますので、そういったタイミングを見計らって契約すると良いですね。

ネット申し込み可全国対応のおすすめマイカーローンはこちら

変動金利で最安は中京銀行

中京銀行のマイカーローンは、変動金利と固定金利を選ぶことができます。
マイカーローンでもエコカーを購入する際のエコカーローンの変動金利を選択すると、年2.300%で利用できます。

保証料も込みとなっていますので、その分金利が上乗せされることも、保証料を一括で請求されることもありません。
最近はエコカーが人気ですから、エコカーを購入するのであれば、中京銀行のエコカーローンの変動金利を利用するとお得ですね。

固定金利で最安は京都銀行

京都銀行のマイカーローンは3年以内に返済を終えるものであれば、2.550%という金利で利用することができます。
京都銀行では固定金利を返済期間によって分けており、3年以内と3年超5年以内、5年超10年以内の3つに分けてそれぞれ違う金利を設けています。
その中で一番安いのが3年以内のものになります。

また、京都銀行のマイカーローンでは事務取扱手数料、保証料、繰り上げ返済手数料が0円になっていますのでとてもお得に利用できます。
金利キャンペーンの期間であれば、さらに金利を引き下げてもらえます。

京都銀行に口座を持っているなら、ここでのマイカーローン利用を検討してみると良いかもしれませんね。
他の金融機関のマイカーローンの借り換えもできますから、現在高い金利で契約しているローンがあれば借り換えも検討してみると良いですね。

保証料の有無も見逃せない

安い保険料に喜ぶ女性

マイカーローンを決めるポイントは、一番が金利ですよね。
借りるなら金利は低い方が良いものです。
しかし金利がいくら安くても、保証料が別に必要になる場合があります。

金利にプラスするところもあれば、保証料だけを一括請求するところもあり、これらの場合だと総支払い額が高くなってしまいますね。
一方、保証料が金利に組み込まれているものや保証料は0円としているところであれば、金利だけをチェックしておけば大丈夫です。
基本的には、金利が安いところは保証料を別途請求することが多いですね。

奈良県でのマイカーローンでは、変動金利最安の中京銀行、固定金利最安の京都銀行共に保証料込、あるいは0円となっています。
マイカーローンを選ぶ時は、保証料の有無も確認するようにしてくださいね。

総支払い額が安くなるかどうかをチェックするようにしましょう。

金利に幅がある時はどちらの金利をチェックしたら良いか

素朴な疑問を抱く女性

最近のマイカーローンの金利は、例えばですが2.0%~4.0%のように幅を持たせています。
金利に幅を持たせてあるのには理由が二つあります。
一つは申込者の信用具合によって決められるから、もう一つは借入額によって決められるからです。

信用によって金利が決定されるケース

申込者の信用具合というのは、申込者が貸したお金をきちんと返済してくれるかどうかを判断した上で金利を決定します。
優良な客であると判断された場合は低金利を、そうでないと判断された場合は高金利になります。

信用度が高いと判断されるケース

優良な客というのは、安定した仕事に就いている、過去に利用したローンの返済が順調に終わった、他に抱えているローン残高が少ないような人です。
また、公務員や大企業のサラリーマンなどは高評価されますね。

信用度が低いと判断されるケース

一方、優良でない客というのは、収入が安定していない、過去に延滞した記録がある、借入残高が多いという人です。
パートやアルバイト、契約社員だとやはり収入は安定しないと判断されるようです。

自営業やフリーランスで仕事をしている人も、収入に波があるため信用度は低いですね。
金融機関が一番気にするのは過去に延滞した記録があることでしょう。

これからお金を貸そうとする人が、過去に返済遅れがあったとなるとかなりのリスクがありますよね。
回収不能となるリスクが高くなるので、高金利を取らないと割が合わないということです。

借入額によって金利が決定されるケース

もう一つの借入額によって金利が決められるというのは、借入希望額が少ない場合は金利が高くなり、たくさん借入する場合は低い金利が適用されるということです。
借入額が少なければ、返済期間も短くなります。貸付をする金融機関側の立場からするとその間、低い金利だとあまり儲けになりませんよね。

一方、高額を借入すれば返済期間も長くなりますし、その分金利が入りますよね。
ですから低い金利を設定し、確実に返済してもらおうと考えているのです。

ローンの金利比較では、最低金利だけを見がちですが、実際は上限か上限ぎりぎりの金利となることが多いですね。
どの金利が適用されるかは申し込んで審査をしないとわからないことが多いのですが、最低金利で契約できることは少ないかもしれません。

マイカーローンの金利比較をする時は、最低金利だけでなく、最大金利の方もチェックしておく必要がありますね。
マイカーローンで初めてその金融機関を利用するという場合なら、ほとんどの人が最大金利付近の金利になると考えておいた方が良さそうですね。

マイカーローンの審査基準を知っておこう

満足している女性

どのローンを申し込んでも、必ず審査があります。
審査に通らなければ、いくら金利が安いからここに決めたと言っても借りられないのです。
マイカーローンの審査基準や通りやすくする方法を知り、自分に合ったマイカーローンを選ぶようにしたいですね。

基本的にマイカーローンは車やバイクの購入費、車検や修理の費用、車庫の建設費、運転免許取得費用、カー用品の購入費、他の金融機関で利用中のマイカーローンの借り換えなどに利用できます。
どの金融機関も同じではなく、それぞれどの費用まで利用可能かは決められているので、ホームページなどで確認すると良いですね。

車関係の費用に限定しているローン商品なのでリスクが低く、金利がカードローンよりも低く設定されていますね。
しかし、金利が低い分だけ審査が少々厳しいと言われています。

銀行によりますが年収200万円以上や勤続年数1年以上というような条件を設けていて、正社員でないと難しいのかなと思われるような内容ですね。
マイカーローンの審査は、申込者の信用情報だけでなく、勤務先や年収もしっかり審査されますので、適当に記入するようなことは止めましょう。

パートやアルバイト、派遣社員では全くだめなのか、自営業者も厳しい?

保険の契約風景

パートやアルバイト

銀行のマイカーローンを申し込む時に、貸付条件を確認しますよね。
そこに「正社員であること」と明記されていない場合は、パートやアルバイト、派遣社員でも申し込むことは可能です。

銀行によっては、パートやアルバイトでも申し込み可としているところもありますので、全くだめというわけではありません。
パートやアルバイトでも年収が条件を満たしていれば申し込みはできます。

ただし、審査に通るかどうかは微妙なところですね。
もし、審査に通ったとしても借入限度額が50万円~100万円以内に制限されるかもしれません。

長期の借入になる場合、正社員であれば今の仕事を続けて返済できる可能性が高いですが、パートやアルバイトだと今の仕事を続けられるかどうか疑わしく、返済できるかどうかわからないからです。
アルバイトで高収入を得ていても、銀行からすれば信用度は低くなるのです。

自営業者

では、自営業者はどうでしょう。
自営業者も、実はマイカーローンに通りにくいと言われています。
その理由は、審査の際に確定申告書の申告所得を見ますが、個人事業主は税金対策のために生活費も経費に入れてわざと所得を低く申告しているのですよね。

ですから赤字で申告していたり、100万円くらいの利益しか計上していないと所得が低いとみなされ、マイカーローンの審査には通りにくいのです。
もう一つの理由として、自営業者は事業と生活が一体になっていますよね。

銀行のマイカーローンは個人向けの用途で融資されるものです。
マイカーを営業の車両として使うという可能性が否定できませんから、審査には通りにくいと考えられているのです。

マイカーローンの審査から借入までの流れ

2台の車

マイカーローンを申し込んだ場合、借入まではどのような流れで進んでいくのでしょうか。
南都銀行を例にして具体的な流れを見てみましょう。

申込と仮審査

まず仮審査の申し込みをします。
仮審査は保証会社が行い、その結果は2~3営業日以降に電話かメールで知らせてもらえます。
消費者金融のカードローンなどでは、即日融資、即日借入可能なものもありますが、銀行ではどんなローンでもできません。

銀行では審査の際、(仮審査も含む)警視庁のデータベースに問い合わせをして、申込者が反社会的勢力ではないかを確認することになっているからです。
問い合わせをして回答を得られるまでに1~2日かかりますので、2~3営業日以降としているのです。

本審査

仮審査がOKとなれば、正式申し込みを行います。
正式申し込みは、多くの銀行が店頭で申込人本人が手続きをすることにしていますが、南都銀行や近畿大阪銀行ではWebや郵送で申し込み、契約ができるようになっています。

これなら忙しくて銀行の窓口に行けないという人でもすぐに手続きができますね。
正式申し込みの際には、本人確認書類、返済口座の通帳と印鑑、収入証明書、購入するものの見積書や契約書などが必要ですから何が必要かを確認して間違いのないようにしたいですね。

正式申し込み、契約が済めば正式な審査結果が知らされます。借入したお金は、南都銀行が購入先へ振り込む形になります。

これがマイカーローンの申し込みから正式契約までの流れです。
南都銀行を例にしましたが、だいたいどこの銀行もこのような流れで進められているようです。
銀行のマイカーローンは、申し込みから借入までの時間が結構かかるのでそれは理解しておきましょう。

マイカーローンの審査に通らない人とは

利用出来ないサービス

銀行のマイカーローンの審査は厳しいと言われており、申し込んでも審査に落ちてしまう人もいます。
審査に通らない人の特徴はいくつかあります。

まず1つ目は、勤続年数が短いことです。

マイカーローンの審査では、勤続年数が1年以上はないと厳しいと言われています。
入社してすぐとか、転職したばかりだと不利になるかもしれませんね。

ただし、銀行によっては、内定者や入社直後の人も申し込みができると明記したものもあります。
このような場合は、借入限度額を低くして、返済しやすくなるようにしています。

2つ目は借入希望額と年収が見合わないことです。

マイカーローンの借入限度額は年収ぐらいが適正だろうと言われています。
年収が200万円なのに、300万円借りたいと希望しても当然借りられません。

年収くらいが適正だろうと言われていますが、年収と同額を借入できるのはあまりありません。
貸す側もリスクを考えて年収の半分程度~8割程度までに抑えるはずです。

もし、他社にも借入があればもっと借りられる額は少なくなりますね。
マイカーローンの場合は、他社に借入(カードローン)があるとそれだけで審査に落ちてしまうこともあります。

3つ目は、いくつかのマイカーローンに同時申し込みをしている場合です。

ローンの申し込みをすると、銀行は信用情報機関に照会をかけます。
その照会は履歴に残るので、同日または数日の間に同時申し込みをしたのがわかります。

申込者はもし審査に落ちた時のことを考えて、念のために複数社に申し込んだつもりでしょうが、銀行側は、「他社で審査に落ちたのかな」か「お金に困っているのかな」と判断するのです。
「申し込みブラック」と言って、審査に落ちる原因になります。

審査に通りやすくするために気をつけたいこととは

疑問

銀行のマイカーローンは金利が低いためそれだけ審査も厳しいと言われていますね。
マイカーローンを利用したいけれど、審査に自信がないという人は、信用情報を良い状態にしておくことが大切ですね。
その方法を知っておきましょう。

返済の実績を作っておく

まず、クレジットカードなどを利用して、支払い実績を作っておくことです。
クレジットカードを少額で良いので何度か利用して、それを期日通りにきちんと支払うことを続けるのです。

クレジットカードなどの支払い履歴が何もない人は、それはそれで金融機関からすると不安になるのです。
利用実績が全くない人というのは、お金を貸してもきちんと返済してくれる人かどうかを判断するのが難しいのですよね。
ですから何回か利用実績を作っておくと良いですね。

頭金を用意して借入額を縮小する

もう一つは、頭金をいくらか用意することですね。
最近のマイカーローンは頭金がなくても審査に通りますし契約できますから絶対入れないとだめというわけではないですが、頭金をいくらか入れた方が借入額は少なくなるので、審査には通りやすくなりますね。

他の借金は完済してから申し込む

それから、もし他に借入があって返済中であるような場合は、その返済状況も審査の際にチェックされます。
マイカーローンを申し込むのであれば、他の借入はできれば完済しておくと良いでしょう。

これらのことをちょっと頭に入れておいて、マイカーローンを申し込むようにしてくださいね。

マイカーローンの借り換え審査に通過するための条件とは

ローンで車を購入

奈良県でマイカーローンが組める金融機関では、他社で返済中のマイカーローンの借り換えを行っています。
今まで契約して支払っているマイカーローンの金利が高いので、金利が安いものに借り換えたいなと考えている人は多いでしょう。

返済の遅延がない事が絶対条件

車を購入するからマイカーローンを申し込むというのではなく、借り換えしたいと申し込むと、まず現在契約中のマイカーローンの返済に遅れなどがないかがチェックされます。
借り換えの審査に通るには、契約中のローンの返済に遅れがないことが絶対の条件です。
現在の返済が滞りがちである人は、間違いなく借り換えの審査に落ちるでしょう。

返済期間が一定以上残っていること

また、現契約中のマイカーローンの残りが1年以上残っているものでないと、借り換えを行っても銀行は利益を得られませんから、残りが1年未満のものは審査で断られることがあります。
1年以上残っているものであっても、借り換えをしても金利が安くならないとか、保証料などの費用負担が多くなると判断された場合も審査に通らないことがあります。

銀行側は、マイカーローンの借り換えを申し込んできた人が借り換えをしても損をするような場合は受け付けないようにしているのです。
マイカーローンの借り換えができるのは、現契約の返済に遅れなどがないこと、現契約の残りが1年以上残っていること、借り換えたことによってお客様が損をするようなことがないことです。

現在取引がある銀行だとマイカーローンの審査は通りやすくなる?

預金をしているとか、給与振込をしている銀行にマイカーローンを申し込もうかなと考えている人は多いでしょう。
取引のない銀行でもマイカーローンを申し込むことはできますが、口座を新規に作らなければいけないなどの条件があると面倒ですよね。

すでに取引があるところだと、新規に何かをしなければならないことはないですし、それよりも金利を引き下げてくれるというメリットがあります。
それぞれ銀行によって引き下げの条件は違いますが、例えば京都銀行だと給与振込で口座を使っているとか京都銀行の住宅ローンを利用しているのであれば-0.1%金利を引き下げてもらえます。

さらに金利のキャンペーン期間であれば-0.5%の引き下げがあるので、店頭表示金利よりもお得に契約できます。
このようにすでに取引がある顧客に対してはできるだけニーズに応えたいと銀行側も考えていますので、審査に通りやすいだろうと考えられますね。

給与振込があることが確認できていると、毎月きちんと入金があるので返済不能となる可能性は極めて低いと判断されるので、審査も通りやすくなるのです。
マイカーローンを検討するなら、これまで利用してきた銀行もチェックした方が良さそうですね。

全国対応のマイカーローンで、ネット銀行もおすすめ

スマホを操作している女性

奈良県を中心に対応している銀行を一覧にしていますが、全国対応している銀行のマイカーローンもご紹介しておきます。
実店舗を持たないネット銀行はご存知ですよね。

楽天銀行や住信SBIネット銀行などがそうです。
店舗を持つ銀行と違い、店舗の運営費用や人件費がかからない分、金利が安いと言われています。
しかし楽天銀行ではマイカーローンの取り扱いは無く、住信SBIネット銀行では取り扱いがありました。

楽天銀行では、カードローンをマイカーローンとして利用可能とありましたが、金利が高めに設定されているので「マイカーローン」としてはあまりおすすめではありませんね。
住信SBIネット銀行ではマイカーローンの商品がありましたので検討の候補に入れても良いでしょう。

ネット銀行の良いところは、申し込みから契約まで来店不要ですし、年中無休で24時間いつでも申し込みができることです。
すべてパソコンやスマホでできてしまうのは便利ですよね。

住信SBIネット銀行のマイカーローンの金利は2.775%~3.975%、限度額は10万円~1000万円以下、借入期間は1年~10年です。
所定の条件を満たしていれば、-0.5%~-1.0%の引き下げとなりますのでさらにお得に利用できますね。

ネット銀行でのマイカーローンの申し込みの流れは、まず仮審査をホームページから申し込みます。
仮審査の結果は2営業日以内にメッセージボックスに知らせてもらえますので、確認したら正式申し込みができます。

所定の期限までに必要書類を提出するのですが、書類は所定の方法でアップロードするだけでOKです。
その後正式審査が行われ、審査通過となれば画面上で契約手続きをしてくださいね。
そして融資実行となります。

一般的な銀行のマイカーローンよりも仮審査から融資実行までの期間は短いようですね。
ただ、必要書類を揃えるのに時間がかかったりすると、それだけ融資実行も遅れますので注意してくださいね。

奈良県でマイカーローンが組める金融機関の中で紹介した関西アーバン銀行、南都銀行、近畿大阪銀行もWEB完結ができますので、来店不要、全国対応です。
いろいろな金融機関がありますが、ネット銀行の存在も意識しておいてくださいね。

今乗っている車の処分はどうするか?

トヨタのシエンタ

新規で車を購入する場合は特に考える必要はないのですが、乗り換える場合は今まで乗っていた車をどうするか考えますね。
そのままディーラーに下取りしてもらうというのが一般的かもしれませんが、下取り価格に不満を持ちませんでしたか。

もう少し高い値段をつけてくれたら良いのにと思った人は多いと聞きます。
長く乗ったのでこれくらいの価値だろうと納得した上で下取りに出すなら良いですが、その前に車を買取業者に買い取ってもらったらいくらになるかを査定してもらうのも良い方法です。

人気のある車種だと意外と高額で買取してもらえることもあるので買取業者に買い取ってもらい、そのお金を新しい車の購入資金の足しにすることもできます。
査定は無料で行ってくれますし、インターネットで無料一括査定も行っています。

複数の業者に査定をしてもらえば一番高く買い取ってくれる業者がわかるので便利ですね。
複数の買取業者に査定をしてもらうとわかりますが、同じ金額を出してくるところはほとんどありません。
損をしないようにいくつかの業者を比較して、一番高い値段をつけてくれたところに買い取ってもらうと良いですね。

定年後にマイカーを買い替えたいがマイカーローンは利用できる?

会社を定年まで勤め上げ、これからは好きなドライブを楽しむために車を買い替えたいが、退職金で住宅ローンを返済してしまったため、車を一括払いで購入してしまうと手元にお金がほとんど残らないのでマイカーローンを利用して車を買いたいという人も多いですね。

定年退職して年金生活になった人は、マイカーローンを利用できるのかですが、結論から言うとできます。
ただし、金融機関では65歳未満まで申し込み可能であるとか、最終の返済時に満71歳未満であることというような条件を設けています。

金融機関によって条件は様々ですが、申し込みなら65歳くらいまで、完済時には満76歳未満くらいまでが一般的です。
最近の60歳以上の人たちは若々しくて元気ですが、だからといって80歳までローンが可能というわけではないのです。

65歳で借入期間10年を希望しても、その金融機関が完済時の年齢が71歳未満とあれば申し込みできません。
借入期間を短くしたり、借入額を少なくするなどすれば申し込みはできます。

しかし、実際に70歳を過ぎても運転が若い時のようにできるかどうかを考えて決めるようにしたいですね。
「自分はまだまだ大丈夫」と高齢の人の中には自分の運転に自信を持っている人もいるようですが、高齢になると自分でも気づかないうちに判断力などが衰えてきます。

家族とも相談して、自分はいくつまで運転するかを決めてからローンの期間や額は決めるようにしたいですね。
運転しなくなったのにローンだけを返済しているようなことになっては意味がありませんからね。

返済に行き詰まり債務整理をしたらマイカーローンはどうなるのか?

ローンの返済に苦しむサラリーマン

何らかの理由で今まであった収入が無くなり、抱えていたローンが支払えなくなることがあるかもしれません。
そんな時は債務整理をして借金をリセットし、新たな生活を送ることができます。

しかし、マイカーローンを返済中に債務整理をしてしまうと車はどうなるのでしょうか。
債務整理にはいくつか方法があり、それによって対応が違います。

自己破産をしてしまった場合

自己破産は今あるすべての借金の支払いを免責してもらえるものです。

住宅ローンやカードローン、マイカーローンなど支払い中のものすべてを申告します。
マイカーローンの返済も返済義務が無くなりますが、車は手元に残るとは限りません。

自己破産した場合、財産で20万円を超えるものについては裁判所が没収、換価して債権者に分配するのです。
マイカーローンで購入した車の査定価格が20万円を超えた場合は、没収されてしまうのです。

個人再生(民事再生)の手続きをした場合

個人再生とは、家を失わずにできる債務整理です。
住宅ローンの支払いはそのまま続け、それ以外の債務をすべて整理することです。
財産もそのまま残ります。

もしマイカーローンの返済が終わっていたら、その車はそのまま残すことができます。
銀行のマイカーローンの返済がまだ残っている場合はどうなるのかですが、銀行のマイカーローンの場合は車の所有権は債務者本人になっています。

ですからローンが残っていても車は手元に残すことができます。
車のローンは他のローンと合わせて個人再生の対象となりますので債務を圧縮することができます。

この時、残す財産(この場合は車)の評価額と最低弁済額を比較して、高い方が再生後の返済額になります。
車が高価なもので、評価額が高くなるとかえって返済が厳しくなるので注意が必要ですね。

任意整理をした場合

任意整理とは、裁判所を通さずに行う手続きで、弁護士か司法書士に依頼して任意で債権者と話し合い、債務整理をしていくものです。
マイカーローンの他にカードローンやクレジットカード利用の支払いで困っているが、車は必要なので手元に残したいという場合もありますよね。

これは、カードローンやクレジットカードの支払い分のみを任意整理することになります。
マイカーローンの支払いはそのまま続けるようにすれば、車は手元に残せます。
任意整理の場合は、話し合いをして返済額が減ったとはいえ、月々の返済は無くなりません。

整理した分の支払いとマイカーローンの支払いをしなければなりませんから、それらがきちんと支払える額なのかを確認しないといけませんね。

債務整理をしなければならない状態になったら、まずは専門家に相談することですね。
銀行のマイカーローンの支払いが厳しいと感じたら、まずは銀行の担当者に相談することも大切ですね。

マイカーローンならディーラーローンよりも銀行がおすすめ

自動車ローン

車を購入するのにローンを組むとなった場合、ディーラーで組むローンか銀行のマイカーローンかと迷うかもしれませんが、銀行のマイカーローンの方がおすすめです。
ディーラーでローンを組むと、「オプションサービスが付きます」など言われるので得をしたように見えますが、銀行のマイカーローンの方がメリットが大きいのです。

銀行のマイカーローンは、低金利である、車の名義が本人になる、中古車でも同じ金利で借りられるなどのメリットがあります。
一方ディーラーでは金利は高めで、車の名義はディーラーかクレジット会社になり、中古車だとさらに金利が高くなることがあるのです。
金利が低くて、車の名義が自分になる、中古車を買っても同一金利で借りられるというのはうれしいですよね。

ディーラーローンは車の売却が面倒

車の名義が自分になっていると、もし車を売却することになったとしても特に問題なく手続きができますが、名義がディーラーやクレジット会社になっていると、勝手に車の売却ができません。
売却するなら残額を一括で支払って完済し、自分の名義にしないといけないのです。

もちろん、車の売却代金を使ってローンの残額を一括支払いしても良いのですが、売却代金がローンの残額よりも少なかったら、車を売った後もローンの残りを支払うことになるので、ローンの残債を確認することと、自分の車はいくらで売れるのかを確認しないといけませんね。

これらのことから、銀行のマイカーローンの方がおすすめだと言われるのがよくわかりますね。

奈良県にはマイカーローンを取り扱う銀行がたくさんあります。
全国対応のネット銀行もあります。
これらを比較してみて、自分に合ったマイカーローンを選ぶようにすると良いでしょう。

銀行のマイカーローンは審査が厳しいと言われていますが、現在や過去に金融事故がなく、安定した収入があるなど各銀行が示す条件に当てはまっていれば特に問題はありません。
ぜひ自分に合った銀行を見つけてくださいね。

奈良県のマイカーローンのまとめ

奈良県でマイカーローンが組める金融機関を最初にご紹介していますが、多くの銀行が金利優遇キャンペーンや通年金利優遇を行っており、通常金利よりもいくらか下がる可能性がありますので、もし気になる金融機関があったら公式サイトで内容を確認し、自分の希望に合ったマイカーローンを選ぶようにしたいですね。

比較する時は金利を見ますが、たいていの銀行が金利に幅を持たせています。
その際は最大金利を比較するようにし、少しでも安いところにすると良いでしょう。

また、保証料の有無も要チェックですね。
保証料込みの金利なのかそれとも別なのかはとても重要です。

マイカーローンの審査基準やディーラーのローンとの違い、もしも返済が難しくなった時は車がどうなるのかなどをまとめていますので、マイカーローンを検討する際の参考にしてくださいね。
奈良県には全国対応している銀行や、地域密着型の銀行がありますが、それぞれの特徴をしっかり把握し自分に合ったところを見つけましょう。

静岡銀行マイカーローン

静岡銀行申込

しずぎんマイカーローンの魅力は「2.4%~3.4%」という金利の安さと、自動車購入以外にも様々な用途で使えるということです!

                         
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
100万円~1000万円 2.4%~3.4%車検費用・修理費用・免許取得費用・借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)不要

ディーラー経由で借りるより大分お得で、借入可能かどうかの簡易シュミレーションが5秒で出来るので、一度チェックしてみると良いと思います。全国対応ですしね。

静岡銀行申込

三菱UFJ銀行マイカーローン

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は最長10年のローンが組めるので、月々の返済額をぐっと少なく設定することができます。少し審査は厳しめですが、誰もが知る安定感のある大手銀行なので、安心してローンを組めることが人気の要因となっているようです。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
50万円~1000万円通常時2.975%
(キャンペーン開催中は金利優遇されます)
借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)三菱UFJの口座があれば来店不要

使いやすいサービス内容となっているローンであることも「ネットDEマイカーローン」の魅力と言えるでしょう。最低50万円~最高1000万円と借入の額も広いので、ローンを組む場所に迷ったら、ひとまず候補の一つとして考えておくと良いかもしれませんね。

三菱UFJ銀行申込

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン

損保ジャパン日本興亜の"ジャパンダ・ネットマイカーローン"の魅力は固定金利なところ!金利も1.9%~2.85%と低く利用しやすいですね。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
20万円~999万円1.9%~2.85% -
保証料繰り上げ返済来店
保証料込み可(別途手数料が必要)不要

土日祝も対応していて、最短だと当日審査完了なので時間がない人でも申し込みやすいですよね。
本審査完了後のキャンセルもOKです。

失敗しない車の売り方

無料一括査定

スポンサーリンク