自動車保険見直しガイド
自転車

交通事故の加害者に課せられる条件付無過失責任」で記載しているように日本では交通事故の加害者に対して「条件付過失責任制度」を採用しており、①運転者に過失が無かったこと②車両に不具合が無かったこと③被害者等に過失があったことの3点を加害者側が立証した場合に限り【無責】とされます。

しかし平成14年7月30日仙台高裁で判決が出た下記事例では上記3点を加害者側が立証すること無く運転手が【無責】となった例が有ります。事故の状況は以下の通り。

スポンサーリンク

事故の状況

この事故は自転車に乗っていた被害者が走行中にバランスを崩して車道と歩道を区別する縁石を突然乗り越えてしまったために加害者が運転する車の後輪に巻き込まれて死亡してしまった。という事件でした。

この裁判例においては「被害者が突然縁石を乗り越えてくることは加害者にとって予測不可能である」という理由で加害者側に【免責】が認められています。

加害者側に落ち度はなかったという意味では自賠法第3条の但し書きを状況証拠から分かる事から立証責任が生まれなかったのでしょうか。

日本における【無責】【対象外事故】の件数

自賠法においては加害者が自賠法第3条で定める但し書き3点を立証すれば加害者には賠償責任が無くなり被害者側としては強制保険の恩恵に預かることが出来なくなります。では実際に【無責】として判断されているケースはどの程度有るのでしょうか?

また保険金が発生しないという意味では同じ【対象外事故】の件数も見てみましょう。

参考データ:平成24年中の交通事故の発生状況
参考データ:自動車保険の概況 平成25年度(平成24年度データ)-P27

現時点における最新のデータ平成24年度中の状況から見ると平成24年における交通事故による死亡者数は4,411人、傷害者数は825,395人

そのうち死亡事故で無責となった例は345件(7.8%)、対象外事故と認定された例は58件(1.3%)です。

傷害事故で無責となった例は6,437件(0.78%)、対象外事故と認定された例は1,233件(0.15%)でした。(括弧書きは死亡者数・障害者数に対する無責等の割合です。)

比較的死亡事故においては【無責】【対象外事故】と判断されて被害者が強制保険の保護から外れているケースが多いです。いくら被害者側に過失が有ったとしてもここまで無責と判断されているケースが多いとなると残された遺族してやりきれない気持ちを持っている人が多数いることが想像できます。

対象外事故の例

対象外事故とはそもそも自賠法で定める条件付無過失責任を適用するようなものでも無く加害者に責任が無いと認められるケースの事です。例として以下の2点が挙げられています。

  • ①自動車運行によって起こった事故ではないもの
  • 駐車場などで遊んでいた子供が停車中の車に自らぶつかって死傷した場合

  • ②被害者が「他人」では無い場合
  • 被害者が保有している自動車をたまたま友人が運転しており、その最中に自損事故を起こして被害者が死傷してしまった場合

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定