自動車保険見直しガイド
財務健全性計算

ソルベンシーマージン比率とはなんでしょうか、保険会社の決算書を見ているとどの保険会社でも登場してきます。概要を説明するとこれは日本では平成8年4月に施行された新しい保険業法で導入されています。

行政当局が保険会社の経営の健全性を予めチェックするために導入したもので、ソルベンシーマージン比率が一定水準を下回った場合に、行政当局がその保険会社に対して経営の改善計画の提出を求めるなどの規定が定められています。

財務健全性計算
保険会社では、保険の契約による責任を果たすために責任準備金というものを会社の負債として積み立てています。

その責任準備金の範囲内で保険金の支払などが推移している限りにおいては問題はないですが、保険会社には、会社の予測を上回る保険事故の発生や、資産運用に失敗するなどのリスクがあり、これらのリスクが表面化したときには、自己資本などを取り崩して対応していくことが求められます。

要は保険会社は常に支払い余力をもって経営をしていかないといけないものであり、この支払余力のことをソルベンシーマージンといいます。

スポンサーリンク

ソルベンシーマージン比率の計算

計算式はとても複雑なのでその概要(損害保険)しかここでは示さないですが、

「ソルベンシーマージン比率=ソルベンシーマージン÷(リスクの合計額×1/2)」

で計算されます。以下、「ソルベンシー・マージン」と「リスクの合計額」の算出方法を説明します。

ソルベンシー・マージンの算出方法

  • ①純資産の部の合計額から、剰余金の処分として支出する金額、貸借対照表に計上した評価・換算差額等、繰延経費の性格を有する資産に相当する金額を控除した額
  • ②価格変動準備金の額
  • ③異常危険準備金の額、地震保険の危険準備金の額
  • ④一般貸倒引当金の額
  • ⑤その他有価証券の評価差額が差額益のときはその90%相当額、差額損のときはその100%相当額
  • ⑥土地に含み益損益が含み益のときはその85%相当額、含み損のときはその100%相当額
  • ⑦その他金融庁長官が定めるものの額
以上の金額を合計したものをソルベンシーマージンといいます。

リスクの合計額の算出方法

リスクの合計額は√(R5)の2乗+(R2+R3)の2乗+R4+R6

ここで

R2=予定利率リスク相当額
R3=資産運用リスク相当額
R4=経営管理リスク相当額
R5=一般保険リスク相当額
R6=巨大災害リスク相当額

という感じで計算がされています。複雑なので覚えるとかそういった性質ものではないですね。

ソルベンシー・マージン比率からわかること

ソルベンシー・マージン比率から各保険会社の財務健全性がわかります。災害などの予期せぬ事態が発生た場合にも支払い能力があるかどうかがわかる数値となります。

損保各社の2014年3月期のソルベンシー・マージン比率一覧

保険会社又は共済ソルベンシー・マージン比率
セゾン自動車火災
1122.50%
セコム損保
897.10%
アクサダイレクト
842.70%
アメリカンホーム医療・損害保険
805.20%
AIU
800.00%
富士火災
782.20%
共栄火災
764.10%
あいおいニッセイ同和
754.00%
損保ジャパン
713.30%
イーデザイン損害保険
656.70%
日本興亜
653.00%
東京海上日動
634.70%
そんぽ24
633.90%
三井住友海上
600.30%
朝日火災
588.40%
ソニー損保
527.60%
チューリッヒ
501.10%
三井ダイレクト
420.80%
SBI損害保険
391.50%
 全労済
1,389.3%(2013年3月期)
 JA共済 
821.20%

(データは各保険会社・共済の決算数値より抜粋)

上の表を見てもらったらわかるように全ての保険会社・共済が200%を優に超えています。だから絶対安心というわけではありません。

上の表は新基準(基準が厳格化された計算方法)での数値ですが旧基準ではリーマンショックの際に500%あった保険会社が破綻するといった事も発生しています。

現在は新基準のもと計算された数値ではありますが、あくまで指標の一つだと思ってください。これ以外にも毎年の財務情報、格付け、成長性などもチェックして全体で保険会社の財務健全性を推し量る必要があります。

良い機会なので格付けに関しても紹介しておきます。

損保会社の格付けに関して

各損害保険会社のホームページにて格付け情報が公開されています。

MS&ADホールディングスの格付け情報

どの損害保険会社もこのように株主・投資家に対してのページで格付け情報を公開していますのでこちらも参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • 保険財務力格付とは、ソルベンシー・マージン比率と同じように財務健全性の指標です。
  • 発行体格付とは、発行体が金融機関や事業法人の事を指し、この発行体格付けは法人の債務履行能力の信用力を格付けする事を意味します。
  • CP格付とはコマーシャルペーパーとも言い、企業が短期的に資金調達を行う際に発行する手形です。CP格付けは短期的な企業の信頼性を格付けする指標として用いられます。

もし保険会社が破綻したらどうなる??

もし契約中の保険会社が破綻してしまっても、<損害保険契約者保護機構により保険契約は補償されます。補償の方法は救済保険会社(他の保険会社)が現れた場合には、救済保険会社に円滑に保険契約が引き継がれるように資金援助を行います。 救済保険会社が現れなかった場合には、損害保険契約者保護機構自ら又は子会社を設立して保険契約を引継ぎます。どちらの場合でも破綻後3ヶ月間に起きた事故については損害保険契約者保護機構が全額補償します。

救済保険会社が現れなかった場合には3ヶ月経過後の事故や解約返戻金は80%までしか補償されません。自賠責保険に関しては100%補償されます。このように救済保険会社が現れなかった場合には事故に遭って1,000万円の損害を被ったとしても人身傷害保険では800万円の補償しか受ける事ができません。

ですので保険会社会社が破綻してしまった場合には解約返戻金が20%減額されたとしても満期を待たずに解約して他の自動車保険に乗り換えたほうが無難かもしれません。

任意保険解約に関して
自賠責保険解約に関して

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定