自動車保険見直しガイド
雪道運転

雪道運転

ノーマルタイヤで雪道を走行するのが非常に危険である事は皆さん既に知っているかと思います。では、【雪道ではスタッドレスタイヤとチェーンのどちらを使用するべきなのか】という問題については皆さんどのようにお考えでしょうか?

今回は、スタッドレスタイヤとチェーンの使い分け方について紹介したいと思います。まずは前輪と後輪どちらにチェーン等を装着すべきかの問題から。

スポンサーリンク

前輪?後輪?どっちに装着する?基本的な考え方

車は駆動方式によって【FF(Front engine Front drive 前輪駆動)】【FR(後輪駆動)】【4WD(四輪駆動)】などのタイプがあり、タイプによって主として使うタイヤが異なってきます。例えばFF車なら操舵輪も駆動輪も前輪です。

で、年に数回雪が積もるかどうかといった地域で見かけるのが駆動輪にのみスタッドレスタイヤ(これはあまり居ないかも)又はチェーンを装着している車です。この装着の仕方は、発進時はノーマルタイヤのみの場合と比べてしっかり雪面を捉える事が出来るのですが、コーナリングや減速時にはかなり危険な装着方法に変わってしまいます。

雪道

FF車の場合には、ノーマルタイヤの後輪がスピンしやすく、FR車の場合には操舵輪が機能せず横滑りに似たような状態でコーナー外へ持っていかれます。4WD車でもノーマルタイヤだと機能しません。

なので、発進・コーナリング・停止の走行全体の安全を考えた場合には駆動輪のみにスタッドレスタイヤ・チェーンを装着するのではなく、駆動輪に関係なく4輪全部に装着する事が重要となってきます。

次に、路面の状況によってスタッドレスタイヤとチェーンはどちらが効果的なのか?という話をしていきます。

スタッドレスタイヤが効果的な路面

新雪路・圧雪路等の雪道においてスタッドレスタイヤはグリップ力の向上などその効果を遺憾なく発揮します。北海道・東北・北陸地方のドライバーの皆さんは殆どが冬季にはスタッドレスタイヤを装着しているようです。ただ、気を付けたいのはアイスバーンです。雪道と見せかけてアイスバーンの上に雪が積もっている路面状態も考えられます。

スタッドレスタイヤは商品に関係なく雪道には強いようですが、アイスバーンへの性能は商品によって大きく異なるようです。そのためスタッドレスタイヤを購入する際にはアイスバーンへの対応性能が高い商品を選ぶ必要があります。

スタッドレスタイヤのメリット・デメリット

簡単ながらスタッドレスタイヤのメリット・デメリットを紹介しておきます。

■スタッドレスタイヤのメリット

  • 雪の無い路面でも普通に走行する事が出来る
  • チェーンのように装着の手間が必要無い
  • 雪道・通常時の乗り心地が良い(チェーンと比較した場合) 等

■スタッドレスタイヤのデメリット

  • 購入価格はチェーンに比べると高い
  • 夏用タイヤとの交換が必要
  • タイヤの保管場所が必要
  • 夏用タイヤと比較すると耐久性が弱い(すぐ磨耗する)
  • 雪には強いが、雨には弱い
  • チェーン規制時にはチェーンを装着しなければならない時がある(チェーン装着車以外通行禁止など) 等

チェーンが効果的な路面

チェーンは新雪路・圧雪路ともに効果があります。特に効果が有るのは坂道を登る時です。スタッドレスタイヤと比べると登坂性能はチェーンの方が上です。またスタッドレスタイヤであってもスタックする可能性が有るので緊急脱出用にチェーンを準備しておく方が良いでしょう。

雪道でスタックした場合の対処方法

また、チェーンには幾つか種類が有りメリット・デメリットがそれぞれ異なります。

チェーンの種類とメリット・デメリット

チェーンには、接地部分を鎖で構成している「金属チェーン」と、ゴムやウレタンなどで構成している「非金属チェーン」と、タイヤ全体を布で覆う「布チェーン」があります。それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

■金属チェーンのメリット

  • 値段は一番安い
  • 収納スペースはあまり取らない 等

■金属チェーンのデメリット
  • 乗り心地は悪い
  • 耐久性が無い(錆びやすい)
  • 車体にダメージを与える場合がある
  • 着脱に時間が掛かる
  • スピードはあまり出せない 等

■非金属チェーン(ゴムチェーン)のメリット
  • 着脱が容易
  • 耐久性がある
  • 金属チェーンより速度が出せる
  • 乗り心地は金属チェーンより良い 等

■非金属チェーン(ゴムチェーン)のデメリット
  • 3種類の中では値段が一番高い
  • 収納にある程度スペースが必要 等

■布チェーンのメリット
  • 値段は3種類の中では真ん中に位置する
  • 着脱がしやすい 等

■布チェーンのデメリット
  • あくまで緊急用としての位置づけ、チェーン規制時には利用出来ない場合がある
  • 耐久性は低い 等

まとめ

スタッドレスタイヤとチェーンのどちらが優れているかという話ではなく、自分が住んでいる場所の降雪量によって使い分けをする事が大事だと思われます。

例えば、沢山雪が降る地域でチェーンのみでやり過ごそうとしても着脱の回数が多すぎて非常に面倒臭くなるでしょう。なので、よく降る地域ではスタッドレスタイヤを装着し、緊急用にチェーンを積んでおくのが無難な対処方法かと思います。

一方、あまり雪が降らない地域でスタッドレスタイヤを装着していると雨の場合に走行性能が落ちるので、普段はノーマルタイヤで対応し、雪が積もった場合にチェーンで対応すると効率的かも知れません。スプレー式タイヤチェーンなるものも販売されています。(あまりオススメしませんが。)

Amazonでスタッドレスタイヤの売れ筋商品を確認する人はこちら
Amazonでタイヤチェーンの売れ筋商品を確認する人はこちら

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定