自動車保険見直しガイド
等級

自動車保険の等級が低いと、保険料はかなり割高になります。現在の等級制度の元では、1等級と6等級(F)では割引率が約83%(*1)も違うので、自動車保険料に与えるインパクトはかなりのものです。

*1 1等級の場合-割増率64%、6等級(F)の場合-割引率19%から算出。


低い等級を持っている人が、なんとか等級をリセット出来ないかな!?と考えるのも普通の事でしょう。それに、1等級まで下がってしまうと、引受拒否される事も有りますからね。(自動車保険の引受基準)

結論から言うと、等級のリセットは可能です。方法としては以下の2つの方法が有ります。

  • 自動車保険を解約して13ヶ月経過(14ヶ月以上無保険)してから再度保険に加入する
  • 車を買い増す
タイトルにも書いているように、等級をリセットしたいなら13ヶ月待つ方法が一番無難です。以下、それぞれの方法の注意点を見ていきます。

13ヶ月で等級がリセットされるのを待つ方法の注意点

自動車保険の等級は、13ヶ月超無保険のままでいればリセットされます。「13ヶ月超=14ヶ月以上」です。また、13ヶ月超を数える起算日は前保険契約の満期日から13ヶ月超です。解約日から13ヶ月では有りません。

他社で契約すれば事故情報なんてバレないのでは?と思うかもしれませんが、保険会社間で契約者情報の交換・共有がされていますので、他社に切り替えたとしても13ヶ月以内に再度契約するなら、悪い等級は引き継がれます。「他社だからバレないだろう」は通用しません。

ちなみに、虚偽の申告をして、6等級からスタートさせても、1ヶ月~2ヶ月のうちに保険会社から連絡が来て、等級の訂正・追加保険料の支払を求められます。自動車保険会社の調査機関を舐めてはいけません。

最悪の場合は引受拒否される可能性も有りますので、虚偽申告はやめておきましょう。

個人的にはコレが一番無難な方法だと思います。ただ、この方法を使うという事は「14ヶ月以上任意保険に加入しない」という事なので、その間は自動車を運転するのを控えましょう。(毎日車を運転する必要が有る人は等級のリセットは諦めて、1等級でも加入したほうが良いですね。)

車を買い増しする方法の注意点

現在自動車保険を契約している車とは別に、もう一台車を購入して新規で自動車保険を契約すれば、その車は6等級からスタートさせる事が出来ます。

但し、この方法は新旧の車を2台キッチリと所有・使用しており、旧契約も新契約も両方継続している場合にのみ認められます。なので、新契約で6等級を貰えたからと言って、すぐに旧契約の保険を解約してしまうと、新契約の方に悪い等級が引き継がれます。(車両入れ替えと判断されるという事)

保険会社に「悪い等級を無くすためだけに新しい車を購入して保険を契約したんだな」と判断されるとダメって事ですね。なので、ある程度の期間は二台の車を保有し、尚且つ、両方の車を使用する必要が有ります。

旧契約の車を全く使用していない場合にも、等級を入れ替える為だけに新しい車を購入したと判断される可能性が有ります。


保険会社によっても多少の違いは有ると思いますが、常識的に考えて13ヶ月超は両方の車を保有して新旧の保険契約を継続させないと、等級のためだけに新しい車を購入したと判断されるでしょう。(期間に関しては保険会社へ要確認)

この方法は、新しい車の購入費用もかかるし、新旧両方の保険料を支払う必要が有ります。お金が無いと出来ない方法ですので、あまり現実的では有りませんね。

それでも保険料だけで考えるなら、旧契約を継続するよりも安くなる可能性は高いです。(但し、どのタイミングで旧契約を解約できるかにも依存しますが。)

名義変更してもバレる

記名被保険者を家族に変えれば等級はリセットされると考える人もいますが、この方法もいけません。

万が一、最初は6等級で契約出来たとしても、その後の調査で元々の記名被保険者との関係性がバレれば、「等級のためだけに名義変更を行った」と判断されて、新しい記名被保険者に悪い等級が引き継がれます。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定