自動車保険見直しガイド
トラック

トラック

多くのトラックやタクシー等の大手の運送会社は任意保険に加入せずに、会社内でお金をプールし事故が発生したらそこから賠償金を払う体制にしています。この体制を「自家保険」と言います。

スポンサーリンク

なぜ運送会社が自家保険の制度を採用しているのかについて「自動車保険の落とし穴(著者:柳原三佳)」では以下のように紹介しています。

ある運輸会社では自賠責保険と任意保険に加入した場合の支払う保険料金と自動車事故による賠償金額を比較した結果、支払う保険料(自賠責保険+任意保険)が被害者に支払う賠償金を大きく下回りました。

年間必要な保険料を計算したところ、2t超のトラック1代あたりの保険料金が、自賠責保険は年間75,700円(現在は49,900円)でさらに任意保険(対人、対物、搭乗者保険)にも加入すると年間約43万円になります。この運輸会社のトラック保有台数1600台に必要な年間の保険料金は約6億8,100万円となりました。

被害者に支払った賠償金は、年間約270件の事故(対人・対物)が発生し合計で1億6,200万円だったようです。つまりこの運輸会社は任意保険に加入しなかった事で約5億円も節約に成功した事になります。

会社が保有している車両が多ければ多いほど保険料金の節約ができる事になります。


■対人賠償保険から支払われる保険金額が少ない■

自家保険が保険料金の節約をできるのは対人賠償保険の保険金支払額がほとんど無いというのが理由です。それは以下のデータを見てもらうとわかります。

 事故件数支払金額事故1件当たりの支払い金額
平成21年467,9884,054億円約866,261円
平成22年478,6293,979億円約831,332円
平成23年496,2313,946億円約795,194円
平成24年502,6943,857億円約767,265円

出典:損害保険料率算出機構P87

1件当たりの支払い保険金額が意外と少ない事に気付きます。つまり自賠責保険の限度額を超えた賠償金額の支払いが平均すると100万円未満である事を示しています。

参考記事:自賠責保険限度額

また、自賠責保険の保険金請求が年間100万人を超えているというデータから単純に考えると約半分の人が自賠責保険の保険金の枠内で賠償が済んでいる事になります。
(出典:損害賠償料率算出機構p115

対人賠償保険は自賠責保険の上積み保険ですから自賠責保険の補償内で収まるなら任意保険に加入せずに自家保険で社内にお金をプールして自賠責保険限度額をオーバーするような事故が発生した時にそのお金を使用した方が保険料の節約に繋がる事になるのです。

もしもの時の備えに使用される保険ですが、大手トラック会社のように事故を起こしても賠償できる視力がアレば断然そちらを選んだほうが良い!という選択肢になりますよね。

自家保険を会社や地域でやってみる?

保険料金を節約するコツの一つとして自家保険を紹介しました。これは大きな運送会社だけができる話ではありません。みなさんの職場や、地域などある程度の人数が集まっている団体であれば自家保険で保険料金の節約をすることが可能です。ですので一度話し合いをしてみてはどうでしょうか?

その際にこちらのデータを利用してもらえれば、「1人で保険料金を払い続けるとそんなにお金が必要なのか」と話し合いの掴みになると思いますよ。

参考:18歳から70歳まで保険料を支払ったら合計いくらになるか計算してみた。

まぁ今はご近所間の付き合いが非常に希薄になっている時代なので難しいかもしれませんけどね・・・。ただ同じコミュニティーに所属している人であればOKなので例えば、子供の少年野球団の父兄で自家保険を検討してみるとか色々考えれば出てくると思いますよ!

注意:但しコミュニティで自家保険を行う場合、会社で自家保険を行う場合には出てこない問題が発生してきます。それは車種の問題です。車種が違えば車両保険が変わってきます。コミュニティで自家保険をする場合ここが問題になってくるはずです。

普通の大手トラック会社とかタクシー会社は同じ車種を使っていることも多く保険料も同一であること可能性も高いですし何より会社組織として自家保険を使うので誰の支払い分が多いとか少ないとかいう問題は出てきません。

しかし知人・友人同士で行う場合にはこの辺りの負担額が問題になる事が想定されるので車種によって負担金を上手く変えていく必要があります。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定