自動車保険見直しガイド
走行距離区分

自動車保険を申込する時には「走行距離区分」を選ぶ必要が有りますが、最初に選んだ走行距離区分を「保険期間中にオーバーしてしまうと、一体どうなるのだろう・・・。」とドキドキしながら過ごしたことがある方もいるのではないでしょうか?

ここでは、走行距離区分を契約期間中にオーバーした場合にどうなるかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり

走行距離区分の意味

走行距離区分を考えるときに、まず最初に重要な点として「走行距離区分は保険会社によって、二つの意味に分かれる」という点が挙げられます。

  • ①契約後一年間での予想走行距離に基づいた区分
  • ②見積もりをする時点での過去一年間の実走行距離に基づいた区分

保険会社によって走行距離区分の考え方が上記の様に二つに分かれています。走行距離区分がどちらの意味であっても、最初は自己申告をして何kmくらい走るのかを入力します。

そして、この自己申告した走行距離の長さによって自動車保険の保険料は変動します。申告した走行距離が少なければ少ないほど、交通事故に遭う可能性も低くなると考えられるので、保険料は安くなります。逆に、走行距離が多いという事はそれだけ交通事故に遭遇する可能性も高くなると考えられるので、保険料も高くなります。

このように、交通事故に遭遇する可能性の大小に応じて保険料を変動させる保険の事を「リスク細分型自動車保険」と言いまして、今ではあたり前の考え方です。

参考までに、①を採用している保険会社には、そんぽ24イーデザイン損保、アメリカンホームダイレクトなどがあります。一方の②を採用している保険会社には、ソニー損保アクサダイレクトチューリッヒセゾン自動車などがあります。

オーバーした時の保険料と補償

上記の①では今後1年間の予想走行距離を自己申告することになるのですが、自分が今後1年間で何キロ走行するかを予想するのは中々難しい事です。

日々同じ生活リズムで過ごされている方であれば、ある程度の正確性を持って予測が出来るかもしれないですが、旅行や車での出張など、一気に走行距離が増える様なイベントというのはイレギュラー的に発生する事が多いですよね。

従って、当然当初申告した走行距離区分を実走行距離がオーバーすることもあり得ます。オーバーした場合は、本来であれば必要であった保険料を、後々追加で支払う必要があります。また、オーバーしそうな場合は予め保険会社に申請をして、手続きをする必要があります。

なお、オーバーしたときに追加の保険料を払うのが嫌だという人の為に、保険会社によっては「オーバーしても追加の保険料が不要となる」ようなサービスもあります。

一方で、上記の②の様に過去1年間の実走行距離に基づいて走行距離区分を決定している場合は、契約期間中の走行距離がオーバーしたとしても、保険料を追加で支払う必要は無く、契約更新時に次年度の保険料が上がることになります。また、オーバーしそうになったからといって、特段保険会社に連絡をする必要もありません。

補償は受けられるか?保険金は支払われるか?

一般的に、実走行距離が走行距離区分を超えたとしても問題なく補償されますので、保険金も支払われます。

しかし、各保険会社によって走行距離区分の意味やオーバーした時の取扱いには違いがあるので、契約時にはしっかりと確認をするようにしましょう。

嘘をつくとどうなる?

上記①の様に、予想走行距離区分によって保険料が変わるということは、裏を返すと自分の予想走行距離を嘘をついて低めに申告すれば保険料が安くなるということです。しかし、銀行と同じ様に保険会社は金融機関です。そして金融機関は、嘘をとても嫌います。

明らかに申告と実際の距離の差が大きいということが発覚すると、最悪の場合は保険金の支払いを拒否されることもあります。

嘘をついてまで保険料安くしたことで、いざという時に保険金が支払われないのでは元も子も有りませんよね。自己申告と言えども正直に申告するようにしましょう。

■関連記事
日常レジャー目的で契約して、こっそり仕事で車を使った場合、保険金は出るのか?

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定