自動車保険見直しガイド
条件付無過失責任

交通事故の加害者になってしまうと一般的な不法行為責任を規定した民法709条の過失責任ではなくもっと重い「条件付無過失責任」というものと戦うことになります。この記事では「条件付無過失責任」がどのようなものか紹介していきます。

スポンサーリンク

民法第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

つまり故意又は過失があった場合には損害賠償の責任を追うべき者は賠償しなくちゃならないということですね。故意の場合には当然のことですけど・・・・過失つまり絶対にやっておかなければならない注意を行っていれば賠償責任を負わなくても良い事になります。

しかし日本の自動車損害賠償保障法の第3条ではこの民法709条で規定する過失責任ではなく「条件付無過失責任」が採用されています。

(自動車損害賠償責任)
第三条  自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。

ただし書き以前を見て欲しいのですが民法709条のように【故意又は過失によって】という文言が有りません。これだけを見ると自動車を運転していた人はどんな場合でも(例えば被害者に過失があろうとも)絶対に損害賠償の責任を追うことになります。

この場合には【無過失責任】となります。ただ自賠法の第3条には但し書きが有ります。そこには3つの要件が規定されており、この3つを加害者側が立証することが出来れば加害者は損害賠償の責任を負うことを免れます。こういう条件が付いていることから事故の加害者は「条件付無過失責任」を負うことになるわけですね。

以下詳しく見て行きましょう。

■①自己及び運転者が車の運行に関して注意を怠らなかったこと■

自分が運転者と仮定すると一切の過失が自分には無かったことを証明しなければなりません。一旦停止違反やスピード違反はもってのほかです。運行者として道交法等で定められている注意義務を全て順守しなければなりません。

■②被害者又は運転者以外の第3者に故意又は過失があったこと■

被害者が歩行者であれば赤信号横断や横断歩道以外の横断など事故に合う可能性が高くなるような行為をしていたことを証明しなければ有りません。ちなみに裁判になると赤信号横断の被害者側の過失認定は60%~80%認められるので加害者側は必死で過失相殺を主張するのが通例です。

■③自動車に構造上の欠陥又は機能の障害が無かったこと■

これは当然車検を受けてここを直した方がいいですよ~と言われているのに修理していなかった場合でもOUTになると思われます(程度の大小での判断は有ると思いますが)。

当然車検を受けてなかったらOUTです。構造上の欠陥や機能の障害が無かったことを車の素人が立証するのは非常に難しいです。

以上のような3要件を満たせば加害者側の責任は軽くなると言えますがなかなか難しいのが現実です。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定