自動車保険見直しガイド
自転車

県民共済でお子様の自転車保険を考えている人又はもう加入してしまっている人は、共済金の面で損をし、かつ補償が不足してしまうかもしれません。もし貴方がどちらかに当てはまるのなら、この記事を読んで参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

県民共済の生命共済「こども型」の概要

まずこの共済に関して全く知らない人のために簡単に説明します。この共済の内容は知っていると言う人は読み飛ばして次のセクションから読み始めてください。

県民共済の生命共済「こども型」は、お子様が怪我で入院や手術をした場合やお子様又は扶養者が死亡した場合に共済金が受け取れる生命共済です。また、お子様が他人に損害を与えた場合に、損害額を補償する共済金が最高で200万円(月額2,000円プランの場合)支払われます。

この生命共済は月額1,000円と2,000円のプランがあります。

以上県民共済の生命共済「こども型」の説明でした。自転車保険を中心に加入を考える場合には全くお勧め出来ないので、簡単に終わらせていただきます。

県民共済ではダメ-自転車保険の考え方

それでは本題に入りたいと思います。まず県民共済で自転車保険を考える場合の問題点について二点。そして自転車保険の考え方について紹介していきたいと思います。

県民共済-補償面の問題点

自転車事故は乗っている側が被害に遭うと考えているかもしれませんが、加害者になるケースも十二分にあります。こどもが起こす事故だからそんなに心配はいらないと考えている人もいるかもしれませんが、その認識は大きな間違いです。

自転車事故の損害賠償最高額である9,521万円の加害者は小学生なのです。その他にも高校生が約9,000万円や4,000万円という損害賠償額の加害者となっています。

こういった数字を見てから、県民共済の生命保険「こども型」の補償額をもう一度みてください。補償が厚い方の月額2,000円のプランでも補償額が200万円です。どう考えても足りませんよね。

こどもだからといって安易に考えてはいけないという事です。

県民共済-共済金の問題点

もしあなたが県民共済でお子様の自転車事故に備えようとしている又は備えているなら、月額1,000円又は2,000円の掛け金は非常にもったいないお金となってしまいます。なぜなら自動車保険の中には、年額2,500円で傷害と賠償(無制限)の両方に備える事ができる物もあるからです。さらにお子様だけでなく家族まで補償範囲となる場合もあります。

見積もり

自転車保険の考え方

では、自転車保険はどうすればいいのか?その答えは「自転車保険は必須では無い!?補償を受けられる他の保険が有ることも知っておきましょう。」で、詳細に記載してあります。是非参考にしてみてください。

参考記事にも記載しているように、まずは加入している自動車保険の特約でお子様の自転車事故を補償する事を考える事が効率的かつ経済的な方法となります。つまり県民共済は自動車共済を取り扱っていない事から、子供の自転車事故について県民共済で補償を考える事は経済的な面からも補償額の面からも残念ながらベターな方法ではありません。

お子様の自転車保険は、保険料が安く補償が厚い自動車保険でカバーを考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク