自動車保険見直しガイド
記名被保険者

自動車保険関連の用語には、普段の生活では聞き慣れないものが多く登場するので、混乱してしまいますよね。そのような用語の1つに「記名被保険者」という言葉が有ります。

ここでは「記名被保険者」とは何か、誰が記名被保険者となるか、を説明していきます。また、記名被保険者が誰になるかによって【どのような影響が出るのか?】について見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

記名被保険者とは?

記名被保険者は「保険の対象になる自動車を主に運転する人」のことを意味しており、保険に加入したときに発行される、保険証券の記名被保険者欄に記載されている人が契約上の記名被保険者となります。また、最近は特約により補償対象者の範囲が広くなっていますが、本来的には記名被保険者が補償対象者で有る事を指します。

保険の契約者

自分の車を自分だけが運転する場合は「契約者=記名被保険者」となりますが、契約者と記名被保険者が必ずしも同じである必要はありません。

例えば、未成年者が初めて自動車保険に加入する時は「保険契約者」になることが出来ません。従って、この場合は成人である親族が契約者として保険契約を結び、未成年の子供は記名被保険者として自動車保険に加入することになります。

また、以下の様に「誰を記名被保険者にすれば良いか」が悩ましいケースも有ります。

誰が記名被保険者になる?

例えば以下のケースでは、誰が記名被保険者になるのでしょうか?

事例紹介

父・母・娘の3人家族。自動車を父が所有し、自動車保険も父が契約していた。元々は母がメインで車を使用していたため、記名被保険者は母。

しかし、病気で母が亡くなってしまったため、記名被保険者を変更することになった。父は最近は殆ど自動車に乗っておらず、今後は娘がメインで使用することになる。

一般的に自動車保険の記名被保険者には「自動車を主に使用する人」がなります。しかし、一方で「主に使用する人」とは自動車保険の対象となる車を「自分の物として自由に支配・使用している人」を意味すると保険会社は認識しています。

このケースでは、メインで使用する人は娘になりますが、事実上この車を自由に支配・使用できる立場にいるのはほとんど乗らないとは言え、所有者である父ということになります。従って、父を記名被保険者にするのが妥当です。

しかし、娘と父は親族ですので、どちらが記名被保険者になろうが契約違反になる訳ではありません。また、誰が自動車の使用頻度が高いかを保険会社が調査する訳でも有りません。記名保険者に対する考え方も保険会社によって異なることもありますので、誰を記名被保険者にすればいいか悩んでいる方は保険会社に問い合わせてみる方がいいでしょう。

なお、記名被保険者が誰になるかによって、保険料が変わってくることがあります。詳細は下記記事で説明していますのでご参照下さい。

記名被保険者を誰にするかで保険料が大幅に節約できる可能性が有ります

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定