自動車保険見直しガイド
2014年

2014年

先日、オリコンランキングから2014年度の自動車保険満足度ランキングが発表されていました!

毎年発表されているので、前年度と比較しながら最新の自動車保険の満足度をレビューして行きたいと思います。まずは総合ランキングから紹介していきます。

スポンサーリンク

2014年度の自動車保険総合ランキング

順位点数会社
1位77.31点ソニー損害保険
2位76.96点三井ダイレクト損害保険
3位76.25点SBI損害保険
4位76.24点チューリッヒ保険
5位76.22点イーデザイン損害保険
6位76.01点セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
7位74.74点アクサ損害保険(アクサダイレクト)
8位74.32点アメリカンホーム保険(アメリカンホーム・ダイレクト)
9位72.02点そんぽ24損害保険
10位71.55点東京海上日動火災保険

2014年度のオリコン自動車保険満足度ランキング第1位は、ダイレクト系自動車保険ソニー損保となりました。瀧本美織さんがCMをしている会社の自動車保険ですね。その他毎年のことですが、やはり通販型自動車保険の顧客満足度が非常に高いです。

前年度と比較してみると、2013年度の総合満足度ランキング1位は2014年で5位となっているイーデザイン損保です。1年で「1位⇒5位」に順位が入れ替わるのですから、かなり熾烈な?競争が行われているのでしょうか。

ただ、点数を見てもらえれば分かるように、上位の満足度の点数はほとんど変わりません。1位が77点台で2位~6位までは76点台となっているので、そこまで大きな差は無いことも伺い知れます。

その他価格等の満足度ランキング

以下では価格や事故対応、保険料の支払などの項目別のランキングを紹介していきます。まずは価格の満足度から見て行きましょう。

自動車保険料・価格の満足度ランキング

電卓を指さす女性

順位点数会社
1位83.68点SBI損害保険
2位80.22点三井ダイレクト損害保険
3位79.95点セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
4位77.83点イーデザイン損害保険
5位77.28点チューリッヒ保険
6位76.34点アクサ損害保険(アクサダイレクト)
7位74.15点ソニー損害保険

パッと見て頂ければ分かるように結構意外な結果が出ています。

  • 価格の満足度が総合満足度の点数よりかなり高いところ
  • 総合1位のソニー損保が価格満足度では7位になっているところ

注目して欲しいのは「SBI損害保険」です。その満足度は83点を超えています。本当に安さだけを求めるのであれば、現時点ではSBI損害保険を選択するのが良いということでしょうか。

ランクインしている保険会社は全て通販型の自動車保険です。やはり価格面では通販型自動車保険の独壇場となるようですね。

付帯サービス<ロードサービス含む>の充実度

ロードサービスに電話する男性

人身事故・物損事故を起こした時の対応だけでなく、ロードサービス(バッテリーあがりや鍵閉じ込め等)などの付帯的なサービスの満足度も非常に重要です。

最近はクレジットカードと保険会社の付帯サービスがあればJAFに加入する必要がないかな?というくらい充実しています。

JAF(ジャフ)の年会費4,000円を無料にする方法

順位点数会社
1位77.66点ソニー損害保険
2位76.61点チューリッヒ保険
3位74.52点三井ダイレクト損害保険
4位74.46点アクサ損害保険(アクサダイレクト)
5位73.91点SBI損害保険
6位73.73点イーデザイン損害保険
7位73.43点セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

付帯サービスに関しては全ての会社が80点を下回っていますが、その中でもソニー損保とチューリッヒ保険の二つの点数が、頭1つ抜けていますね。

ちなみに、2013年度の付帯サービスランキングでもこの両社が上位2社となっていたので、ロードサービスを重視する人はソニー損保とチューリッヒ保険のどちらかを選ぶのが良いかもしれませんね。

事故処理対応ランキング

事故現場で交渉する男性

自動車保険の真価が問われるのは、実際に事故を起こした時ですよね。この時に保険会社の担当者が迅速かつ的確に事故対応をしてくれたら、保険加入者は「契約していた良かった」と思えるものです。

やはり、事故対応力は自動車保険選びの重要なファクターとなります。また、保険会社にとってみれば顧客満足度を向上させるポイントとなるでしょう。

こうした事を踏まえて、事故処理対応ランキングを見てみましょう。

順位点数会社
1位76.85点ソニー損害保険
2位75.50点東京海上日動火災保険
3位75.17点富士火災海上保険
4位74.88点チューリッヒ保険
5位74.87点三井住友海上火災保険
6位74.56点日本興亜損害保険
7位74.44点アメリカンホーム保険(アメリカンホーム・ダイレクト)

流石に上位には東京海上富士火災などの代理店系の自動車保険会社が並んでいます。しかし、第1位はダイレクト型のソニー損保となんですね。いまや事故対応に関してもダイレクト型と代理店型の差は無くなってきていると考えた方が良いのかもしれませんね。

ちなみに、ソニー損保は保険料の満足度では7位でしたが、その他の調査では軒並み1位を獲得しています。それが総合ランキングで1位になった要因のようですね。

年代別の満足度ランキング1位の紹介

若者から老人まで

オリコンでは年代別の保険会社の総合満足度ランキングも紹介されています。保険料の設定方法や補償内容がある年代をターゲットにしている自動車保険も有るので、こちらも併せてチェックしておきましょう。

例えば、香川照之さんがCMに出ているセゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」では、40代・50代の保険料を割安にしています。

各年代1位だけ紹介しておきますので、参考にしてみてください!

年代保険会社
10代・20代アメリカン・ホーム保険(アメリカンホーム・ダイレクト)
30代三井ダイレクト損保
40代ソニー損保
50代以降ソニー損保

40代・50代以上は大人の自動車保険が一位かな?と思っていたら意外にもソニー損保が一位になっていました。やぱり生の声を見ると印象が全然違いますね。

その他の調査もオリコンの方でご覧になれますので興味のある方は是非見て下さいね。

2015年度のオリコンランキングが発表されました!
【最新版】自動車保険おすすめランキング

失敗しない車の売り方

無料一括査定