信号機有りの交差点で直進車同士が事故をした場合の過失相殺

(この記事は約 2 分で読めます。)

信号機の有る交差点で、直進する車同士が事故をした場合の過失相殺について、見ていきましょう。

広告
車査定

【信号機有り】直進する車同士の事故の過失相殺

信号有りの車同士の事故

信号機の有る交差点で、直進する車同士の事故の過失割合は、以下のようになります。

基本的な過失割合

■①青信号で交差点に進入した車(青信号車)と赤信号で交差点に進入した車(赤信号車)の場合
青信号車の過失割合は0%、赤信号車の過失割合は100%です。

■②黄信号で交差点に進入した車(黄信号車)と赤信号で交差点に進入した車の場合
黄信号車の過失割合は20%、赤信号車の過失割合は80%です。

■③赤信号で交差点に進入した車同士の場合
双方ともに過失割合は50%です。

【①の場合の加算要素】
赤信号車が、明らかに先に交差点に進入していた場合です。

ルールを守って青信号で交差点に進入したにも関わらず、青信号車の過失割合が加算されてしまいます。

【②の場合の加算要素】
黄信号車が、「赤信号直前だった場合」や「衝突時に赤信号車の信号が青信号になっていた場合」には、黄信号車の過失割合が加算されます。

【③の場合の加算要素】
どちらかが明らかに先に交差点に進入していた場合に、後で進入した車の過失割合が加算されます。

いずれの場合も、「著しい過失」又は「重過失」があれば、過失割合は加算されます。

インズウェブ自動車保険一括見積もり
広告

信号残しの車との事故の過失割合

信号残し

信号残しによって交差点に残ってしまった車(信号残り車)と、青信号になって交差点に進入した車(青信号車)が事故を起こした場合の過失割合は、以下のようになります。

信号残しとは、青信号で交差点に進入したが、前方車が何らかの理由で前に進めず、信号が赤色に変わってしまっても交差点を通過出来ない事を言います。

基本的な過失割合

信号残り車の過失割合は70%、青信号車の過失割合は30%です。

信号残り車が黄色信号で交差点に進入した場合に、信号残り車の過失割合が加算されます。

なお、道路交通法には、交差点を渡りきれない可能性が有る時は、交差点への進入を禁止する旨が規定されています。

(第五十条)
交通整理の行なわれている交差点に入ろうとする車両等は、その進行しようとする進路の前方の車両等の状況により、交差点(交差点内に道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線をこえた部分。以下この項において同じ。)に入つた場合においては当該交差点内で停止することとなり、よつて交差道路における車両等の通行の妨害となるおそれがあるときは、当該交差点に入つてはならない。

(出典:道路交通法

渋滞等で前方車が進まない状況で、無理して交差点に進入すると、交差する道路の通行の邪魔なるばかりか、事故に遭う危険性が高まります。

そのため、青信号だからといって、交差点に安易に進入するのではなく、前方の状況もよく確認して交差点に進入するようにしましょう。

道交法第五十条に違反して交差点に進入した場合には、罰金5万円の罰則を受けてしまいます(道路交通法第百二十条)。

広告
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

自分の自動車保険を把握!『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ

合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

乗りたい車はこれ!様々な車の情報をチェックするなら「車情報ラウンジ Car Lounge 」

出典:車情報ラウンジ「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。気になる車や様々な情報をチェックしたいなら、車情報ラウンジ「Car Lounge」をチェックしてみましょう!

『車の一括査定』提携300社以上から車を一番高く売る!無料で手間なく愛車を一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!