自動車保険見直しガイド
ノンフリート等級制度

自動車保険を契約する時に必ず出てくる言葉が「ノンフリート等級制度」です。一般的には「ノンフリート」という言葉は使わずに「等級制度」と呼ばれる事の方が多いですね。

おそらく、制度の事を詳しくは知らなくても、「自分が今、何等級なのか?」とか「等級が上がれば自動車保険料が安くなる」という事はご存知なのではないでしょうか。ここではノンフリート等級制度について詳しく見て行きたいと思います。

スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり

ノンフリート等級制度の基本的な考え方

ノンフリート等級制度とは、簡単に言うと「事故を起こさなかった人の保険料は安くするけど、事故を起こした人の保険料はペナルティーとして高くしますよー」という制度です。

現在の自動車保険では「年齢」「免許の色」「走行距離」「住んでいる地域」などなどの個々人の情報を細分化して、その細分化した情報を「事故を起こすリスク」に変換し、それに応じた保険料を負担させる「リスク細分型の自動車保険」が主流です。

このリスクを最も端的に表す指標が「実際に事故を起こした事が有るか否か」です。普通に考えても、事故を起こした人と事故を起こさなかった人の保険料が同じでは不公平ですよね。

また、保険会社の視点から考えてみても、加入者から集めた保険料を原資として保険金を支払っている訳ですから、保険金を使った人には通常よりも多めの保険料を負担して貰わないと、制度の維持が出来なくなります。

そこで、現在の自動車保険では「保険の記名被保険者」を下記の等級表に当てはめて、等級に応じた保険料を支払って貰うようにしています。

■ノンフリート等級表(割増引率表)

等級無事故事故有
1等級+64%+64%
2等級+28%+28%
3等級+12%+12%
4等級△2%△2%
5等級△13%△13%
6等級(F) *1△19%△19%
7等級(F) *1△30%△20%
8等級△40%△21%
9等級△43%△22%
10等級△45%△23%
11等級△47%△25%
12等級△48%△27%
13等級△49%△29%
14等級△50%△31%
15等級△51%△33%
16等級△52%△36%
17等級△53%△38%
18等級△54%△40%
19等級△55%△42%
20等級△63%△44%

*1 上表は継続契約の場合の等級割増引率表です。新規契約社の場合は6等級・7等級の後ろに「A/B/C/D/E/G/S」などのアルファベットが付けられ、継続契約者とは区別されます。ノンフリート等級(6等級・7等級)のアルファベットの意味

厳密に言うと、事故を起こしたとしても保険金を請求しなければ等級は下がりませんので、保険料も高くはなりません。ここでは話を単純化するために「事故を起こしたか否か」を基準にして説明しています。

ノンフリート等級制度の考え方

ノンフリート等級制度では「1等級~20等級」までの等級が用意されており、それぞれの等級に応じた割増引率が適用されます。上表を見れば分かるように、20等級であれば通常の保険料から63%の割引が受けられる反面、1等級であれば64%もの割増保険料を支払わなければなりません。

初めて自動車保険に加入する人は例外をのぞいて「6等級」からスタートし、1年間無事故で過ごすと翌年には1等級上がって7等級となります。しかし、事故を起こすと基本的には3等級ダウンとなります。

初めて自動車保険に加入する場合の例外については下記記事を参照下さい。条件に該当すれば7等級からスタートする事が可能になります。

セカンドカー割引で保険料を安くする

事故によって等級ダウン幅は異なる

先ほど、事故を起こすと基本的に3等級ダウンになると書きましたが、等級ダウンの幅は「事故の性質・保険金請求の理由」に応じても変わってきます。自分の不注意で車にぶつかって保険金を請求する場合と地震等の天災が原因で保険金を請求する場合を、全て同一の物として考えるのは横暴ですからね。

具体的な等級ダウン幅の違いも簡単に説明しておきます。

■3等級ダウン事故
多くの事故は3等級ダウン事故に該当します。例えば、車でガードレールにぶつかった場合や車に追突してしまった場合などです。

■1等級ダウン事故
車両盗難、台風・竜巻・洪水・高潮などの天災、飛来してきた小石の衝突、落書きなどの、ドライバー自らの責任だけでは無いような事故の事を指します。

以前はこれらは「等級据え置き事故」と言って、例え保険金を請求したとしても翌年度の等級は上がりもせず・下がりもせず・・・という事故に該当したのですが、新制度の導入で「1等級ダウン事故」と判断されるようになりました。

■ノーカウント事故
ノーカウント事故は保険金を請求しても、事故が無かった物として取り扱われる事故の事を言います。つまり、無事故だった場合と同じように翌年度の等級が1等級あがり、翌年度の保険料も更に割引になる事故です。

これに該当する事故としては以下の様な物が挙げられます。

・人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険のみ利用する事故 弁護士費用特約、個人賠償責任保険、ファイミリーバイク特約のみ利用する事故
・その他保険会社が定める事故

事故有係数適用期間制度の導入

2012年4月の等級制度改定の目玉が「事故有係数適用期間制度」です。これは事故を起こした人には当面の間(基本的に3年)、事故を起こした人特有の割増引率表を適用しましょうという制度です。詳細は下記記事を御覧ください。

事故あり係数適用期間制度と事故有等級

コラム-フリート契約とノンフリート契約

ノンフリート契約の対義語にフリート契約と呼ばれる物が有ります。これは10台以上の車を持っている人が自動車保険に加入する場合の契約形態の事を言い、保険料の算出方法や割引率等がノンフリート等級制度とは異なります。

従って、基本的には営業車などを沢山持っている法人が自動車保険に加入する場合に利用される契約形態の事ですので、多くの個人にとってはほとんど関係が無いものと言えます。

フリート契約の詳細について知りたい方は下記記事を御覧ください。ノンフリート契約との違いからフリート契約のメリット・デメリットまで、詳しく解説していいます。

フリート契約で保険料は安くなるか?フリート契約のメリット・デメリット

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定