自動車保険見直しガイド
60代・70代以上の自動車保険

60代以上の人は既に会社を退職されている人も多いと思いますので、現役世代の頃と比べると収入が減ってしまったという人が多いのではないでしょうか。自動車保険料のような固定費は限りなく少なくしたいところですね!

なお、記事タイトルでは60代と70代以上を一括りにしていますが、60代と70代ではかなり考え方が変わってきます。その辺りも踏まえて、まずは60代と70代の保険料について見てみましょう。

60代・70代の自動車保険の相場

20年前・30年前のイメージだと60歳と言えば「高齢者」でしたが、今では平均寿命も健康寿命も伸びているので、60代はまだまだ若手とも言えます。実際、自動車保険においても60代の保険料はまだまだ安いです。一方で、70代になると保険料は上がってしまいます。

まずは各年代の保険料の相場・見積もり結果から見てもらいましょう。前提条件は下記の通り。

●車種:プリウス ●型式:ZVW30 ●保険会社:イーデザイン損保 ●車の初度登録年月日:2015年9月 ●事故有係数適用期間 0年 ●走行距離:5,000~10,000km ●等級:11等級 ●運転者範囲:本人限定 ●免許の色:ブルー ●使用用途:主にレジャー ●所在地:東京 ●車両保険金額:285万円 ●車両保険の免責金額:5万円-10万円 ●他補償内容はイーデザイン損保デフォルトの補償内容をそのまま使用。

年齢条件は全て「30歳以上補償」を選択しています。

年齢車両保険なし車両保険あり
(一般型)
32歳27,850円53,940円
42歳28,370円56,460円
52歳29,640円59,860円
62歳29,640円59,860円
72歳34,270円72,220円

ご覧のように60代は50代の時の保険料と変わりありません。保険料を見る限りでは、60代はまだまだ現役世代と判断されている事が分かります。30代の保険料と比較しても1,790円(車両保険無しの場合)しか変わらないですから、等級さえ気をつけていれば、それほど保険料が跳ね上がる事は無いでしょう。

一方で、70代になると少し保険料が上がってしまいますね。30代と比べると車両保険が無い場合で6,420円、車両保険有りの場合で18,280円も高くなります。とは言え、10代や20代と比べると安いですけどね。

60代・70代の交通事故発生率

では、60代と70代の交通事故率(免許証保有者10万人あたりの交通事故件数)がどうなっているのか見てみましょう。

年齢/年度H23H24H25H26
30~39746725684622
40~49692663630579
50~59683643600540
60~64708677636569
65~69721647610546
70~74750711650605
75歳以上912854818759

(出典:平成26年中の交通事故の発生状況-警察庁)

75歳以上になると、急激に事故発生件数が多くなっている事が分かります。続いて、同じ年度の、運転者年齢別死亡事故の発生確率を見て下さい。

交通事故死亡件数
(出典:平成26年中の交通事故の発生状況-警察庁)

こちらは70歳以上からグンと上がっています。

上記の資料から、70代の人は動体視力等の衰えを自分で自覚しており、運転は慎重に行う。そのため、交通事故の発生件数自体はそこまで多くない。

但し、動体視力等の衰えから、事故を起こす場合には現役世代と比べて回避行動が遅れるので、大事故に繋がりやすい、という事が読み取れます。

よって、70歳以上になると保険料が上がってしまうのでしょうね。

また、70歳以上になると免許証は持っていても、自分では運転しないという人も増えてきますので、70代の実質的な交通事故発生率はもう少し高い事も保険料が上がる要因でしょう。

60代・70代の自動車保険の選び方

順番を変えて、まずは70代の人の自動車保険の選び方から見ていきます。

70代の人は免許返納も考える時期

先程も見たように、70代から死亡事故を起こす確率が極めて高くなります。その理由は「健康寿命」を見ても分かります。

健康寿命
(出典:健康日本21(第二次)推進専門委員会審議会資料 |厚生労働省)

上記は、男女別に平均寿命(青線)と健康寿命(赤線)を表したものですが、平成25年度において男性は71.19歳・女性は74.21歳となっています。丁度死亡事故を起こす確率が高くなる年代と重なりますよね。

やはり、この歳になると健康上の問題もかなり表面化してきますし、運転中に何らかの持病が発生する可能性だって有ります。それを考えると、70代になっても自分で車を運転するのは、かなりリスクのある事だと思います。

高齢者の自動車保険

少しでも運転に不安を感じた事が有るなら「免許返納」を考えてみてください。免許返納をすることで、自治体によっては特典を貰えますよ。例えば、定期預金の金利が優遇されたり、ホテルのレストランが10%割引になったり☆

それに健康寿命を伸ばすためにも、車を使わずに歩いた方が健康的です。どうしても車が必要な時はタクシーを使うなどで対応しましょう。

■まだまだ元気な70代の人はどうすればいい?■

とは言え、まだまだ健康上の問題も無いし、肉体的にも若い者には負けない!という人もいるでしょう。

そういう人は、自動車保険の長期先払い契約を済ませておくと良いでしょう。長期契約をすれば、契約期間中は事故を起こしたとしても等級が下がる事は有りませんし、保険料を前払いすれば、その分割引を受けられます。

70代になると、交通事故を起こす確率が高くなるのは統計データ的にも明らかですので、事前に、事故を起こしても保険料が変わらないように手を打っておく、という事が重要になってくると思います。

60代の自動車保険の選び方

60代は冒頭の所で見たように保険料が大きく上がる訳では有りません。なので、考え方としては「50代の自動車保険の選び方」と同じで良いでしょう。

あとは70代の保険の選び方と同じで、健康面・肉体面で不安を感じたら、車の運転をやめるのも重要なポイントになってくると思います。車は便利な乗り物ですが、死亡事故を起こしてしまっては元も子もないですからね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定