自動車保険見直しガイド
20歳以下の自動車保険

20歳以下、つまり18歳・19歳・20歳で初めて自動車保険に加入すると、保険料は非常に高いです。そこで、この記事では10代及び20歳以下の人の為の自動車保険の選び方を紹介します。

10代あるいは20代前半の時って本当にお金が無いですから、出来る限りの方法を使って保険料を節約していきましょう!

20歳以下(10代)の自動車保険料はなぜ高い?

20歳以下の自動車保険料が高い理由は、やはり「事故率の高さ」に起因します。18歳・19歳・20歳の事故率が高いと言われる理由は、主に以下の2つに集約されます。

  • ①初めて自動車を運転する人が多くそもそもまだ運転に慣れていない人が多い
  • ②30代や40代の大人に比べると無茶な運転をする傾向にある
当然、10代の人であっても、運転が上手く無茶な運転をしない人もいるのですが、統計的に見ると上記2つの理由から、その他の年代と比べると事故率が高いです。

よって、保険会社としては、20歳以下の人が保険に加入する時は、保険料を高めに設定しておかないと採算が取れないんですね。

ちなみに、10代の人が保険に加入する場合、運転する人の年齢条件を選ぶ際に「全年齢補償」を選ぶことになりますが、この時の保険料は「30歳以上補償」の約3倍となっています。(損害保険料算出機構データより。

つまり、30歳の人の保険料が5万円だったと仮定して、10代の人が同じ内容で保険に加入しようとすると15万円の保険料を払う必要があるという事です。(平均の話です。)

加えて、10代の人のノンフリート等級が原則として、割引率の低い6等級からスタートすることも保険料が高い理由ですね。また、初めて自動車保険に加入する時は6等級の中でも更に年齢によって保険料の割増が行われるので、20歳以下の人の保険料は驚くほど高くなるのです。(新規契約者の等級制度

20歳以下(10代)の自動車保険の賢い選び方・節約のコツ

どうしても保険料が高くならざるを得ない20歳以下の自動車保険。従って、20歳以下の人が自動車保険に加入する時は、如何に必要な補償を削らずに保険料を安くするかがポイントになってきます。

以下、何点か自動車保険を選ぶ時の考え方を紹介します。

親の自動車保険に入れてもらう・親に保険料を払ってもらう

親が自動車保険に既に加入しているのであれば、親の自動車保険契約の補償範囲に自分も含めてもらうようにしましょう。年齢条件も運転者の範囲も広がるので、親が支払う保険料は高くなりますが、家族全体で見れば、これが一番保険料が安くなる方法です。

親の自動車保険に加入する場合で、家用の車とは別に新しい車を購入する場合は「セカンドカー割引」の適用をお忘れなく。


一方で、親が自動車を持っていない場合。この場合は、記名被保険者を親に設定した上で、親に保険料を払ってもらえるなら払ってもらいましょう。たとえ、親が、今まで自動車保険に加入したことが無くても、親を記名被保険者にした方が保険料は安くなります。(年齢割増が無いので。)

また、年功列制が色濃く残る日本では、20歳以下のお給料は非常に安いので、正直言って自分のお金だけで保険料を払うと生活費が厳しくなります。親のスネをかじれるうちはかじっておいた方が良いですよ。

可能なら等級引き継ぎを実施して貰う

個人的には若いうちは親のスネをかじった方が良いと思っているのですが、そうもいかない人もいるでしょう。そういう場合は、せめて親の等級と自分の等級を入れ替えてくれないか?頼んでみては如何でしょうか。

日本の自動車保険では「等級引継制度」が存在しますので、条件さえ整えば、初めて自動車保険を加入する場合でも20等級からスタートする事が出来ます(親の等級が20等級の場合)。適用条件等の詳細は下記記事を参照して下さい。

自動車保険の等級を家族間で引継ぎする場合の注意点

若いうちは中古車&車両保険無しの契約を考える

最後に親の援助等を一切期待できず、自分で保険料を払うしかない場合の保険の選び方にも触れておきます。

この時は、車は中古車を選び、保険を車両保険無しにしてみては如何でしょうか。車両保険をなしにするだけで、保険料は半額以下になります。

セオリーで言えば、初めて自動車保険に加入する人は事故りやすいので、車両保険に加入しておいた方が良いのですが、中古車なら話は別です。

中古車をぶつけても大した保険金が支払われる訳ではないですし、若いうちは練習と割りきって「中古車&車両保険無し」で加入するのが賢い保険の選び方でしょう。もちろん、運転者範囲は「本人限定」です。

間違っても友人・知人に運転させないようにしましょう。

20歳以下(10代)の自動車保険の相場

全ての車種では無いですが、一部の車種について19歳の人が初めて自動車保険に加入してみたら、保険料はいくらになるのか見積もってみました。

見積もりの前提条件はこちら。

●保険会社:イーデザイン損保 ●車の初度登録年月日:2015年9月 ●事故有係数適用期間 0年 ●等級:6等級 ●記名被保険者の年齢:19歳 ●走行距離:5,000~10,000km ●運転者範囲:本人限定 ●運転者年齢条件:全年齢補償 ●免許の色:ブルー ●使用用途:主にレジャー ●所在地:東京 ●車両保険の免責金額:5万円-10万円 ●他補償内容はイーデザイン損保デフォルトの補償内容をそのまま使用。

車種型式車両保険なし車両保険有り
(一般型)
軽 ワゴンR
(175万円)
MH34S105,700円205,680円
フィット
(145万円)
GK3104,250円193,430円
プリウス
(285万円)
ZVW30105,070円250,240円
ハリアー
(345万円)
ZSU60W104,250円256,600円
アルファード
(690万円)
GGH35W129,280円361,630円

車種の下の括弧書きの金額は「車両保険金額」です。車は新車を購入したと仮定して見積もりを取っています。

車両保険無しの場合でも、10万円以上の保険料になっていますね。20歳以下の人が初めて自動車保険に入る時の相場は少なく見積もっても10万円以上という事でしょうか。

また、一般型の車両保険にも加入した場合には軒並み20万円を超えています。アルファードなんかは36万円と到底払える金額では有りません

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定