自動車保険見直しガイド
家族

自動車保険の保険料を節約する方法にもいくつかの種類が有りますが、その中でも多くの家庭で使われている方法が「運転者の範囲を限定して保険料を安くする」方法です。

車に乗る人が限定されれば、それだけ運転をする機会も少なくなりますし、必然的に事故に遭うリスクも低くなります。リスクが低下した分だけ保険料を安くすることが出来る訳ですね。

しかし、運転者の範囲を【家族】に限定した時は注意が必要です。自動車保険における「家族」と私達一般人が想像する「家族」は少しだけ違います。

この違いを理解していなかったが為に、保険金が降りなかった・・・というケースも多々有るようですので、運転者家族限定特約における「家族」の範囲をキッチリと理解しておきましょう。

運転者家族限定特約の【家族】の範囲

以下に該当する人であれば、運転者家族限定特約の【家族】に含まれます。

  • ①記名被保険者
  • ②記名被保険者の配偶者(内縁含)
  • ③記名被保険者もしくは配偶者の同居の親族
  • ③記名被保険者もしくは配偶者の別居の未婚の子(結婚歴が有る別居の子は含まない)

①と②に関する異論は無いと思いますが、問題になってくるのが③と④ですね。

同居の親族とは

争点になりやすのは「親族」の範囲がどこまでなのか?という点でしょうか。この点、記名被保険者の親族なら6親等以内・配偶者の親族なら3親等以内までは含まれます。

3親等には「曾祖父・曾孫」まで含まれますので、現代の日本の家族構成を考えると、同居してさえいれば、ほとんどの場合で「家族」の範囲には含まれるはずです。(ちなみに従兄弟は4親等に該当します)。詳しくは下記記事を御覧ください。

「同居している親族」とは誰のことを指すのでしょうか?

別居の未婚の子とは

最も勘違いしやすいのが、こちらの「別居の未婚の子」の定義ですね。「別居の既婚の子」も補償範囲に入ると勘違いして、保険金が降りなかったというケースが多々有ります。

また、既婚とは、婚姻歴が有るか無いかであって、現在結婚しているか否かでは有りません。一度でも結婚した事がある子供は「別居の未婚の子」には含まれません。但し離婚歴のある子供であっても「同居」していれば、家族の範囲に含まれます。

少しややこしいので、補償範囲に入るか否かの対応表を作ってみました。

子供の状況補償範囲か否か
結婚歴のない別居・同居の子供
現在結婚していて別居している子供×
離婚歴のある別居の子供×
結婚しているが同居している子供

ここは本当に間違いやすい所なので、「子供が引っ越す」「子供が結婚する」「子供が離婚する」といったイベントが発生する時は、同時に自動車保険の見直しも行うようにしましょう。交通事故を起こしてしまってからでは遅いですかね。

運転者年齢条件を設定している時の注意点

【家族】の範囲は、上記説明で理解してもらったと思いますが、もう一つ注意が必要なのが「運転者年齢条件」を設定している場合です。

運転者年齢条件を設定していると、家族の範囲に含まれていても、補償されない家族が出てくることに注意です。

例えば、20歳の同居の子供がいる家庭で、「運転者家族限定特約」を利用し、尚且つ「運転者の年齢条件を26歳以上に限定」していた場合。この時、20歳の同居の子供は、家族の定義には含まれますが、年齢条件を満たしていないので、補償範囲外です。20歳の子供が運転して事故を起こしても保険金は降りません。

但し、運転者年齢条件は「別居の未婚の子」には適用されませんので、年齢条件を設定するなら、そこまで考えて設定して下さいね。

【参考】等級を引き継ぐ際の家族の定義との違い

親や祖父母が車に乗らなくなった時など、自分の子供に等級を引き継ぐ事が有ると思います。実は、「等級引継が利用できる家族の範囲」と「運転者家族限定特約の家族の範囲」は微妙に違います。

等級引継が利用できる家族の範囲は「同居」している家族に限定されています。

自動車保険の等級を家族間で引継ぎする場合の注意点

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定