自動車保険見直しガイド
自動車維持費の相場

自動車維持費の相場

皆さんの自動車の維持費はどれくらいですか?自動車保険料もここ数年は値上げ傾向に有りますし、消費税の値上げで各種メンテナンス商品の値段も上がりました。知らぬ間に「自動車の維持費がかなり家計を圧迫していた!」と感じている人も少なからず居るのでは無いでしょうか。

そこで、維持費の相場情報を知っていれば節約にも役立つのではないかと思い、相場情報を色々と調べてみました。

スポンサーリンク

自動車の維持費は何がある?

自動車の維持費と言っても色々と有りますよね。まず、何があるか見てみましょう。

  • ガソリン代
  • 任意保険
  • 自賠責保険
  • 車検代
  • 税金(自動車税・自動車重量税)
  • 駐車場代 等

これら以外にも、事故や故障などによる修理代や高速道路代なども維持費に含まれてくるでしょうか。

たくさん種類があるので、どこから節約すれば良いのか分かりませんよね。以下で自動車関連費用の種類毎の維持費の相場を紹介しますので、自分が払っている維持費と比べて高いか低いか?をチェックしてみて下さい。

相場よりも沢山払っているなら、そこは節約の検討余地が有る部分かもしれません。

維持費の相場

以下の表は、ソニー損保がインターネットで維持費の調査を行った結果です。(税金、ローン返済、有料道路通行料は除く)

自動車維持費の相場

(出典:ソニー損保

維持費の相場は月額15,800円、年間で約19万円となっています。

ボディタイプ別に見てみると、以下のようになります。

  • 軽自動車・・・12,700円/月
  • コンパクトカー・・・15,500円/月
  • セダン・・・17,100円/月
  • ミニバン・・・18,500円/月
  • ステーションワゴン・・・18,900円/月
  • SUV・クロカン・・・23,900円/月

ボディタイプ別で比較した結果、相場よりも払い過ぎている場合には、節約を検討した方が良いかもしれませんね。(先ほども書きましたが、この相場には税金、ローン返済、有料道路通行料の金額は含まれていません!!)

但し、維持費の種類によっては、金額が固定されていて節約出来ない物も有ります。また、走行距離など乗車頻度によって変化する物も有ります。なので、相場を見ただけで払い過ぎていると判断する事は出来ません。

続いて、維持費を細かく分けて見ていきましょう。

ガソリン代

スタンド

節約したい維持費NO.1のガソリン代です。

ガソリン代は、走行距離が長いほど給油量も増えるので、それに比例して高くなってしまいます。(当然ですが。)

そのため、相場だけでは判断しにくい維持費です。

しかし、出来るだけ安い単価で給油した方が節約出来ますので、ガソリン単価を出来るだけ下げられるように努力しましょう。

「リッターあたり3円」安く給油出来れば、給油量年間600L(50L/月)の人なら1,800円、年間給油量1,200L(100L/月)の人なら3,600円の節約が可能です。

参考:ガソリン代・給油代金を節約するための6個のテク

任意保険

任意保険に加入していない人も中にはいるでしょうね。但し、事故した時の事を考えるとその節約方法はオススメ出来ません。

保険料は「契約する人や車、契約内容」によっても変わります。

そのため、任意保険の相場も一概には言えません。が、前提条件を決めて見積もってみたところ、年間約7万円(車両保険有)となりました。(車両保険無しの場合:約3万円/年)

18歳から70歳までの保険料合計を「53年」で割った金額です。

参考:「18歳から70歳まで保険料を支払ったら合計いくらになるか計算してみた。

自賠責保険

自家用乗用自動車と軽自動車で区分され、それぞれ金額は固定されています。そのため、自賠責保険の節約は考えなくても良いでしょう。(そもそも強制加入保険ですし、節約したくても出来ません。)

■新車の場合

  • 自家用乗用自動車・・・40,040円(37ヶ月分)
  • 軽自動車・・・37,780円(37ヶ月分)

■車検1回目以降の場合

  • 自家用乗用自動車・・・27,840円(24ヶ月分)
  • 軽自動車・・・26,370円(24ヶ月分)

参考:自賠責保険料の37ヶ月とか25ヶ月は何のために有る?どんな時に使う?

駐車場代

駐車場

住んでいる場所によって駐車場代は違ってきます。基本的に都心部が高く、地方が安くなります。

■月極駐車場の相場

  • 東京都・・・31,430円
  • 神奈川県・・・16,930円
  • 栃木県・・・5,590円

参考:全国津々浦々!各都道府県の月極駐車場料金の平均額はいくら?

自宅に駐車場が有り、借りる必要が無い場合は節約の対象にはなりません。

高速道路料金

高速の利用料金は、人それぞれの高速道路の利用頻度・距離によって変わってきます。。

ETCの割引制度を利用する事で維持費を多少抑える事が出来ます。

参考:高速道路が割引になるETC制度の概要

高速道路を使わずに、一般道を利用しても良いかもしれませんね。

車検

新車の場合は、初度登録から3年後、それ以後は2年ごとに車検費用が必要になります。

車検に必要な費用は以下の通りです。

  • 法定費用(車検手数料、自動車重量税、自賠責保険(前述))
  • 代行業者又はディーラーへの車検代行手数料
  • 点検・整備費用

点検・整備費用によって金額は変化しますが、約10万円(自賠責保険含む)が車検費用の相場となります。

参考:車検の費用や手続きにかかる料金

税金

税金には、自動車税・自動車重量税があります。

自動車税は毎年4月に、自動車重量税は車検の度に支払います。

自動車税は、乗用車は排気量(0.5Lごと)で区分されています。軽自動車は、10,800円です。

区分(排気量)税額
軽自動車10,800円
1L以下29,500円
1L超1.5L以下34,500円
1.5L超2L以下39,500円
2L超2.5L以下45,000円
2.5L超3L以下51,000円
3L超3.5L以下58,000円
3.5L超4L以下66,500円

自動車税は排気量で固定されているので、節約の対象にはなりませんが、エコカー減税を利用する事で節約の対象となります。

自動車重量税に関しては⇒国土交通省(PDF)

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定