自動車保険見直しガイド
盗難

車の盗難は結構頻繁に起きています。自分の車が不幸にも盗難にあったら、盗難届を出して見つかる様に神に祈るしかありません。

簡単に見つかる事もある様ですが、プロの窃盗団に盗まれたら手元に車が戻って来る可能性は極めて低いです。車の車体番号を変えられて新しい車に生まれ変わり、業者に売りに出されたり海外に輸出されるなどして旅立っていく様です・・・。

車種によって盗難されやすい車もあれば、されにくい車も有るので、自分の車が盗難されやすい車種の場合は盗難予防をしっかりとしたいですね。

盗難されやすい車・盗難されにくい車~なぜそんな傾向が出るの?

それでも万が一盗難に遭った場合、契約している車両保険から保険金を貰う事は出来るのでしょうか?また、保険金を貰うと等級は下がってしまうのでしょうか?

車両盗難は車両保険でカバー可能!

車両保険には、保険会社によって多少名前は異なりますが、一般車両保険と内容を限定して保険料を安く抑えたエコノミータイプ(車対車+A)があります。

一般車両保険は、交通事故だけでなく自損事故や当て逃げ、落下物による損傷などまで幅広くカバーしてくれます。一方のエコノミータイプは、自損事故及び当て逃げが補償範囲から外されています。

そして、盗難についてはどちらのタイプの車両保険を契約しても補償範囲に含まれていますので、車が盗難に遭った場合は車両保険が使えます!

車両保険とは~一般型とエコノミー型で補償範囲が違います

付属品の補償は?

車が盗難に遭った場合、車内にあった物もセットで盗まれる事になります。では、車内にあったカーナビなどの付属品に対して車両保険を使う事は出来るのでしょうか?

答えは「出来る」です。車両盗難にあった場合は付属品分についても保険金を貰うことが出来るのです。ただし、以下の様な条件があります。

  • 自動車にボルトやネジ等で固定されていて、工具がないと取り外す事が難しい装備であること
  • スペアタイヤや標準工具など、車に装備されているものであること

従って、固定されているカーナビなど(固定されていないポータブルタイプは、車内での使用目的のみの場合は対象)は車両保険の対象になります。

付属品

しかし、車内に置いてあるクッションや人形など、通常は車外で使用することも目的とする様な物については、補償対象外となっています。

なお、各社の自動車保険には「身の回り品特約」というものが用意されていることが多いです(名称は会社によって異なります)。この特約は、車内にあった小物などが事故や盗難により損傷を受けた場合に、補償を受ける事が出来るものです。

車両保険では車両本体と付属品までしか補償を受けられないので、身の回り品特約があるとより心強いですね(高級品など対象外となる物も多いので注意が必要です)。

車内身の回り品特約の定義~車上荒らしは補償されません!

車上荒らしの場合は?

上記は車が盗まれた場合、若しくは付属品が車とセットで盗まれた場合が前提となっています。では、車上荒らし(車上狙いとも言います)に遭い、車の中に置いていた物だけが盗まれた場合はどうなるのでしょうか?

損害保険協会が2014年11月に調査した結果によると、車上荒らしによって支払われた保険金は、2014年度で626件(1件あたりの保険金は34.5万円)となっています。

これは保険会社が支払った件数ですが、被害が小さかったので保険を使わなかったという方もたくさんいるでしょうし、保険に入っていない方もいます。実際には、車上荒らしの件数は全国で年間10万件近く発生しているとも言われています(警察が認知しているものや実際に検挙されるのは一部)。

車上荒らしは、車両自体が盗まれている訳ではないので、基本的に車両保険を使って保険金を貰う事は出来ません。ただし、カーナビやETC装置等の付属品については車と一体と考えるので、付属品が盗まれた場合は車両保険を使って補償を受けることが可能です。

一方で、上記の「身の回り品特約」は、交通事故や車両の盗難のときに補償を受ける事が出来る特約なので、車上荒らしの場合は利用する事が出来ません。従って、付属品以外の物については基本的には泣き寝入りするしかありません。

犯人が見つかればいいですが、見つからない事が多いでしょうから、車内には可能な限り物は置かない様にしたいですね。

車上荒らしで保険金は降りる?車上荒らしへの対策方法も紹介

車両保険を使うと等級は下がる!

車両保険を使った場合、翌年の等級は下がります。そして、盗難の場合は「1等級ダウン事故」として扱われます。

盗難は鍵をかけ忘れていた場合は除きますが、基本的に自分の不注意とは関係なく第三者によってもたらされる損害です。従って、3等級ダウンではなく負担の少ない1等級ダウンで済む訳ですね。

なお、車両盗難された方は下記記事もチェックしておきましょう。

盗難車が事故を起こした場合の元の持ち主の責任

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定