自動車保険見直しガイド
ノーロス・ノープロフィットの原則

日本では対人賠償保険である自賠責保険においては「過失相殺」制度は取らずに「重過失減額」制度なるものが採用されています。(過失相殺については上記リンク先を参照のこと)

この「重過失減額制度」がどんなものかというと「被害者に7割以上の過失が認められる場合には保険金額を減額するが、70%未満の場合には被害者に一切の責任を問わず保険金額を行わないという制度」です。

もちろん自賠責保険の支払上だけです。例えば任意保険の支払に関しては損保会社も保険金をあまり支払いたくないために被害者の過失を見つけて過失相殺を迫ってきます。


スポンサーリンク

現在の制度の概要

現在の日本の重過失減額制度における減額割合と過失割合の関係性は以下のようになっています。

死亡や後遺障害の場合の過失割合減額率
70%以上~80%未満20%減額
80%以上~90%未満30%減額
90%以上50%減額

傷害の場合には被害者を保護するという観点から減額率は一律で20%です。

ただ普通に考えて分かると思いますが被害者の過失が70%以上とか80%以上とかを判断するのはなかなか難しい所では有りますけどね。

重過失減額の計算例

計算例を一応示しておきます。

支払保険金金額:3,000万円満額
被害者の過失割合:85%
減額率:30%

支払保険金額=3,000万円-(3,000万円×0.3)=2,100万円

となります。

重過失減額制度の導入の経緯

現在の自賠責保険は「重過失減額制度」を採用していますが自賠責保険の発足当初(1956年)は任意保険のように厳密な過失相殺制度を採用していました。しかし

  • ①過失相殺制度を採用すると保険金額が確定するのに時間がかかりすぎるため被害者の救済制度としての立法趣旨に反する事
  • ②自動車保有台数の増加にともなって請求件数が飛躍的に増加したことで事務処理が追いつかなくなった事

この2点から被害者の些細な過失には目をつむり保険金を支払うように方針変換がされました。

■参考:減額制度導入推移■

1964年2月:20%減額導入
1967年8月:30%減額導入
1969年11月:50%減額導入

事故と死亡や傷害の因果関係が不明の場合

交通事故にあってそのまま病院に運ばれて死亡した。という場合には事故との因果関係が有ると断定できるのですが事故直後は何もなくてその後自殺したり傷害が発生するケースが有ります。

例えば事故の後に鬱になって自殺をしたりする場合。このような場合鬱が事故によって引き起こされたものなのか日常生活の中で引き起こされたものなのか判断が難しいケースが有ります。

基本的にこのような場合には事故と死亡や障害の因果関係の立証は保険金請求者(被害者側)が行わなければなりません。しかし心身ともに疲弊している被害者側にそこまで過度な負担を負わすのは被害者保護救済の観点から外れるという趣旨で因果関係の認否が困難な場合でも50%減額をした上で保険金を支払うこととなっています。

自賠責保険の支払に関するよく有る間違い

自賠責保険で支払われる保険金額はいくら!?」でも書いてあるように交通事故等で被害にあった場合の自賠責保険から支払われる最大保険金額は

死亡:3,000万円
後遺障害:4,000万円
傷害:120万円

です。しかし多くの人が勘違いしていることが有ります。皆さんも交通事故で遺族が死んだら上記保険金額がポンと支払われると思っていませんか?上記金額は保険金の最大金額であってこの金額が必ず払われるわけでは無いんですよ。

計算例は「「死亡」の場合の損害額の算定方法(自賠責保険の場合)」などを参考にして欲しいのですが、基準に則って死亡の損害額を算定しても例えば70歳や80歳の高齢者の方の場合はどうしても損害額が3,000万円もいかないことが有ります。

例えば死亡の場合で損害額が2,500万円と計算されれば満額の3,000万円ではなく2,500万円しか支払われません。

高齢者の場合には計算基礎となるライプニッツ係数が小さくなるからです(ライプニッツ係数は平均余命年数に大きく左右されます)。これは子供や専業主婦の場合でもあっても起こりうる事例です。

もちろん高齢者の方でも前年度の所得が非常に高い場合に源泉徴収票でそれらが証明できる場合にはその所得金額で計算が行われます。

また2006年3月の最高裁の結審では79歳の主婦死亡に関して自賠責保険の基準額での支払は少なすぎるとして訴えた遺族側の主張が認められて一部不足分の支払を損保会社(ここではセコム損害保険)に命じるという判決も出ています。

ただ上記のように裁判に訴えるのはパワーも必要ですので実際に事故に直面した時に慌てないように必ずしも額面通りに払われるわけではないということを知っておいて下さい。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定