自動車保険見直しガイド

(この記事は約 17 分で読めます。)

秋田県に住んでいる方が「マイカーを買おう」となった場合、秋田県在住で利用できるマイカーローンを利用することになりますよね。

しかし、どんなマイカーローンを利用するのか決める場合、まずどんな金融機関があるのかを知る必要があります。
主なマイカーローンとして、下記のような金融機関があります。

 


 

秋田県でマイカーローンが組める金融機関

金融機関変動金利固定金利限度額期間
秋田銀行2%~2.5%1,000万円6ヵ月~10年
秋田信用金庫1.8%~2.5%1,000万円3ヵ月~10年
静岡銀行(全国対応・来店不要)2.4%~3.4%100万円~1000万円10年以内
羽後信用金庫2.0%~3.0%1,000万円3ヵ月~10年
北都銀行2.65%~6.65%10万円~1,000万円1年~10年
三菱UFJ銀行(全国対応・来店不要)2.975%50万円~1,000万円6ヵ月~10年
JA秋田なまはげ1.8%~2.4%10万円~1,000万円6ヵ月~10年
みちのく銀行1.8%~3.55%1,000万円6ヵ月~10年
東北銀行1.9%~3.2%10万円~1,000万円6ヵ月~10年
損保ジャパン日本興亜(全国対応・来店不要)1.9%~2.85%999万円以内6ヵ月~10年
東北労働金庫2.125%~2.625%1.95%~3.15%1,000万円10年
青森銀行1.8%~2.3%1万円~1,000万円6ヵ月~10年
七十七銀行1.975%10万円~500万円6ヵ月~10年

ネット申し込み可全国対応のおすすめマイカーローンはこちら

変動金利で確実な最安のマイカーローンはのフリーローン

秋田県で利用できるマイカーローンの中で、変動金利のうち最安のプランは、七十七銀行のフリーローンです。
「え?マイカーローンじゃないの?」と思われる方もいるでしょうが、七十七銀行のフリーローンは、マイカーローンに充てることができるのです。
むしろ、マイカーローンに充てた方が、金利が非常に低くなるんですよ。

七十七銀行のフリーローンは、その名称通り、使い道が自由なので何に使ってもOKのローンです。
通常、変動金利2.675%で利用できるフリーローンですが、マイカーローンに充てる場合には変動金利1.975%で利用できます。
これは、七十七銀行のマイカーローンを利用するよりも低い金利なので、こちらのプランを利用した方がオトクなんですね。

七十七銀行のフリーローンをマイカーローンに充てる場合、その使い道は主に4つです。

1つ目は、車の購入です。新車・中古車どちらでも使えて、バイクの購入にも使えますよ。

2つ目は、車の車検・修理です。車の車検・修理って、意外とお金がかかるんですよね。

3つ目は、運転免許費用です。自動車学校の費用にも充ててOKなんですよ。

4つ目は、他の金融機関から乗り換えする場合です。他の金融機関でマイカーローンを利用している場合で、七十七銀行のフリーローンに借り換えする場合も利用できます。

借入できる金額は、10万円~500万円です。
多くのマイカーローンといえば、1,000万円まで借入できるプランが多いので、「500万円だと少し少ないイメージかも」と思う方もいるでしょうが、高級車の購入でない限りは、500万円でも事足りますよね。
なので、高級車を購入する場合を除けば、金利も安いですし、借入期間も6ヵ月~10年と幅広いので、問題なくマイカーローンとして利用できるのではないでしょうか。

この七十七銀行のフリーローンの金利の良いところは、ふり幅がないことです。どのローンを利用するにしても、優遇条件等で金利にふり幅があるのは、珍しくありません。
そのため、秋田県で利用できる金融機関のマイカーローンでも、ふり幅のあるローンがほとんどです。

そんな中でも、ふり幅がないのがこの七十七銀行のフリーローンです。
ふり幅がないので、このローンの審査を通過すればみんな同じ金利で利用ができるのです。

秋田県でふり幅ありの最低変動金利のマイカーローンといえば?

ふり幅をまったく考えずに、秋田県で利用できる最安値の変動金利のマイカーローンといえば、福島銀行の「マイカーローン車助」です。
このマイカーローンの金利は、1.7%~2.9%です。

保証料込みでの金利なので、非常に安いといえるのではないでしょうか。
しかも、上手く行けば金利1.7%で利用できるので、金利を安く利用したい方にとっては、嬉しいポイントですよね。

このマイカーローンの使い道は車やバイクだけではありません。
スノーモービルや除雪機、モーターボート、電動車いすの購入にあたっても利用できるマイカーローンです。
冬は雪深い秋田県では、除雪機等を購入する機会もあることでしょう。その際に利用できるのが、福島銀行のマイカーローン車助なのです。

マイカーローン車助の借入上限額は、10万円~1,000万円です。
ただし、新車・中古車・ローンの借り換えをする場合には、3,000万円まで借りることができます。

このポイントについても、他の銀行のマイカーローンと一線を画す部分ではないでしょうか。
借入期間は、6ヵ月~10年なので、一般的なマイカーローンと変わりありません。

このマイカーローンを金利1.7%で利用するためには、2つのポイントがあります。

1つ目は、インターネットから申し込むことです。福島銀行のマイカーローン車助は、来店不要型のローンです。
なので、福島銀行に足を運ばなくても、ローンの契約を正式に結べるんですね。
もちろん、来店しても構いませんが、インターネット申し込みであれば金利が1.7%~2.9%であるのに対して、そうでない場合は2%~3.1%の金利になります。

2つ目は、1,000万円を超える借入金額を受けることです。
借入金額が1,000万円を超える場合には、金利が1.7%~1.9%とふり幅があっても非常に安い金利で利用できます。

ただし、1,000万円を超えるローンを組める人というのは、相当な収入のある方でないと、実現できません。
なので、金利ばかりに目を向けてローンを組むのではなく、自分のライフプランにあったローンを組むことが大切です。

返済方法は、元利均等返済です。毎月返済することになるので、毎月の返済額が家計の負担とならない金額に設定するのが望ましいです。
金利変動は年に2回行われます。
公式サイトでも、ローンの試算ができるので、まずは試算してみてから申し込みを行うとイメージがしやすいかもしれませんね。

秋田県にある金融機関の中で固定金利の低いところといえば東北労働金庫

秋田県内にある金融機関の中で、最も固定金利の低いところはどこなのかというと、「東北労働金庫」です。
東北労働金庫のマイカーローンでは、変動金利も利用できますが、固定金利として3つの種類があります。

1つ目は、返済期間が5年以内のマイカーローンです。
この場合、団体会員であれば1.95%の利率で利用できます。
団体会員でなければ、2.625%です。

2つ目は、返済期間が5年を超えて7年以内のマイカーローンです。
この場合、団体会員であれば、2.35%の利率で利用できます。
団体会員でなければ、2.85%です。

3つ目は、返済期間が7年を超えて10年以内のマイカーローンです。
この場合、団体会員であれば2.65%の利率で利用できます。
団体会員でなければ3.15%です。

つまり、団体会員であれば、非常に安く固定金利を利用できるということです。

「じゃあ、団体会員とはなんぞや?」となりますよね。

団体会員とは、東北労働金庫に出資している団体に所属している人のことを指します。
労働組合や国家公務員・地方公務員等の団体、福利共済活動を目的としている団体が、東北労働金庫に出資を行っているので、それらの団体に所属している方は、団体会員としての金利での利用ができます。

東北労働金庫のマイカーローンは、本人だけではなく2親等以内の家族のためのローンも組めます。
例えば、娘の車を購入するという場合に、父が名義人としてローンを組めるということです。
ただし、自家用車のためのローンになるので、事業用の車に対してのローンは組めません。

使い道は多い

このマイカーローンでは、車の購入だけではなく車に関することについても使えます。
例えば、自動車学校の資金やカーナビの購入資金、車庫を建設する資金にも充てられるんですよ。
フリーローン以外のローンって、使い道が決まっているためにあまり利用しないという方もいますが、車に関することならなんでもいいってことであれば、使いやすいですよね。

さらに言うと、クルーザーやモーターボート、ジェットスキーを購入するのにも、この東北労働金庫のマイカーローンは使えます。
多趣味で、これらの乗り物の購入を検討している方にとっては、嬉しいローンではないでしょうか。
もちろん、他の金融機関からの借り換えにも対応しているので、マイカーローンを1本化するときにも使えます。

借入金額は、1,000万円以内です。一般的な自家用車を購入するのであれば、この金額で十分ですよね。
返済期間は、最長で10年です。

返済期間によって利率が変わってきますが、無理して利率を下げるのも考え物です。
月々、家計に負担なく返済できる額を設定するのがベストなので、購入したいと思っている車の金額も身の丈に合ったものであるか、しっかりと考えてから購入するのが大事ですね。

また、固定利率だと変動利率と違って、利率の見直しが行われません。
なので、世間的には「この利率じゃちょっと高いな」という状況になっても、返済が完了するまでは、初めに契約した利率のままです。
なので、できるだけ早く返済できる額をローンで利用するに越したことはないですね。

ただし、金利が安くなる条件というのも存在します。
東北労働金庫のマイカーローンの金利が安くなる条件として、4つのことがあります。
この4つの条件のうち2つの項目をクリアしていれば、0.1%利率を下げてもらえるんですよ。

1つ目は、給与振込・年金振込で東北労働金庫を利用している場合です。
2つ目は、公共料金の口座振替を3つ以上指定している場合です。公共料金とは水道やガス、電気、NHK、電話等のことです。
3つ目は、マイプランを契約している場合です。
4つ目は、担保のある融資や担保のない融資を受けている場合です。

エコカー向けのプランを持っているのは秋田信用金庫

秋田県の金融機関の中で、エコカー向けのマイカーローンプランを持っているところは、「秋田信用金庫」です。
「カーライフプラン」と「カーライフプラン・エコ」というマイカーローンのプランを持っています。
この2つのマイカーローンの違いは、金利です。
カーライフプランの金利は変動で2.0%~2.5%であるのに対して、カーライフプラン・エコだと2.0%~2.4%です。

なぜ、金利に違いが出るのかというと、カーライフプラン・エコは、エコカーに関する資金のためにローンを組もうと思っている方のためのローンだからです。
「エコカー減税」等の推進もあったように、エコを推し進める風潮があります。

れは、エコカーの方が環境に良いからです。
なので、環境に良い車を購入等した方には特典をつけてもらえることが多くあるんです。

その1つとして、秋田信用金庫ではエコカープランを持っていて、金利を通常のプランより低く設定しています。
このカーライフプラン・エコを利用できる方は、新車のエコカーを購入する方、新車のエコカーについてオプション購入費に充てる方、新車のエコカーの借り換えを行う方です。
なので、新車のエコカーでなければ、利用はできません。

借入金額は1,000万円以内です。
1万円単位の利用が可能で、一般的なマイカーローンだと下限金額が決められているところですが、秋田信用金庫のカーライフプラン・エコでは特に定められていないので、1,000万円以内であれば、自分の借りたい金額を申請できます。
なので、本当に必要な資金を借入できるんですね。

借入期間は、3ヵ月~10年です。
最長10年なので、余裕をもった返済プランを立てられるのではないでしょうか。
変動金利なので、4月1日を基準日として、1年に1回利率の見直しが行われます。
返済方法は、毎月元利均等返済で、ボーナス返済も可能です。ただし、ボーナス返済するときの額は、借入金額の50%までと決まっています。

通常、マイカーローンの申請を行う際には、審査のために書類を提出しなければなりません。
それは、本人確認書類だったり、所得証明だったりします。

このカーライフプラン・エコでは一般的な書類に加えて、エコカーということを証明できる書類を提出しなければなりません。
それは、見積書や注文書がその証明書類となることがあるので、エコカーを購入したときの書類は大切に持っておきましょう。

借入までの流れとしては、まずFAXもしくは郵便で仮審査の申し込みを行います。
この時点で書類関係は必要ありません。

その申込書に基づいて、仮審査が行われます。仮審査申込書は、秋田信用金庫の公式サイトで印刷できますよ。
その仮審査が通れば、来店して正式な手続きをすることになります。
その本審査の際には、様々な書類が必要になるので、準備を忘れないようにしましょう。本審査を通過すれば借入です。

秋田県で利用できる来店不要の金融機関といえば

ネットで買い物

「マイカーローンを利用したいけれど金融機関の開いている時間に店頭に行けない」という方もいるのではないでしょうか。
金融機関の店頭窓口って、平日に休みがある方や自営業の方じゃないと中々いけませんよね。

金融機関には金融機関の事情があるところですが、それでマイカーローンを申し込みに行けないのも、利用する側としては考え物です。
そんな方におすすめなのが、来店不要のマイカーローンを持っている金融機関です。

来店不要ということは、申し込みから融資までそのすべてを、Webで完結できるということです。
申し込みのみWebでできるけれど、本契約は店頭に足を運ぶことにしている金融機関が多い中、融資までをWeb完結しているので、インターネット環境のある方であれば、気軽にマイカーローンの利用ができますよね。

店頭に足を運ばなくてもマイカーローンを利用したいという方にうってつけです。
来店不要の金融機関として、福島銀行と鹿児島銀行はすでに前述したので、その2つの金融機関以外で、秋田県で利用できる来店不要の金融機関として、4つあります。

埼玉りそな銀行

1つ目は、「埼玉りそな銀行」です。埼玉りそな銀行のマイカーローンは、Web完結できるのはもちろんのこと、仮申し込みであれば書類を提出する必要がないのが、気軽に利用できるポイントではないでしょうか。

仮申し込みの段階であれば、本人確認の書類も必要ないですし、収入証明書も必要ありません。
さらに、購入を検討している車がまだ確定していなくても、見積もり段階の金額さえあれば、OKです。

埼玉りそな銀行のマイカーローンの使い道は、自動車もしくはバイクの購入と他の金融機関からの借り換えに限られています。
借入金額は、10万円から500万円以内です。
1万円単位で設定できるので、本当に必要な資金の額でのローンが組めます。

借り換えの場合には500万円以内の金額で、他の金融機関で残っているローンの残高の範囲内になります。
借入期間は、1年以上~10年以内です。

金利は、埼玉りそな銀行でマイカーローンのみを利用している方については、4.475%です。
埼玉りそな銀行で住宅ローンも利用している方については、1.9%の金利となります。
住宅ローンを利用しているかどうかで非常に大きな金利の開きとなるので、埼玉りそな銀行でマイカーローンを利用する場合には、よく検討が必要ですね。

埼玉りそな銀行ではまず、仮申し込みをした後、仮審査が行われます。その仮審査に基づいて、本申し込みをするかどうかを決めます。
本申し込みすることにしたら、Webで申し込みを行い、本審査をしてもらい、それをクリアしたら本契約になります。

ここで注意が必要なのが、仮審査がクリアできても本審査をクリアできないこともあるということです。
埼玉りそな銀行のWebの仮申し込みでは、必要書類がありませんし、おおよその金額で行うことがあります。
そのため、本審査できちんと書類を出した場合とでは、審査の結果が異なることもあるのです。

住信SBIネット銀行

2つ目は、「住信SBIネット銀行」です。
ネット銀行というくらいなので、来店不要ですべてWeb完結でのマイカーローンの利用ができます。

住信SBIネット銀行のマイカーローンである「MR.自動車ローン」では、Webで融資まで完結できるだけではなく、購入する車が確定する前でも仮審査の申し込みもできますし、100万円までの借入であれば年収証明がいりません
なので、多くの方が気軽に利用しやすいマイカーローンであるといえますね。

住信SBIネット銀行のMR.自動車ローンでは、車関係のことであれば使い道は自由です。
車やバイクの購入での利用はもちろんのこと、車検や修理にも利用できますし、カーナビやオーディオなどのオプションをつける資金にも充てられます。
さらに、自動車免許を取得するための自動車学校の資金にも充てられますし、他の金融機関からの借り換えもOKです。

MR.自動車ローンの金利は変動型で、1.775%~3.975%です。
金利にはふり幅があるので気になるところではありますが、基本的には3.975%が基本の金利です。

一定の条件を満たすと、そこからマイナスされて金利が下がります。

一定の条件というのが、住信SBIネット銀行で住宅ローンを利用している場合とカードローンを利用している場合、SBI証券口座を保有している場合です。
住宅ローンを利用している場合は、マイナス1%してもらえますし、カードローンの利用・SBI証券口座の保有をしている場合は、マイナス0.5%してもらえます。

このMR.自動車ローンの良いところは、繰り上げ返済ができるところです。
基本は、元利均等返済での返済となりますが、返済期間中に余裕が出て「もっと多めに返済したいな」という状況になることもありますよね。

早めに返済できれば、金利もかからなくなるので、できればしたいところです。
他の金融機関だとボーナス返済で行うしかないところですが、MR.自動車ローンであれば、繰り上げ返済ができるのです。
しかも、Webサイトで簡単に繰り上げ返済の手続きができるので、気軽にできるんですよ。

MR.自動車ローンの借入金額は、10万円~1,000万円です。Web完結のマイカーローンなのに1,000万円が上限になるのは、嬉しいポイントですよね。借入期間は1年~10年です。

損保ジャパン日本興亜

3つ目は、損保ジャパン日本興亜です。損保ジャパン日本興亜のマイカーローンである「ジャパンダ・ネットマイカーローン」では、1.9%~2.85%というWeb申し込み・来店不要のマイカーローンにしては非常に低い金利でマイカーローンの利用ができます。
来店しなくていいのに、これくらい低い金利で利用できるのは、嬉しいですよね。
固定金利なので、返済している途中で金利が変わりこともありません。

損保ジャパン日本興亜のマイカーローンの借入金額は、20万円~999万円です。
「え?1,000万円じゃないの?」と思われるでしょうが、たった1万円少ないだけでもなんとなくインパクトありますよね。
しかも、下限額も20万円~と、他の金融機関の下限額は5万円や10万円、50万円が多いのを考えると、非常に珍しいです。
借入期間は、6ヵ月~10年です。

このマイカーローンの魅力は、そこだけではありません。
なんと、フレッシャーズ優遇やバイク割引の金利割引特典があるのです。

フレッシャーズ優遇とは、年齢の若い方でもマイカーローンを利用しやすいように配慮された特典で、借入金額が200万円以下でマイカーローンを申し込みしたときの年齢が満20歳から満25歳以下の場合には、金利がマイナス0.1%になります。

バイク割引は、バイクを購入するために損保ジャパン日本興亜のマイカーローンを利用する方のための割引です。
借入金額が499万円以下であり、排気量251cc以上のバイクを購入する場合には、金利がマイナス0.1%になります。
フレッシャーズ優遇とバイク割引の併用はできないので、注意が必要です。

さらに良いのが、わざわざ損保ジャパン日本興亜の口座を開設しなくてOKであるところです。
よりよく、マイカーローンを利用するためには、利用しようと思っている金融機関で口座開設する必要がありますよね。

「マイカーローンの資金を一旦口座に振り込みますので」とよく言われますが、あれって結局は顧客獲得のためなんですよ。
しかし、損保ジャパン日本興亜ではそんなことは言われません。

どこの金融機関でもいいので、口座さえ持っていればその口座でのマイカーローンの利用ができます。

つまり、秋田県内にある金融機関をずっと使ってきた方でも、気軽に損保ジャパン日本興亜のマイカーローンが利用できる、ということです。
ただし、一部の農協やネット銀行では利用できない場合があるので、利用できるかどうか確認すると良いですね。

損保ジャパン日本興亜のマイカーローンの公式サイトに行くと、非常に丁寧に説明書きされているので、初めてWebでローンを利用する方でも安心して利用できるよう配慮されています。
Webでローンを利用するとなると、「自分の経済状況で利用できるのか、軽く確認したい」と思いますよね。

そんな方のために、仮審査を申し込む前の月々の返済額をシミュレーションできるバナーもあります。
なので、仮審査を申し込まなくても、自分でおおよその判断もできるので、損保ジャパン日本興亜のマイカーローンを利用するかどうかの判断もしやすいのではないでしょうか。

りそな銀行

4つ目は、「りそな銀行」です。
りそな銀行のマイカーローンには、5つのポイントがあります。

1つ目のポイントは、Webですべて完結することです。
仮審査から融資までWebで完結するので、来店してしっかり行員の説明を聞いて、電話連絡をして、といくつもの段階をすべてWebで完結できます。
なので、休日でも契約手続きができるので、休日しかゆっくりマイカーローンの手続きができないという方でも安心ですね。

2つ目のポイントでは、10万円~500万円の借入金額を1年~10年の借入期間で返済することです。
「え?500万円しか借りられないの?」と思われるかもしれませんが、逆に言うと1,000万円を10年で返済しなければならない金融機関と比べると、2分の1の余裕がありますよね。
そのため、余裕を持った返済計画を立てやすいのです。資金計画に応じた返済プランを考えられるので、家計に負担とならないんですよ。

3つ目のポイントは、繰り上げ返済手数料と保証料が0円であることです。
あまり、この部分を気にしない方もいらっしゃいますが、実はここを気にしないと「いつの間にか余計なお金がかかっていた」なんてこともあるんですよ。

金融機関によっては、繰り上げして返済するのに手数料のかかる場合があります。
それは、できるだけ返済期間が長くなることによって、利率分を回収できるからです。
そのため、繰り上げする場合には手数料をとるところもあるので、実は注意の必要な部分なんですよ。

4つ目のポイントは、仮審査については書類がいらないことです。
Webで審査をしてもらえるといっても、それは正式な契約を結ぶための厳正な審査を行う必要があるので、通常はWebでの申し込み時に書類の提出を行います。

しかし、りそな銀行のマイカーローンでは、仮審査の段階であれば、書類の提出は不要です。
その仮審査の結果によって、本審査に進むかどうか決めてOKなのです。本審査の場合には書類が必ず必要になるので、準備しましょう。

りそな銀行の金利は、1.9%~4.475%です。
金利のふり幅が大きいですが、基本は4.475%での借入となります。
しかし、りそな銀行で住宅ローンを利用している場合には、その優遇措置として1.9%の金利が適用されるのです。

住宅ローンは非常に大きなローンでもあるので、大きな優遇措置がとられるわけですね。
なので、りそな銀行で住宅ローンを利用している方であれば、マイカーローンの利用はりそな銀行が一番いいのではないでしょうか。

秋田県でマイカーローンを利用するなら来店型と来店不要型はどちらがいいのか

タイプの選択

秋田県で利用できるマイカーローンを持っている金融機関には、来店型と来店不要型の2種類があります。
なので、どちらも利用できる場合、どちらを利用したら良いのか迷うところではないでしょうか。
来店しなくても良いとなると、「じゃあ、来店型のメリットってなに?」という気持ちにさえなりますよね。

秋田県で利用できるマイカーローンを持った金融機関をどこにするか選ぶ際に、来店型であるのかそれとも来店不要型であるのかというのは、特にメリットにはなりません。
もちろん、仕事が忙しくて中々金融機関の店頭に行けないという場合や、すぐ近くにマイカーローンを取り扱った金融機関がたくさんないため、選べないというような場合には、来店不要型は大きなメリットがあります。

ところが、特に上記以外の理由がない場合には、大きなメリットはないのです。
マイカーローンを利用するにあたって一番大事なことは、「いかに金利の安いマイカーローンを利用するか」ということです。
なので、来店型であっても来店不要型であっても、来店できない大きな理由がない限りは、自分にとって最も金利の安くなるプランを選ぶことが必要なのです。

どの金融機関を利用すれば金利が安くなるのかは、人によって異なります。
なぜなら、金利の安くなる条件のほとんどは、マイカーローンを利用しようと思っている金融機関の顧客であることが条件だからです。

また、返済期間や借入金額、利用者の信用度によっても金利は異なります。
現在利用している金融機関は、人によって違いますし、収入や借入金額、返済期間はそれこそ千差万別です。

なので、「秋田県で利用できるマイカーローンは、ここが一番良い!」というのは、人によって違うのです。
そのことから考えると、秋田県でマイカーローンを利用したいと思った場合には、複数の金融機関をしっかりとチェックすることが大切です。

車の前に立って疑問を感じている女性

「複数といってもどの金融機関とどの金融機関を比べたらいいの?」と迷いますよね。

まずは、自分が利用している金融機関同士を比べるだけでも、だいぶ判断がしやすいですよ。1人の人が利用している金融機関が、1つだけに限られる場合はそんなにないことでしょう。
社会人であればほとんどの人が、2つ以上は金融機関の口座を持っているはずです。

自分が持っている口座の金融機関を比べるだけでも、その違いはありますし、「こっちの方が金利は安くなる」という判断がしやすいです。
そのうえで、来店不要型のWeb完結の金融機関をチェックするのがおすすめです。

来店不要型の場合、その多くが公式サイトである程度のシミュレーションができます。
したがって、自分が実際に口座を持っている金融機関と、目を付けた来店不要型の金融機関を比べることで、自分にとって最も安い金利で利用できる金融機関を調べられるのです。

なぜ金利に着目する必要があるのか

車とお金

「金利より親しみのある金融機関を優先してはいけないの?」と思われる方もいることでしょう。
ローンを利用する場合、必ず元本だけではなく金利も支払わなければなりません。
これは、元本を貸している間、貸主はその貸したお金を使えないのだから、その補てんとして支払う意味合いがあります。

金利は毎月支払うものなので、金利が大きければ大きいほど返済に対する負担は大きくなります。

年でたった数%といっても、塵も積もれば山となるとの諺通り、金利さえ安ければ支払わなくて良かった分まで支払わなければならなくなってしまいます。
その塵も積もれば山となった金額を、果たして「親しみのある金融機関」というだけで腑に落ちるかどうか、というのが問題になります。

例えば、A社の利率が1.8%でB社の利率が2.5%であった場合、その差は0.7%です。
「たった0.7%」と思う方もいるかもしれませんが、B社を選んで0.7%分多く金利を支払うということは、A社を選べば自分の使えるはずだったお金を0.7%分、B社に差し上げているともいえるのではないでしょうか。

もちろん、人によって価値観は異なるので、例えたくさんのお金を支払ったとしても、親しみのある金融機関を利用したい、というのであれば、全く問題はありません。

しかし、マイカーローンは金融機関から借りたお金であるとはいえ、返済するお金は自分で働いて稼いだ大切なお金です。
自分で働いて稼いだお金は、本来であれば自分の自由に使っていいはずです。

なので、金利が高い金融機関を選ぶということは、その分だけ自分に投資できたはずのお金を支払うということを知っておきましょう。
そのことを踏まえたうえで、自分にとって一番良い金利の金融機関を選ぶことが大切です。

静岡銀行マイカーローン

静岡銀行申込

しずぎんマイカーローンの魅力は「2.4%~3.4%」という金利の安さと、自動車購入以外にも様々な用途で使えるということです!

                         
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
100万円~1000万円 2.4%~3.4%車検費用・修理費用・免許取得費用・借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)不要

ディーラー経由で借りるより大分お得で、借入可能かどうかの簡易シュミレーションが5秒で出来るので、一度チェックしてみると良いと思います。全国対応ですしね。

静岡銀行申込

三菱UFJ銀行マイカーローン

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は最長10年のローンが組めるので、月々の返済額をぐっと少なく設定することができます。少し審査は厳しめですが、誰もが知る安定感のある大手銀行なので、安心してローンを組めることが人気の要因となっているようです。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
50万円~1000万円通常時2.975%
(キャンペーン開催中は金利優遇されます)
借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)三菱UFJの口座があれば来店不要

使いやすいサービス内容となっているローンであることも「ネットDEマイカーローン」の魅力と言えるでしょう。最低50万円~最高1000万円と借入の額も広いので、ローンを組む場所に迷ったら、ひとまず候補の一つとして考えておくと良いかもしれませんね。

三菱UFJ銀行申込

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン

損保ジャパン日本興亜の"ジャパンダ・ネットマイカーローン"の魅力は固定金利なところ!金利も1.9%~2.85%と低く利用しやすいですね。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
20万円~999万円1.9%~2.85% -
保証料繰り上げ返済来店
保証料込み可(別途手数料が必要)不要

土日祝も対応していて、最短だと当日審査完了なので時間がない人でも申し込みやすいですよね。
本審査完了後のキャンセルもOKです。

失敗しない車の売り方

無料一括査定

スポンサーリンク