自動車保険見直しガイド
エース損害保険

エース損害保険会社はスイスのチューリッヒを拠点とした外資系の保険会社です。スイスのチューリッヒと言えばチューリッヒの自動車保険と同じですね。スイスは自動車保険が盛況なんでしょうか。

自動車保険に関してはインターネットでの販売は行っておなず代理店型の自動車保険という事になります。またCMなどの広告はあまりやっていないので聞いた事が無い人もいるかもしれません。

エース損害保険は旅行保険や医療保険も販売しており、自動車保険では家庭用自動車保険の他にクラシックカー専用の自動車保険も販売しています。これはなかなか珍しい保険ですので気になる人は参考にしてみてください。まぁ補償内容はほとんど同じですけどね。

参考:クラシックカー保険の概要と評判や口コミ

それでは、エース損害保険の家庭用自動車保険の内容について見ていきましょう。

スポンサーリンク

補償内容

エース損害保険が提供している保険内容を一覧形式で紹介します。

最終更新日:2014年12月4日
エース損害保険

エース損害保険の自動車保険の特徴は基本となる補償が無い点です。他の保険会社では対人賠償保険・対物賠償保険は必ずセットになっているものが多いのですが、エース損害保険は基本的な補償である対人・対物の付帯も選択自由となっています。

ただ、自動車事故での損害賠償の対象は人・物となるので選択自由とはいえやはり無制限で付帯する必要があるとは思います。

対物賠償保険に限度額を設定して節約しない方が良い2つの理由

■搭乗者傷害保険
エース損保の搭乗者傷害保険の保険金の支払方式は、日額払い方式です。日額払い方式では医療保険金を搭乗者の入通院日数に応じて支払います。

多くの保険会社では日額払い方式では無く「部位・症状別払方式」が採用されているので、エース損保の搭乗者傷害保険は珍しいタイプです。

ほとんどの保険会社で部位・症状別払方式が採用されている理由

ほとんどの保険会社では部位症状別払方式が採用されています。なぜならこの方式は、怪我をした場所や症状によって一律で保険金を支払うだけで済む保険であり、入通院日数がどれだけ長くなっても保険金が増えないからです。

一方、日額払方式は入通院日数が増えれば保険金の支払額も増えていきます。よって利益を出したい保険会社は部位・症状別払方式を採用したがるわけですね。

エース損害保険は日額払方式を基本としつつ、部位症状別払方式も特約で選択できるので、搭乗者傷害保険に関する補償はかなり手厚い事になりますね。

■車両価額協定保険特約
この特約は車両保険を付帯した場合に自動で付帯される特約です。内容は、自動車保険を契約した時点での契約車両の型式や仕様などと同様の自動車の市場販売価格相当額を、車両保険の保険金額として設定する特約です。

この特約により、保険期間中に自動車を走行させる又は時の経過による減価を考慮する事なく契約期間中は保険金額は一定のままとなります。そして事故の際には保険金額を限度として保険金の支払が行われる事になります。

■地震・噴火・津波「車両損害」補償特約事故対応

以下、エース損害保険の家庭用自動車保険の主だった事故対応内容です。

  • 24時間365日対応の事故受付
  • 1事故1担当者制
  • 日本保険業界初のISO9001認証取得 *1
  • 示談交渉代行
  • 事故時のサポート *2
  • 400ヶ所以上の修理工場ネットワーク
上記の中でも気になったものをピックアップして紹介しますね。

*1:日本保険業界初のISO9001認証取得■
ISOとは国際標準化機構の略称で企業が提供する商品やサービスの品質を保障する枠組みのような物です。日本でいうとJISといった品質規格がありますが、これは日本だけでの品質保証です。近年はグローバル化が進み世界共通の品質規格が必要になり、その品質規格となるのがISO9001となります。

エース損害保険は損害調査及び保険金支払いの業務に関してこのISO9001認証を取得しています。

*2:事故時のサポート■
事故時のサポートは人身傷害保険と車両保険を付帯している場合に受ける事ができるサービスです。このサービスは事故現場での救護活動や警察・救急への連絡や二次災害防止措置等のサポートを電話でしてくれます。また事故状況によっては提携会社のスタッフを派遣してくれる事もあります。

但し、示談は行いません。また高速道路でのトラブルはサービスの対象外となっています。

ロードサービス

エース損害保険のロードサービスは「人身傷害保険」をセットした契約者に提供されるという一風変わった制度になっています。通常は全ての契約又は車両保険を付帯した契約にロードサービスを提供する保険会社が多いので、思い込みで契約をすると「あれ?」って事になるので注意が必要ですね。

それではロードサービスの内容を見ていきましょう。

  • レッカー無料距離-50km
  • 修理完了後の車両搬送費用又は自分で引取に行く場合(1名分)の交通費を5万円まで補償 *1
  • 宿泊先手配と宿泊費用を搭乗者全員分1人につき1万円まで補償 *1
  • 帰宅手段の手配をし帰宅費用を搭乗者全員分1人につき2万円まで補償 *1
  • ガス欠になってしまった場合にガソリン10Lを無料でお届け*2
  • 無料修理サービス(作業時間30分まで)*3
  • 携帯電話GPS位置特定サービス有り *4

*1トラブル地点が自宅から半径100㎞以上の場合が対象
*2契約期間中1回まで

*3:無料修理サービス■
パンクやオイル漏れなどの緊急トラブルはロードサービスの対象になります。車の故障はいつどこで発生するかわかりませんのでロードサービスは付帯する必要がありますが、そのためには人身傷害保険を付帯しなければなりません。少し変わった形式です。

エース損害保険ロードサービス

また、全てのサービスを無料で受けられる訳ではない事にも注意が必要です。例えば、パンクした場合では契約車両に積載しているスペアタイヤ以外のタイヤ交換は有料です。また、エンジンオイルや冷却水などのオイル代等も有料です。

*4:携帯電話GPS位置特定サービス■
ロードサービスをすぐに提供してもらう為の携帯電話のGPS機能を利用した位置特定サービスです。

トラブルが起きた位置をうまく保険会社に伝える事ができない場合や場所もあると思いますので、下記のリンク先のページを携帯にブックマークしておいてトラブル時にはそのページを利用して連絡をする事により迅速なロードサービスを提供してもらう事ができます。

携帯GPSサービスページ⇒http://www.ace-insurance.co.jp/gps/jp

保険料の割引制度

エース損害保険は主として2つの割引制度+複数台所有の割引+リスク細分型割引の至ってシンプルな割引制度を用意しています。

種類割引内容備考
新車割引車両保険5%
対人・対物・人身・搭乗保険9%
*1
複数所有新規割引2台目は7等級からスタート*2
ノンフリート多数割引3~5台 3%
6台以上 5%
*3
ゴールド免許割引不明
リスク細分型割引使用目的割引
運転者限定割引
年齢条件割引
等級別料率制度
料率クラス制度

*1 初度登録年月が25ヶ月以内の車両の場合に適用
*2 1台目が他社の契約でも適用可能
*3 1つの保険証券にまとめる事で適用

代理店型の自動車保険なのでインターネット割引もなく、保険料の割引にはあまり期待できません。ただ冒頭でも紹介したように宣伝広告費をあまり掛けていない分浮いた費用が保険料に反映されているかもしれません。


2014年11月現在、エース損害保険は自動車保険に関してはキャンペーンは行っていません。新しくキャンペーンが催されればこちらに掲載していきたいと思います。

エース損害保険の顧客満足度

ここでは2014年に発表されたオリコンの自動車保険満足度ランキング2014のエース損害保険の満足度を紹介します。

種類順位
総合部門10位以下
保険料部門10位以下
ロードサービス部門10位以下
事故時、コールセンターの対応部門10位以下
事故処理対応部門10位以下
保険金支払いまでのスピード10位以下

表の項目以外また年代別でも10位以内にランクインしておらず、利用者が少ない事が予想されます。オリコンランキングは評価した人数が少なくても特別枠として掲載するので利用者の評価はいまいちなのかもしれません。

そこで、オリコンでは実際の利用者の声がまったく分からないので、口コミ・評判について調べてみたので参考にしてください。

エース損害保険の口コミ・評判

■良い口コミ■

・CMなど広告費にまったくお金を掛けていない分代理店型の中では保険料が安い方だと思う。

・事故した時もしっかり対応してくれました。

・クラシックカーを乗っているので、クラシックカー保険のあるエース損害保険にはお世話になっています。

・解約時の対応は良かった。なぜ解約だけなのか・・・。

悪い口コミ

・損害保険会社と代理店の情報共有が全くされていないため事故時の連絡など二度手間になる。

・事故の対応で電話を掛けたが出てくれなかった。旅行中かな。。。

・加害者側がエース損害保険でしたが、保険金を払う気がまったく無い。

・海外旅行保険はなかなかのサービスだけど日本国内の自動車保険はいまいちな感じ。

その他の口コミ

・エース損害保険?聞いた事があまり無いから選択肢には入ってこないかな。

企業や商品のブランド力というのは大切なんでしょうね。50円や100円の商品ならチャレンジする気にもなりますが、数万円の商品にチャレンジする人はあまりいないのかもしれませんね。

・自動車保険って結局生涯トータルでこれくらい必要なのかな?それ次第では代理店型からダイレクト型に乗り換えを考えるわ。

自動車保険は1年で数万円が必要なので毎年積み重なっていくとかなり大きな金額になりそうですよね。見積もり条件次第になりますが、およそ300万円前後といったところだと思います。

参考:18歳から70歳まで保険料を支払ったら合計いくらになるか計算してみた

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定