自動車保険見直しガイド
三井住友海上

三井住友海上はMA&ADのグループ企業で、同グループにはあいおいニッセイ同和損保や三井ダイレクト損保があります。三井住友海上の自動車保険は少し保険料が高いけれども、事故対応の質は良いといった典型的な代理店型の保険です。

自動車保険の商品名がGKという事で、テレビでもサッカーのゴールを堅守するというような内容のCMを放送しています。契約者をしっかり守り・補償するといったコンセプトが有るんでしょうね。

この三井住友海上のGKクルマの保険はCM通りの安心できる内容なのか見ていきましょう。

補償内容

三井住友海上が提供している保険内容を一覧形式で紹介します。

最終更新日:2014年12月2日
GKクルマの保険GKクルマの保険2GKクルマの保険3

三井住友海上の自動車保険の特徴は「対人賠償保険・対物賠償保険・人身傷害保険(搭乗中のみ)」の3つを基本補償として必須加入事項としています。契約する場合は三井住友海上が用意している3つのプラン(基本・標準・充実)から選択するか3つの基本補償に特約を付帯していって自由に保険を組み立てていくことになります。

※4 地震・噴火・津波「車両損害」補償特約は新規で契約する場合には付帯する事はできません。地震等の損害を保険でカバーしたい人は地震・噴火・津波車両損害定額払特約を付帯する事で補償範囲とするようにしてください。

また用意されている特約が非常に多いので保険を組み立てるのに時間がかなり必要になってきます。そのため、三井住友海上も3つのプランを用意しているのでしょう。

この特約は一体何!?

補償内容一覧を見ると見た事が無い特約や名称からではどう補償されるのかわからない物がありますよね。これらは公式サイトやパンフレットに載っておらず普通約款の方に記載されているので、そこまで目を通す人はなかなかいないと思いますが、簡単にその内容について説明したいと思います。

■記名被保険者同僚災害特約(自動付帯)
仕事にも契約車両を利用し、搭乗した同僚が事故で怪我をしたような場合などに契約者の同僚に対しての賠償責任を補償する特約です。対人賠償保険ではこのような業務に使用しての同僚に対する賠償責任は補償範囲外となっていますが、この特約が自動付帯されているのでこういった場合も補償される事になります。

■対物賠償限度額「10億円」特約(自動付帯)
契約車両に積載した危険物による損害、航空機に対する損害が発生した場合には、対物賠償保険の保険金額が10億円~無制限の場合であっても補償限度額が10億円とする特約です。

これらの事故は損害額が膨大に膨れ上がるため補償範囲を限定しますよという特約ですね。過去の対物事故での最高損害賠償額は2億6千万円なので(参考記事)、損害額がそこまで大きくなるほどの危険物の積載や航空機と接触するような機会は一般的には無いと思いますが。

■特殊車「車両」補償範囲特約(自動付帯)
この特約はタンク車やふん尿車などの場合に自動付帯とされていて、補償の範囲を「これらの車両に装備されているホースは含みませんよ」とする特約です。

家庭用の車を所有する人にとっては全く関係の無い特約となります。

三井住友海上のGKクルマの保険は色んな事故や状況を想定してたくさんの特約を用意していますね。普通に自動車を運転する人にとっては無関係な特約もありますので、特約を多く付帯するのではなく自分の生活や家族構成などに必要な特約を選択する事が必要です。

必要の無い特約はいつまで立っても役には立たず保険料の無駄になりますからね。契約する前に本当に必要かどうかを考えてから判子を押してくださいね。

事故対応

以下、三井住友海上の主な事故対応内容です。

  • 24時間365日対応の事故受付
  • 夜間・休日の事故でも初期対応(夜10時まで)
  • チームを組んで事故対応
  • 入院時スタッフ訪問サポート有り *1
  • タイムリーな経過報告
  • 示談交渉代行
  • 書類省略サービス有り

パンフレットや約款、WEBサイト等を見てみても事故対応の内容を詳細に記載していない事ので、事故対応はそこまで良くないのでは?というイメージを持ってしまいがちですが、実は事故対応の顧客満足度は4位、5位となかなか上位にランキングされています。紙面や情報では見えない質の高いサービスを提供しているんでしょうね。

*1:入院時スタッフ訪問サポート有り■
自動車事故によって入院した場合に契約者が望めば事故対応の説明のために事故対応スタッフが伺う【入院まごころ訪問サービス】を提供しています。

入院するような程の大きい事故の場合には、示談や保険金の支払い関係など様々な不安が付きまといます。このような時に専門のスタッフが訪問してくれれば非常に安心でき治療に専念できますよね。

軽い怪我で自宅に訪問されてもうっとおしいと思う人もいるでしょうし、また重い怪我の場合の方が訪問が必要な場合が多い事から「入院時」という制限を設けているのでしょうね。

ロードサービス

三井住友海上のロードサービスは運搬・搬送・引取費用特約を付帯するとサービスを受ける事ができます。

  • レッカー無料距離-15km
  • ▲修理完了後のクルマ搬送・引取費用 *1
  • ▲トラブル地点から目的地までの移動費用(1人2万円)
  • ▲緊急宿泊施設紹介・宿泊代支給(1人1万円)
  • 故障や様々な車のトラブルに対処(30分以内の作業料は無料)
  • 落輪の引き上げ作業
  • レンタカーやガソリンスタンドの紹介
文頭に「▲」が付いているサービスはレッカーサービスの利用が前提です。

*1:運搬・搬送・引取費用特約■
最近では多くの保険会社でロードサービスをデフォルトのサービスとして位置づけていますが、三井住友海上は【運搬・搬送・引取費用特約】を付帯しないとロードサービスを受ける事が出来ません。なので、知らずに契約をしてしまうと「ロードサービス付いてないの?」となってしまうので注意が必要です。

この特約の補償金額は15万円となっていますが、車両保険を付帯した場合には車両保険金額の10%か15万円のいずれか高い額となります。例えば車両保険金額が200万円であれば20万円が限度となります。

三井住友海上のロードサービス顧客満足度も10位という事と内容から見て「普通」といった感じですね。

■ロードサービス利用時の注意点■
事故や故障などのトラブルに巻き込まれた場合には、冷静に対処できない事が往々にしてあります。故障の場合には道路を自分の車両が一時的に塞いでしまう事になり後続車両が渋滞を起こしてしまいます。周りに迷惑を掛けてしまうので早く車をどかそうとしてレッカー業者に直接連絡しようと考えてしまいますよね。

この業者の手配には注意が必要です。直接連絡をしてしまうと業者の作業費用は全て自己負担になってしまうためです。なので事故・故障に遭った場合には必ず保険会社に連絡してレッカー・ロードサービスを利用するようにしてくださいね。

保険料の割引制度

三井住友海上には主として6つの保険料割引制度+セカンドカー割引・ノンフリート多数割引+リスク細分型割引が存在しています。

種類割引内容備考
イモビライザー割引不明
福祉車両割引3%
長期優良割引1.5%*1
ゴールド免許割引8%~10%
新車割引保険毎に割引率が異なる*2
公有割引・準公有割引不明*3
セカンドカー割引初年度7等級スタート*4
ノンフリート多数割引台数によって割引率が異なる*5
リスク細分型割引使用目的割引
運転者限定割引
年齢条件割引
等級別料率制度
料率クラス制度

*1 20等級かつ事故有係数が0かつ1年間無事故の場合
*2 電気自動車・ハイブリッドカーの場合には割引率1%加算
*3 国・地方公共団体又は準公有団体が所有かつ使用する場合
*4 セカンドカー割引の細かい適用条件については、公式サイトQ&Aをご覧になって下さい。
*5 ノンフリート多数割引についても、公式サイトQ&Aを参考にしてください。


また、2014年10月1日から2015年9月30日まで28日以上早く更新手続きを行った人に毎月抽選で200名にカタログギフト、800名に図書カード500円分が当たるスグトクキャンペーンを実施中です。

スグトクキャンペーン

三井住友海上の顧客満足度

ここでは2014年に発表されたオリコンの自動車保険満足度ランキング2014の三井住友海上の満足度を紹介します。

種類順位
総合部門10位以下
保険料部門10位以下
ロードサービス部門10位
事故時、コールセンターの対応部門4位
事故処理対応部門5位
保険金支払いまでのスピード4位

コールセンターの対応が4位、事故対応が5位そして保険金の支払いスピードが4位と高評価を得ていますね。事故を起こした時は安心できる保険会社と言えますね。しかし総合で10位以下となっているのは、やはり保険料の高さがかなり影響しているためでしょうね。

サービスと保険料を天秤に掛けあなたはどちらを選びますか?

三井住友海上の口コミ・評判

■良い口コミ■

・事故した時の安心感・信頼感が違います。保険金の事からこちらの怪我の事までしっかり気を配ってサービスを提供してくれます。

・保険料はやっぱり高い。高いけどいざって時のサービスにお金を払ってると思って我慢してます。

・自動車保険に全く詳しくない私が色々質問しても嫌な顔1つせず丁寧に答えてくれて納得して契約する事ができました。

・担当者の顔を見て契約する事ができるのでダイレクト型と比べると安心感が違います。

悪い口コミ

・相手の保険会社が三井住友海上だった場合は保険金が満額払われると期待しない方がいい。必ず裏切られますよ。

・新人研修とかで嘘のつき方とか教えてるんだと思う。社員の勉強熱心振りはアッパレです。

・事故の相手の保険会社が三井住友海上。連絡は遅いし、対応は悪いし。無視したら裁判しましょうか?だって。怖すぎる。

・自分が加入した場合はいいかもしれない。でも被害者の事を考えると加入はあまりオススメできない。

その他の口コミ

・三井住友海上を契約している人は車を購入した時にディーラーで一緒に保険を契約する人が多いのかな。ディーラーも実入りが良い物を進めるよね普通。

ダイレクト型と比べるとやはり代理店型の自動車保険は高くなってしまいますよね。色んな保険会社を比較する事が大切で、今は簡単に比較見積もりができるんですけどね。

・三井住友海上で契約してるけど、車あんまり乗らないんだよね。乗る時だけ付帯できる保険ってないのかな。

あまり車に乗らない人にとっては保険料の高い自動車保険に加入する事は少し無駄かもしれませんね。ほんとにあまり乗らないのなら1日単位で加入できるちょいのり保険というものがあります。

参考:1日から使える自動車保険「ちょいのり保険」を解説!

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定