自動車保険見直しガイド
あいおいニッセイ同和損保

シロクマがマスコットとなってCMにも登場している、あいおいニッセイ同和損保の「TOUGHクルマの保険」について見ていきましょう。この「TOUGH」という保険商品名は「迅速」「頼れる」「優しい」の3つのキーワードをからつけられていて、契約者の立場を常に考えた対応に定評があります。

保険会社は銀行と同じで、昔から合併を繰り返し大きくなっていくのが一般的ですが、「あいおいニッセイ同和損保」も例外ではありません。

あいおいニッセイ同和損保は「あいおい損害保険株式会社」と「ニッセイ同和損害保険株式会社」の合併により誕生した会社ですが、元となる「あいおい損害保険」は「大東京火災海上保険」と「千代田火災海上保険」が、「ニッセイ同和損害保険」は「同和火災海上保険」と「ニッセイ損害保険」が合併してそれぞれ誕生した会社です。ここまでくると、もう覚えるのはかなり難しいですね・・・

スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり

補償内容

あいおいニッセイ同和損保が提供している保険内容を一覧形式で紹介します。

最終更新日:2014年12月21日

あいおいニッセイ同和損保の補償内容

あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は「対人賠償責任保険・対物賠償責任保険・人身傷害保険」の3つが柱として基本補償として設定し、他にもかなり多くの特約が用意されています。代理店型なので、加入前に代理店の方としっかり相談してから契約内容を決めるようにしましょう。

人身傷害保険の追加特約

人身傷害保険は必須加入事項ですが、追加で「自動車事故特約セット」というものが用意されています。これは、

  • ①契約している車に乗車している時の事故
  • ②他人の自動車に乗車している時の事故
  • ③歩行中に遭遇した自動車事故
の全てのパターンの事故に対して保険金が支払われる特約です。一方、「自動車事故特約セット」を利用しない場合は、②・③が補償されないことになるので、是非利用したいですね。

対歩行者等傷害特約

また、珍しい特約として「対歩行者等傷害特約」があります。これは契約している車が事故に遭遇し、歩行中若しくは自転車に乗っていた方を死亡やケガにより入院させた場合に、「対人賠償責任保険で補償されない相手の方の過失部分を含んだ損害の額」を保険金額を限度に補償してくれるものです。

事故の相手方が歩行者や自転車に乗っていた方の場合は責任割合に対する理解が中々得る事が出来ずに、解決まで時間がかかってしまうこともあります。そこで、この特約によって「相手の過失部分について保険金を支払うことで納得を得やすくなる」という仕組みです。自動セットなので付け忘れが無く、安心ですね。

事故対応

以下、あいおいニッセイ同和損保の主だった事故対応内容です。

  • 24時間365日対応の事故受付
  • GPS緊急通報サービス有り
  • きめ細やかな経過報告
  • スマートフォンアプリ「サポNAVI」*1
  • 示談交渉代行有り
  • 全国約4,000ヶ所の拠点から優良な出動業者が救援
上記の中でも気になったものをピックアップして紹介しますね。

*1:スマートフォンアプリ「サポNAVI」■

サポナビ

スマートフォンアプリとして「サポナビ」があり、日常生活で使える機能から事故発生時に役に立つ機能まで様々なものが提供されています。

  • ドライブモード・・・事故緊急通報サービスやドライブレコーダー付『運転力』診断など、運転中に使える機能があります。
  • レスキューモード・・・事故時の初期対応方法を手順が分かりやすく説明されており、ロードアシスタンスサービスの利用する際にはGPS機能を使って迅速な対応をしてもらうことができます。
他にも「お役立ちツール」として、天気予報やコンビニ検索など、日常生活でも使える便利な機能が備わっています。

ロードサービス

あいおいニッセイ同和損保のロードサービスについて以下で見てみましょう。

  • レッカー無料距離-15km*1
  • 鍵閉じ込めなど様々なトラブルに対応(30分以内の作業まで)

あいおいニッセイ同和損保が無料で提供しているロードサービス内容は、他社と比べると少ないですね。ここに記載されていない事故時の宿泊費や交通費などの付随費用に関する補償については、任意で「事故・故障付随費用特約」を付けることによって補償されることになります。

特約を付ける保険料としては大した金額にならないかもしれないですが、もともとロードサービスの一環として提供される方が、契約を考える側としてはプラスポイントになるでしょうね。

*1:レッカー無料距離-15km■

レッカー移動は15kmまでが無料とされており、15kmを超える場合のレッカーけん引・車の搬送費、クレーンなどの作業料金、有料道路などの費用が発生した場合は、自動付帯の「運搬・搬送費用特約」で補償されることになります。

なお、契約者がJAFの会員の場合は、JAFの無料レッカー移動距離15kmと合わせて合計30kmまでのレッカー移動を無料で利用することができます。

保険料の割引制度

あいおいニッセイ同和損保には主として6つの保険料割引制度+ノンフリート多数割引+従来のリスク細分型割引が存在しています。

種類割引内容 
イモビライザー割引3%
ECOカー割引3%
新車割引1 〜21% *1
耐損傷性・修理性割引12%
福祉車両割引3%
長期優良契約割引2%
ノンフリート多数割引2〜5%
リスク細分型割引走行距離割引
使用目的割引
運転者限定割引
年齢条件割引

あいおいニッセイ同和損保の珍しい割引制度として、「耐損傷性・修理性割引」があります。これは、「衝突実験装置を使用して実施した衝突実験で、会社の定める基準を満たした、初度登録年月から始期日までが13ヶ月以内の契約の場合」に割引を受けられるというものです。

つまり、新型車のうち一定の車両性能を備えているものについて割引をします、ということです。例えばトヨタの有名車種86(ハチロク)は12%の割引が受けられる車種として2012年に指定されていました。

*1 契約している保険の内容によって割引率が異なります。

あいおいニッセイ同和損保の顧客満足度

ここでは2014年に発表されたオリコンの自動車保険満足度ランキング2014のあいおいニッセイ同和損保の満足度を紹介します。

種類順位
総合部門圏外
保険料部門圏外
ロードサービス部門圏外
事故時、コールセンターの対応部門圏外
事故処理対応部門圏外
保険金支払までのスピード圏外

ここで紹介しているランキングでは全て10位以下となっています。10位までしか公表されていないので実際は何位なのか、ということは分かりません。しかし、総合部門では10位以下ではあるものの、一応「その他の優良企業」としては選出されています。

過去のランキングを見ても基本的にはランクインはしていないので、顧客満足度的には少し不安ですね。

あいおいニッセイ同和損保の口コミ・評判

■良い口コミ■

・保険を使うことによって上昇する保険料と損害額を比べて、保険を使ったほうがいいのか、もしくは自己負担したほうがいいのかという悩みに対して、分かりやすくこちらの立場になって教えてくれましたので感謝しています。

・「これくらいの事でいちいち呼ぶ?」と思われそうな内容の修理を依頼したのですが、嫌な顔一つせず対応してくれました。きちんと担当者を教育されているようで安心出来ます。

・事故の際の担当者のフォローがとても細かく行き届いていました。ちょっぴり感動しました。

・自動車が山を走行中に急に止まってしまったけど、電話をかけるとすぐに対応してくれて助かりました。

悪い口コミ

・事後処理を担当した人は愛想が悪く、すごく機械的な対応でした。コールセンターの事故受付の方が愛想がよかっただけに残念です。

・紹介された弁護士が嫌な人だった。ちゃんとした弁護士と提携して欲しいです。

・あと少し保険料が安ければ完璧だと思います。サービス面では満足しています。

・事故後の対応全般がいまひとつで、担当者がとてもあっさりしているという感じがしました。

その他の口コミ

・パンフレットが、表やイラストなどが多く使われていたので、わかりやすかったです。

自動車保険はどうしても契約内容が複雑になりがちで、パンフレットも見にくいものが多いです。視覚的に分かりやすいと安心感もアップしますよね。

・ニッセイと同じグループになったので、信頼度がアップしたかなと思います。

やはり保険に信頼性は必要です。大きくて安心できる会社がバックにいると、それだけで信頼度はアップしますね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定