自動車保険見直しガイド
搭乗者

搭乗者傷害保険には、大まかに分けて三つの保険金が有ります。「死亡保険金・後遺障害保険金・傷害保険金(医療保険金)」の三つですね。(搭乗者傷害保険の概要)

この記事では、その中でも少し複雑な「傷害保険金(医療保険金)」に焦点を絞って、支払い方式の違いを説明していきたいと思います。

傷害保険金(医療保険金)の支払い形態

現在「傷害保険金(医療保険金)」部分の支払い形態は、保険会社によって、以下の3パターンに分けられます。

日数払い方式と一時金払い方式の違い

  • ①日数払い方式
  • ②部位・症状別払方式(一時金方式)
  • ③完全定額方式(一時金方式)
②と③はカテゴリーとしては「一時金払い方式」に属します。

以下それぞれ見て行きましょう。

①日数払い方式とは

日数払い方式とは、入院1日につき10,000円、通院1日につき5,000円支払う、という感じで、治療に要した日数分だけ定額で保険金が支払われるタイプです。期間は「事故日から180日以内の治療」と設定されている事が多いです。

また、1日あたりの金額は保険会社や契約する保険のタイプによっても異なります。

日数払い方式は、治療が長引いても180日までなら補償されるので、当面の治療代金の心配をしなくて良いというメリットが有ります。しかし、保険会社にとって赤字商品であったことから、日数払い方式を採用している保険会社は減少しています。

採用している保険会社一覧

マイカー共済・三井住友海上・エース保険

②部位・症状別払い方式とは

現在の主流の支払い方式がこちら。事故で負った、ケガの部位及び症状のレベルに応じて、一時金として一括で保険金が支払われます。

例がこちら。これはチューリッヒの「部位別症状別払い」の一覧表です。

チューリッヒ搭乗者傷害保険
(出典:搭乗者傷害保険-チューリッヒ保険)

但し、最近は「部位別症状別払い方式」にも変化が見られており、治療期間が4日までならどんなケガでも一律1万円の支払い、治療期間が5日を超えたら傷害の程度に応じて、決められた一時金を支払うという方式が増えています。

治療期間が4日で済むなら、どの部位をケガしても大した事無いでしょう、という事ですね。

採用している保険会社一覧

三井住友海上・エース保険・あいおいニッセイ同和損保・セゾン自動車・三井ダイレクト・チューリッヒ・そんぽ24・アクサ・朝日火災・JA共済

③完全定額払い方式とは

こちらは、治療日数が4日以内までならどんなケガでも一律1万円の支払いという、部分までは「最近の部位別症状別払い」と同様です。違うのが、治療期間が5日を超えた時の取り扱い。

完全定額払い方式では、5日を超えた部分に関しても、ケガの症状に関係なく、完全に定額の一時金が支払われるだけです。10万円と設定している会社が多いですね。

現在、各社搭乗者傷害保険を縮小する傾向に有りますので、数年後の主流は「完全定額払い方式」になっていると思われます。

採用している保険会社一覧

三井住友海上・東京海上・損保ジャパン日本興亜・イーデザイン損保・SBI損保・ソニー損保・共栄火災

注意点

上記、「採用している保険会社一覧」の最終更新日は2015年7月25日です。また、複数のタイプに名前が存在する保険会社は、選択適用が可能という意味です。

注:保険会社によって、搭乗者傷害保険の呼び方が、色々と有りますが、従来の搭乗者傷害保険の性質を持っている保険会社は、呼び名に関係なく上記一覧に表示させています。

搭乗者傷害保険は廃止・縮小傾向に有る

自分や家族のケガを補償する「搭乗者傷害保険」ですが、現在は廃止する保険会社も有ります。例えば、東京海上のトータルアシストでは「搭乗者傷害保険」という特約自体は廃止し、「傷害一時金特約」だけを残しています。(死亡保険金・後遺障害保険金)の部分が無くなったという意味)。

人身傷害保険の補償範囲と被るので、「特約を付帯させる必要性が無い」と判断しての決断なのでしょうが、搭乗者傷害保険は人身傷害保険と違って、損害が確定する前でもスピーディーに保険金を貰えるというメリットが有りますから、この流れが加速するとユーザーにとっては不利になるかもしれませんね。

また、傷害保険金の補償金額自体が縮小傾向に有る点も見逃せません。数年後に、日数払い方式を採用している保険会社は無くなっているのでは無いかと思います。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定